ホーム > 給食紹介 > 2016年度給食紹介 > 9月給食紹介2016年度

9月給食紹介2016年度

9月30日(金) 

 

ハッシュドポークのポークとは、豚肉(ぶたにく)のことです。豚肉(ぶたにく)には、ビタミンB1(びーわん)がたくさん(ふく)まれて、なんと牛肉(ぎゅうにく)(やく)10(ばい)です!ビタミンB1(びーわん)(つか)れを回復(かいふく)させたり、イライラを(ふせ)いでくれる(はたら)きがあります。また、豚肉(ぶたにく)にはたんぱく(しつ)(ふく)まれていて、みんなの筋肉(きんにく)()(ほね)(つく)ってくれますよ。
 

9月29日(木) 

 

あぶたま(どんぶり)とは、千切(せんぎ)りにした油揚(あぶらあ)げと(たまご)を、醤油(しょうゆ)(さけ)、みりんなどで()て、ごはんの(うえ)にのせた(どんぶり)です。油揚(あぶらあ)げの「あぶ」と、(たまご)の「たま」で、「あぶたま(どんぶり)」と( な)づけられました。給食(きゅうしょく)では、(あぶら)(  あ)げと(たまご)(ほか)に、(たま)ねぎ、かまぼこ、人参(にんじん)小松菜(こまつな)白菜(はくさい)、しめじ、(あお)ねぎとたくさんの具材(ぐざい)使(つか)っています。(けず)(ぶし)でとったダシがきいて、とてもおいしくできました。たくさん()べて(くだ)さいね。
 

9月28日(水) 

 

(さわら)成長(せいちょう)すると名前(なまえ)()わっていく出世魚(しゅっせうお)です。体長(たいちょう)50センチメートル前後(ぜんご)までを「サゴシ」、50~60センチメートル前後(ぜんご)を「ヤナギ」、それ以上(いじょう)を「サワラ」といいます。()(かた)は、(からだ)つきの特徴(とくちょう)からきていて、「サゴシ」は(せま)(こし)()いて「( さ)(ごし)」、「ヤナギ」は(やなぎ)()のように(ほそ)いことからそう名付(なづ)けられました。今日(きょう)は、レモン100()(しぼ)って(つく)った、手作(てづく)りレモン醤油(しょうゆ)のタレを(さわら)にかけました。
 

9月27日(火) 

 

ワンタンスープに(はい)っているニラは、中国(ちゅうごく)韓国(かんこく)日本(にほん)とアジア料理(りょうり)使(つか)われている野菜(やさい)です。中国(ちゅうごく)では、3000(ねん)以上(いじょう)(まえ)から(つく)られ、日本(にほん)では1000(ねん)くらい(まえ)から(つく)られているそうです。北海道(ほっかいどう)東北(とうほく)などの(さむ)地方(ちほう)では、(からだ)(あたた)元気(げんき)()野菜(やさい)として、(ふる)くから()べられていました。ニラは丈夫(じょうぶ)(つく)りやすく、ニラをかりとった(あと)、ふたたび(あたら)しい()がのびて、一年(いちねん)数回(すうかい)()ることができます。ニラには、風邪(かぜ)予防(よぼう)効果(こうか)や、(つか)れを回復(かいふく)させてくれるビタミンB1(びーわん)吸収(きゅうしゅう)(たか)めてくれる効果(こうか)がありますよ。
 

9月23日(金) 

 

人参(にんじん)しりしりは、沖縄県(おきなわけん)郷土(きょうど)料理(りょうり)です。「しりしり」とは、沖縄(おきなわ)方言(ほうげん)で、「千切(せんぎ)り」という意味(いみ)です。スライサーで(ほそ)くした人参(にんじん)(たまご)(いた)め、(あじ)(つけ)したもので、沖縄(おきなわ)家庭(かてい)手軽(てがる)(つく)られている料理(りょうり)です。給食(きゅうしょく)では、人参(にんじん)とツナを()わせました。(じつ)はこの料理(りょうり)昨年度(さくねんど)児童(じどう)応募(おうぼ)献立(こんだて)で、泉佐野市(いずみさのし)小学生(しょうがくせい)(かんが)えてくれた料理(りょうり)です。たくさん()べて(くだ)さいね。
 

9月21日(水) 

 

()()っぱいですよね。お()は、どんな(はたら)きをしているか()っていますか?(くさ)るのを(ふせ)いだり、(きん)をやっつける効果(こうか)や、(さかな)(くさ)みをとってくれたり、(にく)()けておくと(やわ)らかくなったりと、いろいろな(はたら)きがあります。その(ほか)にも、肥満(ひまん)防止(ぼうし)やおなかの(なか)善玉菌(ぜんだまきん)()やして便(べん)()解消(かいしょう)したり、血液(けつえき)をサラサラにしてくれます。今日(きょう)は、ミートボールの甘酢(あまず)あんかけにお()使(つか)っています。醤油(しょうゆ)とケチャップ、()砂糖(さとう)味付(あじつ)けした甘酸(あまず)っぱいタレでおいしいですよ。
 

9月16日(金) 

 

今日(きょう)は、チキンカツバーガーです。カツは()によって名前(なまえ)()わります。鶏肉(とりにく)だとチキンカツ、豚肉(ぶたにく)だとトンカツ、ハムだとハムカツです。そして、今日(きょう)鶏肉(とりにく)使(つか)ったチキンカツです。うずまきカットパンに、チキンカツとボイルキャベツをはさんで()べて(くだ)さいね。コーンポタージュスープは、とうもろこしがもつ、自然(しぜん)のやさしい(あま)さが(かん)じられるスープですよ。
 

9月15日(木) 

 

今年(ことし)十五夜(じゅうごや)は、9(がつ)15(にち)です。十五夜(じゅうごや)(つき)()(まる)満月(まんげつ)になり、1(ねん)(もっと)(つき)(うつく)しい()です。その十五夜(じゅうごや)には、(こめ)などの作物(さくもつ)がたくさん(みの)りますようにと(ねが)いを()めて、十五夜(じゅうごや)(つき)(おな)じように()(まる)里芋(さといも)やお団子(だんご)をお(そな)えする習慣(しゅうかん)があります。今日(きょう)は、十五夜(じゅうごや)にちなんで、お月見(つきみ)ゼリーがついていますよ。
 

9月14日(水) 

 

(ぶた)キムチに使(つか)われているキムチは、韓国(かんこく)漬物(つけもの)です。キムチの(はじ)まりは、7世紀(せいき)(はじ)め、()(さい)(しお)()けしただけのものでした。18世紀(せいき)には、唐辛子(とうがらし)使(つか)われるようになり、(いま)のキムチになりました。キムチはそのまま()べたり、チャーハンやお(この)()きにいれたり、キムチ(なべ)にしたりと、いろいろな料理(りょうり)使(つか)われるようになりました。今日(きょう)はキムチ、豚肉(ぶたにく)野菜(やさい)(いた)()わせた(ぶた)キムチです。
 

9月13日(火) 

 

さつま()げは、鹿児島(かごしま)名産(めいさん)(ひん)です。(さかな)のすり()(しお)砂糖(さとう)(さけ)などで味付(あじつ)けし、(かたち)(ととの)えて(あぶら)()げた()(もの)です。地元(じもと)(おお)()れる(さかな)(つく)ることが(おお)いそうです。今日(きょう)のさつま()げは「いとより」という(さかな)から(つく)られています。いとよりは、関東(かんとう)ではあまり()れない(さかな)で、クセのない白身(しろみ)(さかな)です。江戸(えど)時代(じだい)の11(だい)将軍(しょうぐん)徳川(とくがわ)家斉(いえなり)好物(こうぶつ)だったそうです。さつま()げは、(さかな)旨味(うまみ)(ひろ)がり、おいしいですよ。   
 

9月12日(月) 

 

今日(きょう)()きそばは、(しお)()きそばです。ソース(あじ)()きそばは、ソースの(いろ)がついて茶色(ちゃいろ)いですが、今日(きょう)塩味(しおあじ)なので、(めん)にはあまり(いろ)がついていませんね。でも、()べるとしっかりと(しお)(あじ)がしますよ。(おな)()きそばでも、(あじ)(つけ)()えると(ちが)った(あじ)(たの)しむことができます。
 

9月9日(金) 

 

むかしむかし、ドイツのハンブルグという地域(ちいき)(ひと)たちは、(きざ)んだ(にく)(たま)ねぎや人参(にんじん)()ぜて()いて()べていました。ある(とき)、ドイツにやってきたアメリカの船乗(ふなの)りがこの料理(りょうり)()べてとても()()りました。ハンブルグで()べたことから、この料理(りょうり)はいつの()にか「ハンバーグ」と()ばれるようになりました。今日(きょう)は、そんなハンバーグに、給食(きゅうしょく)センターで手作(てづく)りしたデミグラスソースをかけました。
 

9月7日(水) 

 

もやしは、どのように(そだ)てて(つく)っているか、()っていますか?もやしは、(まめ)(みず)(ひた)し、(くら)くした場所(ばしょ)()発芽(はつが)させて(つく)ります。35()ぐらいの部屋(へや)で5()~6()かけて(おお)きくなります。(まめ)からもやしになると、ビタミン(しー)という栄養素(えいようそ)がたくさん(ふく)まれるようになります。
 

9月6日(火) 

 

きゅうりは、(じゅく)すと黄色(きいろ)になります。でも(わたし)たちは、(じゅく)(まえ)緑色(みどりいろ)のきゅうりを収穫(しゅうかく)して()べています。緑色(みどりいろ)のきゅうりは未熟(みじゅく)で、(まわ)りはトゲトゲして、()ると(しろ)(たね)()えます。黄色(きいろ)(じゅく)すと、トゲトゲはなくなり、(たね)(おお)きくなります。(じゅく)したきゅうりより、未熟(みじゅく)緑色(みどりいろ)のきゅうりのほうがおいしいので、(じゅく)(まえ)収穫(しゅうかく)しているんです。きゅうりは水分(すいぶん)豊富(ほうふ)で、(むかし)(あつ)(とき)水分(すいぶん)補給(ほきゅう)としても()べられていました。むくみ予防(よぼう)のカリウムも(ふく)まれていますよ。
 

9月5日(月) 

 

ウインナ―と夏野菜(なつやさい)のトマト()には、(なつ)(しゅん)のナス・かぼちゃ・三度(さんど)(まめ)・トマトがたくさん使(つか)われています。茄子(なす)には、アントシアニンという栄養(えいよう)()(ふく)まれていて、()()くしてくれる(はたら)きがあります。かぼちゃや三度(さんど)(まめ)には、ビタミン(しー)とカロテンが(ふく)まれていて、風邪(かぜ)予防(よぼう)(はたら)きをしてくれます。トマトには、紫外線(しがいせん)から(はだ)(まも)ってくれる効果(こうか)がありますよ。(いま)(しゅん)(なつ)()(さい)(あじ)わってくださいね。
 

9月2日(金) 

 

今日(きょう)は、デザートにわらびもちがつきます。わらびもちは、奈良(なら)(けん)名物(めいぶつ)です。奈良(なら)にある東大寺(とうだいじ)()うお(てら)のお(ぼう)さんが(つく)ったのが、(はじ)まりとされています。わらびもちは平安(へいあん)時代(じだい)醍醐天皇(だいごてんのう)好物(こうぶつ)だったという()(つた)えがあります。(いま)では手軽(てがる)()べられるわらびもちですが、(むかし)は、貴族(きぞく)しか()べられない高級(こうきゅう)なお菓子(かし)でした。ひんやりして、まだまだ(あつ)いこの季節(きせつ)にピッタリですね。
 

9月1日(木) 

 

今日(きょう)は、ミニ(むぎ)ごはんです。(むぎ)は、世界(せかい)(じゅう)大昔(おおむかし)から()べられており、スープ、シチュー、パンなどに使(つか)われています。日本(にほん)では、江戸(えど)時代(じだい)徳川(とくがわ)家康(いえやす)(むぎ)ごはんを()べていて、健康的(けんこうてき)だったそうです。(むぎ)は、(むぎ)ごはん以外(いがい)に、(むぎ)みそ、麦茶(むぎちゃ)(むぎ)焼酎(しょうちゅう)などにも使(つか)われています。(むぎ)には、お(なか)調子(ちょうし)(ととの)えてくれる食物(しょくもつ)繊維(せんい)がたくさん(ふく)まれていますよ。
 

Copyright (C)泉佐野市立日根野小学校 All Rights Reserved.