ホーム > 給食紹介 > 2016年度給食紹介 > 11月給食紹介

11月給食紹介

11月29日(火) 

 

(さわら)柚子(ゆず)しょうゆかけのタレに使(つか)われている柚子(ゆず)はみかんの仲間(なかま)で、海外(かいがい)でも「ユズ」と()ばれています。日本(にほん)でも(ふる)くから(おお)(つく)られていて、(さむ)さに(つよ)く、東北(とうほく)地方(ちほう)でも(つく)られています。柚子(ゆず)(なつ)(はじ)めに(はな)をさかせ、(なつ)未熟(みじゅく)(あお)()収穫(しゅうかく)します。その()、11(がつ)ぐらいから黄色(き いろ)(じゅく)したものが収穫(しゅうかく)され、スーパーなどで()られています。柚子(ゆず)(なが)(あいだ)保存(ほぞん)できるので、年末(ねんまつ)までに収穫(しゅうかく)したものが(はる)(ごろ)まで()られています。今日(きょう)(さわら)柚子(ゆず)しょうゆのタレをかけました。柚子(ゆず)のさわやかな(かお)りを(かん)じてくださいね。
 

11月28日(月) 

 

今日(きょう)のポークスープには、にらが(はい)っています。にらは(むかし)から()べられていた野菜(やさい)(ひと)つです。(むかし)はにんにくを「オオミラ」と()び、ニラを「コミラ」と()んでいたそうです。「コミラ」が「ミラ」になり、「にら」と()ばれるようになったと()われています。「ミラ」は、()べるとおいしいという意味(いみ)もあるそうです。
 

11月25日(金) 

 

マカロニは、イタリア料理(りょうり)使(つか)われるパスタのひとつです。マカロニは英語(えいご)で、イタリア()では「マッケローニ」といいます。マカロニはグラタンやスープ、サラダなどの料理(りょうり)使(つか)われていますが、それぞれの料理(りょうり)()わせて、色々(いろいろ)(かたち)のマカロニを使(つか)います。(かい)(かたち)をした「シェルマカロニ」、ねじった(かたち)の「ツイスト」、(なな)めにカットしてあり、ペン(さき)のような(かたち)の「ペンネ」など、たくさんの種類(しゅるい)があります。今日(きょう)のスープには(くるま)などのホイール(がた)をした、「ホイルマカロニ」が(はい)っています。
 

11月24日(木) 

 

(あき)代表的(だいひょうてき)()(もの)(ひと)つに(くり)があります。とても(ふる)くから日本(にほん)にあり、(やく)5000年前(ねんまえ)から()べられていました。(くり)(おお)きくわけると4つの種類(しゅるい)があります。日本(にほん)にある大粒(おおつぶ)の「ニホングリ」、天津(てんしん)甘栗(あまぐり)()られている小粒(こつぶ)の「チュウゴクグリ」、マロングラッセなどに使(つか)われる「ヨーロッパグリ」、日本(にほん)()かけない「アメリカグリ」です。このうち日本(にほん)(つく)られているのは「ニホングリ」です。今日(きょう)はミニ(くり)ごはんです。(くり)(あま)みがご(はん)一緒(いっしょ)になっておいしいですよ。
 

11月22日(火) 

 

マーボー(どんぶり)使( つか)われている調味料(ちょうみりょう)(ひと)つに「オイスターソース」があります。オイスターソースはカキという(かい)から(つく)られている調味料(ちょうみりょう)です。カキは(ひと)呼吸(こきゅう)するように、(うみ)(なか)海水(かいすい)()って()くことを()(かえ)します。()()海水(かいすい)(りょう)一日(いちにち)になんと200リットルにもなります。たくさんの(みず)一緒(いっしょ)に、(うみ)栄養分(えいようぶん)吸収(きゅうしゅう)しながら、成長(せいちょう)します。タンパク(しつ)をはじめ、ビタミン、ミネラルといった栄養(えいよう)()がバランスよく(ふく)まれているので(ふる)くから「(うみ)のミルク」と()ばれています。
 

11月21日(月) 

 

給食(きゅうしょく)でもほとんど毎日(まいにち)登場(とうじょう)する人参(にんじん)ですが、スーパーなどで一年中(いちねんじゅう)()っていますね。(じつ)は、人参(にんじん)(しゅん)(あき)なんですよ。人参(にんじん)には「カロテン」という栄養(えいよう)()(おお)(ふく)まれています。人参(にんじん)のオレンジ(いろ)はカロテンの(いろ)です。カロテンは(からだ)(なか)でビタミン(えー)という栄養(えいよう)()変化(へんか)します。ビタミン(えー)()ふや(かみ)()健康(けんこう)にしてくれる(はたら)きもあります。かぜの予防(よぼう)にも効果(こうか)があるので、これから(さむ)くなってくる季節(きせつ)には(とく)大切(たいせつ)ですね。
 

11月18日(金) 

 

今日(きょう)白身魚(しろみざかな)フライに使(つか)われている(さかな)はホキです。ホキはニュージーランドなどの(あたた)かい()(いき)(うみ)にすんでいます。(うみ)(ふか)さが200メートルから800メートルくらいのところにいる深海魚(しんかいぎょ)仲間(なかま)です。()がやわらかく脂肪(しぼう)(すく)なくあっさりした(あじ)をしています。英語(えいご)で「ホキ」と()ばれていますが、日本(にほん)でも「ホキ」と()び、かまぼこやはんぺんなどの材料(ざいりょう)使(つか)われたり、白身魚(しろみ ざかな)フライに使(つか)われたりします。今日(きょう)(たまご)( ぬ)きタルタルソースをつけて()べてくださいね。
 

11月17日(木) 

 

根菜(こんさい)ごまみそ()にはれんこんが(はい)っています。れんこんは、はすの(はな)(くき)部分(ぶぶん)で、(くき)(みず)をためた(どろ)(なか)にあります。れんこんには、()(なか)に1()、まわりには9個(   こ)(あな)があいていることが(おお)いです。なぜ(あな)があいているか()っていますか?それは(どろ)(なか)でも、新鮮(しんせん)空気(くうき)(おく)るためにあいているからです。今日(きょう)はれんこんの(ほか)に、ごぼう、人参(にんじん)といった根菜(こんさい)をたっぷり使(つか)ったごまみそ()になっていますよ。
 

11月16日(水) 

 

さつまいもは(むかし)外国(がいこく)から薩摩藩(さつまはん)(いま)鹿児島県(かごしまけん))にやってきたので、さつまいもといいます。さつまいもは()れた土地(とち)でもよく(そだ)作物(さくもつ)で、()れた土地(とち)(おお)かった薩摩(さつま)(おお)(つく)られるようになりました。江戸(えど)時代(じだい)天候(てんこう)天災(てんさい)などで作物(さくもつ)がとれず、()べることができなく、(おお)くの(ひと)()んでしまった(とき)がありました。そんな(なか)、さつまいもを(つく)っていた薩摩藩(さつま はん)ではさつまいもを()べていたので()んでしまう(ひと)(すく)なかったそうです。このことから、その生命力(せいめいりょく)注目(ちゅうもく)され、その()さつまいもは全国(ぜんこく)各地(かくち)(ひろ)まったと()われています。
 

11月15日(火) 

 

しいたけは日本(にほん)一番(いちばん)栽培(さいばい)されているきのこです。世界(せかい)(じゅう)で「しいたけ」と()ばれるほど日本(にほん)代表(だいひょう)するきのこです。しいたけは(はる)(あき)(しゅん)ですが、()して乾燥(かんそう)させることによって一年(いちねん)(じゅう)( た)べることができるだけでなく、うま()()えています。今日(きょう)(しる)ビーフンには()ししいたけが(はい)っています。()ししいたけのうま()(しる)十分(じゅうぶん)でて、美味(おい)しく仕上(しあ)がっていますよ。
 

11月14日(月) 

 

鶏肉(とりにく)唐揚(からあ)げや、()(とり)、シチューとさまざまな料理(りょうり)使(つか)われている(にく)(ひと)つですね。牛肉(ぎゅうにく)豚肉(ぶたにく)(くら)べて脂肪(しぼう)がやや(すく)なく、あっさりしていて消化(しょうか)のよい(にく)です。鶏肉(とりにく)(おお)きくわけると、手羽(てば)(にく)、ささみ、(むね)(にく)、もも(にく)になります。また(のこ)った(ほね)は「(とり)がら」といっておいしいスープがとれます。今日(きょう)鶏肉(とりにく)豆腐(とうふ)のスープにはもも(にく)(むね)(にく)(はい)っています。また、(とり)がらで(つく)ったスープを材料(ざいりょう)使(つか)っています。お(あじ)はいかかですか?
 

11月11日(金) 

 

今日(きょう)のコールスローサラダにはノンオイルフレンチドレッシングをかけて()べます。フレンチドレッシングが(かんが)えられた(くに)はアメリカです。アメリカの「ルーシャス・フレンチ」という(ひと)野菜(やさい)苦手(にがて)でほとんど()べれなかったので、何度(なんど)病気(びょうき)になりかけていました。そこで、(おく)さんがおいしく野菜(やさい)()べてもらいたいという(おも)いで(かんが)えたのが「フレンチドレッシング」でした。キャベツ、人参(にんじん)、コーン、きゅうりの野菜(やさい)たっぷりなコールスローサラダにかけて()べてくださいね。
 

11月10日(木) 

 

給食(きゅうしょく)のみそ(しる)やすまし(じる)などにもよく使(つか)われているねぎは、日本(にほん)西(にし)地方(ちほう)では(あお)ねぎのことをいい、(ひがし)地方(ちほう)では(しろ)ねぎと()われることが(おお)いです。それは(ひがし)西(にし)温度(おんど)(ちが)いによるものと()われています。(あお)ねぎは()ねぎとも()われ、(あお)部分(ぶぶん)(おお)く、(あつ)さに(つよ)種類(しゅるい)です。(しろ)ねぎは()(ぶか)ねぎとも()われ、(つち)にもぐっている部分(ぶぶん)(おお)いところから(さむ)さに(つよ)品種(ひんしゅ)です。今日(きょう)(たまご)(かい)のおすいものには(あお)ねぎが(はい)っていますよ。
 

11月9日(水) 

 

「すき()き」は日本人(にほんじん)大好(だいす)きな料理(りょうり)のひとつです。江戸(えど)時代(じだい)農具(のうぐ)使(つか)う「すき」の(うえ)にたれで()()んだ(かも)(たか)鹿(しか)などの(にく)()いたのがすき()きの(はじ)まりです。牛肉(ぎゅうにく)使(つか)うようになったのは明治(めいじ)時代(じだい)からで、「(ぎゅう)なべ」と()ばれていました。甘辛(あまから)味付(あじつ)けしたタレを使(つか)関東(かんとう)(ふう)、さとう、醤油(しょうゆ)(さけ)(なべ)()れて直接(ちょくせつ)味付( あじつ)けする関西(かんさい)(ふう)などがあります。今日(きょう)のすき()(ふう)()豚肉(ぶたにく)使(つか)っています。(にく)以外(いがい)にも白菜(はくさい)(たま)ねぎ、人参(にんじん)、ごぼう、(しろ)ねぎなどの野菜(やさい)もたっぷり(はい)っています。
 

11月8日(火) 

 

チンゲン(さい)中国(ちゅうごく)野菜(やさい)(ひと)つです。チンゲン(さい)のチンゲンは「(くき)緑色(みどりいろ)」、サイは「野菜(やさい)」という意味(いみ)で、(ふた)つの言葉(ことば)()わせて「(くき)緑色(みどりいろ)野菜(やさい)」という意味(いみ)です。日本(にほん)でも(やく)40(ねん)ほど(まえ)から(つく)られるようになりました。(あぶら)(いた)めたり、(にく)一緒(いっしょ)料理(りょうり)をすると、チンゲン(さい)()(みどり)(  いろ)(あざ)やかになりますね。今日(きょう)はベーコンを使(つか)った中華(ちゅうか)スープにチンゲン(さい)(はい)っていますよ。
 

11月7日(月) 

 

コロッケはフランス料理(りょうり)の「クロケット」が明治(めいじ)時代(じだい)日本(にほん)(つた)わり、コロッケと()ばれるようになりました。クロケットは()べるとカリッカリッと(おと)がするので「カリカリするもの」という意味(いみ)から名前(なまえ)がつきました。今日(きょう)はコロッケとボイルキャベツをうずまきカットパンにはさんで()べてくださいね。
 

11月4日(金) 

 

にんにくは古代(こだい)エジプト時代(じだい)から()べられていたと()われるほど(ふる)くからある食材(しょくざい)です。エジプトのピラミッドを(つく)った(ひと)たちが(つか)れをとるために()べていたと()われています。独特(どくとく)のにおいがあり、苦手(にがて)(ひと)もいると(おも)いますが、においのもとはアリシンという栄養(えいよう)()があり、これが(からだ)(つか)れをとるもとの(ひと)つです。日本(にほん)(つく)られているにんにくの(おお)くは青森(あおもり)(けん)(さん)です。今日(きょう)給食(きゅうしょく)のきのこクリームスパゲティにも(かく)(あじ)として使(つか)われていますが、このにんにくも(あお)(もり)(けん)(さん)のものです。給食(きゅうしょく)をしっかり()べて、お(ひる)からも元気(げんき)頑張(がんば)ってくださいね。
 

11月2日(水) 

 

今日(きょう)中華(ちゅうか)(どんぶり)には、いかが(はい)っています。(みな)さん、いかの(かぞ)(かた)()っていますか?一匹(いっぴき)二匹(にひき)ではなく、一杯(いっぱい)二杯(にはい)(かぞ)えます。それは(からだ)部分(ぶぶん)(まる)く、(なか)(みず)などを()れることができるような(かたち)になっているからです。(おな)じように、かにも甲羅(こうら)(まる)(みず)()れることができるような(かたち)をしているで、一杯(いっぱい)二杯(にはい)(かぞ)えますよ。いかの旨味(うまみ)がでて美味(おい)しい中華(ちゅうか)(どんぶり)になっていますよ。ごはんにかけて()べてくださいね。
 

11月1日(火) 

 

(さば)(あお)(ざかな)(ひと)つで、(からだ)によい(あぶら)である「DHA」(でぃえいちえー)「EPA」(いーぴーえー)がたくさん(はい)っていて、血液(けつえき)をサラサラにしたり、(あたま)(はたら)きをよくしたりします。「(さば)をよむ」という言葉(ことば)がありますが、これは江戸(えど)時代(じだい)にできた言葉(ことば)()われています。(さば)鮮度(せんど)()ちるのが(はや)いため、(いま)のように冷蔵(れいぞう)(せつ)( び)のなかった江戸(えど)時代(じだい)(さかな)( う)りの(ひと)たちが、(かず)(かぞ)える(とき)(いそ)いで(かぞ)えるため、(かず)をごまかしていたということからこの言葉(ことば)ができたと()われています。今日(きょう)(さば)にレモン醤油(しょうゆ)のタレをかけてあります。お(あじ)はいかがですか?
 

Copyright (C)泉佐野市立日根野小学校 All Rights Reserved.