ホーム > 給食紹介 > 2016年度給食紹介 > 12月給食紹介

12月給食紹介

12月21日(水) 

 

12(がつ)21(にち)冬至(とうじ)です。2学期(がっき)最後(さいご)献立(こんだて)は、「冬至(とうじ)」と「クリスマス」メニューです。日本(にほん)では、冬至(とうじ)にかぼちゃを()べる習慣(しゅうかん)があります。今日(きょう)は、みなさんが()きなカレーライスにかぼちゃを()れた「かぼちゃとウインナーのカレーライス」がでますよ。クリスマスが(ちか)いので、(ほね)()きの鶏肉(とりにく)使(つか)った「フライドチキン」とクリスマスデザートに「(こめ)()のいちごケーキ」もつきます。フライドチキンは、(ほね)注意(ちゅうい)して()べて(くだ)さいね。冬休(ふゆやす)みは、クリスマスやお正月(しょうがつ)と、(たの)しい(ぎょう)( じ)がありますね。風邪(かぜ)をひかないように、元気(げんき)(たの)しい冬休(ふゆやす)みを()ごして(くだ)さい。
 

12月20日(火) 

 

ほうれん(そう)は、1(ねん)(つう)じて出回(でまわ)っていますが、(じつ)(ふゆ)(しゅん)緑黄色(りょくおうしょく)野菜(やさい)で、(いま)がおいしく、栄養(えいよう)もたくさん(ふく)まれている時期(じき)です。ほうれん(そう)には、(ほね)(つく)るのに大事(だいじ)なカルシウム、めまいやふらつきを予防(よぼう)してくれる鉄分(てつぶん)風邪(かぜ)予防(よぼう)効果(こうか)があるビタミン(えー)など、みなさんの成長(せいちょう)健康(けんこう)()かせない栄養素(えいようそ)がいっぱいです。今日(きょう)は、ほうれん(そう)白菜(はくさい)のごま()えとして登場(とうじょう)しますよ。たくさん()べて(くだ)さいね。
 

12月19日(月) 

 

毎月(まいつき)19(にち)泉佐野市(いずみさのし)食育(しょくいく)()です。今回(こんかい)は、関東(かんとう)地方(ちほう)料理(りょうり)登場(とうじょう)です。サンマー(めん)神奈川県(かながわけん)のご当地(とうち)ラーメンです。サンマー(めん)()くと、「(さかな)のさんまがのっているラーメン?」と(おも)(ひと)がいるかもしれませんが、さんまは(はい)っていません。「サン」は「新鮮(しんせん)でしゃきしゃきした」という意味(いみ)で、「マー」は「(うえ)にのる」という意味(いみ)があります。サンマー(めん)は、もやしなどの野菜(やさい)をシャキッと手早(てばや)(いた)め、(めん)(うえ)にのせ、トロミをつけたスープをかけた(めん)料理(りょうり)です。トロミのある(しる)は、(からだ)(あたた)まって元気(げんき)がでますよ。デザートには、栃木県(とちぎけん)のいちごを使(つか)ったいちごゼリーがでますよ。
 

12月16日(金) 

 

今日(きょう)は、さつまいものポタージュが登場(とうじょう)します。さつまいもに(ふく)まれている食物(しょくもつ)繊維(せんい)は、(ちょう)刺激(しげき)して、お(つう)じをよくする(はたら)きがあります。それによって、(ちょう)(なか)のバイ(きん)()()され、お(はだ)もキレイにしてくれます。その(ほか)にも、運動(うんどう)勉強(べんきょう)したりする(とき)必要(ひつよう)なエネルギーのもとになる炭水化物(たんすいかぶつ)(おお)(ふく)まれています。しっかり()べて、午後(ごご)からも運動(うんどう)勉強(べんきょう)をしっかりがんばりましょう。
 

12月15日(木) 

 

チゲは韓国(かんこく)料理(りょうり)のひとつで、キムチが(はい)った(なべ)です。キムチは、200種類(しゅるい)以上(いじょう)あるそうです。日本(にほん)でキムチと()えば白菜(はくさい)キムチが有名(ゆうめい)です。白菜(はくさい)キムチは、韓国語(かんこくご)でペチュギムチ。きゅうりのキムチはオイギムチ。大根(だいこん)のキムチはカクトゥギと()います。韓国(かんこく)では、()ける野菜(やさい)により、名前(なまえ)がかわります。キムチは、いろいろな材料(ざいりょう)使(つか)って()ける漬物(つけもの)なので、それぞれのうま()がしみこんで、とてもおいしくなります。今日(きょう)は、白菜(はくさい)キムチを使(つか)った海鮮(かいせん)チゲです。アケ(がい)豚肉(ぶたにく)と、たくさんの野菜(やさい)のうま()()けでて、おいしくできましたよ。たくさん()べて(くだ)さいね。
 

12月14日(水) 

 

今日(きょう)(しる)ビーフンには、(ふゆ)(しゅん)青梗菜(ちんげんさい)(はい)っています。青梗菜(ちんげんさい)は、(ほね)(つよ)くしてくれるカルシウム、()ちくらみやめまいを予防(よぼう)してくれる鉄分(てつぶん)(ふく)まれています。その(ほか)にも、血液(けつえき)をキレイにする(はたら)きがあり、(からだ)のバイ(きん)(そと)()してくれると()われています。
 

12月13日(火) 

 

今日(きょう)根菜(こんさい)(じる)には、何種類(なんしゅるい)根菜(こんさい)(はい)っているかわかりますか?里芋(さといも)大根(だいこん)・れんこん・(にん)(じん)・ごぼうと5種類(しゅるい)根菜(こんさい)(はい)っています。根菜(こんさい)は、(ふゆ)(しゅん)(むか)える野菜(やさい)(おお)く、お(なか)調子(ちょうし)(ととの)えてくれる食物(しょくもつ)繊維(せんい)(おお)(ふく)まれています。根菜(こんさい)()ごたえがあるものが(おお)いので、(ひと)(ひと)つよく()んで(あじ)わって()べましょう。
 

12月12日(月) 

 

今日(きょう)給食(きゅうしょく)のミネストローネには、セロリーが(はい)っています。セロリーは、江戸(えど)時代(じだい)日本(にほん)(はい)ってきましたが、(ひろ)まったのは40~50(ねん)(まえ)です。セロリーの(かお)りは、(こころ)をしずめる作用(さよう)があります。ヨーロッパやアメリカでは、煮込(にこ)料理(りょうり)や、(にく)(くさ)()しなどにも使(つか)われています。セロリーには、食欲(しょくよく)不振(ふしん)頭痛(ずつう)をやわらげたり、(つか)れを回復(かいふく)してくれる効果(こうか)便秘(べんぴ)解消(かいしょう)肝臓(かんぞう)(はたら)きをよくしてくれますよ。
 

12月9日(金) 

 

ポトフは、フランスの家庭(かてい)料理(りょうり)のひとつで、(にく)野菜(やさい)旨味(うまみ)がたっぷり(あじ)わえる煮込(にこ)料理(りょうり)です。今日(きょう)給食(きゅうしょく)では、ウインナーとじゃがいも、人参(にんじん)(たま)ねぎ、(だい)(こん)、かぶ、かぶの()、キャベツと、たくさんの具材(ぐざい)(はい)っています。ポトフは、具材(ぐざい)(ひと)(ひと)つから、おいしさや栄養(えいよう)がスープに()()み、おいしく仕上(しあ)がっています。()べると(からだ)(しん)からポカポカ(あたた)まって、(さむ)さの(きび)しいこの時期(じき)には、最高(さいこう)のメニューですね。
 

12月8日(木) 

 

みそ煮込(にこ)みうどんは、(さむ)季節(きせつ)にぴったりの(からだ)がポカポカ(あたた)まるメニューです。鶏肉(とりにく)油揚(あぶらあ)げ、(だい)(こん)人参(にんじん)白菜(はくさい)、ほうれん(そう)(あお)ねぎとたくさんの(ふゆ)野菜(やさい)をじっくり煮込(にこ)んでいます。調(ちょう)()(いん)さんはおいしくなるために、工夫(くふう)をしています。それは、みそを一度(いちど)全部(ぜんぶ)()れず、半分(はんぶん)ぐらい(のこ)しておいて、仕上(しあ)げに(のこ)りの半分(はんぶん)(くわ)え、みその風味(ふうみ)(のこ)るようにしています。調理員(ちょうりいん)さんの(こころ)のこもったみそ煮込(にこ)みうどん、お(あじ)はいかがですか?
 

12月7日(水) 

 

ふりかけは、(いま)から100(ねん)ぐらい(まえ)熊本県(くまもとけん)薬剤師(やくざいし)さんが、日本人(にほんじん)はカルシウムのとり(かた)(すく)ないことを心配(しんぱい)して(かんが)えました。小魚(こざかな)乾燥(かんそう)させて(こな)にし、ごま、ケシの()、のりなどを(くわ)え、(さかな)(  ぎら)いの(ひと)でも()べられるようにしました。そのころは、「ふりかけ」という名前(なまえ)ではなく、「ごはんの(とも)」や「食卓(しょくたく)(とも)」など()われていました。今日(きょう)給食(きゅうしょく)のふりかけは、「野菜(やさい)ふりかけ」です。青菜(あおな)やかぼちゃ、人参(にんじん)などの野菜(やさい)鰹節(かつおぶし)昆布(こんぶ)とたくさんの材料(ざいりょう)使(つか)われています。ふりかけをかけて、ごはんをもりもり()べて(くだ)さいね。
 

12月6日(火) 

 

今日(きょう)豚肉(ぶたにく)使(つか)った、焼肉(やきにく)(どんぶり)です。豚肉(ぶたにく)には(つか)れをとり、元気(げんき)にしてくれる(はたら)きがあるビタミンB1(びーわん)がたくさん(ふく)まれています。ビタミンB1(びーわん)不足(ふそく)すると、(つか)れやすくなったり、集中力(しゅうちゅうりょく)がなくなったり、気分(きぶん)(しず)んだりするので「疲労(ひろう)回復(かいふく)ビタミン」と()われています。さらにビタミンB1(びーわん)(たま)ねぎやにんにくに(ふく)まれている「アリシン」という成分(せいぶん)一緒(いっしょ)にとると、吸収(きゅうしゅう)がよくなります。今日(きょう)は、豚肉(ぶたにく)(たま)ねぎ、キャベツ、人参(にんじん)、もやし、(あお)ねぎ、しょうが、にんにくと、野菜(やさい)もたくさん使(つか)っています。ごはんのうえにのせて()べて(くだ)さいね。
 

12月5日(月) 

 

今日(きょう)は「()(どり)のねぎソースかけ」がでます。ねぎは(ふる)くから()べられている野菜(やさい)で、500種類(しゅるい)もの品種(ひんしゅ)がありますが、(おも)緑色(みどりいろ)部分(ぶぶん)(おお)(あお)ねぎと白色(しろいろ)部分(ぶぶん)(おお)(しろ)ねぎの2種類(しゅるい)()けられます。そのどちらも11(がつ)から2(がつ)(しゅん)(ふゆ)野菜(やさい)です。今日(きょう)(しろ)ねぎを使(つか)っています。(しろ)ねぎには、血液(けつえき)をサラサラにしたり、体内(たいない)でバイ(きん)()つけると、退治(たいじ)してくれる(はたら)きがあります。今日(きょう)は、そんな(しろ)ねぎをみじん()りにし、醤油(しょうゆ)やお()砂糖(さとう)()わせたねぎソースを(つく)りました。でん(ぷん)をつけて()げた鶏肉(とりにく)とねぎソースがからみ、とてもおいしいですよ。
 

12月2日(金) 

 

(さら)うどんは、長崎県(ながさきけん)郷土(きょうど)料理(りょうり)です。(にく)野菜(やさい)魚介類(ぎょかいるい)などをスープで煮込(にこ)み、とろみをつけたあんを、()げたパリパリの(めん)にかけて()べる料理(りょうり)です。長崎県(ながさきけん)では(ひと)(あつ)まる(とき)大皿(おおざら)()られた(さら)うどんを出前(でまえ)にとって、おもてなし料理(りょうり)としてみんなで()()って()べることもあるそうです。給食(きゅうしょく)では、(ふくろ)(はい)った()(めん)をパリパリッと(こま)かく(くだ)いて、お(わん)(なか)(すこ)しずつ()れて()べて(くだ)さい。
 

12月1日(木) 

 

キャベツは、1(ねん)に2(かい)収穫(しゅうかく)されます。(はる)にとれる「(はる)キャベツ」、(ふゆ)にとれる「(ふゆ)キャベツ」です。(ふゆ)キャベツは、(ふゆ)美味(おい)しさのピークをむかえますが、1年間(ねんかん)(とお)してよく()かけるタイプです。()(かた)めで()きがしっかりしています。どんな調理法(ちょうりほう)にも()いますが、加熱(かねつ)した(ほう)(あま)みが()します。今日(きょう)の「(しお)昆布(こんぶ)()え」のキャベツは、(しお)昆布(こんぶ)()える(まえ)加熱(かねつ)していますよ。キャベツの(あま)さを(かん)じて(くだ)さい。
 

Copyright (C)泉佐野市立日根野小学校 All Rights Reserved.