ホーム > 給食紹介 > 2017年度給食紹介 > 6月給食紹介

6月給食紹介

6月30日(金) 

今日(きょう)のチャンプルにはゴーヤという野菜(やさい)(はい)っています。別名(べつめい)は「にがうり」とも()ばれています。みなさんも()べたことあるかもしれませんが、(すこ)(にが)みがあるのが特徴(とくちょう)です。ゴーヤは(むかし)から沖縄(おきなわ)(けん)(つく)られていました。()(たね)(くすり)としても使(つか)われていたそうです。ゴーヤは(からだ)によい栄養(えいよう)()がとても豊富(ほうふ)野菜(やさい)で、(とく)にビタミン(しー)やカリウム、カルシウム、マグネシウムなどが(おお)くふくまれています。
 

6月29日(木) 

毎日(まいにち)(あつ)()(つづ)くようになりましたね。今日(きょう)人気(にんき)メニューの(ひと)つである冷凍(れいとう)みかんがつきます。冷凍(れいとう)みかんは(あき)から(ふゆ)においしい時期(じき)収穫(しゅうかく)したみかんを冷凍(れいとう)して、(なつ)でも()べられるようにしてあります。ただ(こお)らすのではなく、みかんの(かわ)(こおり)のまくをつくって冷凍(れいとう)することで、()(かわ)かず(なつ)までおいしい冷凍(れいとう)みかんを()べることができます。
 

6月28日(水) 

今日(きょう)夏野菜(なつやさい)のみそ(しる)(なか)にはかぼちゃが(はい)っています。かぼちゃは別名(べつめい)、「南京(なんきん)」と()ばれています。「南京(なんきん)」という名前(なまえ)中国(ちゅうごく)南部(なんぶ)都市(とし)である「南京(なんきん)()」からきているそうです。またカンボジアという(くに)から日本(にほん)へかぼちゃは(つた)わってきたので、カンボジアがなまって「かぼちゃ」という()(まえ)になったと()われています。みそ(しる)にかぼちゃの(あま)みがでてとてもおいしくなっていますよ。
 

6月27日(火) 

今日(きょう)人気(にんき)メニューの(ひと)つでもあるカレーライスです。カレーライスはもともとインドの料理(りょうり)で、(にく)野菜(やさい)をさまざまなスパイスやハーブで煮込(にこ)んだものです。18世紀(せいき)にインドからイギリスへ(つた)わり、明治(めいじ)時代(じだい)(はじ)めにイギリス料理(りょうり)として日本(にほん)(つた)わりました。当時(とうじ)、カレー()高価(こうか)輸入(ゆにゅう)( ひん)しかなく、カレーは高級(こうきゅう)料理(りょうり)でしたが、国産(こくさん)のカレー()発売(はつばい)されると家庭(かてい)でも()べられるようになりました。また、カレーうどんやカレーそばなど日本(にほん)(ふう)にアレンジした料理(りょうり)登場(とうじょう)全国(ぜんこく)(ひろ)まりました。カレーはいろんな材料(ざいりょう)煮込(にこ)んでつくることができるので種類(しゅるい)豊富(ほうふ)にありますね。
 

6月26日(月) 

とうもろこしは(こめ)(むぎ)(なら)んで世界(せかい)三大(さんだい)作物(さくもつ)(ひと)つで、主食(しゅしょく)として()べている(くに)もたくさんあります。とうもろこしの(さき)にはヒゲがついていますね。これはめしべの一部分(いちぶぶん)一本(いっぽん)一本(いっぽん)のヒゲがとうもろこしの(つぶ)につながっています。ヒゲの(かず)(かぞ)えると(つぶ)(かず)がわかるんですよ。今日(きょう)はとうもろこしを()しとうもろこしにしました。
 

6月22日(木) 

もやしはさまざまな料理(りょうり)使(つか)われる野菜(やさい)(ひと)つですね。もやしとは、緑豆(りょくとう)という(まめ)()部分(ぶぶん)です。栽培(さいばい)方法(ほうほう)として、(くら)いところで(そだ)てられます。これは太陽(たいよう)(ひかり)(もと)めて、普通(ふつう)(まめ)()よりも(くき)をぐんと()ばします。また(ひかり)()たらない(あいだ)(つち)(なか)にいると(おも)い、()(ひら)きません。そうやってもやしは(つく)られています。
 

6月21日(水) 

鶏肉(とりにく)(おお)きくわけて、もも(にく)、むね(にく)手羽(てば)内臓(ないぞう)(ほね)(ガラ)ですが、(とり)のむねの内側(うちがわ)にあるのがささみです。豚肉(ぶたにく)牛肉(ぎゅうにく)でいえばヒレ(にく)部分(ぶぶん)です。(かたち)が「(たけ)のささの()」に()ているところから「ささみ」と名前(なまえ)がつけられました。ささみはたん(ぱく)で、やわらかい(にく)です。(あぶら)(すく)なくあっさりした(あじ)をしています。今日(きょう)(とり)ささみときゅうりの()(もの)です。さっぱりしておいしい()(もの)ですよ。
 

6月20日(火) 

鶏肉(とりにく)(おお)きくわけて、もも(にく)、むね(にく)手羽(てば)内臓(ないぞう)(ほね)(ガラ)ですが、(とり)のむねの内側(うちがわ)にあるのがささみです。豚肉(ぶたにく)牛肉(ぎゅうにく)でいえばヒレ(にく)部分(ぶぶん)です。(かたち)が「(たけ)のささの()」に()ているところから「ささみ」と名前(なまえ)がつけられました。ささみはたん(ぱく)で、やわらかい(にく)です。(あぶら)(すく)なくあっさりした(あじ)をしています。今日(きょう)(とり)ささみときゅうりの()(もの)です。さっぱりしておいしい()(もの)ですよ。
 

6月16日(金) 

(あさ)ごはんや給食(きゅうしょく)でもよく()べるパンですが、パンは(やく)6,000(ねん)(まえ)にエジプトという(くに)(つく)られていました。小麦(こむぎ)(いし)でつぶして(こな)にし、(みず)()って(あつ)くした(いし)(うえ)()いたものでした。日本(にほん)には(いま)から(やく)400(ねん)ほど(まえ)にやってきたポルトガル(じん)によってパンが(つた)えられました。(いま)ではさまざまな種類(しゅるい)のパンがありますね。今日(きょう)給食(きゅうしょく)はミニパンですが、給食(きゅうしょく)では黒糖(こくとう)パンやアップルパン、ココアパンなどといった種類(しゅるい)のパンもありますね。みなさんはどんなパンが()きですか?
 

6月15日(木) 

(てん)ぷらは、(いま)から400(ねん)(まえ)、ポルトガルからやってきました。当時(とうじ)日本(にほん)では(あぶら)大変(たいへん)貴重( きちょう)なもので、たくさんの(あぶら)使(つか)って(つく)(てん)ぷらは高級(こうきゅう)()(もの)でした。その()(あぶら)がたくさん(つく)られるようになり、(てん)ぷらを()べる(ひと)もだんだん()えてきました。(はじ)めはおかずというよりもおやつのように()べられていたそうです。今日(きょう)はホキという白身(しろみ)(さかな)使(つか)っています。()いても()げてもおいしいお(さかな)なので、今日(きょう)(てん)ぷらでおいしく()べて(くだ)さいね。
 

6月14日(水) 

キムチは日本(にほん)でもなじみの(ふか)漬物(つけもの)です。韓国(かんこく)では白菜(はくさい)だけでなく、きゅうりや大根(だいこん)など様々(さまざま)野菜(やさい)のキムチや魚介類(ぎょかいるい)(くわ)えて(つく)るキムチもあるようです。キムチは(から)いだけでなく、酸味(さんみ)もありますが、これは乳酸菌(にゅうさんきん)使(つか)った発酵(はっこう)食品(しょくひん)であるためです。乳酸菌(にゅうさんきん)(はたら)きでお(なか)調子(ちょうし)(ととの)えるのにも役立(やくだ)ちます。また適度(てきど)(から)さは(からだ)(あたた)め、食欲(しょくよく)増進(ぞうしん)にもつながります。今日(きょう)昨年度(さくねんど)学校(がっこう)給食(きゅうしょく)週間(  しゅうかん)で6(ねん)(せい)(かんが)えてくれたメニューの「厚揚(あつあ)げと白菜(はくさい)のキムタレ(どんぶり)」です。大好評(だいこうひょう)残菜(ざんさい)がほとんどなかったメニューです。
 

6月13日(火) 

今日(きょう)はデザートに野菜(やさい)ゼリーがつきます。野菜(やさい)ゼリーには人参(にんじん)温州(うんしゅう)みかんというみかんの果汁(かじゅう)(はい)っています。みかんは(ふる)くは「みっかん」と()ばれ、そこからみかんと()ばれるようになりました。温州(うんしゅう)みかんの温州(うんしゅう)柑橘(かんきつ)(めい)産地(さんち)であった中国(ちゅうごく)浙江省(せっこうしょう)温州(うんしゅう)というところに由来(ゆらい)しています。温州(うんしゅう)みかんは(あたた)かく、日当(ひあ)たり、風当(かぜあ)たり、(みず)はけのよい斜面(しゃめん)(やま)栽培(さいばい)されます。最近(さいきん)ではビニールハウスや温室(おんしつ)発達(はったつ)により、平地(へいち)でも栽培(さいばい)されるようになりました。
 

6月12日(月) 

スーパーなどでは一年中(いちねんじゅう)()られているレタスですが、レタスの(しゅん)は4(がつ)から9月(  がつ)です。レタスは全体(ぜんたい)の95パーセントが水分(すいぶん)ですが、水分(すいぶん)以外(いがい)にもビタミン(しー)、ビタミン(いー)、カロテン、カルシウム、カリウム、(てつ)(ぶん)亜鉛(あえん)などを(ふく)んでいます。サラダで()べるイメージが(つよ)野菜(やさい)ですが、(いた)(もの)(なべ)、スープなど加熱(かねつ)してもおいしく()べることができます。(あぶら)一緒(いっしょ)()べることでカルシウムの吸収(きゅうしゅう)がよくなり、しんなりしてかさが()るので、食物(しょくもつ)繊維(せんい)をたっぷりとることができます。今日(きょう)(たまご)使(つか)ったレタスとたまごのスープです。ふわふわの(たまご)としゃきっとしたレタスがとてもよくあいますよ。
 

8月9日(金) 

かぼちゃのポタージュスープに鶏肉(とりにく)(はい)っています。鶏肉(とりにく)は「かしわ」とも()ばれることがあります。これは(はね)(いろ)茶色(ちゃいろ)(いろ)づいた(かしわ)()(いろ)()ていることからきています。鶏肉(とりにく)には(からだ)(つく)るもとになるたんぱく(しつ)(おお)(ふく)まれています。その(ほか)にも()によいビタミン(えー)豚肉(ぶたにく)牛肉(ぎゅうにく)よりも(おお)(ふく)まれています。
 

6月8日(木) 

(さば)日本(にほん)でよく()べられている(さかな)の1つですね。(おも)に、「まさば」と「ごまさば」という種類(しゅるい)のものが日本(にほん)では()られています。(さば)という名前(なまえ)(むかし)()(ちい)さいので(ちい)さい()()いて「()()」と()んでいました。しかし(いま)では白身魚(しろみざかな)(たい)して(あお)(ざかな)代表(だいひょう)といわれるように(さかな)へんに(あお)()いて「(さば)」と()むようになりました。さばには(のう)(はたら)きをよくしたり、血液(けつえき)をサラサラにしたりする(はたら)きがあります。今日(きょう)はセンターで手作(てづく)りしたぽんずをかけています。
 

6月7日(水) 

ハヤシライスの「ハヤシ」は英語(えいご)の「ハッシュ」に由来(ゆらい)する言葉(ことば)で「ハッシュ」は「(にく)などをこま()れにする」という意味(いみ)があります。ハッシュドビーフという薄切(うすぎ)りの牛肉(ぎゅうにく)をバターでいためた()(さい)一緒(いっしょ)煮込(にこ)んだ料理(りょうり)があります。ハヤシライスはこの「ハッシュドビーフ・ウィズ・ライス」が「ハッシュライス」になり、それがなまって「ハヤシライス」になったとも()われています。
 

6月6日(火) 

はりはりごはんに(きざ)昆布(こんぶ)(はい)っています。昆布(こんぶ)(つめ)たい(うみ)でよく(そだ)ち、日本(にほん)では北海道(ほっかいどう)でたくさんとれます。(ふる)くから「よろこぶ」につながるとお(いわ)いごとに使(つか)われてきました。昆布(こんぶ)には(ほね)()をじょうぶにするカルシウムや血管(けっかん)をじょうぶにするヨードという栄養(えいよう)()がたくさん(ふく)まれています。はりはりごはんには(きざ)昆布(こんぶ)(ほか)にも切干(きりぼし)大根(だいこん)、ちりめんじゃこ、人参(にんじん)(はい)っています。それぞれかみごたえのある食材(しょくざい)なので、よく()んで()べてくださいね。
 

6月5日(月) 

6(がつ)4()から10()までは()(くち)健康(けんこう)週間(しゅうかん)です。それに()わせて給食(きゅうしょく)でもかみごたえのあるメニューを献立(こんだて)()()れています。いかは種類(しゅるい)がとても(おお)く、(やく)500種類(しゅるい)ほどあり、日本(にほん)近海(きんかい)でも(やく)80種類(しゅるい)ものいかがいます。代表(だいひょう)(てき)なものはスルメイカ、コウイカ、アオリイカ、ホタルイカなどです。日本人(にほんじん)はイカが大好(だいす)きで、一年間(いちねんかん)一人(ひとり)()たり、1.2キログラムものいかを()べているそうです。今日(きょう)(さかな)のすり()一緒(いっしょ)にフライにしました。いかの食感(しょっかん)(かん)じますか?
 

6月2日(金) 

今日(きょう)はみなさんの()きなメニューの(ひと)つであるフルーツポンチです。フルーツポンチは「フルーツ」は果物(くだもの)で、「ポンチ」は(さけ)、さとう、(みず)などを()わせた()(もの)のことです。給食(きゅうしょく)ではお(さけ)使(つか)っていません。角切(かくぎ)りの()(なし)ゼリーと缶詰(かんづめ)のみかん、(なし)(もも)(はい)っています。(あつ)時期(じ   き)にはさっぱりしていておいしいですね。
 

Copyright (C)泉佐野市立日根野小学校 All Rights Reserved.