ホーム > 給食紹介 > 2017年度給食紹介 > 9月給食紹介

9月給食紹介

9月29日(金) 

バンバンジーサラダの「バンバンジー」とは、中国(ちゅうごく  )料理( りょうり)(ひと)つで、漢字(かんじ)で「棒棒鶏(ぼうぼうどり)」と()きます。これは、材料(ざいりょう)棒状(ぼうじょう)()りそろえて(つく)るので、()()からこの名前(なまえ)がつきました。今日(きょう)の「バンバンジーサラダ」には、(とり)ささみ、きゅうり、人参(にんじん)耐熱(たいねつ  )寒天( かんてん)(はい)っています。ノンオイルごまドレッシングをかけて()べてください。
 

9月28日(木) 

カレーといえば、インドですが、インドにはカレー()はありません。インドでは、(かく)家庭(かてい)香辛料(こうしんりょう)()わせて(つく)ります。(むかし)、インドからイギリスにカレーが(つた)わり、香辛料(こうしんりょう)()わせたものが(つく)られ、「カレー()」と名付(なづ)けられました。日本(にほん)では、明治(めいじ)時代(じだい)にカレーライスがレストランに登場(とうじょう)しました。カレー()は、ターメリック、コリアンダー、クミン、フェンネル、カルダモンなど辛味(からみ)(かお)りの()(こな)を15~20種類(しゅるい)くらいまぜ()わせます。それぞれ()()(かわ)()など(くすり)として使(つか)われているものが(おお)くあります。(とく)にターメリックは日本(にほん)では「ウコン」として有名(ゆうめい)で、肝臓(かん ぞう)(はたら)きを()くしたり、血液(けつえき)をサラサラにする(はたら)きがあります。いつもは豚肉(ぶたにく)使用(しよう)してますが、今日(きょう)のカレーは、牛肉(ぎゅうにく)使用(しよう)してます。
 

9月27日(水) 

(なま)(ぶし)は、かつおを()すかゆでたものを(はん)乾燥(かんそう)させたものです。この(なま)(ぶし)(けむり)加工(かこう)したものが、(かつお)(  ぶし)です。今日(きょう)給食(きゅうしょく)では、(なま)(ぶし)()をほぐし生姜(しょうが)とさとう、しょうゆ、みりん、(さけ)味付(あじつ)けしました。ごはんの(うえ)(なま)(ぶし)のそぼろをのせて()べて(くだ)さい。かつおには、(からだ)(つく)るもとになるたんぱく(しつ)(おお)(ふく)まれています。(ほね)(ちか)くにある(あか)(くろ)い「血合(ち あい)」には、めまいやふらつきなどを予防(よぼう)するビタミンB(びー)12や鉄分(てつぶん)(ふく)まれています。
 

9月25日(月) 

ビーンズポタージュのビーンズとは、(まめ)のことです。(まめ)には、いんげん(まめ)枝豆(えだまめ)小豆(あずき)、グリーンピースなどたくさんの種類(しゅるい)があります。今日(きょう)献立(こんだて)には、大豆(だいず)使(つか)われています。大豆(だいず)は、たんぱく(しつ)(おお)(ふく)まれているので、「(はたけ)(にく)」と()われています。大豆(だいず)は、食用(しょくよう)(あぶら)豆腐(とうふ)味噌(みそ)納豆(なっとう)、しょうゆなどに加工(かこう)されて()べられています。
 

9月22日(金) 

澱粉(でんぷん)には、色々(いろいろ)種類(しゅるい)があります。とうもろこしから(つく)られるコーンスターチは、お菓子(かし)(づく)りによく使(つか)われています。さつまいもから(つく)られるかんしょ澱粉(でんぷん)は、春雨(はるさめ)(くず)きり、ラムネなどに使(つか)われています。じゃが(いも)から(つく)られるばれいしょ澱粉(でんぷん)は、今日(きょう)の「ミートボールと野菜(やさい)のうま()」のとろみをつけるのに使(つか)われています。ばれいしょ澱粉(でんぷん)は、加熱(かねつ)するとトロッとなります。ミートボールと野菜(やさい)のうま()成分(せいぶん)がとけでた煮汁(にじる)(くわ)えることで、具材(ぐざい)煮汁(にじる)がからまっておいしくなります。
 

9月21日(木) 

高野(こうや)豆腐(どうふ)煮物(にもの)には、こんにゃくが(はい)っています。こんにゃくには、(くろ)いツブツブがあります。これは、(ちい)さく()った「あらや」や「ひじき」などの海藻(かいそう)です。(むかし)は、(いえ)でこんにゃく(いも)からこんにゃくを(つく)っていました。こんにゃく(いも)(かわ)()じって(くろ)いツブツブとした(いろ)をしていました。こんにゃくは、ノンカロリー食品(しょくひん)代表(だいひょう かく)格で、豊富(ほうふ)食物(しょくもつ)繊維(せんい)は、便秘(べんぴ)下痢(げり)などを改善(かいぜん)して、お(なか)調子(ちょうし)(ととの)えてくれる食品(しょくひん)です。
 

9月20日(水) 

(ぶた)キムチ」に使(つか)われているキムチは、韓国(かんこく)漬物(つけもの)です。キムチの(はじ)まりは、7世紀(せいき)(はじ)め、野菜(や  さい)(しお)( づ)けにしただけのものでした。18世紀(せいき)には、唐辛子(とうがらし)使(つか)われるようになり(いま)のキムチになりました。キムチは、そのまま()べたり、チャーハンやお(この)()きに()れたり、キムチ(なべ)にしたりといろいろな料理(りょうり)使(つか)われるようになりました。今日(きょう)は、キムチ、豚肉(ぶたにく)野菜(やさい)(いた)めあわせた「(ぶた)キムチ」です。
 

9月19日(火) 

毎月(まいつき)19(にち)は、泉佐野市(いずみさのし)食育(しょくいく)()です。今日(きょう)は、北海道(ほっかいどう)郷土(きょうど)料理(りょうり)です。「ちゃんちゃん()き」は、(さけ)などの(さかな)野菜(やさい)鉄板(てっぱん)()いた料理(りょうり)です。「ちゃんちゃん()き」という名前(なまえ)は、「ちゃちゃっ」と手早(てばや)(つく)ることができるという意味(いみ)や、「ちゃん」はお(とう)さんという意味(いみ)もあり、お(とう)さんが(つく)るとも()われています。給食(きゅうしょく)では、()いた(さけ)野菜(やさい)(はい)った味噌(みそ)をかけて()べる「ちゃんちゃん()(ふう)」です。「がたたん」とは、北海道(ほっかいどう)中華(ちゅうか)料理(りょうり)()さんが、中国(ちゅうごく)家庭(かてい)料理(りょうり)をヒントに(つく)ったのが(はじ)まりで、ボリュームのあるとろみのついたスープです。給食(きゅうしょく)では、野菜(やさい)豚肉(ぶたにく)使(つか)豚骨(とんこつ)スープで味付(あじつ)けし、とろみをつけました。デザートには、北海道(ほっかいどう)夕張(ゆうばり)()収穫(しゅうかく)した、夕張(ゆうばり)メロンを使(つか)ったゼリーがあります。
 

9月15日(金) 

澱粉(でんぷん)には、色々(いろいろ)種類(しゅるい)があります。とうもろこしから(つく)られるコーンスターチは、お菓子(かし)(づく)りによく使(つか)われています。さつまいもから(つく)られるかんしょ澱粉(でんぷん)は、春雨(はるさめ)(くず)きり、ラムネなどに使(つか)われています。じゃが(いも)から(つく)られるばれいしょ澱粉(でんぷん)は、今日(きょう)の「ミートボールと野菜(やさい)のうま()」のとろみをつけるのに使(つか)われています。ばれいしょ澱粉(でんぷん)は、加熱(かねつ)するとトロッとなります。ミートボールと野菜(やさい)のうま()成分(せいぶん)がとけでた煮汁(にじる)(くわ)えることで、具材(ぐざい)煮汁(にじる)がからまっておいしくなります。
 

9月14日(木) 

高野(こうや)豆腐(どうふ)煮物(にもの)には、こんにゃくが(はい)っています。こんにゃくには、(くろ)いツブツブがあります。これは、(ちい)さく()った「あらや」や「ひじき」などの海藻(かいそう)です。(むかし)は、(いえ)でこんにゃく(いも)からこんにゃくを(つく)っていました。こんにゃく(いも)(かわ)()じって(くろ)いツブツブとした(いろ)をしていました。こんにゃくは、ノンカロリー食品(しょくひん)代表(だいひょう かく)格で、豊富(ほうふ)食物(しょくもつ)繊維(せんい)は、便秘(べんぴ)下痢(げり)などを改善(かいぜん)して、お(なか)調子(ちょうし)(ととの)えてくれる食品(しょくひん)です。
 

9月13日(水) 

(ぶた)キムチ」に使(つか)われているキムチは、韓国(かんこく)漬物(つけもの)です。キムチの(はじ)まりは、7世紀(せいき)(はじ)め、野菜(や  さい)(しお)( づ)けにしただけのものでした。18世紀(せいき)には、唐辛子(とうがらし)使(つか)われるようになり(いま)のキムチになりました。キムチは、そのまま()べたり、チャーハンやお(この)()きに()れたり、キムチ(なべ)にしたりといろいろな料理(りょうり)使(つか)われるようになりました。今日(きょう)は、キムチ、豚肉(ぶたにく)野菜(やさい)(いた)めあわせた「(ぶた)キムチ」です。
 

9月12日(火) 

(さば)には血液(けつえき)(かた)まりにくくしたり、(かた)まった血液(けつえき)()かして、血管(けっかん)がつまるのをふせいでくれたり、(のう)(はたら)きをよくしてくれる(はたら)きがあります。今日(きょう)は、「(さば)のレモンしょうゆかけ」です。レモンしょうゆのタレは、給食(きゅうしょく)センターで()(づく)りしています。100()ものレモンを調理員(ちょうりいん)さんが(ひと)(ひと)つしぼって(つく)っています。
 

9月11日(月) 

今日(きょう)()きそばは、塩味(しおあじ)()きそばです。ソース(あじ)()きそばは、ソースの(いろ)がついていて茶色(ちゃいろ)ですが、今日(きょう)(しお)(あじ)なので、(めん)にはあまり(いろ)がついていません。でも、()べるとしっかりと(しお)(あじ)がしますよ。デザートには、豆乳(とうにゅう)プリンがつきます。豆乳(とうにゅう)は、大豆(だいず)(みず)(ひた)してすりつぶし、(みず)(くわ)えて煮詰(につ)めた(しる)をこした植物性(しょくぶつせいたんぱくしつ)蛋白質の()(もの)です。牛乳(ぎゅうにゅう)( たまご)から(つく)られたプリンと(あじ)(ちが)いがわかりますか。
 

9月8日(金) 

コールスローは、(こま)かく()ったキャベツを使(つか)ったサラダで、オランダ()の「コールスラ」という「キャベツサラダ」という意味(いみ)から()まれたと()われています。今日(きょう)のコールスローサラダには、キャベツの(ほか)に、人参(にんじん)、ホールコーンも(はい)っていて(いろど)りよく仕上(しあ)げています。コーンクリーミードレッシングをかけて()べて(くだ)さい。
 

9月7日(木) 

今日(きょう)給食(きゅうしょく)は、人気(にんき)メニューの(ひと)つであるラーメンが登場(とうじょう)します。今日(きょう)のラーメンは味噌(み  そ)使(つか)った「みそわかめラーメン」です。味噌(み  そ)は、味噌(み  そ)(しる)代表(だいひょう)色々(いろいろ)料理(りょうり)使(つか)われています。保存(ほ ぞん)がきき、色々(いろいろ)栄養(えいよう)(ふく)まれている大豆(だい ず)加工(か こう)食品(しょくひん)です。戦国(せんごく)時代(じだい)は、冷蔵庫(れいぞう こ)()かったので、味噌(み  そ)使(つか)い、食品(しょくひん)(くさ)るのを(ふせ)いでいました。お()()かして味噌(みそ)(しる)にしたり、おかずとして、重宝(ちょうほう)されていました。
 

9月6日(水) 

厚揚(あつ あ)げと大豆(だい ず)のすまし(じる)」の厚揚(あつ あ)げは、大豆(だいず)からできています。大豆(だいず)は、9(がつ)~11(がつ)にかけて(しゅう)( かく)されることが(おお)いです。(こめ)(むぎ)(あわ)(きび)(まめ)五種類(ごしゅるい)五穀(ご こく)()われています。大豆(だいず)は、その(なか)(ひと)つにあげられ、お(なか)調子(ちょうし)(ととの)えて元気(げんき)をつける、(ねつ)()げる、むくみや(たい)(ない)(どく)()るなどの作用(さよう)があります。今日(きょう)給食(きゅうしょく)では、たくさん()ることができますね。
 

9月5日(火) 

中華(ちゅうか)()えに、(しろ)くて透明(とう めい)なものが(はい)っています。これは、寒天(かんてん)といいます。寒天(かんてん)は、天草(てんぐさ)やオゴノリと()ばれる海藻(かいそう)(るい)()()かし、(かた)めて(こお)らせ、乾燥(かんそう)させて(つく)ったものです。(かん)(てん)には、お(なか)掃除(そうじ)をしてくれる食物(しょくもつ)繊維(せんい)がたくさん(ふく)まれています。()えている調味料(ちょうみりょう)(なか)に「()」が使(つか)われています。()成長期(せいちょうき)小中学生(しょうちゅうがくせい)必要(ひつよう)なカルシウムやマグネシウムの(きゅう)( しゅう)をよくするので、(ほね)成長(せいちょう)(たす)け、丈夫(じょうぶ)(からだ)(つく)ります。そして、料理(りょう り)(きん)から(まも)り、()(もの)(いた)みにくくする(はたら)きもあります。
 

9月4日(月) 

(さわら)という(さかな)がなぜ「さわら」とよばれているか()っていますか?さわらと()()(かた)(はら)(お(なか))がほっそりしているところから、サ(せまい)、ハラ(はら)ということで「さわら」と()ばれるようになったそうです。(さわら)は、出世(しゅっせ)(うお)関東(かんとう)では(やく)50センチメートルより(ちい)さいものを「さごし」、(おお)きいものを「さわら」と()びます。一方(いっぽう)関西(かんさい)では「さごし」から「やなぎ」になり、さらに70センチメートル以上(いじょう)になったものを「さわら」と()びます。今日(きょう)(さわら)小麦粉(こむぎこ)をつけ、()いてトマトソースをかけました。
 

9月1日(金) 

(さわら)という(さかな)がなぜ「さわら」とよばれているか()っていますか?さわらと()()(かた)(はら)(お(なか))がほっそりしているところから、サ(せまい)、ハラ(はら)ということで「さわら」と()ばれるようになったそうです。(さわら)は、出世(しゅっせ)(うお)関東(かんとう)では(やく)50センチメートルより(ちい)さいものを「さごし」、(おお)きいものを「さわら」と()びます。一方(いっぽう)関西(かんさい)では「さごし」から「やなぎ」になり、さらに70センチメートル以上(いじょう)になったものを「さわら」と()びます。今日(きょう)(さわら)小麦粉(こむぎこ)をつけ、()いてトマトソースをかけました。
 

Copyright (C)泉佐野市立日根野小学校 All Rights Reserved.