ホーム > 上小NEWS > 上小ニュース 平成31年度 > 8月・9月 上小ニュース

8月・9月 上小ニュース

17日(火)運動会 全体練習(1回目)

 17日、今年度初の運動会全体練習が行われました。

 全学年が勢揃いして行われる練習です。

 

 朝早くから、旗やプレートを掲げる役割の児童が事前打ち合わせと練習を行っていました。

 全児童が運動場に整列し、全体練習のはじまりです。

 第1回目の全体練習では、入場行進の練習を行いました。

 

 音楽にあわせ、児童だけでなく教員も足踏みしてリズムを揃えます。

 顔を上げ、手を振るように指示が飛びます。

 

 初回ということもあり、まだ粗も目立ちますが、練習を重ねて元気よく美しい行進へと仕上げていきます。

 また、ラジオ体操の練習も行いました。

 

 全体練習は、10月6日の本番までに数回行い、徐々に全体の足並みを揃えていきます。

11日(水)授業参観

 11日、授業参観が行われました。

 

 今回の参観では特別活動、その中でも特に人権や道徳についての授業をご覧いただくことになりました。

 

 1年生は「他人に親切にすること」について勉強していました。

 2年生の教室では発表が行われていました。

 

 上之郷の各所をめぐり、“自分たちのまち”について知る「まちたんけん」の成果を、児童たちだけで組み立て、発表していました。

 中学年は、誰もがそれぞれ持つ「違い」について、そしてそこからの「共生」についてがメインでした。

 

 多様な考え方を受け入れるおおらかさへとつながる「あっていい違い」と、ややもすれば差別に直結する「あってはいけない違い」との区別について考えました。

 また、男女共生をテーマに据えた学年もありました。

 

 性差による役割意識など、慣習や社会の風潮によって私たちが漠然と身につけている考え方について、改めて考えていました。

 

 「育児はおとうさんの仕事?それともおかあさんの仕事?どちらともいえない?」

 

 黒板に貼られた表に、児童たちがシールを貼りにいっています。

 高学年になると、「義務」と「権利」や、「役割の自覚」といった少し難しい概念についても扱います。

 

 これら社会人として必要になってくる考え方について皆で考えました。

 クラスという集団で活動するとなると、「選ぶ」「決める」といった権利がある一方で、「人の意見を聞く」「人の考えを理解する」といった義務も生じてきます。


 その他、黒板には「自覚」や「責任感」といった言葉が並び、身の引き締まるような内容となりました。

 

 暑い中にも関わらず、今回の授業参観にも多くの保護者様に

ご来校いただきました。

 ご来校いただいた保護者様、本当にありがとうございました。

運動会練習

 いよいよ運動会の練習がはじまっています。

 

 最初のうちは列を整えたり、自分の位置を覚えたりで精一杯!

 集団演技の練習も元気いっぱいに始まりました。

 

 繰り返し繰り返し、何度も練習して徐々に精度を上げていきます。

お家の方々に晴れの姿を見てもらうために、ケガと安全に十二分に注意しながら、真剣に練習に取り組んでいます。

 

 運動会の本番は10月6日(日)の予定です。

6日(金)5年生 非行防止教室

 6日、5年生を対象に非行防止教室が開かれました。前回の6年生に引き続いての非行防止教室です。

 

 お越しいただいたのは少年サポートセンターの方々です。

 少年サポートセンターとは、子どもたちの非行の未然防止や、立ち直り支援を行っている機関です。

 

 学校などとも連携しており、そのスタッフには警察官OBや学校関係者OBなどが入っています。

 今回の授業では、「うまく断る方法」についてお話いただきました。

 

 今後、進学していくなかで、悪友等の誘いなどを上手にかわす技術を身につけることを目的としています。

 

 悪い先輩に万引きを強要された場合などを想定し、断りづらい中でもとにかく気乗りしない態度を重ね、「はい」と言わないなどの練習を行いました。

 「うまく断る方法」は、連れ去り事案対策にも役立ちます。

 

 不審者に声をかけられ、連れていかれそうになる場面を想定し、「とにかく距離を取る」練習も行いました。

 

 

 少年サポートセンターのスタッフの方々は、「ムシャクシャしたりして、悪い誘いに乗りたくなるときもあるのはわかるけど」と理解を示しながら、「でもやっぱり、悪いことからは遠ざかることが大切」と、改めて示されました。

いちょう号

 5日、2学期初の移動図書館「いちょう号」が上小にやってきました。

 

 なんとバスの側面がそのまま本棚になっています。

 昼休みになると、子どもたちは臨時で設けられた簡易カウンターの前に列を作っていました。

 

 図書館で借りた本でもいちょう号で返却できるなど、利便性の面でも好評を博しています。

 バスは内部にも本棚がズラリ!

 

 いちょう号は月に1回程度、昼の時間帯に来校し、地域の皆様もご利用になれます。

 

 来校時には青門(通用門)に停車しておりますので、どうぞお気軽にお越しください。

 

 次回の来校は10月3日の予定です。

5日(木)大阪880万人訓練

 5日、府内全域で、地震・津波を想定した防災訓練(「880万人訓練」)が行われました。

 

 午前11時、防災無線から地震(という想定)の放送が流れると、各教室で活動を行なっていた教員は即座に授業をとめ、身を守る方策を指示しました。

 隠れる机などのない体育館では、なるべく広い中央部分にかがみ、頭を守っていました。

 

 地震時には、揺れが収まるまでは、まずは身を守ることがセオリーとなっています。

 訓練前後には、市の職員が学校の防災倉庫の状況を念入りにチェックしていました。

 

 将来懸念されている南海トラフ地震に備え、ご家庭でも避難時の行動のお話や備蓄のご準備をよろしくお願いいたします。

4日(水)JRC交歓会

 4日、児童会のメンバーがJRC交歓会に行ってきました。

 

 泉佐野・熊取以南の36校が集まり、レクリエーションなどを通じて交流しました。

 また、それぞれが自分の学校について説明する取り組みも行われました。

 

 ふだんは知ることのない他市町村の学校の様子に、世界が広がる思いがします。

 

 上小の児童会メンバーも、子どもフェスタなど独自の行事や孔雀についてなど上小の特色を説明しました。

 説明次第で上小の印象が決まってしまうため、説明にもおのずと力が入ります。

 興味津々に聞いていた他校の児童からは質問が飛ぶことも。

 

 紹介のために一生懸命作成した説明用の「仲良しポスター」は、他校へも一定期間掲示されます。

 

 

喫煙防止教室

 8月29日から9月3日にかけて、3年生以上を対象に喫煙防止指導を行いました。

 

 保健室の先生がタバコの影響について話をし、体に与えるダメージについて、パネルなどを用いて説明しました。

 

 ニコチンによって汚れた肺や血管、くすんだ肌の写真を目にした児童たちは、一堂に慄いていました。

 学習後、児童たちからは、「しょうらいはぜったいたばこをすわない」や、「おとうさんにもやめるようにいう」といった感想が寄せられました。

 

 また、「からだにわるいのに、どうしてたばこをうっているのだろう」といった疑問を持つ児童もいました。

 

 6年生には、中学校や高校で仲間にタバコを誘われたときの断り方といった内容も考えてもらいました。

30日(金)6年生 非行防止教室

 30日、6年生を対象に非行防止教室が開かれました。お話いただいたのは、泉佐野警察署の刑事さんです。

 

 今回は、近年増えているインターネットやスマホによる犯罪にも言及されました。

 

 インターネット上に安易な書き込みなどをしないこと、特に「個人情報は絶対に出さない」ことを強調されました。

 刑事さんからは、ちょっとした好奇心やふざけ心であっても「悪いことは悪い」ということ、そして、犯罪に手を染めてしまった場合、刑事としては公正に厳しく取り調べをしなくてはいけなくなる、ということをお話いただきました。
 

 9月6日には、5年生にも非行防止教室を行う予定です。

30日(金)出前授業「出かける浄水場」

 30日、出前授業「出かける浄水場」が行われ、4年生が水道水について勉強をしました。

 

 1学期に行った浄水場の社会見学に引き続き、環境について考える取り組みの第2弾です。

 今回は、大阪広域水道企業団の方にお越しいただきました。

 

 不純物が混ざった水が、おいしい水となって甦る過程について説明してもらえました。

 

 講師の方の実演に、みんな興味津々です。

 実験では、汚れに見立てた色つきの水が、ろ過の結果、綺麗な水となって滴る様子を全員が食い入るように見つめていました。
 

 また、専用薬品を混ぜることにより、濁った汚水が徐々に透明度を回復していく実験でも、一心不乱に水をかき混ぜていました。

 

 高度な技術と様々な工夫の結果、大阪の水道水はミネラルウォーターとも争えるほどの品質を誇っているとのことでした。

26日(月)2学期始業式

 26日、いよいよ2学期がスタートしました。

 

 始業式直前、児童たちは教室で服装などを改めてととのえ、気持ちも新たに体育館に集合しました。

 「おはようございます!」

 

 元気なあいさつが体育館に響き、長いブランク明けで児童たちの調子を気にしていた教師陣を安心させました。

 

 簡にして要を得た始業式の後、児童たちはさっそく教室に戻って夏休みの思い出話に華を咲かせたり、宿題を提出するなどしていました。

Copyright (C)泉佐野市立上之郷小学校 All Rights Reserved.