ホーム > 上小NEWS > 上小ニュース 平成31年度 > 10月 上小ニュース

10月 上小ニュース

31日(木)連合音楽会

 31日、泉の森ホールにて「泉佐野市小中学校連合音楽会」が開催されました。

 

 上小からも3年生が出演し、「ともだちになるために」を合唱しました。

 ホールを市内各校の児童や保護者の方が埋め尽くすなか、全員で美しい歌声を響かせました。

 

 3年生たちは、初めて立つ舞台の緊張感にも負けず、担任のふるう指揮の強弱にあわせ、ある点では歌声をひそめ、またある点ではのびやかに歌いきりました。

 

 胸を張って上向きかげんに声をあわせる姿はとても立派でした。

 

 途中のセリフの部分でも委縮することなくハキハキと喉をふるわせて巨大なホールの隅まで声を届け、最後までせいいっぱい歌いきって舞台を降りるころには、達成感と安堵からやわらかい笑顔を見せていました。

 

 月曜日の児童朝礼で行ったリハーサルの成果もあり、本番ではより揃った歌声を聴衆に届けることができました。

 

 今月22日には上小にて校内音楽会が行われます。

 3年生もふくめ、全学年の合唱や合奏を披露いたしますので、ぜひご参観ください。

 

30日(水)市内一斉パトロール

 30日、今年度2回目となる市内一斉パトロールが行われました。

 

 集団下校にあたり、事前に交通マナーについて、以下の点をあらためてみんなで確認しました。

 

  1.道を歩くときは、広がらないこと

 

  2.横断歩道では、立ち止まること

 今回も地域から多数の方が駆けつけてくださりました。

 

 保護者の方々・地域の皆様20名ほどに見守られ、児童たちも安心しての下校となりました。

 

 出発前、運動場に並んで順に点呼をしていきます。

 

 人数の多い班の列が長く伸び、賢く整列していました。

 広がらないように意識しながら歩いてゆきます。

 上小前の道路は交通量も多く、事故なく登下校するためにはとても重要な事柄です。

 上小前の信号も注意が必要なポイントです。

 

 曲がってくる車も多く、たとえ信号が青でも左右をきちんと確認してから渡ることが大切です。

 

 また、今回も地域パトロールの皆様には「通学路の安全チェックリスト」をお渡しし、ご記入をお願いしました。

 

 児童たちの安全のために本日ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

28日(月)ふれあい交流会

 28日、多目的室にて「ふれあい交流会」が行われました。

 

 1年生が地域の方と、今は懐かしの遊び道具を囲み、交流を楽しみました。

 

 地域からは5名の方にお越しいただきました。

 

 いずれも、日頃からとてもお世話になっている方々です。

 最初に、紙芝居をご披露いただきました。

 

 みんなで楽しめるものを、とわざわざ考えていただいたものです。

 

 和装に身を包み、情感たっぷりの語り口でお話いただき、児童たちからは「はくりょくがあっておもしろかった」などの感想が聞かれました。

 

 この日、お召しになっていた着物はなんと70年前のもの!

 児童たちも「すごい!!」と驚いていました。

 また、遊びの紹介もしていただきました。

 

 コマやヨーヨー、メンコ、だるまおとしなど、今となっては懐かしさを覚える遊びの数々です。

 鮮やかな手つきでコマなどが繰り出されると、児童たちはワッと身を乗り出して行方を見守っていました。

 その後、児童たちも一緒に遊んで交流することとなりました。

 

 お手玉、あやとり、5円コマを順番に体験していきます。

 

 あやとりの技の数々や、歌いながらお手玉を頭にのせ、落としてキャッチするなど色々な遊び方を教えていただきました

 5円コマは地域の方が、上小まつりのとき出品され、ご寄付いただいたものです。

 

 児童たちは自分で回したコマを前のめりで応援し、喜んでいました。

 

 どの遊びも嬉々として楽しみ、終わりの時間が近づいてもまだまだ遊びたそうにしている様子で、とても貴重な体験と交流の機会になりました。

 

 ご来校いただいた地域の皆様、本当にありがとうございました。

28日(月)児童朝礼

 28日は3週間ぶりの児童朝礼でした。

 

 この日は、保健給食委員会の児童たちが「ねむりの神様がやってきた」と題して朗読劇をしてくれました

 

 睡眠に関するお話です。

 きちんと寝ることには、次のようないいことがあります。

 

 ・元気が回復する   ・成長をたすける

 ・記憶力をたかめる  ・病気を予防する

 

 「どうしよう!?眠れないよぅ…」

 委員会の児童たちが、緊張しながらセリフをひとつひとつ読み上げました。

 

 

 また、「ブルーライト」についても教えてくれました。

 

 夜おそくまでテレビやスマホを見つめていると、画面から出ている「ブルーライト」が体内時計を狂わせてしまうということです。

 

 ご家庭でも、成長をたすける睡眠の大切さについてお話いただきますようお願いいたします。

 保健給食委員会の発表に次いで、3年生が合唱を披露しました。

 

 31日に行われる「連合音楽会」の発表曲を、まずは上小のみんなに聞いてもらいます。

 

 曲目は「ともだちになるために」です。

 休日を挟み、また、初めて大勢のギャラリーを前にして、3年生たちはこの上なく緊張気味でした。

 

 調子を整えようと悪戦苦闘しつつ、りっぱに全校児童の前で発表曲を歌いきった3年生。

 

 今のうちにたくさんの緊張などを経験して、本番では100%の力が発揮できるといいですね!

 

 「泉佐野市小中学校連合音楽会」は10月31日午前10時より、エブノ泉の森ホールにて開催されます。

25日(金)3年生 社会見学

 25日、3年生がイオンモール日根野に社会見学に行きました。

 

 児童たちにもおなじみの“日根野イオン”です。

 

 案内してくださる社員さんに出迎えられ、「よろしくお願いします」とあいさつをして、見学のはじまりです。

 この日は食料品売り場を中心に見学しました。

 

 多くの児童たちにとっては、お父さんやお母さんと買い物に訪れたことのある場所です。

 

 今日はふだんなら素通りしているような部分にもアンテナを張り、新しい発見をしにやって来ました。

 社員さんも、スーパーで行われている工夫やアイデアを説明してくれました。

 

 特にエコには力を入れていること。

 

 トレーやペットボトル、ダンボールなどの紙類は、ほとんどが別のものに生まれ変わるそうです。

 

 地球にやさしい商品には「エコマーク」、海の幸には青い「エコラベル」がついています。

 美味しいものを食べてもらえるように、生鮮食品や惣菜、パンなども自店調理されています。

 

 調理室から目の前のレーンにサッとできたてが並びます。

 

 「ほかほかのお弁当と冷たいお弁当、どっちがいい?」「ほかほかの方!」などとやり取りしていました。

 

 今はハロウィンの時期で、カボチャを売り出し中とのこと。

 流通にも工夫がありました。

 

 製品を入れるコンテナは、横をポンとたたくとあっという間にぺしゃんこに!


 かさばらないためのアイデア製品です。

 

 児童・教師ともに「すごい!!」「おもしろい!」と声が挙がり、あちこちで何度も組み立ててはぺしゃんこにしていました。

 説明があったことや自分で気づいたことを、熱心にメモしている児童がそこここで見られました。

 

 身近なお店にも、われわれの意識しない所で多くの知恵と工夫が生かされていることを勉強できた社会見学でした。

 

 たくさん勉強して、将来は知恵や工夫たくさん出せるような人になれたらいいですね。

24日(木)日根野中学校体験入学

 24日、6年生が体験入学で日根野中学校へおじゃましました。

 

 現6年生のうち、多くが来春から日根野中学校の門をくぐることになります。

 

 このようなイベントを通して、進学の不安を少しでもやわらげてもらうねらいです。

 体育館で先輩たちの話を聞いたあとは、授業のようすを実際に見せてもらえました。

 

 上小よりも1クラスあたりの人数が多く、体も大きい中学生が教室にひしめいて一様に集中しているさまは、児童たちの心にも残ったようです。

 クラブ見学をとっても楽しみにしている児童もたくさんいました。

 

 各クラブでは体験メニューも用意してもらって実際にラケットを振るなどしていました。

 

 あいにくの雨で、運動場クラブは屋内で筋トレなどのメニューとなりましたが、競技の華の部分だけでなく、地道なトレーニングの様子も知れたいい経験となりました。

 

 「やったことのない競技でも入部できるんですか?」

 

 「もちろん!初心者歓迎!!」

 

 児童たちの疑問に中学生たちが答えてくれたり、また、上小を卒業した先輩の姿を見つけたりして、なごやかな雰囲気のうちに体験入学の時間は過ぎました。

23日(水)にこにこ集会

 23日、にこにこ集会がありました。

 

 にこにこ集会とは、全学年混合の班で行う交流活動のことです。

 

 そのため、体の大きな上級生から、まだ小柄な下級生までが同じ教室に集い、一緒に活動しました。

 この日は、みんなで 「イスとりゲーム」や「なんでもバスケット」などイスを使ってゲームを行いました。

 

 各教室からは、イスとりゲームの軽快な音楽と、なごやかな笑い声が漏れていました。

 イス取りゲームを行うことで、いろいろな学年が輪になって顔を合わせることもできました。

 

 学年関係なくゲームを楽しみ、交流を深めることができました。

18日(金)秋の遠足2

 3・4年生の行先は大仙公園でした。

 

 日本最大の古墳であり、世界に名だたる墳墓の雄ピラミッドよりも巨大といわれる大仙古墳の間近まで迫りました。

 

 「百舌鳥・古市古墳群」として世界遺産にも登録され、話題性も抜群です。

 

 担任が、大仙古墳が大きく載ったポスターを手に説明を行いました。

 あまりにも巨大であるため、間近からはうっそうと木々が茂るばかりで一望のうちに見渡せません。

 

 遺産としての価値が高すぎるため、立ち入りも厳禁となっています。

 

 そのため、空撮写真を頼りに想像力をめぐらせ、歴史の威風と神秘性とに打たれる努力をした後は、古墳に付設されている公園をメインに活動しました。

 公園「児童の森」には数々のアスレチックが設置されています。

 

 大型の滑り台やターザンロープのほか、ストレッチ器具やバランス器具など安全に楽しめるものもあり、ふだん見ない遊具のバリエーションに、児童たちは目を輝かせていました。

 

 ロープくぐりでは児童たちが列をなしてロープ内に続々入り込み、前後をみっちり詰めながら少しずつ前進していました。

 

 林のなかには落ち葉が敷き詰められた箇所も。

 

 前夜の雨で程よく湿気を帯び、さわり心地もよいようです。

 

 じゅうたんさながらに、落ち葉の中にうずもれる児童の姿もありました。

 おうちの方に持たせてもらったお弁当は、広い芝生でいただきました。

 

 お昼を食べ終えた後は、さっそく元気に駆け回りフリスビーを追いかけるなどしていました。

 ふかふかの芝生をコロコロ転がり、笑いあう姿も。

 

 

 行き・帰りの電車でも、乗換を含む区間を児童たちはスムーズに乗降し、マナーを守って乗っていることができました。

 

 雨模様が危惧された秋の遠足でしたが、途中では青空も顔を覗かせた気持ちのいい遠足となりました。

18日(金)秋の遠足

 18日、秋の遠足に行ってきました。

 

 1・2年生は上小から山へ山へと泉佐野丘陵緑地を目指しました。

 

 上小から歩けるほどの距離ですが、山の中とあって里とは雰囲気が変わり、じゅうぶん遠足気分を味わえます。

 

 「どんぐりたちの妖精の森」では、喜んで妖精を探し回る純粋な姿もみられました。

 午前中は、緑地内の散策を兼ねた「どんぐり拾い」でした。

 

 お昼前になると、児童たちはどんぐりでいっぱいの袋を手に手に集合し、収穫したばかりのどんぐりを見せ合いながら、楽しそうにおしゃべりをしていました。

 1・2年生揃っての集合写真では、全員でエイエイオー!

 

 丘陵緑地の方たちのかけ声にあわせて元気をふりまきました。

 開けた芝生のうえでお昼ご飯です。

 

 見晴らしがよく、上之郷の町が眼下に広がります。

 ドーム型の天井を持つ上小の校舎が、家なみのなかにぽっかりと浮かんでいました。

 午後は、1年生と2年生とで別々のメニューが用意されていました。

 

 1年生は「どんぐりコマ」作りに挑戦しました。

 

 丘陵緑地の方たちに教わりながら自分だけのコマをつくり、回転性能を追求したり、めいめいに彩色したりと楽しんでいました。

 2年生は「どんぐり植え」を行いました。

 

 昨年から学校で育てていたどんぐりの苗を、大事にかかえながら林の方へ向かいます。

 目印となる竹の木の周りをざくざく掘り返し、どんぐりの苗を静かに植え付けました。

  どんぐりが大きくなるまで長い時間がかかります。

 どんぐりだけでなく、みなさんも大きくなっていきますが、いつの日かきっとこの苗のことを思い出し、見に行けることを願っています。

16日(水)アウトリーチ

 16日、上小にプロの音楽家がやって来ました!

 

 4年生を対象としたアウトリーチ事業です。

 

 アウトリーチとは、公共機関などによる出張サービスのことです。

 

 この日は、楽団に所属しているヴァイオリニストとピアニストの方が、音楽の楽しさを教えに来てくださりました。

 さっそく楽器の実演をしていただきました。

 

  「きらきら星」

 

  「威風堂々」

 

  森山直太郎「さくら」

 

  忍たま乱太郎主題歌「勇気100%」

 

 などなど、おなじみの曲や人気曲が次々とピアノとヴァイオリンの音色で蘇り、児童たちの心を掴んでいました。

 ヴァイオリン体験の時間もありました。

 

 代表となった児童たちは、はじめて触ったヴァイオリンでしたが、ヴァイオリニストさんの指導を受けながら、きれいな音、そしてわざと汚い音を出したりしました。「こうしたら汚い音が出るとわかるからこそ、きれいな音が出せる。失敗することが大切。」というお話に納得していました。

 さらに、セッションや合唱もしていただけました。

 

 講師の方のリードで、全員がリコーダーの音色を合わせ「ミッキーマウス・マーチ」のセッションを行いました。

 

 授業の最後には全員で歌声を響かせて「ホール・ニュー・ワールド」を合唱し、一体感と余韻のうちに今年のアウトリーチは幕を閉じました。

15日(火)家庭学習週間

 15日から、「家庭学習強化週間」がはじまりました。

 

 おうちでの勉強時間を確保し、自学自習をできるだけがんばってみよう!という週間です。

 

 自分からすすんで机に向かう姿勢や、家でも勉強する習慣が少しでも身につくことを願った取り組みです。

 

 期間中は、各教室でも黒板に「家庭学習強化週間」と掲示が貼り出されます。

 初日である今日は、担任が自主学習について説明を行いました。

 

 勉強時間は、「学年×10分」を目安にしています。6年生だと60分です。

 ただし、あくまで目安ですので、大切なのは無理のない範囲でがんばることです。

 

 まず最初に宿題に取り掛かり、時間が余れば今日習ったところや気になるところ、興味のある分野に取り組むことを推奨しています。

 

 ご家庭での勉強用ノート「自主学習ノート」も各学年で用意していますので、ご活用ください。

 

 全員で家庭学習について確認し、今日は下校となりました。

 

 家庭での学習習慣が身につくには、保護者様の励ましや手助けが大きな力となります。

 

 年度当初にお配りした「家庭学習の手引き」も参考にしながら、ぜひお子様にお声がけや支援をよろしくお願いいたします。

15日(火)タオル絵筆

 15日、4年生がタオル絵筆に挑戦しました!

 

 タオルの切れ端をわりばしの先にくくり、絵筆として使うことで独自の味わいを持つアートが出来上がります。

 

 タオル絵筆の第一人者が上之郷の近くにお住いという縁もあり、今年度もタオル絵筆の授業がかないました。

 今回の授業では、各々が自分の好きな物を持ち寄ってモチーフにしました。

 

 大部分の児童は、自分が打ち込んでいる習い事や趣味に関わるアイテムを手に手に持ち寄り、創作活動に臨みました。

 タオルの生地や切れ端の大きさによって、生まれる味わいも違います。

 

 タオル絵筆が紙上を走るたび、一人ひとり特有の線が描き出されていました。

 

 どの児童も、普段使っている絵筆との勝手の違いに難儀しつつ、あるいは楽しみつつ、それぞれに工夫を凝らして自分の絵を描きあげていました。

 形を描き、文字を入れたら、色をつけて完成です!

 

 「全国タオル筆で描く絵てがみコンクール」も開催されています。

 興味を持たれた皆様も、この機会にぜひ一度ご挑戦されてみてはいかがでしょうか?

 

11日(金)プログラミング授業

 11日、5年生を対象にプログラミングの授業が行われました。

 

 プログラミングは来年度から必修となります。

 

 そのため、事前に少しでも慣れ親しんでおこうという目的での授業でした。

 

 大学の先生をお招きし、初回となる今回はプログラミングのごくごく初歩について教わりました。

 プログラミング必修化のねらいは、文部科学省によると

 

  「コンピュータの基本的な操作の習得」

 そして

  「論理的思考力を身に付けること」

 と説明されています。

 

 講師の先生は、プログラミングを「順序をつけて考えること」とわかりやすく説明されました。

 

 授業の後半では、スイッチのオンオフができるような簡単なプログラミングも実際に組んでみました。

 

 プログラミング授業は、高学年を対象に今後も数回にわたり行い、徐々に高度な内容と論理的思考を養っていく予定です。

11日(金)花いっぱいプロジェクト

 11日、今年も4年生で「花いっぱいプロジェクト」を行いました。

 

 学校でたくさんのパンジーを植え、まちを花でいっぱいにしよう!という活動で、2年前から続けて行っています。

 

 今年も岸和田土木事務所の方々にご協力いただいての活動です。

 

 事前に土や苗、プランターを用意してくださっていました。

 そして、今年も多くの地域ボランティアの方々に力を貸していただけました。

 

 岸和田土木事務所の方による説明を受けたら、いよいよ作業スタートです。

 作業がはじまると、児童たちはいそいそとプランターに土を詰め、苗を植えこんでいました。

 

 地域ボランティアの方々も児童たちに交じり、一緒になって汗を流していただけました。

 どの班も知らずしらず作業に入り込み、花の苗を大切に、集中した時間を過ごしていました。

 色とりどりのプランターが次々と並べられていきます。

 

 植え付けの作業を終えた児童は、植えたてのパンジーにやさしく水をあげていました。

 翌日の台風に備え、せっかく植えたパンジーが傷つかないよう屋内に避難させます。

 

 今日植えたパンジーは、花が咲いたら、地域の施設などにも持ってあがらせていただく予定です。

バケツ稲 模写

 5年生が稲の模写をしていました。

 

 自分たちで育てたバケツ稲を明るい陽射しのそそぐ運動場に置き、描き出していました。

 なかには、自分たちなりのベストスポットを求めて、ズッシリ実ったバケツ稲を協力して運ぶ姿も見られました。

 涼しい日陰も人気スポットのようです。

 

 稲はどんな形をしているかな?

 

 自分たちの命の源となるお米が詰まった稲の穂を、改めて見つめてみてくださいね。

10日(木)さつまいも収穫体験

 10日、1・2年生がさつまいもの収穫体験に行ってきました。

 

 ご案内いただいたのは農空間保全協議会の皆様です。

 

 出発前には「今日はイモ掘りを楽しみにしてきました!」「よろしくお願いします!」と元気なあいさつが響きました。
 

 実は、今回の収穫体験は5月に実施した「さつまいも植え体験」の続きでした。

 

 自分たちの手で丹精込めて植えつけたさつまいもを、今回はわくわくしながら収穫することになりました。

 ほ場では、農空間保全協議会の方々に助けられながら、めいめいがさつまいもを掘り起こしたり、引っこ抜いたりしていました。

 土中からさつまいもが顔を出すと、丁寧に土を払いながらさつまいもを地上に引き出していました。

 

 明るい陽射しをさんさんと浴びながら、気持ちのいい汗をかいた健康的な時間となりました。

 収穫が終わると、自分の持ち帰るさつまいもの大きさを互いに見せ合ったり、形ぶりを話したりと、和気あいあいとした会話が到るところでこぼれていました。
 

 児童たちが貴重な体験を出来たのは、農空間保全協議会の方々のご協力によるところが大きくありました。

 

 数ヶ月の間、さつまいもを手入れし、今日のために育てていただいた農空間保全協議会の皆様、本当にありがとうございました。

運動会5

 運動会も終盤に差し掛かり、競技は中学年、そして高学年による全員リレーへと移ります。

 

 スタートする瞬間、そしてバトンを受け継ぐ瞬間には、どの児童も真剣そのものの大人びた表情を浮かべ、見る人を真摯な気持ちにさせました。

 わずかなバトントスの乱れにも気持ちを途切れさせることなく、瞬時に立て直し走り続ける素晴らしい一幕もありました。

 

 全力を出し切り、トップでゴールした児童はもちろん、最後まで走り切った児童には誰にでも称賛の拍手が送られる気持ちのよいリレーとなりました。

 いよいよ運動会の最後をかざる、5・6年生による「組み立て体操」となりました。

 

 必死にがんばって練習してきた成果をここで全て発揮します。

 この日のために、5年生・6年生は連日厳しい練習を経てきました。

 

 太鼓の合図にあわせ、あるいは音楽にあわせて一つひとつの技が決まるたび、会場からは拍手が沸き起こりました。

 一瞬の油断が大けがへと繋がるため、練習は細心の注意と緊張感をもって行われました。

 

 教師陣が大勢補助へと入るなか、時には叱咤激励を受けながら、一つずつ技を覚え、磨きをかけてきました。

 最後の技を決めると、会場からは惜しみのない拍手が送られ続け、目頭を押さえる保護者の姿も見られました。

 

 全演技を終えると、6年生は数人ずつ順番に前に進み出て深くお辞儀をし、退場門へと歩み去りました。

 運動会の有終の美を飾る、とても美しく貴い瞬間となりました。 

 

 

 この後、閉会式をもって、令和元年度の運動会は幕を閉じました。

 

運動会にご協力、ご来校いただいた皆様、本当にありがとうございました。

運動会4

 昼休みを挟んだ後、午後の部最初の競技は応援合戦です。

 

 袴姿に襷をしめた団長を中心に、6年生たちが雄姿を見せました。

 自分たちの組だけではなく、紅白お互いにエールの交換を行いました。

 結果は白組の勝利となりましたが、双方とも本当に優越つけ難い素晴らしい応援合戦でした。

 ふれあい競技では、長生会の方々と1・2年生とが和気藹々と玉入れをしました。

 

 今年度からのルール変更にも関わらず、大勢の方が快く競技に参加していただきました。

 

 ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 卒業生リレーです。

 

 昨年度、上小を卒業した中学生が久しぶりに母校に凱旋し、晴れの舞台にバトンを繋ぎました。

 力強く堂々とした走りはさすが中学生!

 

 また機会ある折には上小を訪れ、成長した姿を見せてくださいね。 

運動会3

 棒引き「それ引け!やれ引け!」では、高学年が力強く棒を引き合います。

 

 無情にも引きずられながらなお、棒を離さない根気を見せる児童もいました。

 また、「おみこしワッショイ」では1・2年生がおみこしを落とさないように一生懸命走りました。

 PTA競技の綱引きでは、なんとイヌナキンが登場!

 散歩をしていて立ち寄ったというイヌナキン。綱引きにひとしきり応援を加えてくれた後、さっそうと立ち去りました。

 

 PTA競技にご参加いただいた皆様、ご協力ありがとうございました。

 大玉おくりでは、予測以上の動きで跳ね回る大玉に食らいつき、少しでも早くゴールまで届けようと力を合わせました。

運動会2

 1・2年生の集団演技はダンスでした。

 

 流行の曲にあわせ、全員揃ってかわいらしく一生懸命な踊りを披露しました。

 腕を大きく振るたびに赤青黄の旗が鮮やかにひらめき、運動場にたくさんの花が咲き乱れているかのようでした。

 新入生かけっこは、来春に新1年生となる児童がゲストとして走ります。

 

 参加してくれたちびっこたちは、みんな賢くゴールまで一直線に駆けていました。

 3・4年生は集団演技として「ソーラン節」を披露しました。

 

 波音が轟き、「大漁だーっ!!」のかけ声を合図に、力強い躍動が運動場を席巻しました。

 声を合わせ調子を揃えて、腰を深く落とす動きで北国の荒波を表現しました。

 

 1ヶ月間毎日練習し、力強さを向上させてきた成果を余すことなく発揮していました。

6日(日)運動会1

 6日、運動会が開催されました。

 

 午前9時、開会が高らかに宣言されると、多数の保護者の方々や地域の方々の見守るなかを、児童たちが次々と入場してきました。

 開会式では、優勝旗返還・誓いの言葉・得点説明・諸注意と、代表児童が前に出て堂々と役割を果たすたび、観覧席からは称賛の拍手が送られました。

 さっそく競技が始まり、徒競走が行われました。

 

 スタートの合図にあわせ、一目散に駆け出します。

 途中、放送機器の不調など若干のアクシデントも見られた中でも、集中力を切らさず走り切ることができました。

 3・4年生「元気にまわれ」では、内側の児童が必死に踏ん張り、外側の児童は遠心力で引き離されそうになりながらも上手に弧を描いていました。

 上小名物の「借り物競争」では、各自にコミカルな指令が下るなか、保護者の方々や1年生にも協力してもらいながらゴールを目指しました。

 それぞれに笑いながら、あるいははにかみながら、生き生きと飛び跳ね走る姿が見られました。

4日(金)運動会 準備

 4日、午後から運動会の準備が行われました。

 

 5年生・6年生の児童たちと、応援に駆け付けていただいたPTA実行委員会の方々の協力のもと、準備をすすめました。

 

 PTA実行委員会の方々には高所での作業も厭わずお手伝いただけました。

 

 入退場門が設置されると、各段に運動会の会場らしさが出てきます。

 赤組と白組、双方のがんばりが反映される得点板の設置も、PTA実行委員会の方々の手になるものです。

 

 高所作業以外にも、グラウンドのくい打ちや受付の設営、その他、多目的室では参加賞の用意など、随所々々で大きくご助力いただきました。

 

 また、5年生・6年生の児童たちも、明るい陽射しの下で各担当に分かれ、作業にいそしんでいました。

 作業に目処がつくと、児童たちが運動場を整備していました。

 

 石を拾ったり、トンボで均したりと、安全で気持ちよく競技ができるように、との思いです。

 

 汗をかいて手伝ってくれた5・6年生はこれで解散・帰宅となりました。

 はためく万国旗が運動会らしさを演出してくれます。

 皆様の協力により、運動会らしい会場を完成させることができました!

 

 お集まりいただいたPTA役員・実行委員・学級委員の皆様、誠にありがとうございました。

 

 6日には、このグラウンドを舞台として、児童たちが駆けまわることとなります。

 

1日(火)運動会 全体練習(4回目)

 1日、最終となる第4回目の全体練習が行われました。

 

 台風による雨を懸念し、日程を急きょ前倒しにしての実施となりました。

 

 泣いても笑っても全員が揃っての練習機会はこれが最後となります。 

 

 今回は、今までの全体練習で扱った種目を2時間かけて全て通しで行いました。

 

 開会式のラジオ体操では、代表児童が大きく手本を示します。

 「校旗掲揚」の一声に、全員がさっと斜め前、掲揚台の方向へと向き直ります。

 この日は台風の影響か、気温が急上昇した中での全体練習となりました。

 

 応援合戦では全員が汗だくになって、かけ声の調子やタイミング、応酬の手応えを確認しました。

 最後に閉会式の練習を行い、最後の全体練習を終えました。

 

 児童たちは今週いっぱい、学年ごとに練習や動きの調整を行い、10月6日の本番に臨むことになります。

 

 保護者様や地域の皆様も、ぜひ子どもたちの晴れの姿を見にお越しください。

Copyright (C)泉佐野市立上之郷小学校 All Rights Reserved.