ホーム > 上小NEWS > 上小ニュース 令和2年度 > 上小ニュース4・5月

上小ニュース4・5月

19日~22日 町別分散登校日 2・3回目 

 19日から22日にかけて、先週にひきつづき町別の分散登校が行われました。

 19日(火)・21日(木)は女形・上村地区、20日(水)・22日(金)には母山・机場・中村・下村の児童が登校しました。

 

 臨時休校という状況下でも、朝のあかるい空の下を児童が登校する姿は変わらずさわやかなものです。

 

 児童玄関で上靴に履き替え、教室へと向かいます。

 おうちの方のご協力もいただいて登校前には検温等をしてもらっていますが、教室に入る前にも手洗いをして念には念を重ねます。

 

 授業中は多くのクラスで集中している様子が見て取れました。

 互いに距離を取りつつ、休校期間中の学習を取り戻すかのように、みなカリカリと課題やノート等に取り組んでいました。

 

 机上の勉強だけが学習ではありません。

 せっかくの五月晴れ、おひさまの下に出て植物などに触れている学年もありました。

 写真はミニトマトの植え付けで、土のかぶせ方などにもコツがあるようです。

 

 休み時間もマスクは外さず、大勢で固まったり大声でのお喋りなどは控えつつ過ごします。

 育ちざかりの児童たちにとってはやや窮屈な環境ですが、制限の効いたなかでも適度にわいわいと和やかに休み時間を過ごしていました。

 

 友達どうしで声を抑えめにおしゃべりしたり、思いおもいに本を読んだりの休み時間です。

 

 教室に入る前に手洗いは必須です。

 児童たちも感染防止の意義を賢く理解し、すすんでこまめに手洗いをしています。

 手洗いの歌を歌ったり、友達の洗い方を見てまねるなど、わずかな手洗いの時間のなかにも微笑ましい光景が見られました。

 

 2限目が終わると早くも下校の時間です。

 在校時間はわずか2時間ほどですが、児童の姿が戻った校舎はぐっと“本来の学校らしさ”を取り戻したように映ります。

 

 まだ通学路に慣れていない1年生はみんなで一緒に帰ります。

 担任や付き添いの教師陣から、道の歩き方や交通安全などの話を聞いてからの出発です。

 みんなじっと先生の顔を見て話を聞いてくれていました。

 

 安全な道の歩き方を確認したら出発!

 出発を待っていた兄姉が一緒に付き添って帰る児童もおり、通学路と交通ルールに通じたお兄ちゃんお姉ちゃんは教師陣にとっても頼りになる存在です。

 また来週、元気な姿を見せてくださいね。

 

 町別分散登校は来週も同じように週2日ずつ行われます。

 

5月13日(水)町別分散登校日2 

 13日、この日の分散登校は母山・机場・中村・下村地区の児童です。

 朝から地域の方々が、昨年度とまったく変わることなく見守りをしてくださっていました。

 本当にありがたい限りです。

 

 駐在所のおまわりさんにも見送ってもらって、元気にいってらっしゃい!

 

 昨日と同じく、この日も3密防止に気をつけ、手洗いを徹底して校内で過ごしました。

 久しぶりに会った友達とはしゃぎたい気持ちをぐっと抑え、まじめに話を聞き静かに過ごそうとする姿が印象的でした。

 

 1年生はこの日も担任に連れられ、校内をめぐっていました。

 小学校では眼にうつるものすべてが初めてのことばかりで、飼育小屋のくじゃくや鶏を目を輝かせ見つめるなどしていました。

 

 1年生は教員に引率され、みんなで帰ります。

 

 町別分散登校は来週以降も週2日ずつ、リスク管理に気をつけつつ行われます。

 次回は女形・上村地区が19日(火)と21日(木)、母山・机場・中村・下村地区が20日(水)と22日(金)です。

 

5月12日(火)町別分散登校日1 

 5月12日、コロナ感染防止対策として、分散登校が行われました。

 この日の登校は女形地区・上村地区の児童です。

 新1年生にとっては入学式以来の学校!元気いっぱいの姿を見せてくれました。

 

 

 また、新2年~新6年生にとっては、2月末以来の登校となりました。

 人数が多めのクラスでは3密を避けるため、席を互い違いに配置したり、時に応じて風の通りのよい窓際に並ばせたりと、

なるべくリスクを減らす工夫をしながら久しぶりの学級活動をすすめていました。

 

 久々の教室、クラスメイトとたくさんお喋りしたいのはやまやまですが、密着や密接を避けるため少し静かに過ごします。

 この日は自己紹介をしたり教員の話を聞いたり、課題に取り組んだりと、いずれのクラスも集中して過ごしていました。

 

 ときにはお陽さまの下で健康的に過ごす時間も大切です。

 念には念を入れ、密集ができたり大声を出しがちな休み時間の運動場での遊びも今は制限せざるを得ないため、貴重な時間です。

 特に、新入生にとっては初めての校内めぐりとなりました。

 

 また、この日もご家庭の都合でやむを得ない場合に限り、多目的室での児童受け入れを行っていました。

 風通しのよい部屋で、本を読んだり静かに過ごしていました。

 

 明日は母山・机場・中村・下村地区の児童の登校日です。

 

4月6日(月)入学式 

 4月6日、令和2年度の入学式が執り行われました。

 新型コロナウイルスの影響で時間・規模ともに縮小しての挙行となりましたが、そんな事態も跳ね返すように、

新入生たちは新しい制服に身を包み、元気な姿を見せてくれました。

 

 保護者の方も、我が子の晴れ舞台に大勢駆けつけてくださりました。

 式中の新入生点呼では一人ひとりの名前が呼び上げられます。

 椅子から可愛らしくも元気に立ち上がって「はい!」と返事をする姿、保護者の皆様も眼に焼きつけていただけたでしょうか。

 

 校長挨拶では、特に大事な事柄として“交通安全”に触れました。

 「とびだし坊やを見たことがある人」という質問には、なんと出席児童全員が挙手!

 なんとも心強いかぎりです。

 とびだし坊やが地域の方のお手製であるように、上小は地域の方々にも見守られています。

 安全への意識を高く、事故もけがも病気もない学校生活を送りましょう!

 

 式後には新入生・保護者そろって記念写真を撮影し、人生一度のかけがえのない思い出としました。

 

 38名の新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!

 そして、上小へようこそ!

 

Copyright (C)泉佐野市立上之郷小学校 All Rights Reserved.