ホーム > 校長室日記 > 校長室日記2017年度 > 校長室日記2018年1月

校長室日記2018年1月

1月19日(金) 

国際理解教育(インドネシア)

 今日は、インドネシアにルーツのあるアヌンさんに来ていただき、いろんなことを勉強させていただきました。食べ物、乗り物、学校のこと、伝統的な楽器、服装…。印象深かったのは、日本の有名な童話、昔話がインドネシアでも同じものがあるということでした。いなばの白兎は、うさぎとサメが小さなシカとサメだったりしますが、内容は同じでした。伝統的な楽器の一つアンクルンを持ってきていただき、子どもたちは触らせてもらっていました。子どもたちは、一つひとつのことを興味津々で聞いていました。

 2限は5年生、3限は4年生と2時間お話してもらいました。アヌンさんは、保護者でもあり、地域の方で子ども会の係りをされてもいます。貴重な時間をありがとうございました。感謝します。

 

1月10日(水) 

水曜日のいけばな

今年も来ていただきました。ありがたいです。

小正月までは松の内ということで、縁起物を活けていただきました。白色の葉ボタン、門松にあわせて飾られることも多くなりました。ユリの花、つぼみなので色がまだわかりません。そして、立派な南天。音から「難転」、難を転がす、災難を逃れるという縁起のいいものとして飾られるようになりました。赤い色がとても濃いです。

 

1月9日(火) 

3学期始業式

2018年が始まりました。あらためまして、あけましておめでとうございます。

2学期末、インフルエンザの影響でみんなが一同に集まれなかったのですが、今日は元気なみんなの顔を見ることができてよかったです。

3学期は短いですが、一年のまとめの時期でとても大切な学期になります。こどもたちのさらなる成長のために、今年もよろしくお願いします。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.