ホーム > 校長室日記 > 校長室日記2017年度 > 校長室日記2018年1月

校長室日記2018年1月

1月30日(火) 

ALT授業

 カルメリータ先生に来ていただきました。今年度5回目そして最後のALT授業になります。6年生では、様々な職業を勉強していました。英語での発音を練習し、ゲームをしながら楽しんで学習していました。これからも楽しんで勉強できるようALTの先生に来ていただきたいです。今年度はお世話になりました。

 

 

1月29日(月) 

給食センター学校訪問

 小学校給食センターの調理員さんが、子どもたちの給食の様子を見学に来られました。一緒に給食を食べたり、子どもたちと話をしたりしていただきました。毎日お世話になっている方に、子どもたちからお礼の手紙を渡してくれました。とても喜んでいただきました。これからもおいしい給食をよろしくお願いします。

 

1月24日(水) 

水曜日のいけばな

 寒い時期ですが、春を感じさせる花です。黄色い実のような花のサンシュウ(サンシュユ)は、江戸時代に朝鮮経由で日本に持ち込まれ薬用植物として栽培されました。現在は、観賞用として庭木に利用されています。赤、紫、紅紫、ピンク、白と色とりどりストック。今回はピンクです。黄色のスイートピー、花言葉は「門出・思い出・別離」です。何となく季節柄を感じます。

 

1月23日(火) 

3年生 昔のくらし

 歴史館いずみさのの2名の先生に来てもらい、3年生は昔のくらしの勉強をしました。毎日の生活用品、羽釜やちゃぶ台、アイロン台、電話等昔の道具本物を持ってきていただき、暮らしぶりを説明していただきました。実際に手で触ったり、使わせていただいたりしました。興味を持って楽しそうに、子どもたちは学んでいました。地域の福祉委員会の方9名も参加してもらい、一緒に説明をしてもらいました。子どもたちとの交流も深まりました。ありがとうございました。

 

1月19日(金) 

国際理解教育(インドネシア)

 今日は、インドネシアにルーツのあるアヌンさんに来ていただき、いろんなことを勉強させていただきました。食べ物、乗り物、学校のこと、伝統的な楽器、服装…。印象深かったのは、日本の有名な童話、昔話がインドネシアでも同じものがあるということでした。いなばの白兎は、うさぎとサメが小さなシカとサメだったりしますが、内容は同じでした。伝統的な楽器の一つアンクルンを持ってきていただき、子どもたちは触らせてもらっていました。子どもたちは、一つひとつのことを興味津々で聞いていました。

 2限は5年生、3限は4年生と2時間お話してもらいました。アヌンさんは、保護者でもあり、地域の方で子ども会の係りをされてもいます。貴重な時間をありがとうございました。感謝します。

 

1月10日(水) 

水曜日のいけばな

今年も来ていただきました。ありがたいです。

小正月までは松の内ということで、縁起物を活けていただきました。白色の葉ボタン、門松にあわせて飾られることも多くなりました。ユリの花、つぼみなので色がまだわかりません。そして、立派な南天。音から「難転」、難を転がす、災難を逃れるという縁起のいいものとして飾られるようになりました。赤い色がとても濃いです。

 

1月9日(火) 

3学期始業式

2018年が始まりました。あらためまして、あけましておめでとうございます。

2学期末、インフルエンザの影響でみんなが一同に集まれなかったのですが、今日は元気なみんなの顔を見ることができてよかったです。

3学期は短いですが、一年のまとめの時期でとても大切な学期になります。こどもたちのさらなる成長のために、今年もよろしくお願いします。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.