ホーム > 校長室日記 > 校長室日記2017年度 > 校長室日記2017年12月

校長室日記2017年12月

12月14日(木) 

たずね来て まず庭先の 寒椿

                志村 万智

 寒くなりました。この寒の内に咲く椿を寒椿又は冬椿と呼んでいるそうです。寒椿という種類の椿があるわけではありません。枯れ木の中に紅が鮮やかです。寒さの中に凛としています。

 

12月13日(水) 

セカンドステップ

 北中小学校が、特に大切にしていることの一つにセカンドステップがあります。暴力以外の方法で、問題を解決する教育プログラムとしてアメリカで開発されたものです。全学年で取り組んでいて、今の6年生は、6年間勉強してきたことになります。

 セカンドステップは、自分自身を落ち着かせる方法を見つけたり、落ち着いた学習環境づくりにかかせないものになっています。今後も機会を見つけて載せていきたいと思っています。

 

12月6日(水) 

水曜日のいけばな

 今回は、冬そしてクリスマスを意識したものになっています。前回に引き続き色鮮やかなレインボー菊、白く加工してあるやなぎ、黄色く色づいた針葉の黄金ヒバと赤い実のついたヒペリウム。ヒペリウムは、オトギリソウ科で夏には鮮やかな黄色い花を咲かせます。秋から冬に赤い実をつけます。観葉植物として、寒さにとても強くこの時期によく飾られます。

 

12月5日(火) 

3年生車イス体験

 今日の午後、3年生は、車イスに乗って移動する体験をしました。4人のグループで協力しながら校舎内外を移動し、ちょっとした段差の大変さや傾斜の怖さを体験できたと思います。周りの子は、どういう補助をしたらいいかを学びました。貴重な体験ができました。

 

12月4日(月) 

健康なわとび

 先月から長縄とびを休憩時間を使って行っています。12月になり、3分間で跳んだ回数を記録する健康なわとびの活動が始まりました。1年生から6年生まで、クラスで協力して取り組んでいます。今日は、1回目の記録会でした。曇り空の中、子どもたちの掛け声、歓声が響いていました。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.