ホーム > 校長室日記 > 校長室日記2019年度 > 校長室日記2019年12月

校長室日記2019年12月

12月10日(火) 

ALT

 久しぶりにアラン先生の授業を見に行きました。1年生2クラスが一つの部屋に集まりました。前回習ったフルーツの言い方から始まりましたが、みんな元気いっぱい声を出して発音していました。この時間は、色を練習しましたが、教室にあるもので、発音された色をさがすというゲームはみんな熱中していました。数字も練習して、紛らわしい音もしっかり聞き取っていました。感心しました。楽しく英語を学べていました。

 

12月9日(月) 

2年生国際理解教育(韓国)

 今日の2時間目韓国にルーツのある豊島さんに来ていただきました。日本と韓国の文化の違い、特に食生活について聞かせていただき勉強になりました。韓国語の挨拶をみんなで言ったり、チマチョゴリを着させてもらったりもしました。子どもたちは、何回も「静かに」と言わなければならないほど、楽しそうでした。豊島さんは、お子様が北中小学校出身ですが、もう来年は高校生になるそうです。こうして学校にきてお話してくださることに感謝します。ありがとうございました。

 

12月6日(金) 

健康なわとび

 20分休憩に健康なわとびをおこないました。前回天候不良のためできなかったので、今回子どもたちは張り切って取り組んでいました。各学年、失敗せずに何回みんなで跳べるか回数を数えます。この間休憩時間になったら、運動場に出て練習している姿を見かけます。どの学年も練習すればするほど、回数が伸びていっています。

 

12月5日(木) 

4年生国際理解教育

 今日インドネシアにルーツのある広利さんに来ていただきました。4年生にインドネシアの文化、生活、食べ物、学校のことなどを教えていただきました。日本との違いを交えながらの話は、とても興味深く、子どもたちは熱心にメモをとっていました。広利さんは、子ども会の会長さんもされたことがあり、地域に根付いた生活をされています。今後も北中小学校の子どもたちにいろんなことを教えていただきたいです。今日は、ありがとうございました。

 

12月4日(水) 

冬空の下

 2年生が運動場で体育をしていました。ミニハードルを飛び越えて走ること、大縄跳び等をしていました。元気に走ったり、跳んだりする。体作りだけでなく、風邪などにも負けない強いからだになっていってほしいなあと思います。

 現在体育館が工事のため使用できません。子どもたちが、外で活動できるよう晴天が続くことを願っています。

 

12月3日(火) 

セカンドステップ

 今日は、スマイル学級でもセカンドステップの授業をしていました。1年から3年までと4年から6年までと2つに分かれて行っていました。「自分の気持ちと相手の気持ちについて」「問題をどのように解決するか」「怒りを感じたときどうすればよいか」を学習するこの取り組みは、こどもの心に成長に大きな影響を与えていると実感しています。少人数であれば、より効果的ではないかと思いました。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.