ホーム > 給食 > 2017年度給食 > 10月給食紹介

10月給食紹介

10月31日(火) 

牛乳    炊き込みチャーハン    ホイコーロー    バンサンスー    ワンタンスープ

「ホイコーロー」は、中国の四川料理の一つです。ホイコーローは、中国語で「鍋に帰る肉」という意味です。鍋でかたまりの肉をゆでて、鍋からとりだし、野菜などを炒めたところに、薄く切った肉を戻すことから、この名前になりました。本場のものは、辛くて刺激的な味です。日本のホイコーローは、薄切り肉を使い、辛さをおさえた味付けです。給食では、食べやすい味付けにしていますよ。ごはんに合うので、たくさん食べて下さいね。

 

10月30日(月) 

牛乳    パン    白身魚フライのケチャップソースかけ    茎わかめのスープ    ブルーベリージャム

今日の給食に「茎わかめスープ」があります。わかめは、葉と茎にわけられます。葉の部分が「わかめ」、茎の部分が「茎わかめ」です。茎わかめは、肉質が厚くこりこりとした食感が特徴です。ボリュームがあるのに、カロリーが低く、食物繊維をたくさん含んでいます。そのため、食べると胃の中で膨らんで、満腹感がえられますよ。

 

10月27日(金) 

kyushoku1027

牛乳  ミニパン  ミートスパゲティ  ツナとごぼうのサラダ  ミニフィッシュ

今日の給食は、「ミートスパゲティ」です。豚肉と鶏ひき肉だけではなく、「畑の肉」と呼ばれる大豆も入っています。大豆もひき肉と同じくらいの大きさに小さく刻んでいるので、入っているのが分かりにくいと思います。食感が少し固いものが大豆です。大豆には、カルシウムや食物繊維などの栄養素も入っています。肉だけでつくるよりも栄養満点です。トマト味で食べやすいですよ。

 

10月26日(木) 

kyushoku1026

牛乳  ビビンバ丼  ポークトックスープ  大学芋

今日の給食の「大学芋」のタレには、黒ゴマが入っています。ゴマは、約5000年前にアフリカのナイル川流域で作られていました。食品としてだけでなく、油や薬としても使われていました。ゴマには、白ゴマ・黒ゴマ・金ゴマなどの種類があります。これは、皮の違いで栄養は変わりません。カルシウム・鉄などが多く含まれています。他にも蛋白質やビタミン類も多く、小さい粒の中にたくさんの栄養素が入っています。色々な料理にゴマをかけて食べると、たくさんの栄養が摂れますね。

 

10月25日(水) 

kyushoku 1025

牛乳  ごはん  すき焼き風煮  きゅうりと大根のさっぱり漬け  黒糖そらまめ

「すきやき」は日本人の大好きな料理の一つです。江戸時代、農具で使う「すき」の上にたれで漬け込んだ鴨やたか、鹿などの肉を焼いたのが、すき焼きのはじまりです。牛肉を使うようになったのは、明治時代からで、牛なべと呼ばれていました。甘辛く味付けしたタレを使う関東風、砂糖・しょう油・酒を鍋にいれて直接味付けする関西風などがあります。今日の「すき焼き風煮」は、白菜・玉ねぎ・人参・ごぼう・白ねぎなどの野菜と豚肉を関西風に煮ています。

 

10月24日(火) 

牛乳     黒糖パン    オムレツのきのこあん    ミネストローネ     フルーツポンチ

「ミネストローネ」は、イタリアの家庭料理の一つで、野菜スープという意味です。トマトを入れない「ミネストローネ」もありますが、給食では、トマト味のスープに、玉ねぎ・人参・キャベツ・かぼちゃ・セロリーの野菜や大豆、ベーコン、麦が入っています。じっくりと煮込んでいるので、それぞれの具材のおいしさがスープに溶けだして、とてもおいしいですよ。

 

10月20日(金) 

牛乳     パン     鶏肉のマーマレード焼き    大根サラダ     ウインナーとコーンのスープ

今日は、「鶏肉のマーマレード焼き」が登場します。「マーマレード」って知っていますか?マーマレードは、みかんやレモンなどの柑橘類の皮と果汁に砂糖を加えて煮たジャムのことです。皮が入っているので、独特の風味があります。マーマレードのさわやかで酸味のあるソースが鶏肉にピッタリ合いますよ。

 

10月18日(水) 

牛乳     ミニごはん     カレーうどん     ちくわの磯辺揚げ    きゅうりとわかめの酢の物

「ちくわ」は、スケトウダラ、トビウオなどの白身魚と調味料を合わせて練り込み、竹や金属の棒にまきつけて、焼くなどの調理をした食べ物です。名前の由来は、「竹」を切った状態にそっくりだったので、竹の輪とかいて、「竹輪」とつけられたそうです。今日の給食では、「竹輪」を小麦粉・青のり・水などを加えた衣をつけて揚げた、「ちくわの磯辺揚げ」です。「カレーうどん」と相性ピッタリですよ。

 

10月17日(火) 

牛乳      ごはん     豚肉のしょうが焼き     もやしナムル    すまし汁

豚肉には、疲れをとり、元気にしてくれる働きがあるビタミンB1がたくさん含まれています。疲れやすくなったり、集中力がなくなったり、気分がしずんだりした時に、ビタミンB1は体を元気にしてくれるので、「疲労回復ビタミン」と言われています。さらに、ビタミンB1は、玉ねぎやにんにくといっしょに摂ると吸収がよくなります。今日は、玉ねぎが入った豚肉のしょうが焼きです。ごはんに合うおかずですよ。たくさん食べてくださいね。

 

10月13日(金) 

牛乳   パン      揚げ鶏のねぎソースかけ     カラフルソテー      ベジタブルスープ

今日の給食には、「揚げ鶏のねぎソースかけ」がでます。ねぎは、古くから食べられている野菜で500種類もの品種があります。主に緑色の部分が多い青ねぎと白色の部分が多い白ねぎの2種類に分けられます。今日は白ねぎを使っています。白ねぎには、血液をサラサラにしたり、体内でばい菌を見つけると退治してくれる働きがあります。今日は、白ねぎをみじん切りにし、しょう油や酢・砂糖で合わせたねぎソースを作りました。でん粉をつけて揚げた鶏肉と、ねぎソースがからみあって、とてもおいしいですよ。                           

 

10月12日(木) 

牛乳  さつまいもごはん  鰆の照り焼き  もやしと小松菜のごま和え  むらくも汁

今日の給食には、「むらくも汁」があります。「むらくも」とは、群がった雲という意味です。「むらくも汁」は溶き流した卵が、汁の中に薄い膜状に広がり、それが空にうっすらと広がる「むらくも」のように見えることからついた名前です。月見をしていると、雲が出てきて隠されたということから、このように呼ばれているそうです。調理員さんが、卵に水で溶いたでんぷんを混ぜてから、汁の中に流し入れているので、どんなにたくさんの卵を入れてもふわふわに仕上がるようになっています。今日は、「さつまいもごはん」もありますよ。さつまいもの甘さがごはんにうつり、とてもおいしく炊きあがっています。 秋にぴったりのメニューですよ。

 

10月11日(水) 

牛乳    きのこカレーライス    コールスローサラダ     和梨ゼリー

きのこ類は、スーパーなどで一年中見られますが、きのこ類は、9月から11月頃が旬です。ビタミン・ミネラル・食物繊維が多く、お腹の調子を整えてくれます。そして、健康長寿の食品とも言われています。今日の給食は、「きのこカレーライス」です。しめじとまいたけが入っています。2種類のきのこを見分けられるでしょうか?みんなが大好きなカレーです。「きのこ」が苦手な子も、いつもより一口多く食べて見てくださいね。デザートには、梨の風味がさっぱりとしておいしい、「和梨ゼリー」がありますよ。

 

10月10日(火) 

牛乳     ごはん    ミートボールの甘酢あんかけ   塩昆布和え     ポークスープ

昆布は、ノンカロリーで食物繊維が豊富でとても魅力的な食品です。カルシウム・鉄などたくさん含んでいます。また、昆布独自のぬめりが便通を整えてくれます。今日の給食では、キャベツともやしを塩昆布で和えています。調味料は塩だけです。野菜と昆布の旨味がでてとてもおいしいですよ。

 

10月5日(木) 

牛乳      祭り寿司      五目豆     すまし汁

秋祭りのシーズンですね。給食では、「祭り寿司」が登場します。穴子・錦糸卵・枝豆・ごまをまぜた具材をちらし寿司にのせて食べて下さい。穴子は、泉州地域では有名な魚です。体の形はウナギに似た細長い形をしています。穴子は、薄茶色で横側と腹側に白い斑点が一列に並んでいるのが特徴です。ウナギよりも低カロリーで、サッパリした味をしています。「すまし汁」には、白菜・人参・大根・じゃがいも・小松菜と野菜がたっぷり入っていますよ。

 

10月4日(水) 

牛乳     ごはん    さんまの香味ソースかけ    月見いものみそ汁    お月見デザート

今日はお月見です。給食では、お月見献立になっています。日本では、昔からすすきを飾って、月見団子を用意します。月見団子は、その年の作物がよく実り、たくさん収穫できたことに感謝して、お米の団子を供えたのが始まりです。今日の給食では、「月見いものみそ汁」があります。里芋をお月さまに見立てています。そして、デザートには、ふたを開けると、満月に見立てたみかんゼリーの上に、白いうさぎ型のゼリーがのった、お月見ゼリーがありますよ。

 

10月3日(火) 

牛乳     いか入り中華丼     蒸ししゅうまい     中華和え

「中華丼」とは、中華風に味付けた具材を、白飯の上にのせた日本うまれの中華料理です。今日は「いか入り中華丼」です。いかは、加熱すると丸くなります。丸まらないように斜めに十字の切れ込みを入れることを「かのこ」といいます。「かのこ」のおかげで、調味料がからみやすくなっているんですよ。豚肉・いか・白菜など7種類の野菜と干ししいたけが入っています。一品で、肉類・魚類・野菜類・きのこ類が入っている、栄養満点の「いか入り中華丼」です。

 

10月2日(月) 

牛乳   てりやきハンバーガー       鶏肉とコーンのスープ

「てりやき」とは、日本料理の調理法です。醤油を基本にした甘味のあるタレを肉や魚とからめながら焼きます。タレの糖分により食材の表面にツヤがでて、「てり」がでるのが名前の由来です。今日の給食では、ハンバーグにてりやきソースをかけています。ボイルキャベツといっしょに、パンにはさんで食べて下さいね。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.