ホーム > 給食 > 2017年度給食 > 11月給食紹介

11月給食紹介

11月30日(木) 

牛乳  カレーライス  鶏ささみとブロッコリーのサラダ  福神漬け  ヨーグルト

カレー粉やカレールウには、たくさんのスパイスやハーブが入っています。スパイスやハーブは、植物の実、花、根、葉、木の皮などを乾燥させたものです。これらのスパイスやハーブが香りや色、辛みをつけてくれます。スパイスやハーブは体にとってよい働きがあります。カレーの本場のインドでは、家族の体調に合わせて、スパイスやハーブを選んで組み合わせ、カレーをつくるそうです。

 

11月29日(水) 

牛乳  ごはん  いもたき  きゅうりと大根のさっぱり漬け  おかかふりかけ

芋炊きは、愛媛県の郷土料理です。芋炊きとは、秋の味覚の里芋や、ごぼうなどが入っている鍋料理のことです。芋炊きが誕生した愛媛県の大洲市では、川沿いで月を眺めながら「芋」を「炊き」、それを大勢で食べるという秋を告げる行事が毎年行われているそうです。今日の給食の芋炊きには、里芋が入っています。里芋は、ぬるっとしていて切りにくいのですが、少しでも食べやすいようにと、みなさんの口の大きさに合わせて、調理員さんが朝早くから一つ一つ手切りしてくれました。芋炊きには他に、煮込み餅も入っています。よく噛んで食べて下さいね。

 

11月28日(火) 

牛乳  ごはん  鰆の柚みそ焼き  金平ごぼう  沢煮椀

「鰆の柚みそ焼き」に使われている柚はみかんの仲間で、海外でも「ユズ」と呼ばれています。日本では古くから多く作られていて、寒さに強く、東北地方でも作られています。柚は夏の初めに花をさかせ、夏に未熟な青い実を収穫します。その後、11月ぐらいから黄色く熟したものが収穫され、スーパーなどで売られています。柚は長い間、保存できるので、年末までに収穫したものが春頃まで売られています。今日は柚の果汁とみそなどの調味料を合わせ、柚みそを作りました。みそのコクの中に柚のさわやかな味と香りを感じてくださいね。

 

11月27日(月) 

牛乳  コロッケバーガー  きのこスープ

コロッケはフランス料理の「クロケット」からきているそうです。フランスの「クロケット」は日本でいうクリームコロッケのことです。油で揚げたものでなく、オーブン調理されたものです。クロケットは食べるとカリッカリッと音がするので「カリカリするもの」という意味から名前がつけられました。じゃがいものコロッケは明治時代に日本に伝わり、コロッケと呼ばれるようになりました。今日の「コロッケバーガー」はコロッケとボイルキャベツをうずまきカットパンにはさんで食べてくださいね。

 

11月24日(金) 

牛乳  ミニパン  きのこクリームスパゲティ  ハムとコーンのサラダ  ひとくちゼリー(ピーチ)

きのこにはミネラルや葉酸など、たくさんの栄養成分があり、ミネラルは骨や体を作り、体の調子を整えたりする働きがあります。葉酸は血液をつくる時に必要な成分であり、誰にでも必要な成分です。きのこは色々な料理に良く合います。今日の給食では「きのこクリームスパゲティ」にしめじとエリンギが入っています。旬のこの時期にたくさん食べて下さい。

 

11月22日(水) 

kyushoku1122

牛乳  五目釜飯  ミートボールの甘酢あんかけ  キャベツともやしの塩昆布和え  ポークトックスープ

お酢は酢っぱいですよね。お酢は、どんな働きをしているか知っていますか?腐るのを防いだり、菌をやっつける効果や、魚の臭みをとってくれたり、肉を漬けておくと柔らかくなったりと、いろいろな働きがあります。その他にも、肥満防止やおなかの中の善玉菌を増やして便秘を解消したり、血液をサラサラにしてくれます。今日は、ミートボールの甘酢あんかけにお酢を使っています。醤油とケチャップ、酢、砂糖で味付けした甘酢っぱいタレでおいしいですよ。

 

11月21日(火) 

牛乳  ごはん  高野豆腐の煮物  ツナと切干大根のおひたし  手作りじゃこふりかけ

高野豆腐は、豆腐を凍らせて、乾燥させたもので、「凍り豆腐」とも呼ばれています。もともとは和歌山県の高野山で作られていました。肉や魚などの動物性のものを使わない精進料理の一つとして全国に広まりました。たんぱくな味わいですが、栄養価は素晴らしく、体を作るたんぱく質はサーロインステーキの三倍近くあり、カルシウム、マグネシウム、ビタミンK、鉄、亜鉛、食物繊維も豊富です。高野豆腐は、煮込むと煮汁が中まで染み込み、おいしいですよ。たくさん食べて下さいね。

 

11月20日(月) 

kyushoku1120

牛乳  ウインナードッグ  大根とベーコンのスープ

今日の給食の「大根とベーコンのスープ」に入ってる大根は冬野菜です。夏野菜は体温を下げ、冬野菜は体を温める効果があります。今は一年中食べることができる大根ですが、やはり旬の時期に食べるのが栄養価も高く、甘みがあって美味しいです。大根には消化を助ける効果があるので、胃もたれ、胸やけの防止にもなります。また大根のおろし汁には、悪い菌を増やさない効果もあります。温めたおろし汁にハチミツを少し入れて飲むと、のどの殺菌になり、風邪の引きやすいこの時期におすすめです。大根には、旬のこの時期にうれしい効果がいっぱいありますね。

 

11月17日(金) 

kyushoku1117

牛乳  黒糖パン  ポトフ オムレツのケチャップソースかけ  さつまいもと栗のタルト

ポトフとはフランス語で「火にかけた鍋」という意味を持ち、フランスの代表的な家庭料理の一つです。ポトフは、かたまりの肉とたくさんの野菜を、塩と香辛料を入れて長時間煮込んだものです。フランスでは、スープはスープ、具材は別皿でメインのおかずとしていただきます。給 食 ではソーセージとじゃがいも、にんじん、キャベツ、かぶなどの野菜を使っています。スープに溶け込んだ具材の旨味と、スープの味をしっかり吸った具材を一つのお皿で一緒に味わうことができます。具材そのもののシンプルな甘みを感じて下さい。黒糖パンもほのかな甘みでポトフに合いますよ。デザートには秋が旬のさつまいもと栗を使ったタルトが登場します!さつまいもと栗のクリームをタルトの上に搾っていて、香りが良く、美味しいですよ。お楽しみに

 

11月16日(木) 

kyushoku1116

牛乳  炊き込みチャーハン  チンジャオロースー  中華和え  ワンタンスープ

今日の給食のメニューは中華料理です。「チンジャオロースー」のチンジャオは中国語で主にピーマン、ロースーは細切りにした肉という意味です。今日のチンジャオロースーには、豚肉が入っています。豚肉には、疲れを取ったり、元気にしてくれる働きがあるビタミンB1がたくさん含まれています。不足すると、疲れやすくなったり、集中力がなくなったり、気分が沈んだりしたときに、ビタミンB1は体を元気にしてくれるので、「疲労回復ビタミン」と呼ばれてます。さらにビタミンB1は、今日の「ワンタンスープ」に入っているたまねぎに含まれる「アリシン」という成分と一緒にとると、吸収がよくなります。今日の給食は、炊き込みチャーハン、チンジャオロースー、中華和え、ワンタンスープと盛り沢山です。たくさん食べて下さい。

 

11月15日(水) 

kyushoku1115

牛乳  焼肉丼  わかめスープ  みかん

今日は今年度初の生のみかんがデザートについてきます。みかんには、「有田みかん」「愛媛みかん」など、様々ありますが、全部「温州みかん」のことです。温州みかんは日本生まれと言われてる柑橘類で、400年ほど前に中国から鹿児島に伝わった柑橘の種から偶然温州みかんが発生したと考えられています。またみかんにはビタミンCが豊富で、筋や袋には、高血圧や動脈硬化を予防する効果があり、「一日一個食べれば、医者いらず」とも言われてます。

 

11月14日(火) 

牛乳    ミニ栗ごはん   五目うどん   かきあげ   小松菜とじゃこの和え物

秋の代表的な食べ物の一つに栗があります。とても古くから日本にあり、約5000万年前から食べられていました。栗は大きくわけると4つの種類があります。日本にある大粒の「ニホングリ」、天津甘栗で知られている小粒の「チュウゴクグリ」、マロングラッセなどに使われる「ヨーロッパグリ」、日本で見かけない「アメリカグリ」です。このうち、日本で作られているのは「ニホングリ」です。今日はミニ栗ごはんです。栗の甘みがごはんと一緒になっておいしいですよ。

 

11月13日(月) 

kyushoku1113

牛乳  コッペ型ココアパン  ハンバーグのきのこソースかけ  ごぼうサラダ  鶏肉と小松菜のスープ

ごぼうは、平安時代に中国から薬草として日本に伝わってきたとされています。ごぼうは香りが良く、歯ごたえがあります。日本では、古くから色々な料理に使われて親しまれていますが、日本以外で食べられている国はほとんどありません。海外の人は、ごぼうを食べているのを見て、木の根っこを食べていると思ったそうです。ごぼうは、お腹のなかを掃除してくれる食物繊維がたくさん含まれています。歯ごたえがあるので、よく噛んで食べて下さいね。

 

11月10日(金) 

kyushoku1110

牛乳  パン  ビーフシチュー  カラフルソテー  フルーツポンチ

今日のカラフルソテーにはピーマンが入っています。ピーマンは唐辛子の仲間で、コロンブスという世界中を回っていた人が、中南米の国々からヨーロッパへ持ち帰り、香辛料として世界各地へ広まったそうです。ピーマンという名前はフランス語で、唐辛子を意味する「ピマン」からきています。英語では「グリーンペッパー」といいます。ピーマンにはカロテンやビタミンCなどのビタミン類の栄養素が多く含まれています。体を強くし、風邪を予防する働きもあります。

 

11月9日(木) 

牛乳  和風丼  焼きいも  きゅうりとわかめの酢の物

さつまいもは昔、外国から薩摩藩(今の鹿児島県)にやってきたので、さつまいもといいます。江戸時代、天候や天災などで作物がとれず、食べ物がなく、多くの人が飢えに苦しんだ時、さつまいもは荒れた土地でもよく育つので、薩摩藩ではさつまいもを食べて、飢えに苦しんだ人が少なかったそうです。このことから、その生命力が注目され、その後さつまいもは全国各地へ広まったと言われています。

 

11月8日(水) 

kyushoku1108

牛乳  ごはん  鯵の照り焼き  ツナとほうれん草のおひたし  かきたま汁

ほうれん草には東洋種と西洋種があります。東洋種は葉がギザギザで柔かく、甘みがあるのが特徴です。西洋種は葉が丸くて厚みがあり、虫や病気に強いのが特徴です。現在一般的なのはこの二つをかけあわせた「交配種」で、それぞれの長所を合わせ持ったものです。ほうれん草には、貧血予防に効果的な鉄や葉酸、風邪予防に効果のあるビタミンCや、骨を丈夫にしてくれるカルシウムなど、バランスよく栄養を含んでるので、栄養価と甘みの強い、旬のこの時期にたくさん食べてくださいね。

 

11月7日(火) 

牛乳   ミニわかめごはん   とんこつラーメン   もやしナムル   野菜ゼリー

とんこつラーメンは、福岡県で生まれた料理です。漢字で、豚の骨と書き「豚骨」と言います。豚の脂肪と水が煮込まれることによってくっつき、スープが牛乳のような白色に変化していきます。このスープを漢字で白いお湯と書き、「白湯」と言います。とんこつラーメンのスープは、豚の骨を長時間煮込み、豚の旨味がたっぷりのスープを使っています。今日は、デザートに野菜ゼリーがつきます。とんこつラーメンの後口をさっぱりさせてくれますよ。

 

11月6日(月) 

kyushoku1106

牛乳  アップルパン  揚げ鶏のバーベキューソースかけ  じゃがいもさっぱりサラダ  ベジタブルスープ

今日の「揚げ鶏のバーベキューソースかけ」のバーベキュー味というのは、スナック菓子やタレなどで多く見られます。スペイン語で「丸焼き」を意味する「バルバコア」という言葉からきています。また現在のバーベキューのスタイルは、豚の丸焼きを大勢の仲間で食べるアメリカの習 慣が起源と言われてます。お肉や野菜等を焼いた香りや様々な香辛料のスパイスが利いた甘辛なタレ、そして楽しいバーベキューの雰囲気を感じながら、みなさんでワイワイ食べてくださいね。

 

11月2日(木) 

kyushoku1102

牛乳  菜飯  春雨と豚ひき肉の炒めもの  海藻サラダ  中華スープ

ちんげん菜は中国野菜の一つです。ちんげん菜のちんげんは「茎が緑色」、菜は「野菜」という意味で、二つの言葉を合わせて「茎が緑の野菜」という意味です。日本では約40年ほど前から作られるようになりました。火を通すと、ちんげん菜の葉の緑色が鮮やかになります。今日の「中華スープ」には、ちんげん菜が入っていますよ。

 

11月1日(水) 

牛乳    ごはん    鯖のレモン醤油かけ  干大根の炒め煮  なめこ汁

なめこは秋が旬のきのこです。今日のなめこ汁に入っているものや、よく出回ってるものは小さく粘りが強いものです。さらに成長すると、かさが開いて、焼くとしゃきしゃきして香りが良いものになります。なめこに含まれるムチンという成分は粘膜の機能を整えて、風邪の予防や疲労回復にも効果的です。料理をする時は、なめこの表面を洗いすぎると、このムチンが流れてしまいます。今日のような汁物だとしっかりムチンが取れますよ。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.