ホーム > 給食 > 2017年度給食 > 2月給食紹介

2月給食紹介

2月23日(金) 

牛乳  黒糖パン  オムレツのきのこソースかけ  ポトフ  プチチョコレートケーキ

今日の給食のポトフには、じゃがいも、にんじん、たまねぎ、しめじ、キャベツの野菜が入っています。ポトフとは、フランスの代表的な家庭料理です。ポトフの「ポ」は鍋、「フ」は火、つまり「火にかかった鍋」という意味で、調理の方法がそのまま料理名になりました。じっくりコトコト煮込むと具がとてもやわらかくなり、スープにも野菜からのうまみが出ていて、とてもおいしくなります。たくさん食べて下さいね。今日はデザートに、プチチョコレートケーキが登場します。お楽しみに!

 

2月22日(木) 

牛乳  五目釜飯  鰆の柚みそ焼き  ツナとほうれん草のお浸し  沢煮椀


「鰆の柚みそ焼き」に使われている柚はみかんの仲間で、海外でも「ユズ」と呼ばれています。日本では古くから多く作られていて、寒さに強く、東北地方でも作られています。柚は、1年に2回、収穫します。5月頃に花をさかせ、夏に未熟な青い実を収穫します。その後、11月頃から黄色く熟したものを収穫します。今日は黄色く熟した柚を使っています。柚の果汁とみそなどの調味料を合わせ、柚みそを作りました。みそのコクの中に、柚のさわやかな味と香りを感じてくださいね。

 

2月21日(水) 

牛乳  ごはん  春巻  中華和え  ワンタンスープ

今日の春巻は、小麦粉、塩を練ってのばした生地に豚肉、キャベツ、玉ねぎ、人参、春雨に味をつけて炒めた具を包んで揚げた料理です。春巻はもともと中国の料理で、春に新芽が出た野菜を具として作られたことから「春巻」という名前がつけられたと言われています。皮がパリっとしていておいしいですよ。

 

2月20日(火) 

牛乳  厚揚げと白菜のキムタレ丼    小松ナムル  ポークスープ


厚揚げと白菜のキムタレ丼 に使われているキムチは、韓国の漬物です。キムチの始まりは、7世紀の初め、野菜を塩漬けしただけのものでした。18世紀には、唐辛子が使われるようになり、今のキムチになりました。キムチはそのまま食べたり、チャーハンやお好み焼きにいれたり、キムチ鍋にしたりと、いろいろな料理に使われるようになりました。今日はキムチ、厚揚げ、豚肉、野菜を炒め合わせた、厚揚げと白菜のキムタレ丼です。ごはんの上にかけて食べて下さいね。

 

2月19日(月) 

牛乳  ミニパン  サンマー麺  大根サラダ  栃木県産いちごゼリー

毎月19日は泉佐野市の食育の日です。今回は、関東地方の料理が登場です。サンマー麺は神奈川県のご当地ラーメンです。サンマー麺と聞くと、「魚のさんまがのっているラーメン?」と思う人がいるかもしれませんが、さんまは入っていません。「サン」は「新鮮でしゃきしゃきした」という意味で、「マー」は「上にのる」という意味があります。サンマー麺は、もやしなどの野菜をシャキッと手早く炒め、麺の上にのせます。給食のサンマー麺は生姜を使ったトロミのあるスープです。体が温まって元気がでますよ。そして今日のデザートには、栃木県産のいちごを使ったゼリーが登場します。お楽しみに!

 

2月16日(金) 

牛乳  コッペ型ココアパン  ミートボールシチュー  れんこんサラダ  米粉のカップケーキ(いちご)


今日は泉佐野市の栄養士の先生たちが、みなさんに「れんこん」を喜んで食べてもらえるようにと考えた料理が、新メニューとして登場します。献立名は「れんこんサラダ」です。冬が旬のれんこんは、ビタミンC、カリウム、食物繊維が豊富で、疲れがたまっている人、便秘がちの人に効果的です。れんこんサラダには、キャベツ、赤ピーマン、ホールコーンが入っているので彩りがきれいですよ。れんこんのシャキシャキ感も楽しんで食べて下さいね。今日は、デザートに、米粉のカップケーキのいちご味が登場します。小麦粉を使わずに米粉を使っているので、もっちりした食感のカップケーキです。甘酸っぱい、いちごのジャムがかかったおいしいケーキですよ。

 

2月15日(木) 

牛乳  ごはん  芋炊き  胡瓜と大根のさっぱりづけ  手作りじゃこふりかけ
 

芋炊きには、里芋が入っています。山にできる「山芋」に対して、里芋は人里で作られるので「里芋」と呼ばれるようになりました。里芋は、ぬるっとしていて切りにくいのですが、少しでも食べやすいようにと、調理員さんが、朝早くから一つ一つみなさんの口の大きさに合わせて、切ってくれました。芋炊きには他に、煮込み餅も入っています。よく噛んで食べて下さいね。

 

2月14日(水) 

牛乳  ごはん   揚げ鶏の照り焼きソースかけ    小松菜と白菜の和え物  厚揚げと大豆のすまし汁

「厚揚げと大豆のすまし汁」には、たんぱく質の豊富な大豆で作った、厚揚げと乾燥大豆フレークを使っています。大豆は、9月~11月にかけて収穫されることが多いです。 米・麦・粟・黍・豆の五種類で五穀と言われています。大豆は、その中の一つにあげられ、お腹の調子を整えて元気をつける、熱を下げる、むくみや体内の毒を取るなどの作用があります。今日の給食では、たくさん摂ることができるので、しっかりたべて下さいね。

 

2月13日(火) 

牛乳  ごはん  高野豆腐の煮物 ツナとごぼうの甘辛煮  のりふりかけ

今日は泉佐野市の栄養士の先生たちが、みなさんに「ごぼう」を喜んで食べてもらえるようにと考えた料理が、新メニューとして登場します。献立名は「ツナとごぼうの甘辛煮」です。ごぼうだけでは食べにくいので、旨味が出るツナを混ぜて甘辛く炒めました。ごはんと一緒に食べるとより一層おいしいですよ。

 

2月9日(金) 

牛乳 アップルパン  白身魚フライのソースかけ  キャベツとコーンのソテー  ベジタブルスープ


今日の白身魚フライに使われている魚はホキです。英語でも「ホキ」と呼ばれています。ホキはニュージーランドなどの暖かい地域の海にすんでいます。海の深さが200メートルから800メートルくらいのところにいる深海魚の仲間です。身がやわらかく、脂肪が少なめで、あっさりした味をしています。かまぼこやはんぺんなどの材料に使われたり、白身魚フライに使われたりします。

 

2月8日(木) 

牛乳 甘辛チキン丼  ツナと切干大根のお浸し  豆腐とわかめのすまし汁


今日は泉佐野市の栄養士の先生たちが、みなさんに「ごぼう」を喜んで食べてもらえるようにと考えた料理が新メニューとして登場します。献立名は「甘辛チキン丼」です。甘辛チキン丼は、鶏肉と人参、青ねぎ、しめじ、ごぼうを炒め、甘辛く味付けした料理です。ごはんのうえにのせて食べて下さいね。ごぼうは平安時代に中国から薬草として日本に伝わってきたとされています。香りが良く、歯ごたえがあり、日本では、古くから色々な料理に使われて親しまれています。ごぼうは、お腹のなかを掃除してくれる食物繊維がたくさん含まれています。歯ごたえがあるので、よく噛んで食べて下さいね。

 

2月7日(水) 

牛乳 ごはん  揚げぎょうざの酢醤油かけ  塩昆布和え  中華スープ

お酢は酸っぱいですよね。お酢は、どんな働きをしているか知っていますか?腐るのを防いだり、菌をやっつける効果や、魚の臭みをとってくれたり、肉を漬けておくと柔らかくなったりと、いろいろな働きがあります。その他にも、肥満防止やおなかの中の善玉菌を増やして便秘を解消したり、血液をサラサラにしてくれます。今日は、揚げぎょうざに、青ねぎ、醤油、砂糖、酢で作った酢醤油をかけています。甘酸っぱいタレでおいしいですよ。

 

2月6日(火) 

牛乳  ミニ菜飯  まぜそば  小松菜とじゃこの和え物  いもけんぴ


今日は泉佐野市の栄養士の先生たちが、みなさんに「大豆」を喜んで食べてもらえるようにと考えた料理が新メニューとして登場します。献立名は「まぜそば」です。豚ひき肉、刻んだ大豆、みじん切りにした人参と玉ねぎを炒め合わせ、麺とからめました。生姜とにんにく、ごま油の香りがする、美味しいまぜそばです。大豆は体をつくるもととなるたんぱく質や、鉄分、カルシウムを多く含んでいるため、「畑の肉」とよばれています。栄養がたっぷり入っている「まぜそば」です。たくさん食べて下さいね。

 

2月5日(月) 

牛乳 照り焼きハンバーガー  かぼちゃのポタージュスープ  一口ゼリー (りんご)

今日は照り焼きハンバーガーに入っている「ハンバーグ」についてのお話を紹介します。むかしむかし、ドイツのハンブルグという地域の人たちは、刻んだ肉に玉ねぎや人参を混ぜて焼いて食べていました。ある時、ドイツにやってきたアメリカの船乗りがこの料理を食べてとても気に入りました。ハンブルグで食べたことから、この料理はいつの間にか「ハンバーグ」と呼ばれるようになりました。今日は、そんなハンバーグに、照り焼きソースをからめました。うずまきカットパンに照り焼きハンバーグとボイルキャベツをはさんで食べて下さいね。
 

 

2月2日(金) 

牛乳  パン  いわしフライ とりささみとキャベツのサラダ  ポーク汁ビーフン  節分豆(抹茶)

明日は節分です。節分は、冬の寒さや災いを追い払おうとする行事です。昔の人は鬼が病気や災いを呼び寄せると信じていました。鬼を追い払うために、 柊 の枝に鰯の頭を刺して家の玄関に飾ったり、「鬼は外!福は内!」と言って豆をまいて、鬼を遠ざけようとしてきました。給食では、鰯フライと節分豆がでますよ。給食の節分豆は、カリカリの大豆にさとうきびから作られたキビ糖と、カテキンを多く含む抹茶をコーティングした豆です。豆はまかずに、よく噛んで食べ、体の中の鬼を外に追い出しましょうね。

 

2月1日(木) 

kyushoku0201

牛乳  ごはん  お好み焼き  ツナわかめそぼろ   のっぺい汁

今日は泉佐野市の栄養士の先生たちが、みなさんに「わかめ」を喜んで食べてもらえるようにと考えた料理が新メニューとして登場します。献立名は「ツナわかめそぼろ」です。干しわかめ、ツナ、人参、ごまを炒め合わせ、酒、しょうゆ、砂糖で味付けしました。ごまは、いりごまとすりごまの2種類を使っているので、ごまの香りがして、ごはんのすすむおかずになっています。ごはんのうえにのせて食べて下さいね。「わかめ」には、たくさんのミネラルが含まれています。ミネラルは骨を丈夫にするカルシウムなど、人間に無くてはならない栄養素ですよ。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.