文字サイズ変更

メニュー

ホーム > 給食 > 2017年度給食 > 6月給食紹介

6月給食紹介

6月30日(金) 

牛乳 パン チャンプル 冬瓜のスープ いちごジャム

今日のチャンプルにはゴーヤという野菜が入っています。別名は「にがうり」とも呼ばれています。みなさんも食べたことあるかもしれませんが、少し苦みがあるのが特徴です。ゴーヤは昔から沖縄県で作られていました。葉や種は薬としても使われていたそうです。ゴーヤは体によい栄養素がとても豊富な野菜で、特にビタミンCやカリウム、カルシウム、マグネシウムなどが多くふくまれています。

 

6月29日(木) 

牛乳 炊き込みチャーハン チンジャオロース― 中華スープ 冷凍みかん

毎日暑い日が続くようになりましたね。今日は人気メニューの一つである冷凍みかんがつきます。冷凍みかんは秋から冬においしい時期に収穫したみかんを冷凍して、夏でも食べられるようにしてあります。ただ凍らすのではなく、みかんの皮に氷のまくをつくって冷凍することで、実が乾かず夏までおいしい冷凍みかんを食べることができます。

 

6月28日(火) 

牛乳 菜めし 鰆のねぎソースかけ ゆかり和え 夏野菜のみそ汁

今日の夏野菜のみそ汁の中にはかぼちゃが入っています。かぼちゃは別名、「南京」と呼ばれています。「南京」という名前は中国南部の都市である「南京市」からきているそうです。またカンボジアという国から日本へかぼちゃは伝わってきたので、カンボジアがなまって「かぼちゃ」という名前になったと言われています。みそ汁にかぼちゃの甘みがでてとてもおいしくなっていますよ。

 

6月27日(火) 

牛乳 カレーライス マカロニサラダ 福神漬け ヨーグルト

今日は人気メニューの一つでもあるカレーライスです。カレーライスはもともとインドの料理で、肉や野菜をさまざまなスパイスやハーブで煮込んだものです。18世紀にインドからイギリスへ伝わり、明治時代初めにイギリス料理として日本へ伝わりました。当時、カレー粉は高価な輸入品しかなく、カレーは高級料理でしたが、国産のカレー粉が発売されると家庭でも食べられるようになりました。また、カレーうどんやカレーそばなど日本風にアレンジした料理も登場し全国へ広まりました。カレーはいろんな材料を煮込んでつくることができるので種類も豊富にありますね

 

6月26日(月) 

牛乳 アップルパン 揚げ鶏のバーベキューソースかけ 蒸しとうもろこし ベジタブルスープ

とうもろこしは米、麦を並んで世界三大作物の一つで、主食として食べている国もたくさんあります。とうもろこしの先にはヒゲがついていますね。これはめしべの一部分で一本一本のヒゲがとうもろこしの粒につながっています。ヒゲの数を数えると粒の数がわかるんですよ。今日はとうもろこしを蒸しとうもろこしにしました。

 

6月23日(金) 

牛乳 焼肉丼 もやしナムル 豆腐とわかめのすまし汁

もやしはさまざまな料理に使われる野菜の一つですね。もやしとは、緑豆という豆の芽の部分です。栽培方法として、暗いところで育てられます。これは太陽に光を求めて、普通の豆の芽よりも茎をぐんと伸ばします。また光の当たらない間は土の中にいると思い、葉を開きません。そうやってもやしは作られています。

 

6月22日(木) 

牛乳 ごはん 揚げぎょうざの酢醤油かけ 汁ビーフン 一口ゼリー(洋梨)

日本で餃子が食べられるようになったのは、今から300年以上前の江戸時代からと言われています。日本ではおかずとして食べられている餃子ですが、中国では厚めの皮に具を包み、お湯でゆでたものを主食として食べる地域もあるそうです。また、トルコやブラジルなどにも餃子に似た料理があり、さまざまな国で親しまれています。給食では餃子を揚げ、醤油、酢、砂糖で作った酢醤油をかけて食べます。さっぱりしていてとてもおいしいですよ。

 

6月20日(火) 

牛乳 ごはん 豚肉と厚揚げの煮物 鶏ささみときゅうりの和え物 のりふりかけ

鶏肉は大きくわけて、もも肉、むね肉、手羽、内臓、骨(ガラ)ですが、鶏のむねの内側にあるのがささみです。豚肉や牛肉でいえばヒレ肉の部分です。形が「竹のささの葉」に似ているところから「ささみ」と名前がつけられました。ささみはたん白で、やわらかい肉です。脂が少なくあっさりした味をしています。今日は鶏ささみときゅうりの和え物です。さっぱりしておいしい和え物ですよ。

 

6月19日(月) 

牛乳 チーズハンバーガー ポークビーンズ

泉佐野市では、毎月19日を「食育の日」とし、その日の給食は、全国各地の郷土料理や世界の料理が登場します。今日はアメリカ料理です。今日はハンバーグとボイルキャベツとスライスチーズをうずまきカットパンにはさんで食べるチーズハンバーガーの登場です。チーズは様々な料理に使われますね。チーズとは牛、水牛、羊、ヤギなど家畜の乳を原料として固めたり、発酵させたり加工して作られます。家畜の乳は古くから栄養価の高い食品として世界中で飲まれたり、食べられています。しかし、そのままの乳では保存がしにくいので、それを解決するために、水分を抜いて、保存性をよくしようと加工したのがチーズの始まりです。

 

6月16日(金) 

牛乳 ミニパン カレースパゲティ コールスローサラダ 豆乳プリン

朝ごはんや給食でもよく食べるパンですが、パンは約6,000年前にエジプトという国で作られていました。小麦を石でつぶして粉にし、水で練って熱くした石の上で焼いたものでした。日本には今から約400年ほど前にやってきたポルトガル人によってパンが伝えられました。今ではさまざまな種類のパンがありますね。今日の給食はミニパンですが、給食では黒糖パンやアップルパン、ココアパンなどといった種類のパンもありますね。みなさんはどんなパンが好きですか?

 

6月14日(水) 

牛乳 厚揚げと白菜のキムタレ丼 キャベツともやしの塩昆布和え ポークスープ

キムチは日本でもなじみの深い漬物です。韓国では白菜だけでなく、きゅうりや大根など様々な野菜のキムチや魚介類を加えて作るキムチもあるようです。キムチは辛いだけでなく、酸味もありますが、これは乳酸菌を使った発酵食品であるためです。乳酸菌の働きでお腹の調子を整えるのにも役立ちます。また適度な辛さは体を温め、食欲の増進にもつながります。今日は昨年度の学校給食週間で6年生が考えてくれたメニューの「厚揚げと白菜のキムタレ丼」です。大好評で残菜がほとんどなかったメニューです。

 

6月13日(火) 

牛乳 ごはん 肉じゃが きゅうりと大根のさっぱり漬け 野菜ゼリー

キムチは日本でもなじみの深い漬物です。韓国では白菜だけでなく、きゅうりや大根など様々な野菜のキムチや魚介類を加えて作るキムチもあるようです。キムチは辛いだけでなく、酸味もありますが、これは乳酸菌を使った発酵食品であるためです。乳酸菌の働きでお腹の調子を整えるのにも役立ちます。また適度な辛さは体を温め、食欲の増進にもつながります。今日は昨年度の学校給食週間で6年生が考えてくれたメニューの「厚揚げと白菜のキムタレ丼」です。大好評で残菜がほとんどなかったメニューです。

 

6月12日(月) 

牛乳 パン チキンカツ カラフルソテー レタスとたまごのスープ

スーパーなどでは一年中売られているレタスですが、レタスの旬は4月から9月です。レタスは全体の95パーセントが水分ですが、水分以外にもビタミンC、ビタミンE、カロテン、カルシウム、カリウム、鉄分、亜鉛などを含んでいます。サラダで食べるイメージが強い野菜ですが、炒め物や鍋、スープなど加熱してもおいしく食べることができます。油と一緒に食べることでカルシウムの吸収がよくなり、しんなりしてかさが減るので、食物繊維をたっぷりとることができます。今日は卵を使ったレタスとたまごのスープです。ふわふわの卵としゃきっとしたレタスがとてもよくあいますよ。

 

6月9日(金) 

牛乳 ウインナ―ドッグ かぼちゃのポタージュスープ

 かぼちゃのポタージュスープに鶏肉が入っています。鶏肉は「かしわ」とも呼ばれることがあります。これは羽の色が茶色に色づいた柏の葉の色に似ていることからきています。鶏肉には体を作るもとになるたんぱく質が多く含まれています。その他にも目によいビタミンAは豚肉や牛肉よりも多く含まれています。 

 

6月8日(木) 

牛乳 ごはん 鯖のぽんずかけ もやしと小松菜のごま和え かぼちゃときのこのみそ汁

鯖は日本でよく食べられている魚の1つですね。主に、「まさば」と「ごまさば」という種類のものが日本では売られています。鯖という名前は昔は歯が小さいので小さい歯と書いて「小歯」と呼んでいました。しかし今では白身魚に対して青魚の代表といわれるように魚へんに青と書いて「鯖」と読むようになりました。さばには脳の働きをよくしたり、血液をサラサラにしたりする働きがあります。今日はセンターで手作りしたぽんずをかけています。

 

6月7日(水) 

牛乳 ハヤシライス ウインナーのソテー ぶどうゼリー

ハヤシライスの「ハヤシ」は英語の「ハッシュ」に由来する言葉で「ハッシュ」は「肉などをこま切れにする」という意味があります。ハッシュドビーフという薄切りの牛肉をバターでいためた野菜と一緒に煮込んだ料理があります。ハヤシライスはこの「ハッシュドビーフ・ウィズ・ライス」が「ハッシュライス」になり、それがなまって「ハヤシライス」になったとも言われています。

 

6月6日(火) 

牛乳 はりはりごはん 豆腐ハンバーグの和風あんかけ にゅうめん汁

はりはりごはんに刻み昆布が入っています。昆布は冷たい海でよく育ち、日本では北海道でたくさんとれます。古くから「よろこぶ」につながるとお祝いごとに使われてきました。昆布には骨や歯をじょうぶにするカルシウムや血管をじょうぶにするヨードという栄養素がたくさん含まれています。はりはりごはんには刻み昆布の他にも切干大根、ちりめんじゃこ、人参が入っています。それぞれかみごたえのある食材なので、よく噛んで食べてくださいね

 

6月2日(金) 

牛乳 黒糖パン オムレツのきのこあん ミネストローネ フルーツポンチ

今日はみなさんの好きなメニューの一つであるフルーツポンチです。フルーツポンチは「フルーツ」は果物で、「ポンチ」は酒、さとう、水などを合わせた飲み物のことです。給食ではお酒は使っていません。角切りの和梨ゼリーと缶詰のみかん、梨、桃が入っています。暑い時期にはさっぱりしていておいしいですね。

 

 

6月1日(木) 

牛乳 ミニ五目釜飯 五目うどん かき揚げ きゅうりとわかめの酢の物

今日のかき揚げにはひじきが入っています。ひじきは海藻の仲間です。春にやわらかい芽や茎をとって、煮たり、蒸したりして乾燥させたものが、みなさんの知っている真っ黒なひじきです。芽の部分を芽ひじき、茎の部分を長ひじきと呼びます。カルシウムや鉄分も多く、成長期のみなさんにはしっかり取ってほしい食べ物の一つです。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.