文字サイズ変更

メニュー

ホーム > 給食 > 2017年度給食 > 7月給食紹介

7月給食紹介

7月19日(水) 

牛乳 沖縄ジューシー丼 もずくのすまし汁 パイナップルゼリー
 

毎月19日は泉佐野市の食育の日です。今回は、沖縄県の郷土料理が登場します。「ジューシー」は、雑炊や炊き込みご飯に似た沖縄の伝統料理のことです。沖縄の家庭で、祝い事や法事に欠かせない料理です。給食では、豚肉、細切り昆布、干ししいたけ、ちくわ、玉ねぎ、人参の具材に、生姜を入れた調味料で煮込み、ご飯の上にのせたジューシー丼にしました。ゼリーに使われているパイナップルは、日本では主に沖縄県で栽培されている果物です。今日で1学期の給食は最後になります。夏休みに入ってからも夏バテしないよう、しっかり食べて元気に過ごしてください。2学期の給食もお楽しみに!

 

7月18日(火) 

牛乳 ごはん ミートボールの甘酢あんかけ 塩昆布和え ポークスープ

お酢ってすっぱいですよね。みなさんはお酢がどんな働きをしているか知っていますか?腐るのを防いだり、菌をやっつける効果や、魚の臭みをとってくれたり、肉を漬けておくと柔らかくなったりと、いろいろな働きがあります。その他にも、肥満防止やおなかの中の善玉菌を増やして便秘を解消したり、血液をサラサラにしてくれます。今日は、ミートボールの甘酢あんかけにお酢を使っています。醤油とケチャップ、酢、砂糖で味付けした甘酸っぱいタレでおいしいですよ。

 

7月14日(金) 

牛乳 黒糖パン 鯵のムニエル ウインナ―と夏野菜のトマト煮

鯵は私たちにとって、とても身近な魚の一つです。味がいいから「鯵」という名前がついた、ともいわれています。その名前の通り、鯵は春から夏にかけておいしい魚で、刺身、フライ、塩焼きなど、どんな料理でもおいしく食べることができます。今日の給食では、ムニエルといって、小麦粉をつけて焼いています。卵抜きタルタルソースをつけて食べて下さいね。

 

7月13日(木) 

牛乳 いか入り中華丼 蒸ししゅうまい

今日の中華丼には、いかが入っています。皆さん、いかの数え方を知っていますか?一匹、二匹ではなく、一杯、二杯と数えます。それは体の部分が丸く、中に水などを入れることができるような形になっているからです。同じように、かにも甲羅が丸く水を入れることができるような形をしているで、一杯、二杯と数えますよ。いかの旨味がでて美味しい中華丼になっていますよ。ごはんにかけて食べてくださいね。

 

7月12日(水) 

牛乳 ハヤシライス ツナサラダ ヨーグルト

ヨーグルトは、世界中で食べられています。ヨーグルトは、牛乳を乳酸菌で発酵させて作るので、たんぱく質やカルシウム、ビタミン類などが豊富に含まれています。ヨーグルトに含まれているたんぱく質やカルシウムは、乳酸菌のおかげで牛乳よりも消化・吸収されやすいといわれています。また、乳酸菌にはおなかの調子を整えてくれたり、便秘の予防をしてくれる効果もあります。

 

7月11日(火) 

牛乳 ミニ五目釜飯 五目うどん  夏野菜のかき揚げ  きゅうりとわかめの酢の物

今日の給食には夏野菜がたくさん使われています。夏野菜は水分が多く、体の熱を下げてくれます。また、暑い夏を乗り切るための栄養がたくさん含まれています。今日のかき揚げに使われている夏野菜は、かぼちゃ、ゴーヤ、オクラです。ゴーヤの苦みには食欲増進の効果があり、オクラのネバネバには胃を守ってくれたり、消化を助けてくれる効果があります。きゅうりとわかめの酢の物に使われているきゅうりも夏野菜の仲間ですし、かき揚げに入っているもずくも夏においしい食材なんですよ。

 

7月10日(月) 

牛乳 アップルパン オムレツのきのこソースかけ ベジタブルスープ フルーツポンチ

今日はみなさんの好きなメニューの一つであるフルーツポンチです。フルーツポンチは「フルーツ」は果物で、「ポンチ」は酒、さとう、水などを合わせた飲み物のことです。給食ではお酒は使っていません。角切りのレモンゼリーと缶詰のみかん、梨、桃が入っています。暑い時期にはさっぱりしていておいしいですね。

 

7月7日(金) 

牛乳 パン 星型コロッケ ハムとコーンのサラダ  七夕汁ビーフン  七夕デザート

今日は七夕ですね。今日の給食は七夕献立です。かわいい星型のコロッケ、星型のキラキラとした3層の七夕ゼリー、七夕汁ビーフンにはビーフンというお米からできた麺が入っていて、天の川にみたてています。また、汁ビーフンの中には星型に切った人参が中にかくれていますよ。今日は年に一度だけ、彦星と織姫が天の川で会う伝説が有名ですね。晴れて夜空を見上げる事ができるといいですね。

 

7月6日(木) 

牛乳 ちらしずし  鯖のレモン醤油かけ 切干大根の炒め煮 とうがん汁

冬瓜は夏に旬を迎える野菜で、南瓜や胡瓜と同じ仲間です。漢字で「冬の瓜」と書きます。これは冷たく暗い場所においても冬までもつというところから、この名前がつきました。水分が多いので熱を加えると食感が柔らかく、汁物に入れたり、煮物にしても食べやすい野菜です。ビタミンCも多く、風邪の予防にも効果的です。今日のとうがん汁に入っている、大根によく似た野菜を探してみて下さいね。

 

7月5日(水) 

牛乳 ツナそぼろごはん 三度豆の中華和え キャベツとかぼちゃのみそ汁

三度豆は、一年に三度、収穫できることが名前の由来です。関西では「三度豆」、関東では「インゲン豆」と呼ばれることが多いようです。三度豆は、ビタミン・ミネラル・たんぱく質など、バランスよく含まれている緑黄色野菜です。6月から9月の今の時期が旬の野菜です。今の時期しか味わえない三度豆です。たくさん食べて下さいね。

 

7月4日(火) 

牛乳 豚肉のしょうが焼き丼 わかめスープ わらびもち

今日は、デザートにわらびもちがつきます。わらびもちは、奈良県の名物です。奈良にある東大寺のお坊さんが作ったのが、始まりとされています。わらびもちは平安時代、醍醐天皇の好物だったという言い伝えがあります。今では手軽に食べられるわらびもちですが、昔は、貴族しか食べられない高級なお菓子でした。ひんやりしていて、暑いこの季節にピッタリですね

 

7月3日(月) 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.