ホーム > 給食 > 2017年度給食 > 9月給食紹介

9月給食紹介

9月29日(金) 

牛乳  黒糖パン  春巻き  バンバンジーサラダ  豚肉とマロニーのスープ

バンバンジーサラダの「バンバンジー」とは、中国料理の一つで、漢字で「棒棒鶏」と書きます。これは、材料を棒状に切りそろえて作るので、見た目からこの名前がつきました。今日の「バンバンジーサラダ」には、鶏ささみ、きゅうり、人参、耐熱寒天が入っています。ノンオイルごまドレッシングをかけて食べてください。

 

9月28日(木) 

牛乳  カレーライス  キャベツとコーンのソテー  野菜ゼリー

カレーといえば、インドですが、インドにはカレー粉はありません。インドでは、各家庭で香辛料を合わせて作ります。昔、インドからイギリスにカレーが伝わり、香辛料を合わせたものが作られ、「カレー粉」と名付けられました。日本では、明治時代にカレーライスがレストランに登場しました。カレー粉は、ターメリック、コリアンダー、クミン、フェンネル、カルダモンなど辛味や香りの良い粉を15~20種類くらいまぜ合わせます。それぞれ木の根や皮、実など薬として使われているものが多くあります。特にターメリックは日本では「ウコン」として有名で、肝臓の働きを良くしたり、血液をサラサラにする働きがあります。いつもは豚肉を使用してますが、今日のカレーは、牛肉を使用してます。

 

9月27日(水) 

牛乳  ごはん  生節のそぼろ  ツナのおひたし  豚汁

生節は、かつおを蒸すかゆでたものを半乾燥させたものです。この生節を煙で加工したものが、鰹節です。今日の給食では、生節の身をほぐし生姜とさとう、しょうゆ、みりん、酒で味付けしました。ごはんの上に生節のそぼろをのせて食べて下さい。かつおには、体を作るもとになるたんぱく質が多く含まれています。骨の近くにある赤黒い「血合」には、めまいやふらつきなどを予防するビタミンB12や鉄分が含まれています。

 

9月26日(火) 

牛乳  ミニ麦ごはん  五目うどん  かき揚げ  きゅうりとわかめの酢の物

今日は、人気メニューの五目うどんとかき揚げです。うどんは、日本を代表する麺の一つです。うどんは、麺類の中でもエネルギーに変わりやすく、消化も良いので、運動前に食べるとすぐに体の中でみなさんのパワーに変わってくれます。今日のかき揚げには、かぼちゃが入っています。かぼちゃは、体内でビタミンAに変わるカロテン、ビタミンB、C、E、カリウム、食物繊維など多く含まれています。消化がよく、食欲が増え、夏バテ防止などに効果があります。

 

9月25日(月) 

牛乳  ウインナードッグ  ビーンズポタージュ  ひとくちゼリー(ピーチ)

ビーンズポタージュのビーンズとは、豆のことです。豆には、いんげん豆、枝豆、小豆、グリーンピースなどたくさんの種類があります。今日の献立には、大豆が使われています。大豆は、たんぱく質が多く含まれているので、「畑の肉」と言われています。大豆は、食用油、豆腐、味噌、納豆、しょうゆなどに加工されて食べられています。

 

9月22日(金) 

牛乳  パン  ミートボールと野菜のうま煮  オムレツのきのこソースかけ  ブルーベリージャム

澱粉には、色々な種類があります。とうもろこしから作られるコーンスターチは、お菓子作りによく使われています。さつまいもから作られるかんしょ澱粉は、春雨、葛きり、ラムネなどに使われています。じゃが芋から作られるばれいしょ澱粉は、今日の「ミートボールと野菜のうま煮」のとろみをつけるのに使われています。ばれいしょ澱粉は、加熱するとトロッとなります。ミートボールと野菜のうま味成分がとけでた煮汁に加えることで、具材に煮汁がからまっておいしくなります。

 

9月21日(木) 

牛乳  ごはん  高野豆腐の煮物  きゅうりと大根のさっぱり漬け  手作りじゃこふりかけ

高野豆腐の煮物には、こんにゃくが入っています。こんにゃくには、黒いツブツブがあります。これは、小さく切った「あらや」や「ひじき」などの海藻です。昔は、家でこんにゃく芋からこんにゃくを作っていました。こんにゃく芋の皮が混じって黒いツブツブとした色をしていました。こんにゃくは、ノンカロリー食品の代表格で、豊富な食物繊維は、便秘や下痢などを改善して、お腹の調子を整えてくれる食品です。

 

9月20日(水) 

牛乳  ごはん  豚キムチ  ツナと切干大根のごま和え  ポークトックスープ

「豚キムチ」に使われているキムチは、韓国の漬物です。キムチの始まりは、7世紀の初め、野菜を塩漬けにしただけのものでした。18世紀には、唐辛子が使われるようになり今のキムチになりました。キムチは、そのまま食べたり、チャーハンやお好み焼きに入れたり、キムチ鍋にしたりといろいろな料理に使われるようになりました。今日は、キムチ、豚肉、野菜を炒めあわせた「豚キムチ」です。

 

9月19日(火) 

牛乳  ごはん  鮭のちゃんちゃん焼き風  がたたん  夕張メロンゼリー

毎月19日は、泉佐野市の食育の日です。今日は、北海道の郷土料理です。「ちゃんちゃん焼き」は、鮭などの魚と野菜を鉄板で焼いた料理です。「ちゃんちゃん焼き」という名前は、「ちゃちゃっ」と手早く作ることができるという意味や、「ちゃん」はお父さんという意味もあり、お父さんが作るとも言われています。給食では、焼いた鮭に野菜の入った味噌をかけて食べる「ちゃんちゃん焼き風」です。「がたたん」とは、北海道の中華料理屋さんが、中国の家庭料理をヒントに作ったのが始まりで、ボリュームのあるとろみのついたスープです。給食では、野菜と豚肉を使い豚骨スープで味付けし、とろみをつけました。デザートには、北海道の夕張市で収穫した、夕張メロンを使ったゼリーがあります。

 

9月15日(金) 

牛乳  コッペ型ココアパン  白身魚フライのオーロラソースかけ  じゃがいもさっぱりサラダ  鶏肉と小松菜のスープ

じゃがいもは、揚げる、煮る、蒸すなど色々な調理法があります。火を通してもビタミンが壊れにくいことが特徴のじゃがいもは、江戸時代には、さつまいもと同じように、お米の代わりとして食べられていました。エネルギーは、同じ量のごはんの約半分です。そして、便秘予防効果があります。「じゃがいもさっぱりサラダ」は、食欲を出す効果がある酢と合わせています。たくさん食べて下さいね。

 

9月14日(木) 

牛乳  五目釜飯  ひじきしゅうまい  バンサンスー  中華スープ

今日の献立の「バンサンスー」という料理は、中国で食べられている料理です。「バン」は、「混ぜる」、「サン」は、「3種類の」、「スー」は、「千切り」と訳されます。つまり、「バンサンスー」とは、「3種類の千切りの材料を合わせたもの」という意味です。今日の給食では、春雨、きゅうり、人参、とりささみの4種類の食材を甘酸っぱいタレで和えています。

 

9月13日(水) 

牛乳   肉野菜たっぷり丼  かきたま汁  ミニフィッシュ

「肉野菜たっぷり丼」は、牛肉と豚肉を使っています。牛肉は、蛋白質、脂質、ビタミンB1、B2、鉄が豊富に含まれています。蛋白質は、消化吸収が大変よく、穀類に不足しているリジンを多く含むのが特徴です。豚肉にもビタミンB1がとても豊富に含まれています。疲れがたまっているとき、夏バテぎみで食欲がないときなど効果的です。牛肉、豚肉だけでは栄養が偏ってしまいます。ビタミンA,ビタミンC、ミネラルの豊富な野菜類を上手に組み合わせてバランスよく食べましょう。今日の給食の「肉野菜たっぷり丼」は、たくさんの野菜が使われています。

 

9月12日(火) 

牛乳  ごはん  鯖のレモンしょうゆかけ  金平ごぼう  かぼちゃのみそ汁

鯖には血液を固まりにくくしたり、固まった血液を溶かして、血管がつまるのをふせいでくれたり、脳の働きをよくしてくれる働きがあります。今日は、「鯖のレモンしょうゆかけ」です。レモンしょうゆのタレは、給食センターで手作りしています。100個ものレモンを調理員さんが一つ一つしぼって作っています。

 

9月11日(月) 

牛乳  ミニパン  塩焼きそば  海藻サラダ  豆乳プリン

今日の焼きそばは、塩味の焼きそばです。ソース味の焼きそばは、ソースの色がついていて茶色ですが、今日は塩味なので、麺にはあまり色がついていません。でも、食べるとしっかりと塩の味がしますよ。デザートには、豆乳プリンがつきます。豆乳は、大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮詰めた汁をこした植物性蛋白質の飲み物です。牛乳と卵から作られたプリンと味の違いがわかりますか

 

9月8日(金) 

牛乳  パン  ハンバーグのケチャップソースかけ  コールスローサラダ  ベジタブルスープ

コールスローは、細かく切ったキャベツを使ったサラダで、オランダ語の「コールスラ」という「キャベツサラダ」という意味から生まれたと言われています。今日のコールスローサラダには、キャベツの他に、人参、ホールコーンも入っていて彩りよく仕上げています。コーンクリーミードレッシングをかけて食べて下さい。

 

9月7日(木) 

牛乳  ミニ菜飯  みそわかめラーメン  もやしナムル  ヨーグルト

今日の給食は、人気メニューの一つであるラーメンが登場します。今日のラーメンは味噌を使った「みそわかめラーメン」です。味噌は、味噌汁を代表に色々な料理に使われています。保存がきき、色々な栄養が含まれている大豆の加工食品です。戦国時代は、冷蔵庫が無かったので、味噌を使い、食品が腐るのを防いでいました。お湯に溶かして味噌汁にしたり、おかずとして、重宝されていました

 

9月6日(水) 

牛乳  ごはん  揚げ鶏の照り焼きソースかけ  小松菜と白菜の和え物  厚揚げと大豆のすまし汁

「厚揚げと大豆のすまし汁」の厚揚げは、大豆からできています。大豆は、9月~11月にかけて収穫されることが多いです。米・麦・粟・黍・豆の五種類で五穀と言われています。大豆は、その中の一つにあげられ、お腹の調子を整えて元気をつける、熱を下げる、むくみや体内の毒を取るなどの作用があります。今日の給食では、たくさん摂ることができますね。

 

9月5日(火) 

牛乳  炊込みチャーハン  チンジャオロースー  中華和え  ワンタンスープ

中華和えに、白くて透明なものが入っています。これは、寒天といいます。寒天は、天草やオゴノリと呼ばれる海藻類を煮て溶かし、固めて凍らせ、乾燥させて作ったものです。寒天には、お腹の掃除をしてくれる食物繊維がたくさん含まれています。和えている調味料の中に「酢」が使われています。酢は成長期の小中学生に必要なカルシウムやマグネシウムの吸収をよくするので、骨の成長を助け、丈夫な体を作ります。そして、料理を菌から守り、食べ物を傷みにくくする働きもあります。

 

9月4日(月) 

牛乳  パン  チキンシチュー  カラフルソテー  フルーツポンチ

今日の給食は、キャベツの緑、にんじんのオレンジ、ホールコーンの黄、赤ピーマンの赤が入ったカラフルソテーです。ピーマンは、一年中スーパーで売られていますが、畑で育つピーマンが最も多く出回るのは、6月~9月にかけての夏です。緑色のピーマンは、実は若い実です。完熟すると赤くなります。完熟した赤色のピーマンは、緑色のピーマンよりも苦味が少ないので、ピーマンが苦手な人でも今日はしっかり食べることができますよ。

 

9月1日(金) 

牛乳        アップルパン       鰆のトマトソースかけ ツナサラダ  ウインナーとコーンのスープ

鰆という魚がなぜ「さわら」とよばれているか知っていますか?さわらと言う呼び方は腹(お腹)がほっそりしているところから、サ(せまい)、ハラ(はら)ということで「さわら」と呼ばれるようになったそうです。鰆は、出世魚で関東では約50センチメートルより小さいものを「さごし」、大きいものを「さわら」と呼びます。一方、関西では「さごし」から「やなぎ」になり、さらに70センチメートル以上になったものを「さわら」と呼びます。今日は鰆に小麦粉をつけ、焼いてトマトソースをかけました。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.