ホーム > 給食 > 2018年度給食 > 11月給食紹介

11月給食紹介

11月20日(火) 

牛乳 和風丼 塩だれ炒め フルーツ(みかん)

厚揚げは、豆腐を厚く切って、油で揚げたものです。厚く切っているので、豆腐の部分が多く残って、「生揚げ」とも呼ばれます。豆腐を薄く切って揚げる「油揚げ」と違って、食べる時に豆腐の味や食感を感じることができます。今日の給食では、和風丼にミニ厚揚げを使っています。たくさん食べて下さいね。

 

11月19日(月) 

kyushoku181119

牛乳  パン  カツレツ  ジャーマンポテト  ベジタブルスープ

毎月19日は、泉佐野市の食育の日です。今回は、ドイツの料理が登場します。ジャーマンポテトは、訳すと「ドイツのじゃがいも」という意味です。これは、日本人が名前をつけたもので、ドイツにはジャーマンポテトという料理はありません。ドイツでは、似たような料理を「ブラート カルトッフェルン」といい、焼いたじゃがいもという意味です。家庭でよく作られている料理です。給食のジャーマンポテトは、じゃがいも、ベーコン、玉ねぎ、パセリを炒めて作っています。にんにくの香りが食欲をそそりますよ。味付けは塩とこしょうだけですが、ベーコンのうま味と玉ねぎの甘みがじゃがいもに合い、おいしいジャーマンポテトになっています。グーテン アペティート!(おいしく召し上がれ!)

 

11月16日(金) 

牛乳 ミニパン きのこクリームスパゲティ ハムとコーンのサラダ

きのこクリームスパゲティには、しめじとエリンギがの2種類のきのこが使われています。きのこは秋が旬ですが、今は一年中、栽培できるようになってきているので、いつでも買うことができます。いつでも食べることができるようになったのは嬉しいことですが、季節を感じにくくなってきているかもしれません。秋は、「実りの秋」と言われるように、きのこ、栗、さつまいもなど、たくさんの食べ物が旬を迎えます。旬の食べ物を食べて、季節を感じられるようになってほしいです。

 

11月15日(木) 

kyushoku181115

牛乳  ごはん  鯖のレモン醤油かけ  きゅうりとわかめの酢の物  さつま汁

今日は、さつま汁に、今が旬のさつまいもが入っています。さつまいもに含まれている食物繊維は、腸を刺激して、お通じをよくする働きがあります。それによって、腸の中のばい菌が追い出され、お肌もキレイにしてくれます。その他にも、運動や勉強したりする時に必要な、エネルギーのもとになる炭水化物が多く含まれています。しっかり食べて、午後からも運動や勉強を頑張りましょう。

 

11月14日(水) 

牛乳 カレーライス ツナサラダ 福神漬け

福神漬けは、漬物の一種です。大根、なす、なた豆、きゅうり、れんこんなど、色々な野菜をしょうゆベースの調味料に漬け込んだものです。もともとは、明治時代に東京の漬物屋さんが考案したもので、売り出したとたんに、そのおいしさが評判になったそうです。ある作家が、「ごはんのおかずにこの漬物さえあれば、他におかずがいらないのでお金が貯まる」ことを「家に七福神の神様が来たような幸福感」と思い、福神漬けという名前をつけたと言われています。

 

11月13日(火) 

牛乳 ごはん 生節のそぼろ 鶏ささみと切干大根のお浸し けんちん汁 ミニたい焼き

今日は、生節のそぼろです。生節は、かつおを蒸すか、茹でたものを半乾燥させたものです。この生節を煙でいぶったものが、鰹節です。給食では、生節の身をほぐし、生姜と砂糖、しょうゆ、みりん、酒で味付けしました。ごはんの上に、生節のそぼろをのせて食べて下さい。かつおには、体を作るもとになるたんぱく質が多く含まれています。背骨の近くにある赤黒い「血合い」には、めまいやふらつきなどを予防するビタミンB12や鉄分が含まれていますよ。今日は、ミニたい焼きがつきます。皮がもちもちで、あんこがたくさん入っていますよ。

 

11月12日(月) 

牛乳 えびカツバーガー ミートボールとマロニーのスープ

今日は、えびカツバーガーです。うずまきカットパンにえびカツとボイルキャベツをはさんで食べて下さい。えびは、日本ではお祝い事に使われることが多い食材です。おせち料理でも「えびのように腰が曲がるまで元気に長生きできますように」と願いを込めて使われています。えびは、熱を加えると赤くなります。これは、「アスタキサンチン」という色素によるものです。太陽の日差しから肌を守る働きがあると言われています。エビの他には、鮭やカニにも多く含まれていますよ。

 

11月9日(金」) 

牛乳 パン ハッシュドポーク カラフルソテー フルーツポンチ

一年中、出回っている人参ですが、11月~3月に収穫したものは旬を迎え、いつも以上に味がよくなります。人参には、カロテンという栄養素がたくさん含まれています。人参のオレンジ色は、カロテンの色です。カロテンは、体の中でビタミンAという栄養素に変化します。ビタミンAは、皮膚や粘膜、髪の毛を健康に保ってくれる働きをします。風邪の予防にも効果があるので、寒くなってくるこれからの季節にピッタリの野菜ですね。今日は、ハッシュドポークに入っていますよ。

 

11月8日(木) 

牛乳 ごはん 鰆のゆず味噌焼き ちくわのきんぴら 沢煮椀 黒糖そら豆

ちくわは、スケトウダラ、トビウオなどの白身魚と調味料を合わせて練り込み、竹や金属の棒に巻き付け、焼くなどの調理をした食べ物です。名前の由来は、「竹」を切った状態にそっくりだったことから、竹の輪と書いて「竹輪」とつけられたそうです。今日は、ちくわとごぼう、油揚げ、人参、こんにゃく、枝豆で作ったちくわのきんぴらです。

 

11月7日(水) 

牛乳 炊き込みチャーハン チンジャオロースー 小松ナムル ポークスープ

チンジャオロース―は、中国の四川料理の一つです。ピーマンやたけのこ、豚肉を細切りにして炒めた料理です。チンジャオと言うのは、「青のピーマン」という意味です。ロース―というのは、「肉の細切り」という意味です。中国だけでなく、世界中で人気のある料理です。苦手な人も多いピーマンですが、体に役立つ栄養素を多く含んでいる野菜です。

 

11月6日(火) 

牛乳 ごはん 肉じゃが ツナとほうれん草のお浸し

今日のごはんは、いつもと違うことに気づきましたか?今日から一週間ほど、泉佐野の大木地区で収穫されたばかりの「ヒノヒカリ」という新米を使います。お米は、農家の人が長い期間、手間ひまかけて育てたものです。お米、一粒一粒に農家の人の心がこもっています。お米を育ててくれた農家の人に感謝の気持ちを持って、一粒も残さないように食べましょう。

 

11月5日(月) 

kyushoku181105

牛乳  パン  白身魚フライのオーロラソースかけ  大根サラダ  鶏肉と小松菜のスープ

大根には、体の調子を整えるビタミンなどが含まれています。食べ物を体の中で分解する「消化」という働きを助けてくれる効果もあります。大根は、生で食べると大根特有の辛さがありますが、給食ではサラダや和え物の場合でも、大根を加熱させているので、辛さがなくなり、食べやすいですよ。今日の大根サラダには、大根の他にボンレスハムときゅうりが入っています。

 

11月2日(金) 

牛乳 パン オムレツのきのこソースかけ ミネストローネ いちごジャム

日本では卵と言うと、にわとりの卵のことがほとんどです。世界では、にわとりの卵以外に、ウズラやアヒル、ダチョウの卵なども食べられています。卵には、ひよこが成長するために必要な栄養素が含まれており、「完全栄養食品」と呼ばれるくらいたくさんの栄養素が入った食べ物です。しかし、卵だけでは、私たちには足りない栄養素もあります。バランスよくとるためには、一つのものだけでなく、色々な食べ物を食べる必要があります。給食では、色々な種類の食べ物を使うようにしています。嫌いなものでも、一口だけでも食べるようにチャレンジしてくださいね。

 

11月1日(木) 

牛乳 ミニ栗ごはん わかめうどん かき揚げ 小松菜とじゃこの和え物

栗は、縄文時代から食べられていました。戦国時代には、兵士たちに栗を持たせたそうです。これは、「かち栗」と言い、勝ちを連想させるために、縁起を担いだとされています。また、栄養の多い栗は、飢饉の非常食の食品として出回ったこともあります。加熱により壊れやすいビタミンCですが、栗やじゃがいもに含まれるビタミンCは壊れにくくなっています。秋が旬の栗を、今日はお米と塩で炊いたミニ栗ごはんにしました。秋を感じてくださいね。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.