ホーム > 給食 > 2018年度給食 > 7月給食紹介

7月給食紹介

7月19日(木) 

牛乳 沖縄ジューシー丼 もずくのすまし汁 シークワ―サーゼリー

毎月19日は泉佐野市の食育の日です。今回は沖縄県の郷土料理が登場します。ジューシーは、雑炊や炊き込みご飯に似た沖縄の伝統料理のことです。沖縄の家庭では、祝い事や法事に欠かせない料理です。豚肉の茹で汁や昆布の出汁を使い、ご飯と豚バラ肉、刻み昆布、人参、しいたけなどの具材と、調味料を入れ炊いたご飯です。給食では、豚肉、細切り昆布、干ししいたけ、ちくわ、玉ねぎ、人参の具材を、生姜汁を入れた調味料で煮込み、ご飯の上にのせたジューシー丼にしました。デザートのシークワ―サーゼリーは、主に沖縄県で栽培されている柑橘系の果物です。今日はその果汁で作ったゼリーです。さっぱりしていておいしいですよ。

 

7月18日(水) 

牛乳 ごはん ミートボールの甘酢あんかけ 中華和え 春雨スープ

春雨は、白くて細長い形が、春にしとしと降る雨のようであることから、この名前がついたと言われています。春雨は、緑豆などの豆や、じゃがいもやさつまいもなどの芋に含まれるデンプンから作られています。今日の春雨スープには、緑豆から作った春雨を使っています。春雨は、スープの他にも、炒め物やサラダや和え物など、いろいろな料理に使われる食材です。

 

7月17日(火) 

牛乳 ごはん 鯖のレモンしょうゆかけ 鶏ささみと切干大根の和え物


レモンには、ビタミンCがたくさん含まれています。ビタミンCには、お肌をきれいにしてくれるだけでなく、風邪をひきにくくしたり、疲れをとったりする働きがあります。今日は、給食センターで約100個のレモンを一つ一つ絞り、しょう油やみりんなどの調味料をあわせ、レモンしょうゆのタレを作りました。脂がのった鯖に、よく合うタレです。さっぱりしていて、おいしいですよ。かぼちゃと大豆のみそ汁

 

 

7月13日(金) 

牛乳 ミニパン いか入りソース焼きそば ハムとコーンのサラダ

給食の焼きそばは、焼きそばソースを使わずに、とんかつソースとウスターソース、塩、こしょうで味付けしています。今日は、焼きそばに、いかが入った「いか入りソース焼きそば」です。いかは、世界に約500種類もあります。日本近海には130種類以上もいます。いかには、味覚を正常に保ってくれたり、傷の回復を助けてくれる亜鉛という栄養素が含まれていますよ

 

7月12日(木) 

牛乳 ハヤシライス 蒸しとうもろこし フルーツポンチ

フルーツポンチは、フルーツやゼリー、シロップや果汁などが入っていて、甘くておいしいですよね。でも、昔はアルコールが入ったカクテルのことをフルーツポンチと呼んでいました。フルーツポンチが広まったのは、90年ほど前で、果物メインの喫茶店が、冬にでもお客さんが来るようにと作ったことがきっかけです。初めは、ワインなどのお酒の中に果物を入れたものでした。アルコールが入っているので、冬に飲むと体が温まり、大人気になったそうです。それが、今ではアルコールの入っていない、子どもたちでも食べられるフルーツポンチになりました。

 

7月11日(水) 

牛乳 ミニ五目釜飯 五目うどん 夏野菜のかき揚げ きゅうりと大根のさっぱり漬け

夏野菜のかき揚げには、今が旬のオクラが入っています。オクラは、アフリカの東北部から約150年前に日本へ伝わってきました。多く食べられるようになったのは、50年ほど前からです。オクラは、実がなりだすとあっという間に大きくなります。オクラは、切るとネバネバとして糸を引くので、「青納豆」と呼ばれたりします。今日の夏野菜のかき揚げには、オクラの他に、かぼちゃ、ゴーヤ、もずくと、夏が旬の食材が入っていますよ。

 

7月10日(火) 

牛乳 ツナそぼろごはん 三度豆のごま和え ポークスープ

三度豆は、一年に三度、収穫することが名前の由来です。関西では「三度豆」、関東では、「いんげん豆」と呼ばれることが多いようです。三度豆は、ビタミン、ミネラル、カルシウム、たんぱく質など、バランスよく含まれている緑黄色野菜です。6月~9月の今の時期が旬の野菜です。たくさん食べて下さいね。

 

7月9日(月) 

kyushoku0709

牛乳  アップルパン  ハンバーグのケチャップソースかけ  コールスローサラダ  カラフルスープ  七夕デザート

きゅうりは、熟すと黄色になります。でも、私たちは、熟す前の緑色のきゅうりを収穫して食べています。緑色のきゅうりは未熟で、まわりはトゲトゲして、切ると白い種が見えます。黄色に熟すとトゲトゲはなくなり、種は大きくなります。熟したきゅうりより、未熟の緑色のきゅうりの方がおいしいので、熟す前に収穫しています。きゅうりは水分が豊富で、昔は、暑い時の水分補給としても食べられていました。他には、むくみ予防に良いカリウムも含まれています。

デザートの七夕ゼリーは、夜空をイメージしたゼリーです。ソーダ味の夜空に、星型のナタデココが浮かんでいます。(デザートは金曜日に予定されていたものです)

 

7月5日(木) 

牛乳 ごはん 鯵のおろしぽん酢かけ 五目豆 キャベツのみそ汁

鯵は、日本でよく食べられている魚の一つです。味がいいので「鯵」という名前がついたと言われています。鯵のような背中が青い魚には、体に良い脂肪が含まれています。この脂肪は、血液の流れを良くし、脳をいきいきとさせる働きがあります。魚を食べると頭がよくなると言われるのは、この脂肪を含んでいるからです。

 

7月4日(水) 

牛乳 焼肉丼 茎わかめのスープ 冷凍みかん

みかんは、ビタミンCをたくさん含んでいます。みかん2つで、大人が1日に必要なビタミンCがとれると言われています。ビタミンCには、風邪を予防する働きがあります。みかんが出回る頃には、医者は暇になると言われるほどです。みかんは冬にとれますが、今日は、冬にとれたみかんを凍らせた「冷凍みかん」です。シャリシャリとして冷たくておいしいですよ。

 

7月3日(火) 

kyushoku0703

牛乳  ごはん  揚げ鶏の照り焼きソースかけ  塩昆布和え  冬瓜汁

冬瓜は、南瓜や胡瓜と同じ仲間で、夏が旬の野菜です。漢字で「冬の瓜」と書きます。これは、冷たく暗い場所に置いても、冬までもつということから、この名前がつきました。水分が多いので、火をいれると食感が柔らかくなります。冬瓜には、ビタミンCが多く、風邪の予防に効果的ですよ。

 

7月2日(月) 

kyushoku0702

牛乳  ポテトサラダサンドパン  ウインナーと夏野菜のトマト煮

じゃがいもは、揚げる、煮る、蒸す、潰すなど、色々な調理法があります。火を通してもビタミンが壊れにくいことが特徴のじゃがいもは、江戸時代には、さつまいもと同じようにお米の代わりとして食べられていました。今日は、疲れを回復してくれるお酢の入ったポテトサラダです。カットパンに、ポテトサラダとマヨネーズをはさんで、食べて下さいね。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.