ホーム > 給食 > 2018年度給食 > 12月給食紹介

12月給食紹介

12月14日(金) 

牛乳 黒糖パン 揚げ鶏のレモンてりやきソースかけ コールスローサラダ ミネラルたっぷりスープ

今日はミネラルたっぷりスープが新メニューとして登場します。ミネラルは、骨を丈夫にするカルシウムなど、人間に無くてはならない栄養素です。海の水にはもともとたくさんのミネラルが含まれていますが、森のミネラルも川に溶けだし、やがて海に運ばれるので、海はミネラルの宝庫になっています。その為、海で採れるわかめなどの海藻には、ミネラルが多いと言われています。今日は寒天とわかめを組み合わせた海藻のミネラルがたっぷり入ったスープです。

 

12月13日(木) 

牛乳 いか入り中華丼 ひじきしゅうまい ヨーグルト

今日のいか入り中華丼には、いかが入っています。皆さん、いかの数え方を知っていますか?一匹、二匹ではなく、一杯、二杯と数えます。それは体の部分が丸く、中に水などを入れることができるような形になっているからです。同じように、かにも甲羅が丸く水を入れることができるような形をしているので、一杯、二杯と数えますよ。今日は、いかの旨味がでて美味しいいか入り中華丼になっています。ごはんにかけて食べてくださいね。

 

12月12日(水) 

牛乳 ごはん 鯵の甘酢香味ソースかけ 切干大根の炒め煮 根菜汁

「根菜」とはどういうものかわかりますか?根菜は、土に埋まっている部分を食べる野菜です。漢字で根っこの「根」に、野菜の「菜」で「根菜」と書きます。根菜は、水分が少なめで固い物が多く、加熱すると甘味が増します。今日の給食に使っている根菜は、大根、人参、ごぼう、里芋、蓮根です。たくさんの根菜を味わって食べて下さいね。

 

12月11日(火) 

牛乳 ごはん すき焼き風煮 人参しりしり 味付けのり

人参しりしりは、沖縄県の郷土料理です。「しりしり」とは、沖縄の方言で、「千切り」という意味です。スライサーで細くした人参と卵を炒め、味付したもので、沖縄の家庭で手軽に作られている料理です。給食では、卵を使わず、人参とツナを炒めて作りました。給食に時々登場するこの料理、実は以前の児童応募献立で、泉佐野市の小学生が考えてくれた料理ですよ。1月下旬の給食の献立には、今年度採用された献立が登場するので、それも楽しみにしていてくださいね。

 

12月10日(月) 

牛乳 アップルパン コロッケ ウインナーとキャベツのカレーソテー 鶏肉とかぶのスープ

今日の給食のスープには、かぶが入っています。かぶは冬が旬です。寒い時期のほうが、
甘味が強くおいしいです。かぶには、胃腸のはたらきを活発にする酵素がたくさん入っているため、胃もたれや胸やけ予防にもなります。また、腹痛のときは、かぶのおろし汁を飲むとよいともいわれています。今日は人気のアップルパンもありますよ。たくさん食べて下さいね。

 

12月7日(金) 

牛乳 ミニパン まぜそば 大根サラダ

今日は泉佐野市の栄養士の先生たちが、みなさんに「大豆」を喜んで食べてもらえるようにと考えたまぜそばが登場します。豚ひき肉、刻んだ大豆、みじん切りにした人参と玉ねぎを炒め合わせ、麺とからめました。生姜とにんにく、ごま油の香りがする、美味しいまぜそばです。大豆は体をつくるもととなるたんぱく質や、鉄分、カルシウムを多く含んでいるため、「畑の肉」とよばれています。栄養がたっぷり入ったまぜそばですよ。

 

12月6日(木) 

牛乳 ごはん 豚キムチ ポークトックスープ フルーツ(りんご)

日本の代表的な果物の一つにりんごがあります。日本には中国から1100年前ごろに伝わってきました。そのころのりんごは「和りんご」という小さくてすっぱいものでした。今、みなさんがよく食べているりんごは「西洋りんご」という種類のりんごです。明治時代にドイツから苗木を取り寄せ、北海道で初めて作られました。現在は青森県や長野県などで多く作られています。りんごは胃腸の働きを良くし、便秘を防ぐ効果があります。よくかんで食べてくださいね。

 

12月5日(水) 

牛乳 ごはん 鶏肉とごぼうのスタミナ炒め 中華和え かきたま汁

今日は「鶏肉とごぼうのスタミナ炒め」が登場します。鶏肉やごぼう、その他の野菜を甘辛く炒め、にんにくで風味をつけてあります。ごはんと一緒に食べるとより一層おいしいですよ。ごぼうは漢字にすると「牛」の「房」と書きます。ひげ根が牛の尾(しっぽ)に似ているので「牛」の「房」からごぼうと呼ばれるようになったと言われています。

 

12月4日(火) 

牛乳 はりはりごはん 鯖の柚子しょうゆかけ さつま芋のみそ汁

「鰆の柚子しょうゆかけ」に使われている柚子はみかんの仲間で、海外でも「ユズ」と呼ばれています。日本では古くから多く作られていて、寒さに強く、東北地方でも作られています。柚子は、1年に2回、収穫します。5月頃に花をさかせ、夏に未熟な青い実を収穫します。その後、11月頃から黄色く熟したものを収穫します。今日は黄色く熟した柚子を使っています。柚子の果汁と濃口しょうゆなどの調味料を合わせ、柚子しょうゆを作り、焼いた鰆にかけました。柚子のさわやかな味と香りを感じてくださいね。

 

12月3日(月) 

牛乳 パン ミートボールシチュー ツナサラダ

今日はミートボールをシチューの中に入れた、大人気のメニューのひとつのミートボールシチューです。味付けにデミグラスソース、ボイルトマト、トマトケチャップ、ウスターソースなどが入っています。デミグラスソースは、西洋料理の基本的なソースで、小麦粉をバターで茶色になるまでじっくりと炒めたルウを肉の骨などからとった出汁でのばしたものです。今日は、ミートボールとじゃがいも、人参、玉ねぎ、しめじ、パセリをじっくり煮込んで作っています。たくさん食べて下さいね

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.