ホーム > 給食 > 2018年度給食 > 3月給食紹介

3月給食紹介

3月20日(水) 

牛乳 和風丼 五目豆 フルーツ(はるか)

今日は”はるか”という名前のフルーツがでます。はるかは柑橘類の一種で、レモンのように黄色くて酸っぱそうな見た目ですが、とっても甘くて爽やかな香りが特徴です。給食をしっかり食べ、最後にはるかを食べて爽やかな気持ちでお昼からも過ごして下さいね。今日で今のクラス、教室で食べる給食は最後です。進級して新学期が始まっても、できるだけ好き嫌いをせずに、残さず給食を食べてくださいね。

 

3月19日(火) 

牛乳 ごはん チキン南蛮 じゃことピーマンの炒め物 切干大根のみそ汁

毎月19日は、泉佐野市の食育の日です。今回は、宮崎県の郷土料理が登場します。チキン南蛮は、揚げた鶏肉に甘酢あんをかけ、その上にタルタルソースをかけて食べる料理です。じゃことピーマンの炒め物のピーマン、切干大根のみそ汁の切干大根は宮崎県が生産量 全国 第1位です。ピーマンが苦手な人もいるかもしれませんが、給食センターでは一度茹でてから炒めるという方法で、少しでも苦さを感じなくなるように工夫をして作っています。しっかり食べてくれると嬉しいです。

 

3月15日(金) 

牛乳 パン ビーフシチュー カラフルソテー 卒業お祝いデザート

今日は人気メニューのビーフシチューです。6年生のみなさんは、今日が小学校で食べる最後の給食です。一足先に卒業をお祝いして、卒業お祝いデザートとして、米粉と豆乳のいちごケーキが登場します。いちごクリームと豆乳のクリームを使用しています。上にはドライフルーツのいちごが飾られたかわいいケーキです。楽しみにしてくださいね。皆さんはこれから体が発育する一番大切な時期を迎えます。「食べること」を大切にして、健康な体をつくるように心がけましょう。

 

3月14日(木) 

牛乳 ミニ菜めし とんこつラーメン 中華和え 芋けんぴ

とんこつラーメンは、福岡県で生まれた料理です。豚の骨と書き、豚骨と言います。豚の脂と水が煮込まれることによって、スープは牛乳のような白色に変化していきます。このスープを、白い湯と書き、白湯(パイタン)といいます。とんこつラーメンのスープは、豚の骨を長時間煮込み、豚の旨味たっぷりのスープを使っています。今日は、豚肉、キャベツ、人参、白ねぎ、にらなど具がたくさん入ったラーメンで、給食の人気メニューです。

 

3月13日(水) 

牛乳 とんかつカレー 春キャベツのサラダ

今日は給食の人気メニューのカレーライスです。カレーライスはもともとインドの料理で、肉や野菜をさまざまなスパイスやハーブで煮込んだものです。18世紀にインドからイギリスへ伝わり、明治時代初めにイギリス料理として日本へ伝わりました。当時、カレー粉は高価な輸入品しかなく、カレーは高級料理でしたが、国産のカレー粉が発売されると家庭でも食べられるようになりました。また、カレーうどんやカレーそばなど日本風にアレンジした料理も登場し、全国へ広まりました。カレーはいろんな材料を煮込んでつくることができるので種類も豊富にありますね。今日はひとくちとんかつをのせて食べて下さいね。

 

3月12日(火) 

牛乳 ごはん 鰆のてりやきソースかけ 鶏ささみと白菜の和え物 のっぺい汁

今日は、鰆の照り焼きがでます。鰆は、出世魚といい、魚の成長によって名前が変わります。50センチ位だと「サゴシ」、50センチから70センチ位だと「ヤナギ」、70センチ以上だと「鰆」と呼ばれます。鰆は白身でやわらかく、味は淡白でクセがないので食べやすい魚です。のっぺい汁は、大根、人参、里芋、つきこんにゃく、生しいたけ、豆腐、油揚げ、青ねぎなど具だくさんです。とろみがついているので、冷めにくく体が温まりますね。

 

3月11日(金) 

牛乳 アップルパン 揚げ鶏のバーベキューソースかけ ハムとコーンのサラダ ベジタブルスープ

一年中、出回っている人参ですが、11月~3月に収穫したものは旬を迎え、いつも以上に味がよくなります。人参には、カロテンという栄養素がたくさん含まれています。人参のオレンジ色は、カロテンの色です。カロテンは、体の中でビタミンAという栄養素に変化します。ビタミンAは、皮膚や粘膜、髪の毛を健康に保ってくれる働きをします。風邪の予防にも効果がありますよ。今日はハムとコーンのサラダとベジタブルスープに入っていますよ。

 

3月8日(金) 

牛乳 パン ハンバーグのデミグラスソースかけ じゃがいもさっぱりサラダ ミネストローネ ミルメーク(コーヒー味)

発酵調味料の一つである酢は、料理に酸味(すっぱい味)をつけて食欲を刺激してくれたり、肉や魚の小骨などを軟らかくしたり、食品を腐りにくくしたりする効果があります。酢は酒などの調味料と同じで、古い歴史があり、日本には4~5世紀ごろに中国から伝わりました。原材料にりんごやぶどうなどを使った「果実酢」、米や大麦や小麦やとうもろこしなどの穀物を使って作られた「穀物酢」などがあります。給食では穀物の米を使って作った「米酢」で調味しています。今日はじゃがいもさっぱりサラダの味付けに使っていますよ。

 

3月7日(木) 

牛乳 ミニ赤飯 五目うどん かき揚げ きゅうりと大根のさっぱり漬け

今日のかき揚げには菜の花が入っています。菜の花といえば、黄色に咲いている花を思い浮かべるかもしれませんが、食材として使う菜の花は、花が咲く前に摘み取ったものです。髪の毛や肌や目の健康を保ったり、骨を丈夫にしてくれる働きがあります。今が旬の菜の花です。味わって食べて下さいね。そして、少し早いですが、今日は皆さんの進級や卒業を祝って赤飯がでます。赤飯の赤色は、悪いことを払うという言い伝えがあり、お祝いのときに食べられていました。たくさん食べて下さいね。

 

3月6日(水) 

牛乳 ごはん 鯖のレモンしょうゆかけ 切干大根の炒め煮 さつま汁

「切干大根」とは、大根を細く切り、天日で干して乾燥させた食材です。太陽の光を浴びることで、甘味がさらに増し、栄養価も増加します。同じ量の大根と比べてみると、骨や歯を丈夫にするカルシウムは15倍、貧血を予防する鉄分は32倍、代謝を促進するビタミンB1、B2は10倍もあり、とても栄養価が高くなります。今日の給食では、切干大根を使って炒め煮にしていますよ。甘めの味付けで食べやすいですよ。

 

3月5日(火) 

牛乳 厚揚げと白菜のキムタレ丼 もやしナムル 汁ビーフン

ビーフンが作られはじめたのは中国福建省というところだと言われています。そこから台湾やベトナムなどの東南アジア地域に広まっていき、さらには日本にも入ってきました。東南アジアでは主食の一つとしても食べられています。東南アジアで広まった理由の一つに、ビーフンは米粉で作られていますが、この米粉の原料のインディカ米をたくさん作られていて、ビーフンが乾麺のため東南アジアの暑い地域でも長期保存が可能だからです。今日はたっぷりの野菜やベーコンが入った具だくさんな汁ビーフンです。

 

3月4日(月) 

牛乳 チキンカツバーガー ビーンズポタージュ ひとくちゼリー(洋梨)

ビーンズポタージュのビーンズとは、豆のことです。豆は、インゲン豆・枝豆・あずき・グリンピースなど、たくさんの種類があります。今日の献立には、大豆と枝豆が使われています。大豆は、たんぱく質が多く含まれているので、“畑の肉”と言われています。大豆は、油 ・豆腐・味噌・納豆・しょうゆなどに加工されて姿をかえます。私たちの周りには、大豆加工品がたくさんありますね。枝豆は、大豆を早く収穫したものです。今日のビーンズポタージュは大豆も枝豆も使っています

 

3月1日(金) 

kyushoku190301

牛乳  ミニパン  ミートスパゲティ  花野菜サラダ  ひなまつりデザート

3月3日はひな祭りですね。ひな祭りは、桃の節句ともいい、中国から伝わった行事のひとつで、ひな人形を飾り、悪いことなどを払って、女の子の成長と幸せを祈る祭りです。花野菜サラダはブロッコリーやカリフラワーなど花の部分を食べる野菜を使ったサラダです。たまご抜きマヨネーズをかけて食べて下さいね。ひな祭りデザートとしてひなまつりゼリーがつきますよ。3色の見た目もかわいいゼリーです。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.