ホーム > 給食 > 2018年度給食 > 2月給食紹介

2月給食紹介

2月22日(金) 

牛乳 ミニパン いか入りソース焼きそば カラフル白菜サラダ

鶏肉のささみは、胸肉の近くにあり、左右に1本ずつついています。形が笹の葉に似ていることから、この名前がつきました。ささみは、体を作るもとのたんぱく質が多く、脂肪分が少ない肉です。今日は、ささみと白菜、きゅうり、赤ピーマンを合わせた、彩りがきれいなカラフル白菜サラダです。ノンオイル柑橘ドレッシングをかけて食べて下さいね。

 

2月21日(木) 

牛乳 ごはん 鯖のぽん酢かけ 根菜の金平 冬野菜のあったか汁

今日は、鯖のぽん酢かけが登場します。鯖は、血液をサラサラにしてくれる働きがあります。他には、固まった血液を溶かして、血管がつまるのを防いでくれたり、頭の働きをよくしてくれます。みなさんは、「サバをよむ」という言葉を知っていますか?この言葉は、江戸時代にできたと言われています。鯖は鮮度の落ちが早いため、魚 売りの人たちが、数を数える時に急いで数えていました。その時、数をごまかしていたという事から、この言葉ができたと言われています。

 

2月20日(水) 

牛乳 ごはん カレー豆腐 焼き芋 もやしの中華サラダ

今日は、泉佐野市の栄養士の先生たちが考えた、「カレー豆腐」が新メニューとして登場します。これは、マーボー豆腐をカレー味にアレンジしてみました。豆腐は、体を作るもとになるたんぱく質がたくさん含まれていますよ。ごはんが進むおかずです。たくさん食べて下さいね。

 

2月19日(火) 

kyushoku190219

牛乳  ビビンバ丼  チヂミ  ポークトックスープ

毎月19日は、泉佐野市の食育の日です。今回は、韓国料理です。韓国では、ビビンバや焼き肉など、肉料理をたくさん食べますが、栄養バランスが偏らないように、お肉と一緒にたっぷりの野菜をとる習慣があるそうです。給食もたくさんの野菜を使っていますよ。チヂミは、小麦粉を水で溶き、そこに具材を混ぜ、鉄板で焼いたものです。給食では、ニラが入ったチヂミですよ。ポークトックスープには、韓国のお餅のトックが入っています。これは、棒状のお餅を、薄く切ったものです。よく噛んで食べて下さいね。

 

2月18日(月) 

牛乳 アップルパン ミートボールと野菜の旨煮 スナップえんどうのサラダ

今日は、スナップえんどうのサラダがあります。スナップえんどうは、1970年代にアメリカからきました。さやと言う、豆が入っている袋の部分が硬くならず、さやごと食べることができます。さやは厚めで、歯ごたえがありますよ。甘くておいしいスナップえんどうです。たくさん食べて下さいね。

 

2月15日(金) 

牛乳 黒糖パン 揚げ鶏のマーマレードソースかけ ツナとごぼうの和え物 きのこのスープ

今日のきのこのスープには、しいたけ、エリンギ、えのきたけ、しめじの4種類のきのこを使っています。この中のエリンギは、イタリアで生まれたきのこです。日本に来たのは、1990年代です。食べた時のコリコリする歯ざわりの良さは、エリンギにたくさん含まれている食物繊維によるものです。むくみを予防するカリウムも含まれていますよ。

 

2月14日(木) 

kyushoku190214

牛乳  ごはん  ハート型ハンバーグの照焼きソースかけ  鶏ささみとキャベツのサラダ  麩のみそ汁

昔、ドイツのハンブルグという港町の人たちは、刻んだ肉に、玉ねぎや人参を混ぜたものを焼いて食べていました。ドイツの人たちがアメリカに渡ったことで、アメリカで知られることになりました。アメリカでは「ハンブルク風ステーキ」と呼ばれていました。それが、日本ではハンバーグになりました。今日は、バレンタインですね。バレンタインにちなんで、今日の給食はハート型のハンバーグです。いつもと形が違ってかわいいですね。

 

2月13日(水) 

牛乳 ハヤシライス カラフルソテー フルーツ(デコポン)

今日は、フルーツのデコポンがつきます。頭がこぶのように出ているので、凸(デコ)と呼ばれています。デコポンは、不知火という柑橘の中から選ばれます。その基準は、糖度が多く、酸味が少ないことです。この基準にクリアしたものが、デコポンとして出荷されます。デコポンは、皮がむきやすく、薄皮は薄いので、そのまま食べることができます。果汁が多くておいしいですよ。

 

2月12日(火) 

牛乳 ミニ麦ごはん 五目うどん 豆と切干大根のかき揚げ 白菜のごま和え

今日は、泉佐野市の栄養士の先生たちが、みなさんに「豆」を喜んで食べてもらえるようにと考えた料理が、新メニューとして登場します。献立は、「豆と切干大根のかき揚げ」です。豆は、打ち豆を使っています。打ち豆とは、福井県の郷土食です。大豆を石臼にのせ、木槌でたたき、平べったくした後、乾燥させた保存食です。福井県は雪が多いので、食べ物に困らないようにと考えられたのが打ち豆です。味噌汁に入れて食べることが多いそうですが、給食ではかき揚げに入れてみました。打ち豆を感じられるかき揚げになっていますよ。たくさん食べて下さいね。

 

2月8日(金) 

牛乳 パン 根菜のクリームシチュー ガルバンゾーサラダ 米粉のガトーショコラ

今日は、泉佐野市の栄養士の先生たちが、みなさんに「根菜」を喜んで食べてもらえるようにと考えた料理が、新メニューとして登場します。献立は、「根菜のクリームシチュー」です。根菜は、土の中にできる野菜のことをいいます。今日は、大根、玉ねぎ、人参、れんこん、ごぼうの5種類の根菜を使っています。根菜は、歯ごたえのある野菜なのでよく噛んで食べて下さいね。今日は、デザートに米粉のガトーショコラがつきます。チョコレート味の、もっちりした生地がおいしいガトーショコラですよ。

 

2月7日(木) 

kyushoku190207

牛乳  ごはん  揚げぎょうざの酢醤油かけ  塩だれ炒め  もずくスープ

お酢は、酸っぱいですよね。お酢は、どんな働きをしているか知っていますか?腐るのを防いだり、菌をやっつける効果や、魚の臭みをとってくれたり、肉を漬けておくと柔かくなったりと、いろいろな働きがあります。その他にも、肥満防止や、お腹の中の善玉菌を増やして便秘を解消したり、血液をサラサラにしてくれます。今日は、揚げぎょうざに、青ねぎ、しょう油、砂糖、酢で作った酢醤油をかけています。甘酸っぱいタレで美味しいですよ。

 

2月6日(水) 

牛乳 五目釜飯 鰆のゆず味噌焼き 小松菜とじゃこの和え物 沢煮椀

ゆずは、みかんの仲間です。海外でも「ユズ」と呼ばれています。ゆずの収穫時期は2回あり、未熟な青い実は夏に、黄色く熟した実は11月頃にとれます。ゆずは、長い間保存できるので、年末までに収穫したものが、春頃まで売られています。今日は、鰆のゆず味噌焼きです。ゆずの果汁と味噌と調味料を合わせて作っています。ゆずの香りを感じて下さい。

 

2月5日(火) 

kyushoku190205

牛乳  ごはん  大根と厚揚げの鶏そぼろ煮  春雨スープ  海苔の佃煮

昔、海苔は高級品で、貴族の口にしか入らない貴重品でした。江戸時代、海苔が好きだった徳川家康が、東京湾で海苔の養殖を始めました。そのおかげで、海苔は市場で売られるようになり、江戸の特産品として庶民に親しまれるようになりました。今日は、海苔の佃煮ですよ。ごはんと一緒に食べて下さいね。

 

2月4日(月) 

牛乳   ポテトサラダサンドパン ツナとキャベツのソテー 豚肉と水菜のスープ

水菜は、サラダや鍋料理、煮物などに使われている野菜です。水菜には、風邪の予防にも役立つβ‐カロテンやビタミンC、貧血予防になる鉄分、骨や歯を丈夫にしてくれるカルシウムなどが含まれています。今日の給食では、少しでも水菜のシャキシャキという歯ごたえを感じてもらえるように、スープが出来上がる直前に水菜を入れて作っています。

 

2月1日(金) 

牛乳 パン いわしフライ 小松菜とエリンギのソテー 大根とベーコンのスープ 節分豆

2月3日は節分です。節分は、冬の寒さや、災いを追い払おうとする行事です。昔の人には、鬼が病気や災いを呼び寄せると信じられていました。鬼を追い払うために、柊 の枝に鰯の頭を刺して、家の玄関に飾ったり、「鬼は外!福は内!」と言って、豆をまいて鬼を遠ざけようとしてきました。給食では、いわしフライと節分豆がでますよ。豆はまかずによく噛んで食べ、体の中の鬼を外に追い出しましょう。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.