ホーム > 給食 > 2018年度給食 > 1月給食紹介

1月給食紹介

1月31日(木) 

牛乳 ミニごはん みそわかめラーメン ツナと切干大根のおひたし 豆乳プリン

給食では毎日牛乳がでます。カルシウムをたっぷり含む牛乳は、牛からしぼった「生乳」を加熱殺菌したものです。体を作るもとになるたんぱく質やカルシウムをはじめ、色々な栄養素をバランスよく含んでいるのが特長です。牛乳といっても、殺菌方法や成分調整、牛の種類などにより、成分や味わいに違いがあり、多くの種類があります。更にヨーグルトや乳酸菌飲料、チーズ、バターなどさまざまな乳製品にも加工されていて、私たちの食生活に欠かせないものですね。

 

1月30日(水) 

牛乳 あぶたま丼 ハンバーグの和風あんかけ 塩昆布和え

あぶたま丼とは油揚げを卵でとじた丼です。油揚げが甘辛く味付けされていてご飯にぴったりあいますね。給食センターで作られている卵とじの丼や卵のスープは、卵を釜に入れる前にでんぷんを加えてから入れています。これは卵がふわふわとなるようにしています。今日の丼もふわふわの卵になっていますよ。

 

1月29日(火) 

牛乳 ごはん 豆腐チゲ 春巻き 海藻サラダ

今日のサラダは海藻サラダです。海に囲まれた日本は古くから海藻を多く食べてきましたが、みなさんは普段海藻を食べていますか?海藻にはカルシウムや鉄分といった栄養素が多く含まれています。カルシウムは体を支える骨や歯になり、鉄分は血を作ってくれています。丈夫な体をつくるためにも必要な栄養素ですね。給食の海藻サラダにはワカメと寒天が入っています。海藻は歯ごたえがあるので、よくかんで食べてくださいね。

 

1月28日(月) 

牛乳 ウインナードック 豚肉と水菜のスープ 野菜ゼリー

スープや炒め物にもよく使われている調味料の一つにこしょうがあります。今日の豚肉と水菜のスープにも使われています。こしょうは古代ギリシャの時代からヨーロッパで使われていて、古くなった肉のにおいを消すためや、肉が腐るのを防ぐ役目や、食中毒を予防するなどとても大切な役目があるものでした。日本には奈良時代に中国から伝わりました。その頃はこしょうは気分をすっきりさせる薬の代わりにも使っていたようです。また、天皇や身分の高い人たちしか手にいれることができない貴重なものだったんですよ。

 

 

1月25日(金) 

牛乳 パン 心があったまるコーンクリームシチュー かぼちゃのサラダ

今日は上之郷小学校、第一小学校、長坂小学校、佐野台小学校、日新小学校の児童が考えてくれた「心があったまるコーンクリームシチュー」と、佐野台小学校、日新小学校の児童が考えてくれた「かぼちゃのサラダ」が登場します。心があったまるコーンクリームシチューは給食センターで小麦粉、バター、牛乳、塩で手作りしたベシャメルソース(ホワイトソース)と、とうもろこしから作られたクリームコーンを合わせたシチューです。とうもろこしの甘みが加わり、冬野菜のかぶやほうれん草も入り、いつもとはまた違うクリームシチューになっていますよ。お味はいかがですか?

 

1月24日(木) 

牛乳 ごはん かつおの竜田揚げごま醤油かけ 泉州キャベツとじゃこの野菜いため 鶏団子のしょうが汁

今日は大木小学校の児童が考えてくれた「かつおの竜田揚げごましょうゆかけ」と、第二小学校、長南小学校の児童が考えてくれた「泉州キャベツとじゃこの野菜炒め」と、北中小学校、中央小学校、日根野小学校の児童が考えてくれた「鶏団子のしょうが汁」が登場します。泉州キャベツはみなさんの住んでいる泉州地域で育てたキャベツのことをいいます。品種の多くは「松浪」というものがあり、松浪キャベツとも呼ばれたりしますね。冬の寒さで甘みの増したキャベツと、ベーコンやちりめんじゃこの塩気がよくあう野菜炒めになっています。

 

1月23日(水) 

牛乳 ごはん 厚揚げマーボー もやしときゅうりのツナナムル 芋けんぴ

今日は日新小学校、長南小学校、日根野小学校の児童が考えてくれた「厚揚げマーボー」と、日根野小学校の児童が考えてくれた「もやしときゅうりのツナナムル」が登場します。ナムルは朝鮮料理の一つで野菜と山菜をゆでて、調味料とごま油で和えたものです。朝鮮料理ではさまざまなナムルがあり、家庭料理の一つです。家庭によって少しずつ味付けが違い、その家の味というものがあるそうです。今日はもやし、胡瓜、人参を使い、ツナを混ぜ、醤油、砂糖、ごま油で味付けしています。さっぱりとしておいしいですね。

 

1月22日(火) 

牛乳 もち麦ごはん 鶏肉とたっぷりきのこのみそ炒め ほうれん草ともやしのおひたし 冬野菜のカレースープ

今日は中央小学校の児童が考えてくれた「もち麦ごはん」と、中央小学校、北中小学校、佐野台小学校の児童が考えてくれた「ほうれん草ともやしのおひたし」と、日新小学校、日根野小学校の児童が考えてくれた「鶏肉とたっぷりきのこの味噌炒め」と、日新小学校の児童が考えてくれた「冬野菜のカレースープ」が登場します。冬野菜のカレースープはカレールウと削り節やだし昆布でとった出汁を合わせて作っています。白菜や大根といった冬野菜とみなさんの好きなウインナーが入っています。カレーのスパイシーな味付けで体もポカポカになりますね。

 

1月21日(月) 

牛乳 アップルパン 泉州玉ねぎコロッケ かぶと白菜の和風ミネストローネ
 

今週は学校給食週間です。泉佐野市では、市内の6年生を対象に夏休みの宿題として、給食の献立を考えてもらいました。今日は、末広小学校の児童が考えてくれた「泉州玉ねぎコロッケ」と、日新小学校、中央小学校の児童が考えてくれた「かぶと白菜の和風ミネストローネ」が登場します。泉州玉ねぎコロッケは泉佐野市でとれた玉ねぎをたくさん使っています。じゃがいもは皮ごとつぶして、玉ねぎと合わせて作ってあります。玉ねぎの甘みがよくわかるコロッケになっていますよ。

 

1月18日(金) 

牛乳 焼肉サンドパン ベジタブルスープ

今日の焼肉サンドパンにはにらという野菜が入っています。にらは一年中何度も収穫することができる生命力の強い野菜で、体の調子を整えてくれる働きがあります。特に目の働きを助けたり、肌の調子をよくしてくれるビタミンAという栄養素がたくさん含まれています。にらは独特の香りがしますね。この香りはアリシンという成分で、食欲を増したり、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

 

1月17日(木) 

牛乳 ごはん 鯖のおろしぽん酢かけ もやしと小松菜のごま和え 豚汁

ごまは種の部分を食べる植物です。ごまは種をまいてから30日ほどで花が咲き、実をつけます。その実の中は4つから8つの部屋に分かれていて、この中に20粒ほどの種(ごま)が入っています。実が熟すとこの部屋が裂け、その勢いで中の種が飛び出してきます。この様子から「ひらけごま」という呪文が生まれたとも言われています。

 

1月16日(水) 

牛乳 冬野菜のカレーライス キャベツとコーンのソテー 福神漬け ヨーグルト

カレーライスにセロリという野菜が入っています。セロリは「セリ」の仲間です。食物繊維が多く含まれていて、便秘を予防する働きがあります。独特の強い香りで苦手な人もいると思いますが、煮込み料理や炒め物に加えると風味やコクが増します。給食ではカレーライスやハヤシライス、ミートスパゲティなどにも入っています。

 

1月15日(火) 

kyushoku190115

牛乳  炊き込みチャーハン  揚げ鶏のねぎソースかけ  ツナと白菜のおひたし  ワンタンスープ

白菜は日本で作られている作物の中で最も大きい野菜です。種はとても小さいのに、種をまいて2~3ヶ月で1玉3キロまで育つ生命力を秘めています。冬に栽培される白菜はもっとも生産量が多く1玉の重さが4キロぐらいになることもあります。育った白菜は寒い畑にほおっておくと霜により、葉が開いてしまうので、農家のみなさんが育てている途中に、1玉、1玉外の葉を寄せてひもで束ねています。こうすると外側の葉が上着の役割をして甘みが増すんですよ。今日はまぐろツナと合わせておひたしにしました。

 

1月11日(金) 

牛乳 コッペ型ココアパン オムレツのケチャップソースかけ ポトフ

今日のパンはコッペ型のココアパンです。ココアの原料は「カカオ」という木の実です。カカオの木の実は他の木と違ったところに実をつけます。どこに実がつくでしょうか?1木の幹2根の先3枝の先 答えは1木の幹です。ココアやチョコレートの原料になるカカオは中南米の熱帯地方が原産です。昔、コロンブスという人が持ち帰り、世界に広まりました。カカオの実は15センチから30センチの卵形で、木の幹からぶらさがっています。この実の種を水に漬け、発酵させたものがココアの原料になります。いい香りがするパンになっていますね。
 

 

1月10日(木) 

牛乳 ミニ菜飯 あんかけうどん かき揚げ きゅうりとわかめの酢の物

人気メニューの一つにうどんがありますが、今日はあんかけうどんが登場します。あんかけうどんは、でんぷんを使って汁にとろみをつけています。とろっとしていて、温かい状態が長く続くので、寒い冬にはぴったりあいますね。給食では「ばれいしょでんぷん」というでんぷんを使っています。「ばれいしょ」とはじゃがいものことで、ばれいしょでんぷんはじゃがいもから作られています。その他にもさつまいもやとうもろこし、タピオカ、米から作られたでんぷんもあります。

 

1月9日(水) 

牛乳 ごはん ぶりの照り焼き 白みそ雑煮 やわらか黒豆

みなさん、あけましておめでとうございます。冬休みは元気に過ごせましたか?今日から3学期の給食がスタートです。お正月の伝統的な料理と言えばお雑煮がありますね。新年を迎え、神様にお供えしたおもちや野菜などをいただいて、旧年の収穫の無事を感謝し、新年の豊作や家族の健康を祈るという意味をこめて食べられていました。また室町時代には武士の宴会でお雑煮を最初に食べると縁起がよいとされていたことから、一年の始まりである元旦に食べられるようになったとも言われています。地域によってさまざまな味やおもちの形に違いがあります。みなさんの住んでいる関西地方は白みそで味付けし、丸もちが入っていることが多いです。みなさんの家のお雑煮はどのようなものでしたか?給食では白みそを使い、里芋や大根、小松菜、金時人参、三つ葉といった野菜と煮込みもちが入っています。よくかんで食べてくださいね。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.