ホーム > 給食 > 2019年度給食 > 10月給食紹介

10月給食紹介

10月31日(木) 

牛乳 ごはん 肉じゃが 小松菜とじゃこの和え物 のりかつおふりかけ

今日の肉じゃがにも入っているこんにゃくですが、「白いこんにゃく」と「黒いこんにゃく」がスーパーなどで売っているのを見かけたことはありますか?こんにゃくは「こんにゃく芋」という芋から作られます。昔は生のこんにゃく芋をそのまますりおろして作っていたため、芋の皮がまざり黒くなっていました。最近はほとんどが乾燥させて粉にしたこんにゃく芋粉を使って作るので、黒くならず白いこんにゃくになります。しかし関西地方を中心に黒いこんにゃくが好まれており、最近の黒いこんにゃくはひじきやあらめといった海藻を混ぜてあえて黒くし、生芋から作ったように似せて作っています。給食のつきこんにゃくも海藻が混ぜられた黒いこんにゃくです。

 

10月30日(水) 

牛乳 マーボー丼 中華和え 大学芋

大学芋のタレの中には黒ごまが入っています。ごまは種実類といって、くりやくるみ、アーモンドなどと同じ種を食べるものの仲間です。日本で栽培される量は少なく、ほとんど海外から輸入しています。「ごま」は一粒は小さいですが、さまざまな体にいい栄養素が豊富で、カルシウムや鉄、マグネシウムといったミネラルも多く、骨を丈夫にしたり、貧血予防にも効果があります。カラッと揚がったさつまいもに甘辛いタレと黒ごまがよくあいますよ。

 

10月29日(火) 

牛乳 ごはん 鰆の照り焼き 切干大根の炒め煮 豆乳みそ汁
 

今日の豆乳みそ汁には里芋が入っています。秋に旬を迎える里芋ですが、山でとれる芋に対し、里で栽培されることから里芋という名前になったそうです。里芋は親芋、子芋、孫芋と呼ばれるほど一つの茎からたくさんの芋ができるので、子孫繁栄(子どもがたくさん生まれる)の縁起のいい食べ物としておせち料理にも使われます。今日は新メニューとして豆乳みそ汁が登場します。いつものみそ汁とはひと味違ったまろやかなみそ汁になっていますよ。

 

10月28日(月) 

牛乳 黒糖パン 揚げ鶏のバーベキューソースかけ ベジタブルスープ フルーツポンチ

今日のバーベキューソースの中ににんにくが使われています。にんにくの生まれは西アジアで、中国から日本に伝わりました。日本では青森県が生産量日本一です。にんにくのにおいは強いですが、このにおいは「アリシン」という成分によるもので、体の疲れをとったり、病気になりにくい体をつくる抵抗力をつけたりする効果があります。バーベキューソースにはにおいが強くでるほど入ってはいませんが、ソースの味を引き立たせてくれています。揚げ鶏ともよくあいますね。

 

10月25日(金) 

牛乳  ミニパン  いか入りソース焼きそば  ごぼうサラダ

やきそばは中華料理の1つで、中華麺を炒めて作った料理のことを炒麺(チャオメン)といいます。中国では2700年前から食べられています。原価も安く、作るのも簡単で腹持ちもいいので、軍隊の人たちの食事として食べられていたそうです。ソース焼きそばが日本で作られ始めたのは終戦直後です。当時は量を増やすために安く手に入ったキャベツをたくさん使っていました。キャベツからたくさん水分がでて、味が薄まるので濃いソースを使用し、屋台で出し始めました。これが屋台で流行り、日本各地へ焼きそばが広まりました。今日の焼きそばは切りイカ、ちくわ、豚肉、キャベツ、玉ねぎ、人参、もやし、ピーマンといったたくさんの野菜が入ったいか入りソース焼きそばです。

 

10月24日(木) 

牛乳 ごはん 春雨と豚ひき肉の炒め物 ポークトックスープ さつま芋と栗のタルト

オイスターソースは中華料理に欠かせない調味料の1つです。オイスターとは英語で「牡蠣」のことで、牡蠣から作られたソースです。中国では昔、牡蠣を生で食べる習慣がありませんでした。一度牡蠣を塩漬けにした後、干し牡蠣として食べるのが一般的でした。ある時、塩漬けにした時にできた上澄み液が強いうま味とコクがあることがわかり、この液を料理のかくし味に使ったのがオイスターソースの始まりです。今日は春雨と豚肉の炒め物の調味料の1つとして使っていますよ。今日はデザートに秋が旬のさつまいもと栗を使った「さつま芋と栗のタルト」が登場します。楽しみにしておいてくださいね。

 

10月23日(水) 

牛乳  カレーライス  ハムとマカロニのサラダ  福伸漬け

福神漬けの中には「なた豆」という豆が入っています。皆さん、なた豆を知っていますか?あまり知られていない豆ですが、童話「ジャックと豆の木」のモデルになったと言われるマメ科の植物です。童話のモデルとなったと言われるように、とても成長の速い植物で成熟したものは6メートルほどの高さにまで伸びるものもあります。またさやも50センチぐらいの大きさになったりもします。福神漬けに使うなた豆は、大きくなると固くなるので、10センチぐらいの未熟なものを収穫して使っています。

 

10月21日(月) 

牛乳 さつまいもパン オムレツのきのこあん ミネストローネ

秋が旬の野菜の1つにさつまいもがありますね。今月の献立の中にもたくさん登場します。さつまいもはビタミンCや食物繊維といった栄養素が豊富に含まれています。色々な食べ方があり、焼きいも、天ぷら、大学芋、干し芋など加工しても甘みが強くおいしいです。今日のさつまいもパンも、さつまいもの甘味が感じられますね。また、焼酎といったお酒の種類の材料としても使われ、生産量の多い、鹿児島県ではさつまいもを使った「いも焼酎」というものもあります。

 

10月18日(金) 

牛乳 パン 鶏肉のマーマレード焼き 大根サラダ ウインナーとコーンのスープ

今日のスープにコーンが入っています。サラダやスープなど給食でもよく登場しますね。コーンとはとうもろこしのことで、小麦、米とともに世界三大穀物の1つです。乾燥させて、粉にし、主食として食べている国もたくさんあります。世界ではアメリカや中国で多く作られており、日本では昔、米の育ちにくかった北海道でよく育ったことから、北海道で広まり、今では全国で作られている50パーセントは北海道です。食物繊維やビタミンB1、ビタミンEといった栄養素が多く、体の調子を整える働きがあります。

 

10月17日(木) 

牛乳 ミニ麦ごはん 五目うどん かき揚げ きゅうりとわかめの酢の物

「わかめ」は漢字で若い布と書きます。これは若い時期のものがおいしいという意味で「若い」や形が羽のように分かれていることの「分か」と、海藻のことを「布(め)」ともいうので、その二つが合わさってできた言葉とも言われています。わかめは潮の流れの激しいところほど、良質なわかめがとれるそうです。成長するとなんと、2メートルほどの大きさにもなるんですよ。

 

10月16日(水) 

牛乳 ごはん 豚肉の生姜焼き おかか和え 麩のみそ汁

麩は生のままの生麩、焼いて作る焼き麩、揚げて作る揚げ麩、乾燥させて作る乾燥麩があり、料理やお菓子にしたり、色々な食べ方があります。今日の給食の麩のみそ汁の麩は、乾燥させてつくった麩です。さて、麩は何から作られているか知っていますか?1、かまぼこなどと同じ魚 2、パンと同じ小麦粉 3、豆腐と同じ大豆 正解は2の小麦粉です。今日はみそ汁に麩をいれました。

 

10月15日(火) 

牛乳 ごはん ミートボールの酢豚風 海藻サラダ 豆腐の中華スープ

ミートボールを使ったメニューは毎回とても人気があります。シチューやスープといったメニューにもよく登場します。そんなミートボールを酢豚風に味付けしました。今日は油で揚げたミートボールをキャベツ、玉ねぎ、じゃがいも、人参、竹の子、ピーマンといった野菜と、甘酢で味付けしたあんで煮込みました。色々な野菜とミートボールがよくからんでおいしいですよ。

 

10月11日(金) 

牛乳 パン ハッシュドポーク 厚切りベーコンとエリンギのソテー


秋の味覚の1つにきのこがありますね。今日はハッシュドポークに「しめじ」、厚切りベーコンとエリンギのソテーには「エリンギ」が登場します。きのこには「グアニル酸」という成分が入っています。これは昆布やかつお節に並ぶ、日本の三大うま味成分の1つです。きのこにはうま味成分が多く含まれているので、椎茸を干して作った干ししいたけなどは出汁をとるのに使われたりもします。きのこにはお腹の調子を整えてくれる食物繊維が多く含まれています。

 

 

 

10月10日(木) 

牛乳 祭り寿司 にゅうめん汁 野菜ゼリー

秋祭りの季節ですね。給食では「祭り寿司」が登場します。穴子、錦糸卵、枝豆、白ごまを混ぜた具をちらし寿司の上にのせて食べてくださいね。すしは祭りやお祝いごとにかかせない料理です。すしという言葉は元々、「酢」を混ぜた飯の「酢飯」からきています。この酢飯の「め」がいつの間にかなくなり、「すし」と呼ばれるようになりました。昔はおめでたい時に食べる高級料理でしたが、今ではお祝いごと以外にもスーパーなどでもたくさん売られており、日常的に食べるようになりましたね。

 

 

10月9日(水) 

牛乳 ごはん 豚キムチ もやしナムル ワンタンスープ

キムチは韓国の漬物です。韓国の人々には欠かせないものです。キムチは重要な存在であり、一年に一度、11月終わりから12月の初めにかけて、家族や親族が集まり、一年分のキムチ作りをする「キムジャン」が行われます。各家庭に一つ必ずキムチ専用の冷蔵庫があり、そこに一年分のキムチを保管します。給食のキムチは皆さんが食べても辛くないように、辛みを抑え、うま味のあるキムチを使って豚キムチを作っています。

 

10月8日(火) 

牛乳 ごはん 鯖のおろしぽん酢かけ 小松菜と鶏ささみの和え物 豚汁

酢は米や小麦、とうもろこしなどの穀物や、ぶどうやりんごなどの果実で作られた酢に分かれます。地域的には主に穀物からできた酢はアジア地域、果実から作られた酢は欧米地域で盛んに作られていました。センターで酢の物などの料理に使っている酢は米酢です。米酢はまろやかな酸味が特徴の酢です。今日のおろしぽん酢も調理員さんが皆さんに喜んで食べてもらえるよう、酸味のバランスを考えて作ってくれていますよ。さっぱりしておいしい味に仕上がっていますよ。

 

10月7日(月) 

牛乳 アップルパン ポトフ ツナとコーンのサラダ

パンは小麦粉から作られていますね。米は粒のまま食べ、小麦は粉にしてから使われています。米は皮が薄くて実が固いので、皮だけを取り除けますが、小麦は皮が固くて実が柔らかいので、皮をこすると実が砕けてしまうので、丸ごと粉にしてからふるいにかけて皮を取り除いて食べられるようになりました。今日は人気メニューの1つのアップルパンです。甘くておいしいですね。

 

10月4日(金) 

牛乳 ウインナードッグ ビーンズポタージュ

ウインナーソーセージは肉を腸詰にし、燻製にしたものです。ウインナーという名前はオーストリアのウイーンという街の名前からつけられており、他にも、ドイツのフランクフルト、イタリアのボロニアなどヨーロッパ各地の地名から名づけられました。現在は太さによって名前が違い、直径20ミリより小さいものをウインナーソーセージ、20ミリから36ミリのものをフランクフルトソーセージ、36ミリ以上のものをボロニアソーセージといいます。今日はウインナードックです。カットパンにウインナーとボイルキャベツをはさんで食べてくださいね。

 

10月3日(木) 

牛乳 菜飯 みそわかめラーメン バンバンジーサラダ フルーツ(巨峰)

世界中で広く栽培されているぶどうは、色や形、香りが異なる多くの品種があります。そのまま食べるだけではなく、ワインやジュース、缶詰、レーズンなどに加工されています。ヨーロッパでは古くから栽培されていましたが、日本で本格的な栽培が始まったのは明治時代以降です。現在の主な産地は、山梨県、長野県、山形県、岡山県などです。今日のぶどうは巨峰という品種です。日本で一番多く生産されている品種で、大粒で果汁が多く甘みが強いのが特徴です。

)))
 
 
 

10月2日(水) 

牛乳 ごはん さんまの香味ソースかけ もやしと小松菜の和え物 なめこ汁

センターでは肉料理や魚料理に手作りのソースやタレをかけたメニューがたくさんあります。皆さんはいくつ思い出せますか?今日はその一つである「香味ソース」です。香味ソースは濃口醤油、砂糖、料理酒で作ったタレに、おろしにんにく、白ねぎといった香味野菜を加えて煮込んだタレです。今日は秋に旬をむかえるさんまを揚げて、香味ソースをかけました。お味はいかがですか?

 

10月1日(火) 

牛乳 中華丼 ひじきしゅうまい 黒糖そら豆

中華丼に使われている白菜は、英語で「中国キャベツ」と呼ばれ、中国生まれの野菜です。日本では明治時代、戦争で中国に渡った兵士たちが戦地で食べ、その味が気に入り日本へ持ち帰ったのが始まりと言われています。その後、日本の気候に合わせて品種改良が行われて、大正時代には一般の人々にも食べられるようになりました。白菜は大根や豆腐と合わせて「養生三宝」と呼ばれ、三宝は三つの宝と書き、風邪などの予防に効果があると言われています。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.