ホーム > 給食 > 2019年度給食 > 11月給食紹介

11月給食紹介

11月29日(金) 

牛乳
パン
揚げ鶏のレモン照り焼きソースかけ
カラフル白菜サラダ
豆乳コーンスープ

豆乳は大豆が原料で、豆腐を固める前の乳液の状態のものをいいます。大豆をすりつぶして、液体を搾り、汁とかすの部分に分けます。汁の部分は豆乳で、かすの部分はおからです。豆乳は大豆たんぱく質がたくさん含まれているので、満腹感を持続させることができますよ。大豆に含まれている栄養素のひとつである、イソフラボンは骨を丈夫に保ってくれる働きがあります。今日は豆乳を使った豆乳コーンスープです。

 

11月28日(木) 

牛乳 キーマカレー じゃが芋さっぱりサラダ 福神漬け

今日はキーマカレーが登場します。カレーと言えばインドを思い浮かぶ人も多いですよね。インドにはカレー粉がありません。インドではそれぞれの家庭で香辛料を合わせて作ります。キーマカレーの「キーマ」とはインドの言葉である「ヒンディー語」や「ウルドゥー語」で細切れの肉、ひき肉のことで、ひき肉のカレー料理です。給食では豚肉や鶏肉のひき肉を使い、刻み大豆、玉ねぎ、人参、ピーマン、セロリーなどの野菜も細かく刻み、みなさんの口に合うようにカレーの味付けをして作っています。いつものカレーと少し違って新鮮ですよね?

 

11月27日(水) 

牛乳  五目釜飯  鯖のぽん酢かけ  切干大根の炒め煮  ふのみそ汁

「切干大根」とは、大根を細く切り、天日で干して乾燥させた食材です。太陽の光を浴びることで、甘味がさらに増し、栄養価も増加します。同じ量の大根と比べてみると、骨や歯を丈夫にするカルシウムは15倍、貧血を予防する鉄分は32倍、代謝を促進するビタミンB1、B2は10倍もあり、とても栄養価が高くなります。今日の給食では、切干大根を使って炒め煮にしていますよ。甘めの味付けで食べやすいですよ。

 

11月26日(火) 

牛乳 ごはん 春雨と豚ひき肉の炒め物 かき玉汁

春雨は春に降る雨のように細長いことからつけられた名前です。ではこの春雨は何から作られているかわかりますか?1小麦粉、2牛乳、3豆 答えは3の豆です。給食の春雨は、緑豆という豆から作られたものを使用しています。その他にもじゃがいもやさつまいものでんぷんから作られる春雨もあります。今日は豚ひき肉とたくさんの野菜を一緒に炒めた、
春雨と豚ひき肉の炒め物です。ボリュームがあって、食べごたえのあるメニューですよ。

 

11月25日(月) 

牛乳 パン ミートボールの甘酢あんかけ 大根とベーコンのスープ ブルーベリージャム

ブルーベリーの歴史は、ヨーロッパ大陸からアメリカに移住してきた人々が、もともとアメリカ大陸にいた人々から分けてもらったブルーベリーを食べたことが始まりと言われています。ビタミン類がたくさん含まれるブルーベリーのおかげで、冬の厳しい寒さから生き延びることができたので、アメリカではブルーベリーのことを”命の恩人”と言うそうです。1980年代になると、日本でもブルーベリーの栽培が本格的に始まりました。皮ごと食べられるので、ゴミを出すことなく手軽に食べることができますね。今日はブルーベリージャムとして登場します。パンにつけて食べて下さいね。

 

11月22日(金) 

牛乳  ハムサラダサンドパン 豚肉と水菜のスープ ヨーグルト

ヨーグルトは、世界中で食べられています。ヨーグルトは、牛乳を乳酸菌で発酵させて作るので、たんぱく質やカルシウム、ビタミン類などが豊富に含まれています。ヨーグルトに含まれているたんぱく質やカルシウムは、乳酸菌のおかげで牛乳よりも消化・吸収されやすいといわれています。また、乳酸菌にはおなかの調子を整えてくれたり、便秘の予防をしてくれる効果もありますよ。

 

 

11月21日(木) 

牛乳 ごはん 鰆の柚子みそ焼き 五目豆 のっぺい汁

「鰆の柚子みそ焼き」に使われている柚子はみかんの仲間で、海外でも「ユズ」と呼ばれています。日本では古くから多く作られていて、寒さに強く、東北地方でも作られています。柚子は、1年に2回、収穫します。5月頃に花をさかせ、夏に未熟な青い実を収穫します。その後、11月頃から黄色く熟したものを収穫します。今日は黄色く熟した柚子を使っています。柚子の果汁とみそなどの調味料を合わせ、柚子みそを作りました。みそのコクの中に、柚子のさわやかな味と香りを感じてくださいね。

 

11月20日(水) 

牛乳 キムタレ丼 バンサンスー ミネラルたっぷりスープ

わかめや寒天には、ミネラルが含まれています。ミネラルは、骨を丈夫にするカルシウムなど、人間にはなくてはならない栄養素です。海の水には、もともとたくさんのミネラルが含まれています。森のミネラルも川に溶けだし、やがて海に運ばれるので、海はミネラルの宝庫になっています。その為、海でとれる海藻には、ミネラルが多いと言われています。今日のミネラルたっぷりスープに、わかめと耐熱寒天が入っていますよ。

 

 

11月19日(火) 

牛乳 ごはん 芋炊き じゃこ天 きゅうりと大根のさっぱり漬け いよかんゼリー

毎月19日は、泉佐野市の食育の日です。芋炊きは350年以上の歴史がある郷土料理です。愛媛県では、秋に月見を兼ねて、外で芋を炊いて大勢で宴会することを”芋炊き”と言うそうです。芋炊きの芋は里芋を使用することが多く、今日の給食の芋炊きも里芋が入ってますよ。おもちが入っているので、よくかんで食べて下さいね。じゃこ天は愛媛県の特産品で、新鮮な小魚をすり身にして油で揚げた”揚げかまぼこ”です。食べると魚のおいしさが口いっぱいに広がりますよ。今日はデザートに愛媛県産のいよかんを使用したいよかんゼリーがつきます。いよかんは11月から3月に旬をむかえるかんきつ類で、生産地は90パーセント以上が愛媛県です。果肉のつぶつぶがおいしいですよ。

 

11月18日(月) 

牛乳 さつまいもパン ハンバーグのきのこソースかけ ツナとコーンのサラダ マロニーのスープ

泉佐野市の給食のパンには、黒糖パン、ココアパン、アップルパンとありますが、今日はさつまいもパンが給食に登場します。さつまいもの角切りとさつまいものペーストをパンの生地にねりこみ、作られています。さつまいものホクホクした食感と甘みが楽しめるパンになっています。みなさん、お味はいかがですか?

 

11月15日(金) 

牛乳  焼き肉サンドパン  きのこスープ  豆乳プリン

きのこは秋が旬です。今日はきのこスープが登場します。きのこ類は食感が独特なものが多いので、苦手という人もいますよね。きのこにはグアニル酸という旨味が含まれています。今日のきのこスープには、しいたけ、エリンギ、えのきたけ、しめじの4種類のきのこが入っています。たくさんのきのこの旨味がスープに溶け込んで、おいしくできました。苦手という人も、少しだけでもチャレンジして食べてみてくださいね。

 

11月14日(木) 

牛乳  ごはん  高野豆腐の煮物  きびなごのから揚げ  昆布の佃煮

みなさんはきびなごという魚を知っていますか?ニシン科の魚の一種です。大きいものでも、10センチ程にしか成長しません。小さなイワシみたいな魚で、銀色の帯状の模様があります。きびなごは骨ごと食べられる小魚なので、カルシウムが多く含まれています。カルシウムは骨や歯をつくるうえで、重要な成分なので、成長期のみなさんにぴったりですよ。今日はカラッとから揚げにしました。お味はいかがですか?

 

11月13日(水) 

牛乳 ごはん チンジャオロースー 小龍包 汁ビーフン

今日は小龍包が給食に初登場します。みなさんは小龍包という食べ物を知っていますか?小龍包は中国 料理の点心のひとつです。味付けした豚ひき肉に刻んだ野菜等を混ぜ、スープと一緒に小麦粉の生地で包んだ小型の蒸しまんじゅうです。見た目は小さな肉まんのようで、食べると肉汁がしみだしてきて、おいしいですよ。

 

11月12日(火) 

牛乳 ごはん 鯵の甘酢香味ソースかけ 焼き芋 野菜たっぷりすまし汁

給食のみそ汁やすまし汁などにもよく使われているねぎは、西日本では青ねぎのことをいい、東 日本では白ねぎと言われることが多いです。それは東と西の温度の違いによるものと言われています。青ねぎは葉ねぎとも言われ、青い部分が多く、暑さに強い種類です。白ねぎは根深ねぎとも言われ、土にもぐっている部分が多いところから寒さに強い品種です。今日の甘酢香味ソースには白ねぎが入っていますよ。

 

 

11月8日(金) 

牛乳 パン ハッシュドポーク 厚切りベーコンとエリンギのソテー ミックスゼリー

コリコリした食感のエリンギは、ボリュームがあるだけでなく、栄養もたっぷりです。エリンギはきのこの中でも特に食物繊維が多く、便秘解消に効果があるといわれています。またビタミンB、ビタミンDを含んでいるため、骨を丈夫にしてくれたり、風邪をひきにくくしてくれたりする効果があります。今日は厚切りベーコンとたっぷりの野菜と一緒にエリンギを炒めましたよ。

 

11月7日(木) 

牛乳 ごはん 厚揚げチゲ もやしときゅうりのナムル 韓国のり

韓国のりは、塩とごま油で味付けされた味付け海苔として知られています。そのまま食べる以外におかゆや丼などのトッピングや、韓国の巻きずし”キムパ”など、幅広い料理に活用できますよ。今日は、厚揚げチゲとナムルと組み合わせました。厚揚げチゲはキムチが入っています。給食のキムチは、本場の韓国のキムチに比べて辛さをおさえているので、食べやすいですよ。給食の韓国料理、お味はいかがですか?

 

11月6日(水) 

牛乳 ミニ栗ごはん わかめうどん かき揚げ おはぎ

栗は、縄文時代から食べられていました。戦国時代には、兵士たちに栗を持たせたそうです。これは、「かち栗」といい、勝ちを連想させるために、縁起を担いだとされています。また、栄養の多い栗は、非常食の食品として出回ったこともあります。加熱により壊れやすいビタミンCですが、栗やじゃがいもに含まれるビタミンCは壊れにくくなっています。秋が旬の栗を、今日はお米と塩で炊いたミニ栗ごはんにしました。おはぎは給食に初めて登場します。よくかんで食べて下さいね。

 

11月5日(火) 

牛乳 はりはりごはん 豆腐ハンバーグの和風あんかけ 大根のみそ汁

はりはりごはんには細切り昆布が入っています。昆布は冷たい海でよく育ち、日本では
北海道でたくさんとれます。古くから「よろこぶ」につながるとお祝いごとに使われてきました。昆布には骨や歯を丈夫にするカルシウムや、血管を丈夫にするヨードという栄養素がたくさん含まれています。はりはりごはんには細切り昆布の他にも切干大根、ちりめんじゃこ、人参が入っています。それぞれ噛みごたえのある食材なので、よく噛んで食べてくださいね。

 

11月1日(金) 

牛乳 パン 白身魚フライのオーロラソースかけ さつまいものポタージュ

今日の給食には、「さつまいものポタージュ」が登場します。さつまいもは、9月から11月が旬です。さつまいもに含まれている食物繊維は、お腹の調子を整えて、便通をよくしてくれます。そして、お腹の中のばい菌を追い出してくれます。また、運動や勉強したりする時に必要なエネルギーのもとになる、炭水化物が多く含まれています。さつまいものほんのりとした甘さが、ポタージュに溶け込んでとてもおいしくできていますよ。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.