ホーム > 給食 > 2019年度給食 > 12月給食紹介

12月給食紹介

12月23日(月) 

牛乳 パン ビーフシチュー フライドチキン クリスマスデザート

2学期最後の給食は、クリスマスメニューです。鉄分を含んだ牛肉を使った「ビーフシチュー」と、骨付きの鶏肉を使った「フライドチキン」、クリスマスデザートの「米粉と豆乳のいちごケーキ」もつきます。フライドチキンは、骨に注意して食べてくださいね。冬休みは、クリスマスや、お正月と、楽しい行事がありますね。風邪を引かないように、元気で楽しい冬休みを過ごして下さい。

 

12月20日(金) 

牛乳 ミニ黒糖パン ゆず塩焼きそば 海藻サラダ

12月22日は、冬至です。一足早いですが、今日の給食は冬至メニューです。冬至とは、太陽の位置が1年でもっとも低くなる日で、昼間の時間が1年で1番 短くなります。冬至の日に、ゆず湯に入ると、冬の間、風邪をひかないと言われています。今日はゆずを使った、新メニューのゆず塩焼きそばが登場します。塩ダレとゆずで味付けをしたいつもとは違った焼きそばです。お味はいかがですか?

 

12月19日(木) 

牛乳 ビビンバ丼 ツナナムル トックスープ

毎月19日は、泉佐野市の食育の日です。今回は、韓国料理が登場です。韓国では、ビビンバや焼き肉など、肉料理をたくさん食べますが、栄養バランスが偏らないようにお肉と一緒に、たっぷりの野菜をとる習慣があるそうです。給食もたくさんの野菜を使っていますよ。トックスープには、韓国のお餅のトックが入っています。これは、棒状のお餅を、薄く切ったものです。よく噛んで食べてくださいね。

 

12月18日(水) 

牛乳 ごはん 揚げ鶏のみぞれかけ じゃことキャベツの野菜炒め かぼちゃのみそ汁

大根は、中国から伝わってきた野菜ですが、広く栽培されるようになったのは、江戸時代からです。その頃に、いろいろな大根の種類ができ、漬物や切干大根なども作られ、保存がきく食べ物として、各地で栽培が進められたそうです。今日は、揚げ鶏のみぞれかけに大根のすりおろしが入っています。揚げ鶏に、大根おろしのサッパリとしたみぞれかけのタレが、良く合いますよ。

 

12月17日(火) 

牛乳 菜飯 おでん ほうれん草と白菜のお浸し 芋けんぴ

今日は、新メニューのおでんが登場します。おでんは、都道府県によって味や具が違います。おでんは、昆布とかつおで出汁をとりますが、私たちが住んでいる関西では、薄口醤油を使うのが特徴です。塩で味を調節し、透き通った出汁であっさりとしたおでんです。関東では、濃口醤油を使い、みりん、酒で味を整え、濃い色をした出汁で甘辛い味付けのおでんです。

 

12月16日(月) 

牛乳 アップルパン ハムカツ 和風ミネストローネ

ミネストローネと言えば、イタリアの家庭料理のトマト味のスープが思い浮かびますね。今日は、和風にアレンジをした、「和風ミネストローネ」です。削り節でとった出汁と、チキンスープを合わせました。味付けはシンプルに、薄口醤油と塩・こしょうです。いつもとは違ったミネストローネです。お味はいかがですか?

 

12月13日(金) 

牛乳 ミニパン ミートスパゲティ 大根サラダ

今日はミートスパゲティです。鶏肉と豚肉のひき肉だけでなく、「畑の肉」と呼ばれる大豆も入っています。大豆もひき肉と同じぐらいの大きさに小さく刻んでいます。入っているのが分かりにくいと思いますが、食感が少し固いものが大豆です。大豆には、肉には少ないカルシウムなどの栄養素も入っているので、肉だけで作るより、栄養満点です。ケチャップ味で食べやすいですよ。しっかり食べましょう。

 

12月12日(木) 

牛乳 ごはん 鰆のレモン醤油かけ もやしと小松菜のごま和え 鶏団子の生姜汁

小松菜は、骨や歯を強くするカルシウムや、風邪を引きにくくしてくれるカロテンなどの栄養が豊富に含まれています。江戸時代に、お殿様が東京の小松川村というところで、この野菜を食べ、あまりのおいしさに驚き、大変 喜んだそうです。そこで、小松川村の地名にちなんで、「小松菜」と呼ぶようになったそうです。江戸時代のお殿様が絶賛した小松菜は、寒い冬のこの時期が旬なので、一番おいしいですよ。

 

12月11日(水) 

牛乳 ミニ麦ごはん カレーうどん かき揚げ 切干大根の酢の物

明治時代、洋食が日本に入ってきて、洋食のおいしさを知った日本人は、和食よりも洋食を好むようになりました。和食のお店は、危機を感じました。そこで、和食屋さんは、「カレー」と「うどん」を合わせた「カレーうどん」を開発しました。今では、カレーと言えばカレーライスですが、昔は、カレーうどんの方が人気だったようです。今日の給食のカレーうどんは、昆布と削り節でとった出汁に、カレールウなどを入れて味付けしています。

 

12月10日(火) 

牛乳 和風丼 根菜のきんぴら フルーツ(みかん)

根菜とは、どんな食べ物かわかりますか?根菜は、土に埋まっている部分を食べる野菜です。漢字で根っこの「根」と、野菜の「菜」で「根菜」と書きます。根菜は、水分が少なめで固いものが多く、加熱すると甘みが増します。今日の「根菜のきんぴら」に使われている根菜は、ごぼう・人参・れんこんです。根菜は、歯ごたえがあるので、よく噛んで食べてくださいね。よく噛むことによって、あごが強くなったり、歯並びが良くなったりなど、良いことがたくさんありますよ。

 

12月9日(月) 

牛乳 照り焼きハンバーガー ポークビーンズ 野菜ゼリー

昔、ドイツのハンブルグという港町の人たちは、刻んだ肉に、玉ねぎや人参を混ぜたものを焼いて食べていました。ドイツの人たちがアメリカに渡ったことで、アメリカで知られることになました。アメリカでは「ハンブルク風ステーキ」と呼ばれていました。それが日本では、私たちが良く知っている「ハンバーグ」となりました。今日は、そんなハンバーグに、照り焼きのタレをかけた、照り焼きハンバーグです。うずまきカットパンに、照り焼きハンバーグとボイルキャベツをはさんで食べてくださいね。

 

12月6日(金) 

牛乳 パン 白身魚フライ ひじきサラダ 鶏肉とかぶのスープ

今日は、鶏肉とかぶのスープが登場です。かぶは、冬が旬の野菜です。かぶと大根は、似ていますね。かぶや大根の葉には、ビタミン・カロテン・カルシウム・リン・鉄分などがたっぷり含まれています。かぶの葉は、大根より柔らかく、いろいろな料理に向いています。今日のスープには、かぶの葉も入っていますよ。

 

12月5日(木) 

牛乳  ごはん  厚揚げと大根のそぼろ煮  野菜たっぷりみそ汁  のりかつおふりかけ

みそ汁は、家でもよく登場する汁物だと思います。みそ汁がよく食べられるようになったのは、室町時代頃からです。簡単に作ることができるので、戦国時代には、戦の時によく食べられていたそうです。江戸時代になると、ごはん・みそ汁・漬物・おかずの組み合わせが日本人の食事の形になりました。みそと具の組み合わせで栄養的にもバランスがとれるみそ汁は、優れた食べ物ですね。今日は、たくさんの野菜が入った、栄養満点の野菜たっぷりみそ汁です。

 

12月4日(水) 

牛乳 炊き込みチャーハン 牛肉とごぼうのスタミナ炒め 中華和え 春雨スープ

牛肉には、鉄分が含まれています。鉄分は、体の中で酸素を運んでいます。鉄分が不足すると、息切れやめまいが起こることがあります。元気に遊べるように、しっかり食べてくださいね。牛肉の他に、ごぼう・小松菜・人参・こんにゃく・にんにくが入っています。野菜もたくさん食べてくださいね。

 

12月3日(火) 

牛乳 ごはん 鯵のみそだれかけ ゆかり和え けんちん汁

みそは、昔から日本人にとって欠かせない食品の一つです。みそをテーマにした「ことわざ」もあります。「みそ汁は、朝の毒消し」これは、「朝にみそ汁を一杯飲むと、体の毒出しをしてくれる。健康に良いので飲もう。」という意味です。「みその医者殺し」は、「みそは、良質な栄養源の為、みそを食べていると病気にならない。」という意味です。他にも、みそを使ったことわざがありますよ。今日の給食は、赤みそと白みその2種類のみそで作った「みそだれ」を鯵にかけました。いつもとは違ったみそを使った献立の登場ですよ。

 

12月2日(月) 

牛乳 パン ミートボールのクリームシチュー ウインナーとキャベツのカレーソテー

今日は、みなさんが好きなミートボールをクリームシチューに入れた、ミートボールのクリームシチューが初登場です。給食センターでは、ベシャメルソース(ホワイトソース)を手作りしています。大きな鍋に、バターを溶かし、小麦粉をじっくり炒め、牛乳を少しずつ加えてなめらかに仕上げていきます。このベシャメルソースを使ったクリームシチューに、ミートボールとじゃがいも・玉ねぎ・人参・しめじ・枝豆を入れました。コクが出るように、生クリームも使っていますよ。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.