文字サイズ変更

メニュー

ホーム > 給食 > 2019年度給食 > 4月給食紹介

4月給食紹介

4月26日(金) 

牛乳 パン ミンチカツ ウインナーとキャベツのカレーソテー かぼちゃのポタージュスープ

ポタージュと言えば、コーンポタージュ、ビーンズポタージュなどを思い浮かべる人も多いと思いますが、今日はかぼちゃを使ったポタージュスープです。ポタージュスープなので、小麦粉とバターで作るベシャメルソースを使わず、さらさらしたスープに仕上げています。かぼちゃは煮物や天ぷら、サラダなどで食べることも多いですが、今日のようなポタージュスープとして食べるのもとてもおいしいですよ。かぼちゃの甘みがしっかりでたおいしいポタージュスープになっていますよ。

 

4月25日(木) 

牛乳 菜飯 野菜しゅうまい 海藻サラダ ポークスープ

今日のしゅうまいは鮮やかな色をしていますね。今日は野菜がたっぷり入った野菜しゅうまいです。とうもろこし、人参、玉ねぎ、ほうれん草といった野菜と鶏肉、豚肉で作られています。みなさん、それぞれの野菜の色がわかりますか?野菜の甘みと鶏肉や豚肉のうま味が合わさって、おいしいしゅうまいです。

 

4月24日(水) 

牛乳 ご飯 高野豆腐の煮物 ツナと白菜の和え物 鮭ふりかけ

高野豆腐の煮物に入っているふきは春が旬の野菜です。ふきは胃腸の働きをよくすると言われ、昔は薬としても食べられていたそうです。春の味を感じてみてくださいね。昨年、人気だった鮭ふりかけが登場します。ご飯もおかずもたくさん食べてくださいね。

 

4月22日(月) 

牛乳 黒糖パン ハンバーグのケチャップソースかけ 春野菜のソテー 鶏肉とコーンのスープ

パンはいつ頃から日本で食べられるようになったでしょうか?パンが日本にやってきたのは1543年のポルトガルの船が種子島に着いた時と言われています。最初はライ麦と言う麦を使ったライ麦パンですごく硬いパンだったそうです。しかしこの時は外国との交流が限られていたため、日本全国であまり広まりませんでした。その後、パンは軽くて腐りにくいのが持ち歩きに便利だということで、乾パンのようなものが作られるようになり、これが日本でパンが食べられるようになった始まりです。今では様々な種類のパンがありますね。給食のパンはおかずと組み合わせて食べるためにあっさりとした味付けになっていますよ。今日はミネラルがたくさん含まれている黒糖を使った黒糖パンです。

 

4月19日(金) 

牛乳 オリーブナン キーマカレー ガルバンゾーサラダ

毎月19日は泉佐野市の食育の日です。今回はインド料理です。カレーと言えばインドを思い浮かぶ人も多いですよね。インドにはカレー粉がありません。インドではそれぞれの家庭で香辛料を合わせて作ります。キーマカレーの「キーマ」とはインドの言葉である「ヒンディー語」や「ウルドゥー語」で細切れの肉、ひき肉のことで、ひき肉のカレー料理です。給食では豚肉や鶏肉のひき肉を使い、刻み大豆、玉ねぎ、人参、ピーマン、セロリーなどの野菜も細かく刻み、みなさんの口に合うようにカレーの味付けをして作っています。白くて平べったいオリーブナンにのせて食べてくださいね。

 

4月18日(木) 

牛乳 ご飯 鯖のレモン醤油かけ 切干大根の炒め煮 若竹汁

切干大根は大根を干して作る乾物の一つです。生の大根は一般的なサイズで、一本500グラムから600グラムぐらいですが、それを干して切干大根にすると50グラムほどになります。生の大根に比べて、うま味や甘みがぎゅっとつまっています。そのうま味は「グルタミン酸」という栄養成分で、甘みは「ぶどう糖」という栄養成分が多く入っています。またカルシウムやビタミンB1、B2、鉄分、食物繊維も豊富です。みなさんの成長にとっても大切な栄養素が多く入っていますね。

 

4月17日(水) 

牛乳 肉野菜たっぷり丼 わかめスープ 入学お祝いデザート

日本は海に囲まれた島国で、大昔から海藻が食べられてきました。また、神様へのお供え物や税、品物を交換しあうことにも使われていました。海藻は海に差し込む太陽の光によって光合成をしている「海の植物」です。海水中の二酸化炭素と水からぶどう糖を作り、ぶどう糖から食物繊維やビタミンなど海藻が生きるために必要な成分が作られます。そのため海藻には私たちに必要な食物繊維やビタミンがたくさん含まれています。積極的にとりたい食材の一つですね。今日は一年生の入学をお祝いしてデザートにももと青りんごのゼリーがつきます。お楽しみにしておいてくださいね。

 

4月16日(火) 

牛乳 ご飯 揚げ鶏の照り焼きソースかけ 胡瓜と大根のさっぱり漬け 春野菜のみそ汁

給食で使われている酢は米酢という酢を使っています。米酢は米を使って作られた酢で、まろやかですっきりした酸味が特徴です。酢にはさまざまな種類があり、米酢のほかにも、小麦粉やとうもろこしを使った穀物酢、りんごやぶどうなどの果物を使った果実酢などがあり、調理などによって使いわけることができます。酢は日本だけではなく世界中の人々にも親しまれていて、アメリカではホワイトビネガー、イギリスではモルトビネガー、イタリアではバルサミコ酢が有名です。酢を使った料理としては野菜や肉の酢漬けなどが家庭でよく作られています。今日は米酢、砂糖、醤油で味付けした胡瓜と大根のさっぱり漬けです。

 

4月15日(月) 

牛乳 パン ミートボールシチュー キャベツとコーンのソテー 豆乳プリン

一年生のみなさん、ご入学おめでとうございます。ランドセルを背負って小学校に通う毎日が始まったばかりで、まだまだ新しい生活に慣れていないと思いますが、お友達と仲良く一緒に勉強したり、遊んだりと楽しい毎日を過ごしてくださいね。今日から一年生のみなさんも給食が始まります。重たい食缶や食器を教室まで運んで準備するのは大変ですが、自分たちで準備した給食はとてもおいしいですよ。今日の献立は給食の人気献立の一つでもあるミートボールシチューです。給食時間も楽しく過ごしてくださいね。

 

4月12日(金) 

牛乳 パン 白身魚フライ アスパラのサラダ ベジタブルスープ

今日のサラダは「アスパラのサラダ」です。アスパラの正式な名前はアスパラガスといいます。アスパラガスには緑色のグリーンアスパラガスと白色のホワイトアスパラガスがあります。                       緑色のアスパラガスは太陽の光をあびて育ったものです。太陽に当てずに育てたのが白色のアスパラガスです。太陽に当てるか当てないかで、色が変わるんですよ。今日は太陽の光をたっぷり当てて育ったグリーンアスパラガスで作ったサラダです。春が旬の野菜です。緑が鮮やかできれいな色をしたサラダになっていますよ。

 

4月11日(木) 

牛乳 豚キムチ丼 中華和え ワンタンスープ

今日のワンタンスープに入っている肉入りワンタンは、細かく刻んだ肉や野菜などを混ぜたものを、薄く伸ばした小麦粉で作られた皮で包んだものです。餃子にもよく似ていますが、餃子は丸い皮で包んであり、ワンタンは四角い皮に包まれているという違いがあります。今日のワンタンスープには肉入りのワンタンの他に、キャベツ、青梗菜、にら、干ししいたけといった野菜と豆腐が入り、豚骨スープで中華風に味付けをしています。

 

4月10日(水) 

牛乳 ミニたけのこご飯 五目うどん 新野菜のかき揚げ 胡瓜とわかめの酢の物

今日は春に旬を迎えるたけのこが入った、ミニたけのこご飯です。たけのこは約10日ほどでみなさんがよく知っている大きな竹まで成長するそうです。また、食べられる時期も土から出るか出ないかという、ほんの短い間なので目が離せません。成長が早いにも関わらず、竹の寿命は100年以上とも言われています。竹の子のシャキシャキとした食感も感じてみてくださいね。

 

4月9日(火) 

牛乳 ご飯 豚肉の生姜焼き 小松ナムル トックスープ

みなさん、進級おめでとうございます。今日から新しい学年での給食が始まりましたね。一つお兄さん、お姉さんになったので苦手な食べ物も食べられるようにチャレンジしていきましょうね。今日の豚肉の生姜焼きにはたっぷりの生姜が入っています。生姜は日本では高知県が日本で一番生産されています。生姜は体をあたため、病気などに打ち勝つ力である免疫力を高めるので、風邪やインフルエンザの予防に効果があります。給食の豚肉の生姜焼きは、生姜をしぼった搾り汁としぼりかすも入れて風味をだしています。ご飯にぴったりあう味になっていますよ。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.