文字サイズ変更

メニュー

ホーム > 給食 > 2019年度給食 > 7月給食紹介

7月給食紹介

7月18日(木) 

牛乳 ごはん 鯖のレモンしょうゆかけ 塩昆布和え 冬瓜汁

冬瓜は夏に旬を迎える野菜で南瓜やきゅうりと同じ仲間です。夏野菜ですが、漢字では”冬の瓜”と書きます。これは冷たく暗い場所に置いておくと冬までもつということから、この名前がつきました。水分が多いので熱を加えると柔らかくなり、煮物にしても食べやすい野菜です。ビタミンCが多く含まれており、風邪の予防にも効果的です。今日で1学期の給食は最後ですね。1年生のみなさんは上手に配膳できるようになりましたか?給食がない夏休みの間も3食きちんと食べて、元気に過ごして下さいね。

 

7月17日(水) 

牛乳
中華丼
ごぼうのピリ辛揚げ
ヨーグルト

ごぼうは日本に中国から薬として伝わりました。日本人がごぼうの香りを気に入ったため、
野菜として食べられるようになったそうです。薬として伝わったくらいなので、ごぼうには便秘
解消や血液をさらさらにするなどの効果がある貴重な健康食材です。金平ごぼうやごぼうサラダなどの献立として給食でも登場していますが、ごぼうは食感や香りが独特だからか、
給食の残菜が多い野菜のひとつです。そこで今日は甘辛い味のついたごぼうを揚げた、新メニューの「ごぼうのピリ辛揚げ」が登場します。たくさん食べてくれると嬉しいです。

 

7月16日(火) 

牛乳 ごはん ハンバーグのおろしぽん酢かけ キャベツのみそ汁 手作りじゃこふりかけ

手作りじゃこふりかけの「じゃこ」というのは、ちりめんじゃこのことで、関西の呼び名です。
関東では、「しらす干し」と呼ばれています。ごく小さな魚を平らに広げて干した様子が、絹織物のちりめんを広げたように見えることから、ちりめんじゃこと名前がついたそうです。ちりめんじゃこは、小魚を骨ごと全部食べるのでカルシウムを多く含んでいます。カルシウムは、骨や歯を強くしてくれます。たくさん食べて骨を丈夫にして下さいね。

 

7月12日(金) 

牛乳 アップルパン あじフライ かぼちゃのサラダ 鶏肉と小松菜のスープ

今日のかぼちゃサラダは、昨年度の6年生が児童応募献立で考えてくれて採用になった献立です。かぼちゃの種類を大きくわけると「日本かぼちゃ」「西洋かぼちゃ」「ペポかぼちゃ」の三種類にわけられます。「日本かぼちゃ」はねっとりとしていて水分が多く、甘みが少ないため
煮物料理にむいています。「西洋かぼちゃ」はほくほくしていて甘く、焼いたり、煮たりと色々な料理に使われています。お店で一番多く売られているかぼちゃの種類です。「ペポかぼちゃ」は形がさまざまで個性があり、ハロウィン等でおなじみの観賞用のかぼちゃとして使われることが多いかぼちゃです。かぼちゃのオレンジ色、きゅうりの緑色、人参の赤色・・・と色鮮やかなかぼちゃのサラダは見た目もキレイですね。

 

7月11日(木) 

牛乳 炊き込みチャーハン カラフルチンジャオロースー 三度豆のごま和え ポークスープ

ポークスープに使っている豚骨パイタンスープは、豚の脂と水が煮込まれることによってくっつき、牛乳のような白色に変化していきます。漢字では”白い湯”と書き、白湯(パイタン)とよみます。給食の人気メニューのとんこつラーメンのスープと同じ、豚骨スープと豚骨白湯スープの2種類のスープを混ぜて作っています。ベーコン、じゃがいも、玉ねぎ、ちんげん菜、しめじ、にらなど、具材もたくさん入って栄養たっぷりのスープです。

 

7月10日(水) 

牛乳 ハヤシライス ウインナーとキャベツのソテー フルーツポンチ

今日は人気メニューのひとつであるフルーツポンチです。フルーツポンチの「フルーツ」は果物で、「ポンチ」はお酒、砂糖、水などを合わせた飲み物のことです。給食ではお酒は使っていませんよ。角切りのゼリーは給食に初登場するシャインマスカット味です。缶詰のみかん、梨、桃も入っています。さっぱりしているので、暑い時期にピッタリですね。

 

7月9日(火) 

牛乳 ミニ菜めし 刻みうどん 夏野菜のかき揚げ きゅうりと大根のさっぱり漬け

今日の夏野菜のかき揚げには「オクラ」という野菜が入っています。オクラはアフリカの東北部から約150年前に日本へ伝わってきました。多く食べられるようになったのは50年ほど前からです。夏が旬の野菜で、実がなりだすと数日であっという間に大きくなります。オクラは切るとネバネバしていて糸をひくので、「青納豆」とも呼ばれたりします。今日の夏野菜のかき揚げはオクラの他に、南瓜やゴーヤなどの夏野菜も使っています。

 

7月8日(月) 

牛乳 ミニ黒糖パン カレースパゲティ 海藻サラダ

今日の海藻サラダの中には、わかめが入っています。わかめはサラダや酢の物、みそ汁などの汁物の具としてよく使われますね。わかめを食べる習慣はもともと日本や朝鮮半島などの限られた地域で食べられていました。みなさん、生のわかめは何色か知っていますか?海で生きている時は黒っぽい茶色をしているんですよ。湯通しすることによってみなさんがよく知っている緑色になります。わかめには食物繊維やカルシウム、マグネシウムなどの栄養素が多く含まれています。わかめは少しぬるぬるしていますね。これは「アルギン酸」という食物繊維で、お腹の中にたまった余分な塩分やコレステロールを外に出してくれる働きがありますよ。

 

7月5日(金) 

牛乳 パン ウインナーと夏野菜のトマト煮 じゃがいもさっぱりサラダ マーマレードジャム

ウインナ―と夏野菜のトマト煮には、夏が旬のなす・かぼちゃ・三度豆・トマトがたくさん使われています。なすには、アントシアニンという栄養素が含まれていて、目の働きを良くしてくれる効果があります。かぼちゃと三度豆には、ビタミンCとカロテンが含まれていて、風邪予防の
働きをしてくれます。トマトには、紫外線から肌を守ってくれる効果がありますよ。今が旬の
夏野菜を味わってください。

 

7月4日(木) 

牛乳 ちらし寿司 切干大根の炒め煮 七夕にゅうめん汁
七夕ゼリー(もも)

7月7日は七夕ですね。今日の給食はひとあし先に七夕献立です。七夕にゅうめん汁には、ビーフンというお米からできた麺が入っていて、天の川に見立てています。またにゅうめん汁の中には星型にかたどった人参が隠れていますよ。探してみてくださいね。七夕は年に一度だけ、彦星と織姫が天の川で会う伝説が有名ですね。当日は晴れて夜空を見上げることができるといいですね。

 

7月3日(水) 

牛乳 ごはん 揚げ鶏の甘酢香味ソースかけ もやしと小松菜のおひたし 豆腐のみそ汁

お酢は酸っぱいですよね。お酢は、どんな働きをしているか知っていますか?腐るのを防いだり、菌をやっつける効果や、魚の臭みをとってくれたり、肉を漬けておくと柔らかくなったりと、いろいろな働きがあります。その他にも、肥満防止やおなかの中の善玉菌を増やして便秘を解消したり、血液をサラサラにしてくれます。今日は、揚げ鶏の甘酢香味ソースかけにお酢を使っています。にんにくと白ねぎ、醤油とお酢と砂糖で味付けした甘酸っぱいタレでおいしいですよ。

 

7月2日(火) 

牛乳 豚肉の生姜焼き丼 きゅうりの梅かつお和え わかめスープ 芋けんぴ

今日はきゅうりの梅かつお和えが初登場します。日本で作られている梅の約8割がお隣の県、和歌山県です。梅の独特の酸っぱさは、クエン酸やリンゴ酸という成分がたくさん含まれているからです。カルシウムの吸収を助ける働きがあるので骨を丈夫にしたり、食欲が出たり、疲れにくくする効果があります。今日は糸かまぼこときゅうりと人参を、練り梅としそと削り節で味付けして和えています。暑い夏にピッタリですよ。

 

7月1日(月) 

牛乳 フィッシュカツサンドパン ミートボールスープ

今日のミートボールシチューにも使われている玉ねぎは、色々な料理にかかせない野菜のひとつですね。私たちが食べている「玉ねぎ」は次の1~4のうちどの部分かわかりますか?1根 2茎3葉4実・・・答えは3の「葉」です。「玉ねぎ」を縦に切ってみると、短い茎が見つかります。私たちが食べているところは葉の付け根が成長して太ったものです。じっくり煮込んだ玉ねぎの甘みがたっぷりの美味しいミートボールシチューになっていますよ。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.