文字サイズ変更

メニュー

ホーム > 給食 > 2019年度給食 > 5月給食紹介

5月給食紹介

5月31日(金) 

牛乳 パン チキンシチュー アスパラとコーンのソテー フルーツポンチ

アスパラガスは、ヨーロッパでは春を告げる野菜と言われています。太陽に当てずに育てたホワイトアスパラガスと、太陽に当てて育てたグリーンアスパラガスがあります。ヨーロッパでは、ホワイトアスパラガスが人気で、日本ではグリーンアスパラガスが人気です。アスパラガスには「アスパラギン酸」という栄養成分が含まれています。アスパラガスから発見されたことから、この名前がつきました。アスパラギン酸は、疲労回復効果がありますよ。アスパラガスを食べて元気に過ごしてくださいね。

 

 

5月30日(木) 

牛乳 ごはん 鰆の香味ソースかけ 金平ごぼう 新キャベツのみそ汁

キャベツは、春に出回るものを「春キャベツ」や「新キャベツ」と言います。新キャベツは、キャベツの巻きがゆるく、葉はみずみずしくて柔かく、生食のサラダに向いています。キャベツは、加熱すると、甘みがアップしますよ。今日はみそ汁に入っています。甘みを感じてくださいね。今日の金平ごぼうはいつもと違うのがわかりますか?ごぼうは、冬が旬の野菜です。ですが、今日の給食では新ごぼうと言って、春が旬のやわらかくておいしいごぼうを使いました。いつもとの違いを感じてくださいね。

 

5月29日(水) 

牛乳 ごはん 揚げ鶏のレモン醤油かけ きゅうりとわかめの酢の物 野菜たっぷりすまし汁

レモンには、ビタミンCがたくさん含まれています。ビタミンCには、お肌をきれいにしてくれるだけでなく、風邪をひきにくくしたり、疲れをとったりする働きがあります。今日は、給食センターで約100個のレモンを調理員さんが一つ一つ絞り、醤油やみりんなどの調味料を合わせ、レモン醤油のタレを作りました。さっぱりしていておいしいですよ。

 

5月28日(火) 

牛乳 ミニ菜飯 とんこつラーメン ツナナムル 黒糖そら豆

とんこつラーメンは、福岡県で生まれた料理です。豚の骨と書き、豚骨と言います。豚の脂と水が煮込まれることによってくっつき、スープは、牛乳のような白色に変化していきます。このスープを白い湯と書き、白湯と(パイタン)と言います。給食のとんこつラーメンのスープは、豚骨スープと豚骨パイタンスープという2種類のスープを混ぜて作っています。給食では、キャベツ、人参、ホールコーン、白ねぎ、にらの具材と、味付けに土生姜とにんにくを使っているので、たくさんの野菜が入っていますよ。給食の人気メニューで、いつも残菜が少なく嬉しいです。今日も食缶が空っぽになるのを楽しみにしています!

 

5月27日(月) 

牛乳 パン コロッケ ウインナーと野菜のカレーソテー レタスと卵のスープ

レタスと卵のスープには、卵を使っています。卵と言えば、日本では、にわとりの卵のことを言います。卵には、ひよこが1羽のにわとりになるまでの必要な栄養素が全て含まれています。大事な命をいただいているので、残さず食べてくださいね。

 

5月24日(金) 

牛乳 ミニパン ミートスパゲティ ハムとコーンのサラダ

今日のミートスパゲティは、豚ひき肉と鶏ひき肉で作られていますが、「畑のお肉」と呼ばれる大豆も入っています。ひき肉と同じぐらいの大きさに小さく刻んでいるので、入っているのが分かりにくいと思います。お肉には、たんぱく質がたくさん含まれていますが、大豆には、お肉には少ないカルシウムなどの栄養も入っているので、お肉だけで作るより、栄養満点です。

 

5月23日(木) 

牛乳 中華丼 春巻き ヨーグルト

ヨーグルトは、牛乳と乳酸菌から作られます。乳酸菌は、お腹の悪いばい菌をやっつけ、腸の働きを良くしてくれます。栄養は、牛乳とよく似ていて、たんぱく質やカルシウムがたくさん含まれています。ヨーグルトを日本で初めて食べた人は、「酸っぱくて臭くてなんだこれ!?」と思ったそうです。日本では、砂糖を入れたり、果物と混ぜたりして食べていますが、外国では、砂糖を入れずに食べているそうです。なんと、ヨーグルトで炊いたごはんまであるそうですよ!

 

5月22日(水) 

牛乳 ごはん 肉じゃが ツナと切干大根のごま和え のりふりかけ

大根は、中国から伝わってきた野菜です。広く栽培されるようになったのは、江戸時代からです。その頃、いろいろな大根の種類ができ、漬物や切干大根なども作られ、保存がきく食べ物として、各地で栽培が進められたそうです。今日は切干大根を使った、ツナと切干大根のごま和えです。生の大根より、乾燥させた切干大根の方が、甘みとうま味が増えます。たくさん食べてくださいね。

 

5月21日(火) 

牛乳 広島菜ごはん かつおのカレー竜田揚げ 新玉ねぎのサラダ にゅうめん汁

新玉ねぎのサラダには、今が旬の新玉ねぎを使っています。給食では加熱していますが、新玉ねぎは生のまま薄くスライスしてサラダにするなど、生食に向いています。新玉ねぎは、普段食べている玉ねぎと比べて、辛み成分が少なく、柔かくて甘みが強いのが特徴です。玉ねぎは、収穫した後、一ヵ月ぐらい乾燥させてから出荷します。それに比べて新玉ねぎは、収穫後は乾燥させずにすぐに出荷しています。旬の野菜の甘さを感じてくださいね。

 

5月20日(月) 

牛乳 ウインナードッグ 新じゃがいものスープ

出回っていますが、今日のスープに使われているじゃがいもは、今が旬の新じゃがいもです。新じゃがいもは、普段みなさんが食べているじゃがいもに比べて水分が多いため、ホクホクというより、ねっとり感があります。3月~6月頃、季節限定で食べられますよ。

 

5月17日(金) 

牛乳 パン ミートボールの照り焼きソースかけ 海藻サラダ ミネストローネ

今日の献立のミネストローネは、トマトをたくさん使ったイタリアの野菜スープです。イタリアでは、地域や季節、各家庭によって使う野菜はさまざまです。「ミネストローネ」は、イタリア語で「具だくさん」や「ごちゃ混ぜ」という意味を表す言葉です。スープの具材のトマトには、ビタミン類の栄養素がたっぷり含まれています。「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるほど、健康に良い野菜です。

 

5月16日(木) 

牛乳 ごはん 厚揚げマーボー 中華和え

厚揚げは、豆腐を厚く切って油で揚げたものです。厚く切っているので、豆腐の部分が多く残って、「生揚げ」とも呼ばれます。うすく切っている「油揚げ」と違っていて、食べる時に豆腐の味や食感を感じることができます。今日の給食では、厚揚げマーボーに使っています。たくさん食べて下さいね。

 

5月15日(水) 

牛乳 ミニえんどうごはん 五目うどん かき揚げ きゅうりと大根のさっぱり漬け

今日は、えんどう豆が入った、ミニえんどうごはんです。えんどう豆を冷凍したものは、グリンピースとして、一年中 出回っていますが、えんどう豆が獲れるのは、春から初夏にかけての一時期だけです。給食のミニえんどうごはんに使われているのは、「うすいえんどう」という品種です。グリーンピースと比べて、皮が薄く、青臭さの少ないのが特徴です。うすいえんどうは、私たちが住んでいる関西地方では、昔から、春を告げる旬の味わいとして有名ですが、関西地方以外では、あまり知られていない食材です。主に和歌山県で栽培され、関西で消費されています。今しか食べられない旬の味を味わってくださいね。

 

5月14日(火) 

牛乳 ごはん 鯖のぽん酢かけ 鶏ささみの和え物 豚汁

今日は、鯖のぽん酢かけが登場します。鯖は、血液をサラサラにしてくれる働きがあります。他は、固まった血液を溶かして、血管がつまるのを防いでくれたり、頭の働きを良くしてくれます。みなさんは、「サバを読む」という言葉をしっていますか?この言葉は、江戸時代にできたと言われています。鯖は、鮮度の落ちが早いため、魚売りの人たちが、数を数える時に急いで数えていました。その時、数をごまかしていたという事から、この言葉ができたと言われています。

 

5月13日(月) 

牛乳 アップルパン オムレツのケチャップソースかけ カラフルソテー 春野菜のスープ

春野菜のスープには、今が旬のじゃがいも、新人参、アスパラガスが入っています。人参は、給食で最もたくさん登場する野菜です。人参は、一年中 出回っていますが、この時期は春が旬の新人参を使っています。寒い冬を越えて育ってきているので、普通の人参よりも、やわらかく、甘みがあり、みずみずしいのが特徴です。収穫されてから乾燥や貯蔵をせずに、すぐ出荷されたものなので、新人参はとっても新鮮ですね。

 

5月10日(金) 

牛乳 パン 白身魚フライのオーロラソースかけ ポトフ いちごミックスジャム

今日のジャムは、いちごとりんごで作った、いちごミックスジャムです。いちごとりんごには、風邪予防に良いビタミンC、お腹の調子を整えてくれる食物繊維、視力の回復や目の疲れを解消してくれるポリフェノールが含まれています。パンにつけて食べてくださいね。

 

5月9日(木) 

牛乳 ツナそぼろごはん もやしと小松菜のお浸し 汁ビーフン

ビーフンは、米で作られている麺の1つです。うるち米というお米を水につけ、臼でひいたものを熱湯に糸状に押し出してゆで麺にし、冷たい水で冷やし、乾かしたものです。ビーフンは、スープに入れたり、焼いたりといろいろな料理に使われています。今日は、スープに使いました。ビーフンの他に、たくさんの野菜を使った栄養満点の汁ビーフンです。

 

5月8日(水) 

牛乳 カレーライス コールスローサラダ 福神漬け

福神漬けは漬物の一種です。大根、なす、なた豆、きゅうり、れんこんなど、いろいろな野菜を醤油ベースの調味料に漬け込んだものです。もともとは、明治時代に東京の漬物屋さんが考案したもので、売り出した途端に、そのおいしさが評判になったそうです。ある作家が「ごはんのおかずにこの漬物さえあれば、他におかずがいらないのでお金が貯まる」ことを、「七福神の神様が来たような幸福感」と解釈し、福神漬けという名前をつけたと言われています。

 

5月7日(火) 

牛乳 五目釜飯 ハンバーグの和風あんかけ 豆腐とわかめのみそ汁 かしわもち

みそ汁は、家でもよく食べる料理の1つですね。みそ汁が広く食べられるようになったのは、室町時代ごろからです。簡単に作ることができるので、戦国時代には、戦の時によく食べられていたそうです。江戸時代になると、ごはん、みそ汁、漬物、おかずの組み合わせが日本人の食事の形になりました。今日は、豆腐、干しわかめ、玉ねぎ、人参、えのきたけ、白ねぎが入ったみそ汁です。給食では、だし昆布と削り節でとった出汁を使っているので、おいしいですよ。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.