ホーム > 給食 > 2020年度給食 > 11月給食紹介

11月給食紹介

11月27日(金) 

牛乳 パン キーマカレー コーンサラダ

今日は、キーマカレーが登場します。カレーといえばインドを思い浮かべる人も多いと思います。インドにはカレー粉がなく、それぞれの家庭でスパイスを合わせて作ります。キーマカレーのキーマとは、インドの言葉で、細切れ肉やひき肉を意味します。給食では、鶏肉と豚肉のひき肉を使っています。大豆や玉ねぎ、人参、ピーマン、セロリーなどの野菜も細かく刻み、かぼちゃペーストを入れることで、辛みを抑えたカレーになっていますよ。

 

11月26日(木) 

牛乳 ミニ栗ごはん 五目うどん かき揚げ きゅうりと大根のさっぱり漬け

今日は、ミニ栗ごはんが登場します。秋の味覚のひとつである栗は、アーモンドやごまと同じ種実類の仲間です。栗はでんぷんやビタミン、ミネラルを含み、種実類の中でも脂質が少ないという特徴があります。栗にはビタミンB1が含まれています。ビタミンB1はエネルギーを生み出す手助けをしてくれるので、エネルギーのもとになるご飯との相性はぴったりです。

 

11月25日(水) 

牛乳 焼肉丼 ゆかり和え わかめスープ

新型コロナウイルスの影響で外食をすることが減ったことにより、品質の高い食材の消費も減ってしまいました。そこで、国はその食材を学校給食で食べようという取り組みを始めました。今日の給食の焼肉丼には、黒毛和牛を使っています。いつもはなかなか使うことのできない、おいしいお肉です。使っているお肉の量も多いので、お肉の味をしっかりと味わうことができると思います。この給食が、皆さんの思い出に残ると嬉しいです。

 

11月24日(火) 

牛乳 ごはん 鯖のおろしぽん酢かけ 切干大根の炒め煮 豆腐のみそ汁

今日の給食には、切り干し大根の炒め煮が登場します。切り干し大根は宮崎県で多く作られています。切り干し大根は生の大根を細く切り、太陽に当てて乾燥させたものです。乾燥させることによって、保存期間が長くなるだけでなく、食感が変わり、うま味と栄養成分がアップします。さらに切り干し大根には、骨や歯を丈夫にしてくれるカルシウムも含まれていますよ。

 

11月20日(金) 

牛乳 ミニパン ミートスパゲティ コールスローサラダ

コールスローサラダのコールスローとは、オランダ語でキャベツサラダを意味する言葉が由来の「コールスラ」から呼ばれるようになりました。味付けには、フレンチドレッシングやマヨネーズを使うことが多いそうです。今日の給食のコールスローサラダにはキャベツの他に、ボンレスハムやきゅうり、ホールコーンが入っています。ノンオイルフレンチドレッシングをかけて食べて下さいね。

 

11月19日(木) 

牛乳 ソースカツ丼 のっぺい汁


毎月19日は、泉佐野市の食育の日です。今月は、福井県の名物料理であるソースカツ丼 が登場します。福井県では、カツ丼といえばソースカツ丼であり、卵でとじたカツ丼はあまり馴染みがないといわれています。給食のソースカツ丼は、ご飯の上にボイルキャベツととんかつをのせて食べて下さいね。のっぺい汁は、全国各地にある郷土料理のひとつです。のっぺりとした、粘りのある状態を意味することから、のっぺい汁という名前がつけられたといわれています。具材も地域によって様々ですが、共通として里芋を使うのが特徴です。給食では少しとろみを抑えて、食べやすくしています。

 

11月18日(水) 

牛乳 ごはん 肉じゃが 小松菜とじゃこの和え物 昆布と抹茶ふりかけ


小松菜とじゃこの和え物の「じゃこ」は、ちりめんじゃこのことです。スーパーなどで売られているちりめんじゃこは、主にカタクチイワシのこどもである、しらすを乾燥させたものです。そのしらすを茹でたものを釜揚げしらすといい、その後少し乾燥させたものをしらす干し、さらに乾燥させたものを、ちりめんじゃこと呼びます。ちりめんじゃこは骨ごと全部食べるので、カルシウムを多く含んでいます。カルシウムは、骨や歯を丈夫にしてくれます。しっかり食べて、丈夫な体を作りましょう。

 

11月17日(火) 

牛乳 肉みそごはん 魚の天ぷら甘酢あんかけ 汁ビーフン

今日の給食の汁ビーフンには、干ししいたけが入っています。しいたけは、日本で一番栽培されているきのこです。世界中でも「しいたけ」と呼ばれ、日本を代表するきのこです。しいたけの旬は春と秋ですが、干して乾燥させることで一年中食べることができ、うま味成分であるグアニル酸も増えます。今日の汁ビーフンは、干ししいたけのうま味がたくさん溶け出ておいしくなっていますよ。

 

11月16日(月) 

牛乳 パン ミートボールと野菜のトマト煮 海藻サラダ

今日の海藻サラダには、わかめ、耐熱寒天、ボンレスハム、きゅうりが入っています。わかめと耐熱寒天は海藻で、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富です。海藻は昔から日本で食べられており、日本の食卓に欠かせない食材です。ボンレスハムは豚のもも肉を使ったハムのことで、ハムの中でもあっさりとした味が特徴です。きゅうりには、摂りすぎた塩分を体から取り除いてくれる働きのある、カリウムが含まれていますよ。

 

11月13日(金) 

牛乳 ココアパン 白身魚フライのオーロラソースかけ カラフルソテー 塩レモンスープ

レモンは、インドのヒマラヤ地方が原産といわれています。13世紀頃からシチリア島で栽培されるようになり、日本へは19世紀後半に伝わったといわれています。日本では広島県で多く栽培されています。レモンには疲労回復の効果があるクエン酸や、風邪を引きにくくしてくれるビタミンCが含まれています。また、レモンの香り成分であるリモネンは、リラックス効果があるとされています。今日の給食では、新メニューの塩レモンスープが登場します。味と香りを楽しんでくださいね。

 

11月12日(木) 

牛乳 なめし とんこつラーメン 大根サラダ

大根は、一年を通して栽培されている野菜ですが、収穫する時期によってそれぞれ特徴があります。春から夏にかけて収穫される大根は辛みがあり、秋から冬にかけて収穫される大根は甘みがあります。特に冬の大根は、寒さに負けないように栄養をしっかりためています。サラダにして食べたり、おでんにして食べたりなど、様々な食べ方がありますよ。今日の給食では、大根サラダとして登場します。

 

11月11日(水) 

牛乳 ごはん 鰆のゆずみそ焼き 茎わかめのきんぴら かきたま汁

鰆のゆずみそ焼きに使われているゆずは、みかんの仲間で、海外でも「ゆず」と呼ばれています。日本では古くから作られていて、寒い地域でも栽培することができます。ゆずは、夏になると未熟な緑色の実をつけ、11月ごろに黄色く熟した実を収穫します。今日はゆずの果汁とみそなどの調味料を合わせ、ゆずみそを作りました。みそのコクの中に、ゆずのさわやかな香りを感じて下さいね。

 

11月10日(火) 

牛乳 キムタレ丼 中華和え トックスープ

トックスープは、韓国のおもちを使った韓国料理です。トックスープの「トッ」がおもち全体のことをいいますが、中でも「トック」は汁物に使うおもちを意味します。なので、トックスープはおもちの入ったスープという意味になります。日本のおもちはもち米で作りますが、トックはうるち米で作ります。そのため、日本で食べるおもちとは違い粘りや伸びが少なく、煮てもしっかりとした食感が残ります。よく噛んで食べましょう。

 

11月9日(月) 

ハムサラダサンドパン ベジタブルスープ

今日の給食のベジタブルスープには、かぼちゃが入っています。かぼちゃは昔から栄養豊富な野菜として知られています。また、ほんのり甘いので煮物やスープだけでなく、プリンなどのデザートに使われることもあります。多くの使い方があるかぼちゃですが、その語源を皆さんは知っていますか?様々な言い伝えがありますが、そのひとつに、16世紀にポルトガル人が日本に伝えたとされ、その時にカンボジア産の野菜と紹介されたことから、「カンボジア」がなまって「かぼちゃ」と呼ばれるようになったといわれています。

 

11月6日(金) 

牛乳 パン ハッシュドポーク 鶏ささみとキャベツの和え物

鶏ささみは、形が笹の葉に似ていることから、この名前がつきました。脂肪が少なく、体を作るもととなるたんぱく質が豊富です。あっさりとした味わいが特徴で、焼く、蒸す、揚げる、和えるなど、様々な調理方法で食べることができます。今日の給食では、鶏ささみとキャベツの和え物として登場します。

 

11月5日(木) 

牛乳 炊き込みチャーハン チンジャオロースー えびしゅうまい 中華スープ

今日の中華スープには、にらが入っています。にらは、体を温めたり風邪を引きにくくする効果があるとして、昔から食べられてきました。餃子などの中華料理やキムチチゲなどの韓国料理まで、様々な料理に使われています。えびしゅうまいには、えびが入っています。えびにはタウリンが含まれており、体の疲れをとる手助けをしてくれます。気温が低くなってきましたが、しっかり食べて、風邪に負けない体を作りましょう。

 

 

11月4日(水) 

牛乳 ごはん 揚げ鶏の和風あんかけ じゃことキャベツの野菜炒め 沢煮椀

今日の給食には、沢煮椀が登場します。沢煮椀とは、たくさんの具材を煮て作る料理のことを指します。今日の給食の沢煮椀には、かぶが入っています。かぶには、旬の時期が春と秋で二回あります。春のかぶはみずみずしく、サラダなどにして食べることもあります。秋のかぶは冬に向けて栄養を蓄えようとするので、甘みもでておいしいですよ。

 

11月2日(月) 

牛乳 アップルパン オムレツのきのこソースかけ ポトフ 野菜ゼリー

ポトフは、フランスの家庭料理のひとつで、肉と野菜のうまみがたっぷり味わえる煮込み料理です。今日の給食では、ウインナーやじゃがいも、キャベツ、玉ねぎ、人参、大根、小松菜が入っています。具材ひとつひとつから、おいしさや栄養がスープに溶け出しているので、スープまでおいしく食べることができるポトフになっていますよ。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.