文字サイズ変更

メニュー

ホーム > 給食 > 2020年度給食 > 8月給食紹介

8月給食紹介

8月31日(月) 

牛乳 パン 白身魚フライ 豆乳コーンスープ

今日のスープには、コーンが入っています。サラダやスープなど、給食でもよく登場しますね。コーンとは、とうもろこしのことで、小麦、米とともに世界三大穀物のひとつです。乾燥させて粉にし、主食として食べている国もたくさんあります。世界ではアメリカや中国で多く作られており、日本では昔、米の育ちにくかった北海道でよく育ったことから、北海道で広まり、今では全国で作られているとうもろこしの約40パーセントを占めています。食物繊維やビタミンB1やビタミンEといった栄養素が多く、体の調子を整える働きがあります。

 

8月28日(金) 

牛乳 照り焼きハンバーガー ベジタブルスープ

給食のパンは、給食センターで作っているのではなく、泉佐野市内のパン屋さんに作ってもらっています。うずまきパンのうずまきも、1個ずつ手で巻いて作っています。皆さんにおいしいパンを食べてもらうために、朝早くから心を込めて作ってくれています。本当にありがたいですね。今日は、うずまきカットパンに照り焼きソースをかけたハンバーグと、ボイルキャベツをはさんで食べて下さいね。

 

8月27日(木) 

牛乳 ミニごはん わかめうどん かきあげ きゅうりと大根のさっぱりづけ

今日のかき揚げには三度豆が入っています。三度豆の旬は6月から9月頃で、1年に三度収穫できることから「三度豆」と呼ばれています。三度豆は別名「いんげん豆」とも呼ばれています。いんげん豆は南米の国々から、江戸時代に入ってきました。この時、「隠元さん」というお坊さんが日本で伝えたといわれ、その名がついたそうです。もともとは豆の部分のみを食べていましたが、今では完熟する前の若いさやを食べるようになりました。これが皆さんが食べている三度豆です。

 

8月26日(水) 

牛乳 ごはん 鯖の甘酢香味ソースかけ 人参しりしり たまねぎの味噌汁

人参しりしりは、沖縄県の伝統的な料理のひとつです。人参しりしりの「しりしり」とは、沖縄県の言葉で「千切り」という意味があります。給食ではツナと枝豆も入っていますよ。人参に多く含まれるβ‐カロテンは、油と相性が良く、体に吸収されやすくなります。油で炒めた人参しりしりは、まさにうってつけの料理ですね。

 

8月25日(火) 

牛乳 ごはん 高野豆腐の煮物 胡瓜とわかめの酢の物 おかかふりかけ

高野豆腐は、豆腐を冷凍した後、乾燥させた保存食品です。豆腐を凍らせるという工程があることから、凍り豆腐とも呼ばれています。形はスポンジ状になっており、味が染み込みやすく、煮物料理に使うことが多いです。今日の給食には、高野豆腐の煮物として登場します。また、高野豆腐には、味覚を正常に保つために必要な亜鉛が含まれています。しっかりと食べるようにしましょう。

 

8月24日(月) 

牛乳 アップルパン 揚げ鶏のマーマレードソースかけ マロニーのスープ

マーマレードの名前には様々な由来がありますが、ポルトガルで最初に作られた時の原料に、マルメロと呼ばれる果物が使われ、その後、マルメロという言葉がマーマレードに変わったといわれています。マーマレードに使用される果物は、オレンジなどの柑橘類が多く、よく見かけるジャムとは違い、皮ごと使用されるのが特徴です。今日の給食では、揚げ鶏のマーマレードソースかけとして登場します。

 

8月21日(金) 

牛乳 パン ホクホクカレー風味のジャーマンポテト ポークビーンズ いちごミックスジャム

枝豆は夏に旬を迎える野菜のひとつです。枝豆は成長すると大豆になります。大豆は、畑の肉ともいわれ、たんぱく質を多く含みます。そのため、枝豆は豆と野菜の両方の栄養素を含む食べ物といえますね。中でも、ビタミンB1やビタミンB2は疲労回復に必要なビタミンなので、夏バテ予防にもなりますよ。今日の給食のポークビーンズには、枝豆と大豆の両方が入っていますよ。

 

8月20日(木) 

牛乳 夏野菜のカレーライス カラフルソテー フルーツポンチ

旬の野菜は、おいしくて、栄養満点です。夏野菜には、水分やビタミンがたくさん含まれていて、色鮮やかなのが特徴です。では、ここで皆さんに問題です。今日の給食の夏野菜のカレーライスに入っている夏野菜は何かわかりますか?全部で5種類入っていますよ。正解は、かぼちゃ、なす、さんどまめ、オクラ、トマトです。皆さんわかりましたか?しっかり食べて、暑さに負けないようにしましょう。

 

8月19日(水) 

牛乳 ミニごはん 皿うどん 野菜しゅうまい 切り干し大根の酢の物

毎月19日は泉佐野市の食育の日です。今月は九州地方でよく食べられている、皿うどんが登場します。皿うどんは、長崎県長崎市の中華料理店が、中華料理の「チャニイシイメン」と呼ばれる、細く切った肉が入った焼きそばをヒントに作られました。当時、ちゃんぽんの出前が盛んに行われていたことから、ちゃんぽんの汁がこぼれるのを防ぐために、出前用に少なくアレンジしたといわれています。給食では、一人ずつ袋に入った揚げ麺を崩して、お椀の中で混ぜ合わせて食べて下さいね。

 

8月18日(火) 

牛乳 豚キムチ丼 中華和え わかめスープ

キムチは韓国の漬物です。韓国の人々には欠かせないものです。キムチは重要な存在であり、1年に1度、11月終わりから12月の初めにかけて、家族や親族が集まり、1年分のキムチ作りをする「キムジャン」が行われます。各家庭に1つ必ずキムチ専用の冷蔵庫があり、そこに1年分のキムチを保管します。給食のキムチは、皆さんが食べても辛くないように辛みを抑え、うま味のあるキムチを使っています。

 

8月6日(木) 

牛乳 ごはん 厚揚げチゲ バンサンスー  いちごのアイス

バンサンスーは、中華料理のひとつです。バンサンスーの「バン」とは、中国語で和えるという意味があります。「サン」は数字の3を表し、「スー」は糸のように細いという意味があるので、バンサンスーは「3種類の食材を細く切った和え物」のことをいいます。給食には、きゅうり、にんじん、ハムを細く切り、春雨を加えて和えています。味付けは酢でさっぱりと仕上げています。いちごのアイスも冷たくておいしいですよ。暑い日にぴったりですね。

 

8月5日(水) 

牛乳 焼肉丼 海藻サラダ ポークスープ

周りを海に囲まれた日本では、魚や貝類、海藻類と、海の幸がたくさんあります。日本の食生活と深い関わりがあり、長年食べられてきました。特に、わかめやひじき、のりなどの海藻類には、体を健康に保つために必要なミネラルや食物繊維が含まれています。今日の給食の海藻サラダには、テングサなどの海藻を原料にした寒天と、わかめが入っています。よく噛んで食べましょう。

 

8月4日(火) 

牛乳 ごはん 鯵の酢じょうゆかけ キャベツの味噌汁 手作りひじきふりかけ

鯵という名前の由来は、味が良い魚だから鯵という名前になったとも言われ、今から約1万5000年前の縄文時代にも、食べられていたといわれています。鯵は背中が青いので青魚と呼ばれ、頭の働きを助けてくれる「DHA」や、血の流れを良くしてくれる「EPA」を含んでいます。さっぱりとした味で、焼き物や揚げ物など、いろいろな食べ方ができます。今日の給食では、焼いた鯵に、酢じょうゆをかけて、さっぱり味にしています。

 

8月3日(月) 

牛乳  ハムサラダサンドパン  ミートボールシチュー

今日の給食のミートボールシチューには、ぶなしめじが入っています。ぶなしめじは昔、味が淡白でうま味がありながらも、少し苦みのあるきのこでした。しかし、人工栽培で改良され、味が良く食べやすいきのことして、様々な料理に使われるようになりました。グルタミン酸やグアニル酸といったうま味成分を含み、和食、洋食、中華料理と幅広く使われています。きのこが苦手という人も多いと思いますが、骨を丈夫に保つ手助けをしてくれるビタミンDや、お腹の調子を整えてくれる食物繊維を含んでいます。まずは一口食べることから始めてみましょう。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.