ホーム > 給食 > 2020年度給食 > 1月給食紹介

1月給食紹介

1月29日(金) 

牛乳 パン ポークチャップ さつまいものサラダ 泉州キャベツのポカポカスープ

今日の給食は、第二小学校の児童が考えてくれた「ポークチャップ」、日新小学校の児童が考えてくれた「さつまいものサラダ」、第二小学校・日根野小学校の児童が考えてくれた「泉州キャベツのポカポカスープ」が登場します。「ポークチャップ」は、豚肉と野菜を、みんなが好きなケチャップ味にして炒めました。「さつまいものサラダ」は、給食ではじゃがいもを使ったポテトサラダが登場しますが、今回はさつまいもを使っています。じゃがいもとはまた違った、さつまいもの甘さがおいしいサラダになっています。「泉州キャベツのポカポカスープ」は、体を温めることをテーマに、地元野菜である泉州キャベツを使う工夫をしてくれました。泉州キャベツは冬に旬を迎えます。煮崩れしにくく、熱を加えると甘みが増す特徴があります。いつも給食で使っているキャベツとは種類が違うので、ぜひ味わって食べて下さいね。

 

1月28日(木) 

牛乳 パン ポークチャップ さつまいものサラダ 泉州キャベツのポカポカスープ

今日の給食は、第二小学校の児童が考えてくれた「ポークチャップ」、日新小学校の児童が考えてくれた「さつまいものサラダ」、第二小学校・日根野小学校の児童が考えてくれた「泉州キャベツのポカポカスープ」が登場します。「ポークチャップ」は、豚肉と野菜を、みんなが好きなケチャップ味にして炒めました。「さつまいものサラダ」は、給食ではじゃがいもを使ったポテトサラダが登場しますが、今回はさつまいもを使っています。じゃがいもとはまた違った、さつまいもの甘さがおいしいサラダになっています。「泉州キャベツのポカポカスープ」は、体を温めることをテーマに、地元野菜である泉州キャベツを使う工夫をしてくれました。泉州キャベツは冬に旬を迎えます。煮崩れしにくく、熱を加えると甘みが増す特徴があります。いつも給食で使っているキャベツとは種類が違うので、ぜひ味わって食べて下さいね。

 

1月27日(水) 

牛乳 ミニごはん 鶏塩うどん   冬野菜のかき揚げ    ブロッコリーのごま和え

今日の給食は、第二小学校の児童が考えてくれた「鶏塩うどん」、第二小学校・上之郷小学校の児童が考えてくれた「冬野菜のかき揚げ」、長坂小学校の児童が考えてくれた「ブロッコリーのごま和え」が登場します。「鶏塩うどん」は、優しい味で冬に温まるうどんをテーマに考えてくれました。「冬野菜のかき揚げ」には、さつまいもや玉ねぎを使っているので、ほのかに甘くて美味しくなっていますよ。「ブロッコリーのごま和え」は、今が旬のブロッコリーをどのような味付けで食べるかを工夫してくれました。ブロッコリーには、体を作る働きを助けてくれる葉酸が含まれています。しっかり食べるようにしましょう。

 

1月26日(火) 

牛乳 ごはん 鰆の野菜あんかけ 鶏肉とキャベツのみそ炒め キムチスープ

今日の給食は、第二小学校の児童が考えてくれた「鰆の野菜あんかけ」、日新小学校・北中小学校・佐野台小学校・第二小学校の児童が考えてくれた「鶏肉とキャベツのみそ炒め」、佐野台小学校の児童が考えてくれた「キムチスープ」が登場します。「鰆の野菜あんかけ」は、野菜をたくさん食べることをテーマに、野菜をあんかけに入れる工夫をしてくれました。「鶏肉とキャベツのみそ炒め」は、ご飯のおかずになるメニューを、「キムチスープ」は、寒い冬に体を温めるスープとして考えてくれました。キムチに使われている唐辛子には、カプサイシンという辛み成分が含まれています。体を温めたり、食欲が増すなど、様々な働きがあります。給食では、みんなが食べやすいように、少し辛みを抑えたキムチを使っています。

 

1月25日(月) 

牛乳 冬のハムカツサンド 和風ポトフ

今週は学校給食週間です。給食が食べられること、給食の為に仕事をしてくれている人たちに感謝の気持ちを持って過ごすようにしましょう。そして泉佐野市では、市内の6年生を対象に、給食の献立を考えてもらいました。今日は、日根野小学校の児童が考えてくれた「冬のハムカツサンド」と、第二小学校の児童が考えてくれた「和風ポトフ」が登場します。「冬のハムカツサンド」は、「みんなが好きなもの」をテーマに考えてくれました。「和風ポトフ」は、大根やごぼう、れんこんといった冬野菜を多く使い、具だくさんなポトフになっています。中でもごぼうには、食物繊維が豊富に含まれていて、お腹の調子を整えてくれますよ。よく噛んで食べましょう。

 

1月22日(金) 

牛乳 パン 八宝菜 肉しゅうまい ヨーグル

来週からは学校給食週間が始まりますね。学校給食週間は、日頃の給食に感謝するだけでなく、給食の歴史を知るチャンスです。現在の泉佐野市の給食センターができたのは、今から35年前の昭和60年です。それまでは、それぞれの学校で給食を作っていましたが、給食室の設備が古くなってきたことから、給食センターが建てられたそうです。今日は、泉佐野市の学校給食の歴史について知るきっかけになればと思い、給食センターができたばかりの頃の献立にしました。たくさん食べて下さいね。

 

1月21日(木) 

牛乳 ごはん 鯖のゆずぽん酢かけ 切干大根の炒め煮   鶏団子の生姜汁

今日の「鶏団子の生姜汁」は、生姜を入れたすまし汁です。生姜の原産地はインドなどの南アジアといわれ、世界各地で薬や香辛料として使われています。中国で多く栽培されていますが、日本では高知県で多く栽培されています。生姜には、ショウガオールと呼ばれる成分が含まれており、体を温めてくれます。そしてこの成分は、生姜に熱を加えることでたくさん作られます。今回の給食のようにスープにして食べると、さらに体がポカポカしますよ。

 

1月20日(水) 

牛乳 ミニ菜飯   とんこつラーメン   小松ナムル   ミニたい焼き

今日のデザートにはミニたい焼きが登場します。たい焼きは、中にあんやクリームが入った和菓子です。今日のミニたい焼きの中には粒あんが入っています。あんは「小豆」という豆から作られます。小豆は漢字で書くと「小さい豆」と書きます。大粒の小豆は「大納言」と呼ばれています。 小豆には食物繊維が多く含まれており、便秘を予防してくれるほか、たんぱく質や鉄分などの栄養素がバランスよく含まれていることから、健康に良いとして注目を集めています。ちなみに、白あんは小豆ではなく、白いんげん豆という別の豆から作られていますよ。

 

1月19日(火) 

牛乳 たこめし お好み焼き きゅうりとわかめの酢の物 キャベツの味噌汁

毎月19日は、泉佐野市の食育の日です。今日は大阪府をテーマにした給食です。皆さんは、大阪湾から、たくさんの種類の魚介類がとれることを知っていますか?特に泉佐野市の周辺の海では「たこ」がたくさんとれ、「泉だこ」というブランドにもなっています。今日のたこめしでは、大阪湾でとれた「まだこ」をたくさん使っています。また、きゅうりとわかめの酢の物に入っているちりめんじゃこも、今日は特別に大阪湾でとれたものを使用しています。大阪の食文化だけでなく、大阪の特産品もぜひ味わってくださいね。

 

1月18日(月) 

牛乳 パン  ミートボールシチュー  鶏ささみとキャベツのサラダ

キャベツは、ブロッコリーやカリフラワーなどと同じアブラナ科の野菜です。キャベツが日本に伝わったのは江戸時代ごろといわれています。当時は、食用というより観賞用として少し栽培されている程度でした。本格的に食用として栽培され始めたのは、明治時代になってからです。とある洋食店が、豚カツに千切りキャベツを添えたところ人気が出たこともあり、豚カツの人気とともに、キャベツも広く知れわたりました。キャベツにはビタミンCが含まれており、風邪予防や疲労回復に重要です。しっかり食べて、体の調子を崩さないようにしましょう。

 

12月13日(水) 

牛乳 ごはん 厚揚げチゲ バンサンスー

チゲは、韓国料理のひとつで、キムチが入った鍋料理のひとつです。今日は厚揚げがたくさん入った、厚揚げチゲです。厚揚げは、豆腐を厚く切って油で揚げた食品です。豆腐は世界でも体に良いとして注目されている日本の食品のひとつですが、厚揚げは日本以外でも中国やタイ、ベトナム、東南アジアなどでも食べられているそうです。ちなみに厚揚げは「生揚げ」とも呼ばれることがあります。今日の厚揚げチゲも豚肉やキャベツなどの野菜のうまみが溶け出て、おいしくなっていますよ。

 

12月12日(月) 

牛乳 ごはん ぶりの照り焼き 白みそ雑煮 やわらか黒豆

みなさん、あけましておめでとうございます。冬休みは元気に過ごせましたか?今日から3学期の給食がスタートします。今日の給食は、お正月料理です。ぶりは出世魚とも呼ばれ、関西では、ツバス、ハマチ、メジロ、ブリと、大きさによって呼び名が変わります。そして、ブリは1番大きく成長した時の呼び名なので、縁起が良い魚ともいわれています。また、お雑煮は地域によっていろいろな特徴があり、みそ味、すましなどの味はもちろん、もちも丸い形や四角い形、あんこ入りのもちなど様々です。関西では丸い形のもちを入れることが多いようです。今日の白みそ雑煮にも、丸い煮込みもちが入っているので、よく噛んで食べて下さいね。3学期も元気に過ごしましょう!

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.