ホーム > 給食 > 2020年度給食 > 2月給食紹介

2月給食紹介

2月25日(木) 

牛乳 ごはん さばのみぞれあんかけ 豆腐ともやしのにんにくしょうゆ炒め 沢煮椀

今日は、泉佐野市の栄養士の先生たちが考えた「豆腐ともやしのにんにくしょうゆ炒め」が新メニューとして登場します。手軽な豆腐や、もやしを使い、スタミナのあるにんにくを効かせた炒め物にしました。沢煮椀は、かぶなどの野菜や、きのこ類、魚、肉の背油などの材料を使った汁物で、全ての食材を歯ざわりが良いせん切りにするのが特徴です。給食では豚肉、かぶ、白菜、しめじ、えのきだけが入っています。

 

2月24日(水) 

牛乳 ごはん 高野豆腐の煮物 塩昆布あえ

今日の塩昆布和えに使われている塩昆布は、どのようにして作られているか知っていますか?昆布を細く切ったものを水、しょうゆ、みりん、砂糖などを合わせて長い時間かけて煮詰めます。最後に塩などをまぶして完成です。塩吹き昆布と呼ばれることもあります。今日は、キャベツともやしで和えました。昆布のうま味が野菜に染みて美味しいですよ。

 

2月22日(月) 

牛乳 パン ハンバーグのバーベキューソースかけ ひじきサラダ 大根とベーコンのスープ

今日の大根とベーコンのスープに、ホールコーンが入っています。給食ではサラダに入っていたり、よく登場しますね。コーンは、とうもろこしの事で、小麦、米とともに世界三大穀物の1つです。とうもろこしを乾燥させて粉にし、主食として食べている国もたくさんあります。世界では、アメリカや中国で多く作られていて、日本では、昔お米の育ちにくかった北海道で良く作られていたので、現在では全国で作られているとうもろこしの約半分は、北海道で作られています。食物繊維やビタミンB1、ビタミンEといった栄養素が多く、体の調子を整える働きがあります。

 

2月19日(金) 

牛乳 アップルパン 白身魚フライのプロバンス風 ポトフ ラ・フランスゼリー

毎月19日は、泉佐野市の食育の日です。今月はフランス料理が登場します。ポトフは、フランスの家庭料理の1つで、肉と野菜のうま味がたっぷり味わえる煮込み料理です。白身魚のプロバンス風のプロバンスとは、フランス南部にある地方の名前です。にんにくとオリーブオイルとハーブを味付けに良く使うのが特徴です。食材として地中海に面しているので魚介類やトマトがよくつかわれています。今日の給食では、白身魚フライのタレに、にんにく、トマトケチャップ、ボイルトマトを使っています。デザートは、フランス生まれの洋梨を使ったラ・フランスゼリーです。

 

2月18日(木) 

牛乳 マーボー丼 春雨の炒め物

マーボー豆腐は、中国にある四川省の代表的な料理です。マーボー豆腐の本場、中国では唐辛子をたくさん使った辛さが特徴です。給食では、生姜や、にんにくをきかせて、赤みそ、オイスターソースなどの調味料で味付けしています。辛いのが苦手な人でも食べやすいですよ。今日の給食は、マーボー豆腐をご飯の上にのせて、マーボー丼として食べて下さいね。

 

2月17日(水) 

牛乳 ごはん さわらのてりやき 厚揚げと豚肉のキャベツ炒め かぼちゃのみそ汁

今日は、泉佐野市の栄養士の先生たちが考えた「厚揚げと豚肉のキャベツ炒め」が
新メニューとして登場します。厚揚げとキャベツでボリュームがあり、食べ応えのある炒め物にしました。かぼちゃのみそ汁には、かまぼこが入っています。皆さんは、かまぼこがどのようにして作られているか知っていますか?材料は、エソ、ハモ、スケトウダラなどといった魚です。魚の頭と内臓を取り出して、水にさらします。さらした後に脱水をして魚肉をミンチのような形にします。ミンチにした魚肉に塩などの調味料を入れて練り上げたものを成型して蒸しあげて完成です。たくさんの手間がかかって作られていますね。

 

2月16日(火) 

牛乳 ごはん すき焼き風煮 切干大根の炒め物 ミニフィッシュ

「すき焼き」は、日本人の大好きな料理の1つですね。江戸時代、農具で使う「すき」の上に、タレで漬けこんだカモや、シカや、タカなどの肉を焼いたのが、すき焼きの始まりです。牛肉を使うようになったのは明治時代になってからで、「牛なべ」と呼ばれていました。甘辛く味付けしたタレを使う関東風、さとう、しょうゆ、酒を鍋に入れて直接 味付けする関西風などがあります。今日のすき焼き風煮の牛肉は、国産の黒毛和牛のロース肉を使っていますよ。

 

2月15日(月) 

牛乳 ココアパン かぼちゃコロッケ ツナとキャベツのソテー マロニーのスープ

コロッケは、フランス料理の「クロケット」が明治時代に伝わり、コロッケと呼ばれるようになりました。食べるとカリカリと音がするので「カリカリするもの」という意味から名前がつきました。コロッケといえば、じゃがいもですが、今日のコロッケは、かぼちゃを使っています。かぼちゃの他に、たまねぎ、ほうれん草、豚肉、大根葉、小松菜が入っています。かぼちゃの甘みが美味しいコロッケです。

 

2月12日(金) 

牛乳 ハムサラダサンドパン クラムチャウダー

クラムチャウダーは、魚介類やじゃがいも、ベーコン、生クリームなどを入れて煮込んだ具だくさんスープのことです。白身魚を入れるとフィッシュチャウダー、スイートコーンを入れるとコーンチャウダー、貝を入れるとクラムチャウダーとなり、入れる具によって名前が変わります。今日はほたての貝柱が入ったクラムチャウダーです。ほたてにはカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛など、たくさんの栄養素が含まれています。ほたての栄養と、うま味が溶けていて美味しいですよ。

 

2月10日(水) 

牛乳 ごはん 鮭のちゃんちゃん焼き風 豚肉とれんこんの炒めもの かぶのすまし汁

ちゃんちゃん焼きは、鮭などの魚と、野菜を鉄板で焼いた北海道の郷土料理です。「ちゃんちゃん焼き」という名前は、「ちゃっちゃ」と作ることが出来るという意味や、ちゃん」はお父さんという意味もあり、お父さんが作るからなどの意味があります。給食では、焼いた鮭に、野菜の入ったみそをかけて食べます。豚肉とれんこんの炒め物は、泉佐野市の栄養士の先生たちが考えた新メニューです。れんこんが苦手な子が多いので、食べやすいように豚肉と炒めて甘めの味付けにしました。

 

2月9日(火) 

牛乳 ミニごはん あんかけうどん かきあげ 胡瓜と大根のさっぱりづけ

人気メニューの1つに、うどんがありますね。今日は、あんかけうどんが登場します。あんかけうどんは、でんぷんを使って汁にとろみをつけています。とろっとしていて、温かい状態が長く続くので、寒い冬にはぴったり合いますね。給食では、「ばれいしょでんぷん」を使っています。「ばれいしょ」とは、じゃがいものことで、ばれいしょでんぷんは、じゃがいもから作られています。その他にも、さつまいもやとうもろこし、タピオカ、お米から作られたでんぷんもありますよ。

 

2月8日(月) 

牛乳 パン ミートボールと野菜のトマト煮 人参しりしり

人参しりしりは、沖縄県の郷土料理です。「しりしり」とは、沖縄の方言で「せん切り」という意味です。細く切った人参と、卵を炒めて味付けしたものです。今日の給食では卵は使わず、人参とツナ、えだまめを合わせました。人参のオレンジ色とえだまめの緑色で彩りも良いですよ。

 

 

2月5日(金) 

牛乳 ミニパン イタリアンスパゲティ 海藻サラダ

イタリアでは、スパゲティなどの麺のことを「パスタ」と呼んでいます。パスタは、大きく分けるとスパゲティに代表されるロングパスタと、マカロニに代表されるショートパスタの2種類に分けられます。パスタの種類だけでも600種類あるそうです。パスタの種類だけでもたくさんありますね。それぞれのパスタの形に合うソースとからめて食べられています。今日は、ベーコン、たまねぎ、人参、ピーマン、ホールコーンを使ってトマトソースにしました。

 

2月4日(木) 

牛乳 カレーライス じゃことキャベツの野菜炒め 福神漬け ヨーグルト(ソフール)

カレーライスには、よくじゃがいもが入っています。じゃがいもは大きく分けて「男爵」と「メークイン」の2種類があります。男爵は、粘りがなく、火を加えるとホクホクしています。こふきいもやポテトサラダに向いています。メークインは粘りがあり、煮崩れしにくいので、おでんや煮物、揚げ物に向いています。今日の給食では、煮崩れしにくいメークインを使っていますよ。

 

2月3日(水) 

牛乳 ごはん 豚肉の生姜焼き 中華あえ 春雨スープ

白菜は、日本で作られている作物の中で最も大きい野菜です。種はとても小さいですが、種をまいて2~3か月で1玉30キログラムまで育つ生命力を秘めています。冬に栽培される白菜は最も生産量が多く、1玉の重さが4キログラムくらいになることもあるそうです。育った白菜は、寒い畑においたままにしておくと霜により葉が開いてしまうので農家の皆さんが育てている途中に1玉1玉、外の葉を寄せて紐で束ねています。こうすると、外側の葉が上着の役割をして甘みが増しますよ。今日は、春雨スープの中に入っています。

 

2月2日(火) 

牛乳 ごはん いわしフライ ひじきとツナの炒め物 さつま芋のみそ汁 節分豆

今年は、2月2日が節分です。節分といえば、2月3日のイメージがありませんか?必ずしも2月3日ではないそうです。2月2日の節分は、なんと124年ぶりだそうです。来年以降は4年に1回くらいは2月2日の節分になるそうです。節分は、冬の寒さや災いを追い払おうとする行事です。昔の人は鬼が病気や災いを呼び寄せると信じていました。鬼を追い払うために柊という木の枝にイワシの頭を刺して家の玄関にかざったり、「鬼は外、福は内」といって、鬼を遠ざけようとしていました。今日の給食では、いわしフライと節分豆が出ます。豆は、まかずに呼吸を整えて良くかんで食べ、体の中の鬼を滅ぼして外に追い出しましょう。

 

2月1日(月) 

牛乳 ウインナードッグ ミネストローネ

今日は人気メニューの1つの「ウインナードッグ」です。カットパンにロングウインナーと、カレーソテーのキャベツを挟んで食べますが、お店などでもよくみかけることがありますね。お店でみる時は「ホットドッグ」と呼ばれることが多いですが、ホットドッグは日本語に直すと「暑い犬」という面白い名前になります。これは、ロールパンにソーセージを挟んだ形がちょうど犬が舌を出しているような形に似ていることから名前が付いたとも言われています。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.