文字サイズ変更

メニュー

ホーム > 給食 > 2020年度給食 > 6月給食紹介

6月給食紹介

6月30日(火) 

牛乳 ごはん すき焼き風煮 じゃこと小松菜の和え物

すき焼き風煮には、つきこんにゃくが入っています。こんにゃくは、こんにゃく芋を細かくし、粉にしたものを固めて作っています。江戸時代、農民が乾燥したこんにゃく芋が、腐らないことからヒントを得て、粉にすることを思いついたといわれています。こんにゃくにはマンナンという食物繊維が入っています。マンナンは、お腹の中で膨らみ、食べすぎを予防したり、お腹の調子を整えたりします。このことから、こんにゃくは「お腹の掃除係」と呼ばれています。

 

6月29日(月) 

牛乳 パン 揚げ鶏のレモン照り焼きソースかけ 切干大根のごまサラダ もずくスープ

今日のもずくスープには、チンゲン菜が入っています。チンゲン菜は、中国から伝わった野菜です。チンゲン菜は漢字で書くと、ある色が使われています。さて何色でしょうか?1、青色 2、緑  色 3、白色 答えは1の青色です。チンゲン菜のチンが、漢字で青と書きます。茎から葉にかけて、青々としていることから、名前に青が使われています。クセが少なく、食べやすい野菜です。炒め物やスープにもよく使われていますね。

 

6月26日(金) 

牛乳 ウインナードッグ じゃがいものスープ

今日はウインナードッグです。ホットドックとも呼ばれたりもしますね。このホットドックという名前はなぜ、こう呼ばれているのでしょうか?ホットドックを日本語に直すと「暑い犬」になります。これはロールパンに、ソーセージをはさんだ形が、犬が舌を出しているような形に似ていることから、つけられたとも言われています。みなさん、想像できましたか?面白いですね。給食のウインナードックは、カットパンに、ロングウインナーとボイルキャベツをはさんで、食べてくださいね。

 

6月25日(木) 

牛乳 カレーライス カラフルソテー フルーツポンチ

今日は、人気メニューのカレーライスです。カレーライスは、もともとインドの料理で、肉や野菜をさまざまなスパイスやハーブで煮込んだものです。18世紀にインドからイギリスに伝わり、明治時代初めにイギリス料理として、日本に伝わりました。インドにカレー粉はありません。各家庭でスパイスを合わせて作っていて、家庭によって味も香りも違います。日本へ伝わった時は、スパイスやハーブはとても高級品だったので、日本の家庭でも手軽に作ることができるように、カレー粉が発売され、日本風のカレーライスが全国へ伝わりました。

 

6月24日(水) 

牛乳 ごはん 鰆の香味ソースかけ 塩昆布和え かぼちゃのみそ汁

みそは大豆と塩と麹を使って作られた調味料です。昔は各家庭ごとに作られていて、地域によって作り方も材料も違いがあります。米みそは、大豆、塩、麹、米で作るみそで、全国的に一番多く作られているみそです。麦みそは、大豆、塩、麹、麦で作ります。主に九州地方で作られています。豆みそは、大豆、塩、麹で作るみそです。主に東海地方で作られ、八丁みそとも呼ばれています。給食では、米みそを使っています。今日はかぼちゃを使ったみそ汁が登場します。かぼちゃの甘みがでたおいしいみそ汁になっていますよ。

 

6月23日(火) 

牛乳 ミニ梅ちりめんごはん 五目うどん かき揚げ きゅうりと大根のさっぱり漬け

かき揚げは、天ぷらの一つです。かき揚げという名前は「色々な具材をかきよせて、ひとまとめにして揚げる」というところからきているそうです。今日の給食のかき揚げには、どんな食材が使われているかわかりますか?さつまいも、玉ねぎ、人参、ごぼう、三度豆、ちくわ、ひじきの7種類の具材が入っています。

 

6月22日(月) 

牛乳 パン ハンバーグのきのこソースかけ 豆乳コーンスープ いちごジャム

今日は豆乳を使って作った豆乳コーンスープです。豆乳は、大豆から作られています。大豆を煮てしぼった汁が、豆乳です。豆乳は牛乳よりもカルシウムは少ないですが、ビタミンB群や鉄分といった栄養素が豊富です。豆乳に、とうもろこしの甘みが合わさり、おいしいスープになっています。

 

6月19日(金) 

牛乳 アップルパン アドボ じゃがいもさっぱりサラダ ベジタブルスープ

毎月19日は泉佐野市の食育の日です。今日はフィリピン料理が登場します。アドボはフィリピンの家庭料理です。「アドボ」という名前はスペイン語で「マリネ」や「漬け込む」という意味があるため、フィリピンでは酢で漬け込んだ肉を煮込んだ料理をアドボと呼ぶようになりました。給食では鶏肉を使い、玉ねぎと酢、砂糖、醤油、にんにく、白ワインで煮込みました。酢の酸味がさっぱりしていておいしいですよ。

 

6月18日(木) 

牛乳 和風丼 五目豆 もやしと小松菜のごま和え

大豆は「畑の肉」と言われ、肉に匹敵するほどのたんぱく質を含んでいます。たんぱく質は、英語でプロテインと言います。これは、ギリシャ語のプロテウスという、「最も大切なもの」という意味からきています。名前の通り、たんぱく質は私たちの体に欠かすことができない栄養素の一つです。そのたんぱく質が、大豆にはたくさん含まれています。これが「大豆は体に良い」と言われている理由の一つです。今日の五目豆には大豆が入っています。調理員さんが朝早くから、生の大豆を時間をかけてゆっくりじっくり、柔らかくなるように炊いて作ってくれていますよ。

 

6月17日(水) 

牛乳 ごはん とんこつラーメン ツナと海藻のサラダ

ツナと海藻のサラダには、きゅうりが入っています。きゅうりは、インドのヒマラヤ山ろくが原産地で、約3000年前から作られていました。日本には平安時代に入ってきました。日本では江戸時代頃までは甘みがうすく、苦みが強いことから、あまり好まれませんでした。今では農家さんたちの努力により、品種 改良でおいしくなっていますね。残さず、たくさん食べてくださいね。

 

6月16日(火) 

牛乳 ごはん 豚肉の生姜焼き ゆかり和え すまし汁

今日のゆかり和えに、鶏ささみが入っています。鶏肉は大きく分けて、もも肉、胸肉、手羽、内臓、骨(ガラ)です。ささみは、鶏のむねの内側にあります。豚肉や牛肉でいえば、ヒレ肉の部分です。形が「竹のささの葉」に似ていることから「ささみ」という名前がつけられました。ささみはたん白でやわらかい肉です。ゆかりの紫蘇と、ささみが良く合い、さっぱりしていておいしい和え物ですよ。

 

6月16日(火) 

牛乳 ごはん 豚肉の生姜焼き ゆかり和え すまし汁

今日のゆかり和えに、鶏ささみが入っています。鶏肉は大きく分けて、もも肉、胸肉、手羽、内臓、骨(ガラ)です。ささみは、鶏のむねの内側にあります。豚肉や牛肉でいえば、ヒレ肉の部分です。形が「竹のささの葉」に似ていることから「ささみ」という名前がつけられました。ささみはたん白でやわらかい肉です。ゆかりの紫蘇と、ささみが良く合い、さっぱりしていておいしい和え物ですよ。

 

6月15日(月) 

牛乳 ハムサラダサンドパン フライドポテト 鶏肉と小松菜のスープ

給食でよく使う野菜の一つに、じゃがいもがあります。みなさんも家でよく食べている野菜ですね。他の国では、主食として食べられている国もあります。フランスでは、じゃがいものことを「大地のりんご」と呼んでいるそうです。なぜそう呼ばれているのでしょうか?これは、じゃがいもが果物のように、ビタミンCやカリウムといった栄養素を、多く含んでいるからです。ビタミンCは、熱に弱い栄養素ですが、じゃがいもに含まれているでんぷんが、熱から守ってくれるので、じゃがいもは加熱しても栄養素が壊れにくいのです。今日は、みなさんのリクエストの多かった献立の一つである、フライドポテトが登場します。

 

6月12日(金) 

牛乳 パン ミートボールシチュー ウインナーとコーンのソテー

給食には牛 乳が毎日つきます。牛 乳にはみなさんが大きくなるために必要な、カルシウムという栄養素がたくさん含まれています。骨や歯を丈夫にするだけでなく、気持ちを安定させる効果もあります。カルシウムを多く含む食品は牛 乳の他に、チーズやヨーグルトといった乳製品、ちりめんじゃこなどの小魚、そして昆布、ひじき、わかめなどの海藻類や、小松菜、チンゲン菜などの野菜類など、いろいろな食品に含まれています。どの食品も、給食によく登場していますね。今、みなさんは成長期で、骨がぐんぐん伸びている時期です。カルシウムを多く含む食品を食べることも大事ですが、体へ取り込むためには、外でしっかり遊んだり、睡眠をたっぷりとることも大切なことです。規則正しい生活も心がけて下さいね。

 

6月11日(木) 

牛乳 ごはん 鯖のぽん酢かけ 豚汁

鯖は青魚と呼ばれ、鮪や秋刀魚、鰯などと同じ仲間です。青魚とは、背が青い魚のことを呼びます。青魚に含まれている脂は、血液をサラサラにして、流れをよくしてくれます。みなさんは「さばを読む」という言葉を知っていますか?この言葉は、数をごまかしたりする意味です。鯖は、傷みやすい魚なので、昔、鯖を数える時、急いで数えていました。急いで数えているので、数をごまかすことが多かったことから「さばを読む」という言葉が生まれたそうです。

 

 

6月10日(水) 

牛乳 中華丼 春巻き

みなさん、給食の前には、手を石けんできれいに洗いましょう。食事中は、おしゃべりは控えめにして、食べることに集中しましょう。今日から1年生の給食が始まりましたね。1年生のみなさんは、上手に配膳できましたか?苦手な食べ物が給食にでることがあるかもしれませんが、少しでもいいので食べてみてくださいね。友達と一緒なら、食べられるようになるかもしれません。今日の給食には、春巻きが登場します。春巻きは、中華料理の点心の一つです。点心は中国で間食、軽食として食べます。もともとは春が始まる立春の頃に、新芽が出た野菜を具にして作られたことから、春巻きと名前がつきました。今では包む具を工夫した様々な春巻きが売られています。ご飯のおかずや、おやつとして食べられる春巻きなど、色々なものがあります。

 

6月9日 

牛乳 ごはん 豆腐ハンバーグの和風あんかけ 野菜たっぷりすまし汁

 みなさん、給食の前には、手を石けんできれいに洗いましょう。食事中は、おしゃべりは控えめにして、食べることに集中しましょう。今日から1年生の給食が始まりましたね。1年生のみなさんは、上手に配膳できましたか?苦手な食べ物が給食にでることがあるかもしれませんが、少しでもいいので食べてみてくださいね。友達と一緒なら、食べられるようになるかもしれませんよ。今日は、豆腐ハンバーグの和風あんかけです。豆腐は大豆から作られています。大豆そのものより、豆腐の方が消化が良いのが魅力です。大豆には、みなさんの体をつくるもとになるたんぱく質や、骨や歯を丈夫にしてくれるカルシウム、貧血を予防してくれる鉄分が多く含まれていますよ。

 

6月8日(月) 

牛乳 パン たこ焼き ウインナーと豆のトマト煮込み

みなさん、給食の前には、手を石けんできれいに洗いましょう。食事中は、おしゃべりは控えめにして、食べることに集中しましょう。今日は人気メニューの一つである、たこ焼きが登場します。たこ焼きにはソースがかかっていますね。給食のソースには、青さのりを入れています。青さのりは海藻で、きれいな緑色をしています。青さのりの呼び方は、地域ごとで異なり、鹿児島県では「オサ」、沖縄県では「アーサー」と呼ばれているそうです。栄養も豊富で、皮ふや粘膜の健康維持に役立つビタミンB6や、貧血を予防してくれる葉酸やビタミンB12が含まれています。

 

 

6月5日(金) 

牛乳 ミニパン 塩焼きそば 鶏ささみの和え物

みなさん、給食の前には、手を石けんできれいに洗いましょう。食事中は、おしゃべりは控えめにして、食べることに集中しましょう。今日の焼きそばは、塩だれで味付けした塩焼きそばです。給食ではソースで味付けした焼きそばや、カットパンに挟んで食べる、焼きそばパンとしても登場します。焼きそばのアレンジ料理に、お好み焼きに入れたり、焼きそばを卵でくるんだオムそばなどの料理もあります。地域の名前がついたご当地焼きそばも多くあります。味付けや具を工夫して、地域の名物になっています。有名なものでは、ちょっと多めのソースで柔らかく仕上げている秋田県横手市の横手焼きそば、焼きそばをきざんでご飯と炒めた、兵庫県神戸市のそば飯などあります。

 

6月4日(木) 

牛乳 菜飯 鰹のカレー竜田揚げ 具だくさんみそ汁

みなさん、給食の前には、手を石けんできれいに洗いましょう。食事中は、おしゃべりは控えめにして、食べることに集中しましょう。今日はかみかみ献立です。かみかみ献立は、しっかり噛むことを意識して、食べてもらいたい献立を取り入れています。具だくさんみそ汁には、ごぼうが入っています。ごぼうには、食物繊維がたくさん含まれています。食物繊維には、お腹の調子を整えて、便秘を防ぐ働きがあります。食物繊維を多く含む野菜は、少し固いので、自然と噛む回数が多くなります。よく噛んで食べると、脳の働きが良くなったり、唾液が増え、虫歯の予防になったりと、良いことがたくさんあります。しっかり噛んで食事をしましょう。

 

6月3日(水) 

牛乳 ごはん 肉じゃが きゅうりとわかめの酢の物

みなさん、給食の前には、手を石けんできれいに洗いましょう。食事中は、おしゃべりは控えめにして、食べることに集中しましょう。給食でよく使う野菜の一つに、玉ねぎがあります。玉ねぎは和食、洋食、中華など、さまざまな料理に使われていますね。今日の肉じゃがにもたくさんの玉ねぎを使っています。玉ねぎは生では独特の香りと苦味がありますが、加熱することにより、やわらかくなり甘味がでるのが特徴です。玉ねぎは疲れをとったり、血液をサラサラにする効果があります。そして、今日のじゃがいもは、泉佐野市で収穫したものです。みなさんの知っている農家さんかもしれませんよ。今が旬の、玉ねぎとじゃがいもを使った肉じゃがです。たくさん食べてくださいね。

 

Copyright (C)泉佐野市立北中小学校 All Rights Reserved.