ホーム > 2019年度 > 1年生 食育指導

1年生 食育指導

6月17日(月)1年生は、小学校給食センターから栄養士さんをお招きして、給食センターでは安全でおいしい給食を作っていることをお話していただきました。

小学校給食センターでは、毎日、市内の小学校児童など5,500人分の給食を作っていると聞き、そんなにたくさん作っているんだ!と みんなびっくりでした。

コンビナートの一角にある給食センターは大きな建物でした。運搬車のコックベアーも写っていました。

まずは、調理についてのお話でした。食材は一つひとつ点検して合格したものだけを使います。

キャベツは、芯のかたい部分を取り除き、1枚ずつ手ではがしてきれいに洗います。

大きな機械の中で、手前から、順番に3回きれいに洗います。

大きなお鍋で調理します。

具材を混ぜる機械や焼く機械などたくさん大きな機械がありました。

調理の話のあとは、みんなの配膳時の服装(エプロン、帽子、マスク)のお話でした。

帽子はなぜかぶるの?3択で手をあげました。

正解は、エプロンは制服についたほこり、帽子は髪の毛、マスクはつばなどが入らないようにするためでした。

最後のお話は、給食が食べられるようになるまでにはたくさんの食材を作っている農家の人や漁師さん、調理してくれる人、運んでくれる人、配ぜんするみんななどたくさんの人が関わっていること。

そしてなにより、食べるということは、たくさんの「動物や植物の命をいただいている」というお話でした。感謝していただきましょう。

Copyright (C)泉佐野市立日新小学校 All Rights Reserved.