ホーム > 大木小の日々 > 平成30年度 > 5月29日(火) たてわり班活動

5月29日(火) たてわり班活動

大木たんけんに向けて、たてわり班活動がスタートしました。たてわり班というのは、異学年のお友だちで構成されたグループです。ハリーポッターでいうと、グリフィンドールとかスリザリンという名前がついているグループとおんなじです。

この授業で黒板の前に立つのは、6年生のみなさんです。

先生方も、児童用の机からサポートをします。

6年生のみなさんも、下級生のみなさんの声を聞こうと必死です。

このたてわり班活動が、本校で最も子どもたちの選択の幅が大きい発展学習として位置づけられています。

日頃、教科や領域で学んだ学習の成果を発揮する機会でもあるのです。

豊かな自然、豊かな人間性に加え、豊かな学びが大木小学校の特徴の一つです。

他の学校でも取り組んでいる、教科領域の学習のほかに問題解決的な学習・発展学習と3つの学びが大木小学校にはあります。この学習が、子どもたちの多様な進路を実現しています。

Copyright (C)泉佐野市立大木小学校 All Rights Reserved.