ホーム > 学校紹介 > 学校の様子

学校の様子

 

(1)学校の歴史 

本校は、明治8年3月6日、大木、土丸2ヶ村が連合して学校を設立、火走神社を借り受け開校された。明治14年10月、通学の山路険難のため、土丸村と分離、それぞれ一校を設立することになり、本校は大木村の学校となった。昭和32年4月、校舎老朽のため改築の必要に迫られるに当り、この位置では校地が余りにも狭い等の理由で、現在の地に移して、現在の位置に旧校舎が建てられた。平成13年3月、新校舎が完成。
本校の詳しい歴史は次に記載しているリンク先をご覧ください。 

(2)小規模校と豊かな自然環境を活かした教育活動 

本校では、小規模校の特性を活かした異年齢集団活動に取り組んでいる。四月当初に縦割りの班を作成し、清掃活動をはじめ、さまざまな場面で縦割り活動を実施している。学習活動においても、1学期の「ワラビ採り」を始め、地域の自然や歴史遺跡等を探索する全校FW活動、2学期の「大木まつり」、3学期の「学芸会」等、子どもたちが主体的、協力的に活動する場を多く計画し、実施している。これらの活動の中で教師と児童、異年齢の子ども同士のふれあいが深まり、一人一人の児童を多くの教職員が見守ることができている。 

大木小学校の教育研究 

2018年度から、大木小学校では「子どものえがお」を合言葉に「子どもにとって魅力的な学校づくり授業づくり」に取り組んでいます。

必修教科等の学習と発展学習を問題解決的な学習で有機的につなぐ大木小カリキュラムの創出を実現します。

この新しいカリキュラムで学ぶことにより、様々な進路の実現をめざします。

+α(プラス アルファ) 大木小学校に新たな魅力が加わります。

 

(3)児童数 

 

児童数(平成30年5月現在)

学年

1年

2年

3年

4年

5年

6年

合計

児童数

14

51

 

 

(4)木造校舎 

校舎内
校舎内
校舎内
校舎内
校舎内
校舎内
校舎内
校舎内

Copyright (C)泉佐野市立大木小学校 All Rights Reserved.