ホーム > 大木小学校へ転入学を検討されているみなさまへ > 小規模特認制度を活用している子どもの様子

小規模特認制度を活用している子どもの様子

春の校舎

小規模特認校制度(泉佐野市内から一定条件のもと大木小学校に転入学できる制度)による大木小学校への転入学が平成20年度4月より始まりました令和元年10月現在、1年生6名、2年生7名、3年13名、4年生7名、5年生7名 6年生5名の特認児童(ひまわり)が地元外から通っています。今年も「サマースクール」、「学校見学・説明会」を実施しますので、大木小学校の教育活動や大木地区の様子を体感していただければと思います。

 日程(予定)

  • 「学校見学・説明会」→令和元年10月19日(土曜日)

 小規模特認校制度によって本校に転入学された児童や保護者にもできるだけ 参加していただく予定ですので、直接、「大木小学校に転入学した感想」をお聞きいただけるものと考えております。

くわしくは、大木小学校(072-459-7344)まで連絡ください。

 

通学の様子

登校(車)

通学の様子・・・保護者が車で学校まで送り届けています

登校(車)

登校は、車で、帰りバス利用の児童もいます。

近くの保護者で1週間交代で 乗り合わせてこられる家庭もあります。

バス見守り迎え

令和元年度より、通学バスが運行されるようになりました。

バス見守り迎え

登校する時と下校する時 通学バスを利用します。

バス見守り迎え
バス見守り迎え

放課後見守り活動

ひまわり(特認児童・保護者)からの「放課後すぐに家に帰るのではなく、運動場で友だちと遊んで帰りたい。」という声を聞き、地元のボランティアの方が協力して「放課後見守り活動」を21年4月から始めてくれました。運動場のすぐ隣りにある町内会館で私服に着替え、宿題を済ませた後、運動場へ遊びに出ます。

大木小学校の運動場は、放課後、地域の児童公園に変身。地元児童と下校時刻まで仲良く遊ぶ姿が見られます。

平成23年度からは、「放課後見守りクラブ」と名称を変え、地元のボランティアの方とPTA保護者の皆様の中からもボランティアしていただける方で子どもたちの放課後を見守っています。

 

放課後見守り
放課後見守り
放課後見守り
放課後見守り活動
放課後見守り

Copyright (C)泉佐野市立大木小学校 All Rights Reserved.