ホーム > 佐野中学校での日々 > 4月の日々

4月の日々

青少年指導員さんたちが作成してくれたポスターです。つらい日々を送るみんなへの熱いメッセージが込められています。

4月30日(木) : 4月最後の日・・・

ピカピカに磨き上げてくれました。

今日の正門付近の様子・・・

今日も静かな正門付近・・・

5月向けの掲示板に変更・・・

給食配膳室前の中庭です。きれいに雑草を処理してくれたおかげで、青々とまるで芝生を敷いたかのような状態になっています。暖かくもなり、外で活動しやすい気候になっていますが、現状がそれを許さない・・・。本当に厳しくなっています。でも、今は何より、みんなひとり一人の健康・命を守り切ること・・・。意識一つに新型コロナウイルス感染症の終息に向け、立ち向かっていきましょう!がんばれ!

これだけ長く休校期間が続くと、ゴールデンウィークが例年ように待ちに待ったものと感じられない・・・ただ単に続く休校期間の延長と捉えてしまいますね。これは仕方ないことだとは思いますが、もったいない話です。せっかくのゴールデンウィーク・ステイホームなら、何か違った刺激を受ける・・・本を読む「読書週間」にしてみてはいかがでしょうか・・・。今は、何も自分の頭で考えなくても、すぐに答え?が見つかり、それが自分の力だと錯覚してしまう時代・・・。「考える」・・・という習慣が、ここ20年で間違いなく激減しています。単語・言葉は知っている・・・この量は以前と違ってずいぶん増えているとは思いますが、単に知っているだけで、自分の力で勝ち取るといった作業、ひねり出してくるといった苦労なしでは、単なる知識であって、それを活かすだけの知恵には決してなっていません。それらすべての基本となる力は、言葉を知る・・・、単語の意味を自分のものとすることから始まります。また読書は、他人の考えを知る、考え方を知る、物事の見方を学ぶ・・・要は、他人の頭を借りる中で初めて見えてくるもの・・・発見につながります。いろんな目線で物事を考えることができるようになります。これらが自分を大きく変えるきっかけになる場合が非常に多いと感じます。ふさぎ込んでしまうばかりでは、本当にもったいない時間・・・。是非とも、自分の成長のためにも、読書に時間を割いてみてはどうでしょう。少しでも、有意義なゴールデンウィークにしてください。

4月29日(水):昭和の日

今日も朝から、中庭・部室棟前の草刈りを、校長先生が黙々としてくれていました。学校再開を願い、準備してくれていることに感謝ですね。

 

みんながみんな苦しくつらい日々を送っている中なので、理解できないことではないですが、この状況下だからこそ、相手を思いやる、あたたかい言葉がけを意識したいものですね。「新型コロナウイルス」・・・と言う、見えないものに対しての、恐怖や不安は誰もが持っています。正直、恐ろしいです。でも、こんな時だからこそ、同じ見えないもの・・・相手の心、周囲の人の気持ちを、しっかり考えてみることも、とても大事になってくると思います。言葉を発する前に、しっかりそれらの裏にある、見えない事情を、まずは考えてみる・・・わからなければ知ろうとする努力・・・これが何より大事になってくるのではないでしょうか。

  言葉は空気・・・

 

「言葉」・・・は人間社会を埋め尽くすくらい存在しています。そう考えると、「言葉」は人間にとって、自然界に存在している「空気」と一緒だと思います。人間の体にとって、自然いっぱいの中で育まれた「空気」を吸い込むと、間違いなく元気になってきます。体だけでなく、心までも健康になってくるはずです。そう考えると、本当に「言葉」・「言葉がけ」には、相当な配慮がいることがわかりますね。良くない言葉・配慮のない言葉を耳で聞き、心で聴き続けてしまうと、まず「心」が病んでくる・・・不健康な状態になってしまう・・・。心が病んでしまうと、必ず体の健康も損ねてしまうことに・・・。

だから、今、この状況下だからこそ、お互い言葉に注意しませんか・・・。「ありがとう」・・・と素直に発することができる、気持ちを意識しませんか。この感染症と最前線の現場で、日々がんばってくれている人たちのことを考えるたびに、そんなことを考え、今自分は何ができるのか?を考えてしまいます。

 

昭和の日に考える・・・

  興味深い短歌があったので紹介しておきます。

 

  「しばらくは、離れて暮らす 『コ』 『ロ』『ナ』 ・・・。

            つぎ逢ふ時は、『君』といふに・・・。」

 

      どう感じますか?

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、外出を控えるなど、会いたい人に会うことが難しい状況が続いています。みんなも、休校が続く中、同じ気持ちではないですか?少しでも早く終息してほしい・・・と願う気持ちが読み取れます。「コロナ」の3文字が、重なると「君」という字に・・・。「真っ先に大切に思う人に会いに行きたい・・・」という強い思いを、「君」という字に重ね合わせています。何か心に響くものがありますね。そんな切なる思いを、ひとり一人が心に持ち、今を過ごしている。その気持ちに応えていくには、本当に「力を合わせる!」・「団結!」しかありません。今、起きている様々な状況から目を背けず、情報を取り入れ、考え、見えないものを心で捉え、行動に移す努力をしてほしい!まさに「考動」です。がんばりましょう!

 

4月28日(火)

今日も朝から作業開始・・・。クラブで不要になった道具の解体作業をしてくれていました。

解体した、少し大きな部品を小さくして捨てやすいようにしてくれています。

クラブで使用しているゼッケンを洗濯し、廊下の風通しの良いところに、干してくれていました。

3階理科室前廊下の掃除をしてくれていました。

 

今までの掲示物を貼っていたテープ跡を、きれいに剥がしてくれていました。本当に奇麗になるものなんですね。

2階では、掲示板に飾り付けを5月用に変えてくれていました。

この掲示物を見て・・・みんなの姿がないことによって、季節感がなく、もう5月なんだと改めて認識できました。暖かくなり、これからが活動的な季節なのに、制限される苦しさを強く感じます。中学生期のみんなにとっては、つらく苦しい限りでしょうね。でも、ここまでくれば、日常が、如何に有難いことなのかに気づくことができる、良い機会にしなければ意味がありません。学校再開された時、今までと違った自分に成長するためにも・・・。そのためには、昨日も載せましたが、規則正しい生活を、まずは維持すること!・・・その中で、見えてくるもの・・・気づけることがきっとあるはずです。いろいろ意見はあるでしょうが、まずは今!可能な範囲で頑張てみましょう。ただ、何より大切なのは、「健康」・みんなの「命」です。よく考えた行動をしてください。「考動!・・・」 がんばれ!

4月27日(月)

今日も朝から、学年職員室(トライ)の清掃をしてくれています。

朝から、ペンキ塗り・・・仕上げに入っています。

今度は、外側の窓枠にまで掃除が及んでいます。

2階廊下から外の窓枠まで丁寧に掃除してくれています。

 

これは、3階廊下の窓枠を丁寧に磨いてくれています。

みんなに「団結!」を呼びかける、垂れ幕が校舎に吊るされました。本当にがんばらなくてはいけませんね!

職員室内では、先生方もこの初めての事態に試行錯誤を繰り返しています。学校が少しでも早く再開することを願い、今ある資源の中で、日々できる限りのことを3密に気を配りながら取り組んでいます。みんなも今ある資源の中で、今できることを「コツコツ」と粘り強く取り組んでください。

いろんな情報が入ってきます。休校が続く中、生活習慣が乱れ、夜遅くまで起き、昼過ぎまで寝ているなど・・・。本当に大丈夫ですか?中には、深夜徘徊し、迷惑行為を指導されたなど・・・。それこそ、無駄な時間のつかい方だと気づきませんか?日常が戻ってきたとき、自分が、今までの自分と離れてしまい、取り戻せなくなってしまうと心配はないんでしょうか?将来の自分は、今現在の自分が創り上げていくんですよ。すべて、今が勝負!とにかく規則正しい生活を徹底して守ってください。大事なのは「考動」・・・です。

今日も、午後から技術科の教材準備を見学に行きました。この時間を、決して無駄なものとしない姿勢に、頭が下がります。

 

1年生駐輪場から、武道場を臨む・・・

3年生駐輪場・・・寂しい状態が伝わりますね・・・。

大事なのは、一人ひとり考えた、行動!・・・「考動」ですね。結局はすべて、自分なんだと思います。

4月25日(土)

4月25日(土)・・・朝から、校長先生が中庭で、授業再開の準備として、雑草を刈ってくれていました。汗だくでしたよ!

昨日、2階職員室前をカラスが飛び回っているのを、先生たちが発見・・・。どこから入って来たのかわかりませんが、なかなかの迫力でした。無事、扉を開け、逃がしてくれていました。普段の学校ではあり得ませんね。それくらいみんなのいない学校は、静まり返っています。

 

4月24日(金)

日々つらく苦しい状況が続きますが、こんな時だからこそ・・・心がけたいですね・・・。

今日も朝から、手洗い場の掃除をしてくれています。

こんなにきれいになるものなんだと感心しています!

今日も教室整備!

どこまできれいになるのでしょうか?

掲示板の細かい汚れにまで気を配ってくれています!

1年生の先生方は、朝から教材配布のため、家庭訪問してくれています。教材配布も、もちろん大きな目的ですが、何よりも心配なのは、入学式だけの登校で、自宅待機を続けている1年生みんなの心を心配しての計画です。いろんな考えの人もいるのでしょうが、教師としての基本となる姿勢を見たように感じました。

3年生の廊下に、大きな掲示板をつけるため、大掛かりな作業をしてくれています。「学校再開の際、活用できるように!」と、がんばってくれていました。

協力して作業してくれています。慣れない作業ですが、先生方の笑顔が印象に残りました。

新しく赴任してくれた、ALTのヤングさんも毎日、校内を掃除してくれています。その姿勢に、頭が下がります。

プールの方から校舎を臨む・・・

今日の正面玄関付近です。誰もいない学校は、本当にさびしいです。この玄関が、生徒みんなであふれ、にぎやかな・・・「ちょっとうるさい!」くらいの学校に、早く戻って欲しいです。これだけ長く休校期間が続くと、改めて感じることがあります。それは、学校は、生徒と教師・・・その支えとして保護者の方々の理解と協力の上に成り立っているのだということです。

学力をつけていくことは大切です。ただ、中学生期において、学校という特有な場所で経験することからしか、体得できない力(社会性)や、その中で育まれる人間としての力(人間性)を土台として、共につけていくべきものが「本当の学力」だと、育む側の大人として、信じていかなければいけないと思っています。

不安を煽り立てるような情報が飛び交い、今、何が大切なのかを、見失われているように感じます。間違いなく、何より大切なのは、みんなの「健康」・「命」です。これに勝るものは絶対ありません。本日の家庭訪問に関しても、いろんな意見があることは、十分理解しています。ただ、入学式だけの登校で、誰よりも不安な中、生活しているだろう「新1年生」の心を心配する上での、全職員の判断だと理解していただければ有り難いです。

 

4月23日(木)

今日も教室整備は続きます。

仕上がりが楽しみです!

1年生の先生たちは、明日実施予定の家庭訪問・教材配布について・・・学校が再開された後の、取り組み内容について会議をしています。

技術科の作品サンプルが完成しました。写真で伝わりにくいとは思いますが、素晴らしい仕上がりで、感動しました。

体育館側・校門

静まり返った1階廊下・・・

なたの望みは、っといつか叶えれるから・・・。何事にもげない強い心で、こんんに立ち向かってこう!・・・「あ・き・ら・め・な・い」

今、誰もが確認したい言葉ですね・・・。でも、これだけ長期間続くと、弱気になって、めげてしまうのも理解できます。ただ、よく考えてみると・・・

「困難」=「難が有る」=「難有」・・・この「難有」に対して、耐え忍び、手を加え、逆転、ひっくり返せば「有難」・・・「有り難い」ということ・・・。これだけの国難ともいえる状況は、残念なこと・・・経験する必要のないことだと思います。ともにこの時代に生きる者として、十分理解できます。でも、この状況になってしまった今・・・この困難、逆境を活かして、自分自身を鍛え、磨き上げようと思えるか?思えないか?・・・で、平常を取り戻した後、「人間としての大きな差・・・」が、生まれてしまうように思えてなりません。今、何を考えるかどうかが勝負です!

まずは何より「健康」・「命」が大事!・・・これを最優先に考えながら、今できることを根気よくやり続けましょう!  がんばれ!!

学校現場も、今まで経験のしたことのない状況に、戸惑いながら、試行錯誤を繰り返しています。学校が少しでも早く再開できることを願い、いろいろ準備しています。早くみんなの笑顔あふれる学校にもどれるように、みんなも感染予防と体調維持に努めてください。がんばれ!

 

4月22日(水)

先生たちも、準備に余念がありません!

校務員さんも、常に学校内をきれいにしてくれています。みんなをいつでも受け入れることができるように準備してくれています。

職員室内でも、3密に気をつけてがんばっています。

 

美術室の棚も、今日、2度塗り開始です。本当に頭が下がります。

技術室では・・・今日も教材の準備に時間をかけてくれています。

技術科の作品サンプルの完成です。どのように作成するのでしょうか?

こんなに天気がいいのにね。みんながいないのは、寂しい限りです・・・。

 ピンチをチャンスに!

 

休校期間も2か月を迎えようとしています。みなさん元気にしているでしょうか?宿題、課題は進んでいますか?家での過ごし方も工夫決断しだい!いろいろ考え、何が大事で、無駄なものは何か?を常に考え判断すれば、必ず有意義な時間が増えてくるはずです。がんばってください。

感染症拡大予防対策も、正しく恐れ、正しく予防すれば十分対応できます。恐怖ばかりになると、不安ばかりが大きくなりますが、正しく理解し、行動選択すれば大丈夫。ピンチをチャンスに!・・・がんばりましょう!

 

4月17日(金)

佐野中学校のみなさんへ

 誰もが経験したことのない状況になっています。先生たちも何かできることがないか?と、常に考えていますが、この自然の猛威の中での無力さを強く感じています。ただ、どんな状況下であっても、大事なのは、みんなの「健康」、「命」・・・これに勝るものはありません。まだ、この状況が続きますが、今何ができるのかを、しっかりと考え、行動選択し、少しでも有意義な時間としてください。「自分を育て、鍛えるのは自分!」・・・がんばってください。

 

1年生のみなさんへ

 4月13日、14日と家庭訪問させていただき、学習課題を配布させていただきました。小学校の基本問題が中心だったので、すぐ終わった人も多かったのではないでしょうか。来週24日(金)に、もう一度家庭訪問させていただき、今度は中学校での授業がスタートするまでに、理解しておいてほしい小学校の内容の学習課題を配布させていただきます。先の見えない、不安な時間が続きますが、すべて自分のため!・・・がんばってください。

 

4月13日(月)

2・3年生の保護者のみなさまへ

 本日は、天候の大変悪い中、教科書・学習課題の受け取りに来ていただきありがとうございました。本日来られていない保護者の方は、引き続き明日(14日)、明後日(15日)と同じ時間帯で、体育館で実施しますので、お越しください。お仕事等で、時間の都合がつきにくい場合は、ご連絡ください。この状況下、この対応がすべてではありませんが、今、子どもたちにとって何にができるのか?と考える中で可能な限りの対応です。ご理解いただければ幸いです。

 

1年生の保護者のみなさまへ

 本日は、第一小学校区、末広小学校区を中心に家庭訪問し、配布物・学習課題等を配布させていただきました。引き続き明日も、第二小学校区、第三小学校区を中心に家庭訪問させていただきます。在宅されている場合は、可能な限りご対応ください。不在の場合は、ポスト等に入れておきます。ご確認ください。

  

 

Copyright (C)泉佐野市立佐野中学校 All Rights Reserved.