ホーム > 佐野中学校での日々 > 6月の日々

6月の日々

6月15日(月):いよいよ・・・やっと・・・学校全面再開!いそがしい日々が続くと思いますが、佐野中の力を結集して、乗り切っていきましょう!

6月30日(火)…6月最終日

この蒸し暑い、雨の中でも季節を感じてアサガオがきれいな花を咲かせています。天気が続き、少し慣れもあって何気なく過ごしてきた昨日までと違い、雨に打たれて沈みがちな人間の感覚に元気を与えてくれるような姿に感動してしまいました。

玄関のプランターに育つ「ベゴニア」です。春先はそんなに目立つ存在ではなかったのですが、梅雨のこの時期になって存在感を出してきました。きれいなピンク、赤色の花がとてもきれいに咲き誇っています。一度立ち止まって観るのもいいかと思いますよ。

昨日の生徒会立候補者の演説会の素晴らしい出来に対して、学年の先生としての気持ちが綴られています。それだけ大きなものを残した演説会でした。これからの佐野中の成長が期待できますね。

毎朝メッセージを考え綴り続けてくれています。朝早く登校している生徒に聞いてみても、毎朝読んでいます・・・と嬉しそうな表情をしていました。少しずつですが、何か心に残る、少しずつ変化成長の手助けができれば、この取り組みは成功だと思います。

3年生の進路指導室の前には、進学先になるだろう高等学校を中心としたポスターが次から次へと掲示されています。この写真の状況です。避けては通れない道でもあります。何がいいとか悪いとかはありません・・・。しっかりと考えていくことが何より大事・・・。そんな胸の内をお互い話しあえる集団に更になっていくといいですね・・・。がんばれ!

佐野中では、毎年どの学年でも担任の先生の似顔絵コンテスト・・・を実施しています。今年も、もうすでに2年生が実施していましたが、1年生の作品が掲示されていましたので、一部紹介したいと思います。毎年ながら力作が揃い、頭に記憶として残る作品が何点かあります。

  <四季の自然と共に・・・>

 

      今日で6月(水無月)も終わり・・・

    

       学校全面再開から半月・・・ようやく学校生活も日常に戻りつつあります・・・

      

       季節は梅雨後半を迎え、雨に濡れた木々の葉が

       

     水滴とのコラボレーションからの見事な美しさを見せています

1年1組担任の鈴木先生の似顔絵です・・・。あまりのイケメンイラストに驚きはしましたが、でもやっぱり「鈴木先生」なんですよね。よく似ています。素晴らしい作品です。

このイラストは、説明のいらないほどの作品だと思いました。木下先生・・・。さすが木下先生のクラスから出た作品と感じます。メガネの奥の優しい目が印象に残る作品です。

今朝、8時前から本格的な雨が降ってきました。それまでに登校した生徒はそんなに雨にぬれずに済んだのですが、8時を回っての登校してきた生徒は大変だったと思います。そんな中でも、校舎内の迎え入れ、検温、健康観察に人数を取られるため、交通安全の指導をしてくれる先生の人数が足りません。今日は中野先生が一人、雨に濡れながらやってくれていました。感謝!

びしょぬれで入ってくる生徒も多く、廊下がこの写真のようにびしょびしょです。ぬれると大変すべり、少しでもましになるようにがんばってモップがけしてくれていました。ぬれるとかなりすべり、少しでも走るとこけてしまいそうに・・・。見えないところですが・・・感謝ですね。

3年生の学年集会の様子です。昨日の生徒会役員立候補者演説会の感想を熱く語っておられました。それくらい想像を超えた、成果を感じた演説会になりました。昨日の選挙結果速報が校内放送で行われた時も、いろんなところで拍手が出ていました。

これは、学校全面再開して半月が経ち、だんだん感覚は取り戻しながらも苦しんでいるだろう、みんなに対して・・・。同じように、苦しみに耐え、がんばっている生徒みんなを支え、常に寄り添って踏ん張ってくれている先生方に対して贈りたい言葉です。お互いに耐え忍びがんばっていきましょう!

今日は朝から雨が降り続き、午前中10時頃から強風が吹き荒れました。安定しない天気で、元気な中学生にとっては、校舎に閉じ込められる感じがして、そこらかしこで大きな声を出したり、廊下を走り回ったり・・・いろんな場所で立ち番もし、安全確保にに最大限力を入れてはいますが、正直大変でした。これが現状・・・でも力を抜かずにがんばっていきたいと考えています。ケガ人を出したり、事故は起こしてはいけませんが、この環境で何が起きても不思議でないくらいの状況は佐野中学校だけでなく、あらゆる学校で課題となっていることだと思います。また、この状況下、感染拡大防止にも力を入れなければならなくもなり、朝、始業前や、休み時間、昼休憩など教師の手が全く足りない状態にもなっています。職員室には、一人二人の先生が電話番をしているくらい・・・。給食も食べる時間すらなく、食べずに・・・気づけば夕方になっている先生も多くいるのが現状・・・。よくその状況でも、先生方は動いてくれていると感心しています。その辛さを感じながらも、耐えて動き続けてくれているのは各先生方の使命感に頼るところが大きく、その精神力には頭が下がりますが、我慢して動くのにも限度があります。それが事実です。

昨日の選挙に関係する取り組みは本当に素晴らしいものでした。今までにもないくらいの雰囲気で学校が変わろうとしています。ただ、上に述べたような中学校ならではの難しい現状があることも事実・・・。その中でも力を抜かずにがんばっていきたいと思います。これからも、ご理解ご協力をお願いします。

6月29日(月)

朝一番の3年生の下足箱の様子です。誰かによって整えられている・・・。これを想像してほしいと強く望みます。

もう2020年も半分が過ぎようとしているんですね。この休校期間が長すぎたためそれだけの時間が過ぎたイメージが全くありませんでした。改めて時間を大切にしなければ・・・と思いました。

3年6組のモーニングメッセージです。毎日これだけの内容を伝えようとしてくれている、担任の先生の思いを考えると何か心に込み上げてくるものがありますよね・・・。有り難いことだと思わなければ・・・。

モーニングメッセージを書き上げてくれている担任の先生の様子です。毎朝何を伝えようかと考え記してくれています。そんな姿が心に浮かべば、成長の第一歩だと思います。感謝!

吹奏楽部の朝練の様子です。学校中に吹奏楽部が奏でる楽器の音が響き渡ると、本来の形に学校が近づいている感じがしました。いろんな制限がある中ですが、特に3年生のみんなは、最後までやり切って欲しいと願うばかりです。

各パートに分かれて、密を避けての練習が続きます。朝早くからではありますが、何か心に秘めた、目標を持った集団・・・という雰囲気が伝わってきます。暑くもなり体への負担は大きくなるばかりですが、将来の自分のためでもあります。がんばってください。

 1年生が玄関に「一年間の目標」を貼り出していました・・・

 

ようやくここまで漕ぎつけた・・・それが本心ではないでしょうか・・・

     

     入学し中学生になって中々辿り着くことが出来なかった場所・・・

            

        今日からクラブ体験が始まります

 

    初めから全力で・・・は難しいとは思いますが、今までの思いを存分にぶつけてください!

今日の登校の様子です。暑い中ですが、元気よく登校していました。今日は前期生徒会役員選挙立候補者演説会と投票です。とても大切な日を迎えました。

まずは選挙管理委員の委員長、副委員長からの説明を受けて、学校内で集中して演説会、投票が実施されたと思います。大きなボリュームの放送となり、学校周辺の方々には迷惑をかけてしまったかも・・・と心配していると、近くにお住まいの方から、「しっかりとした演説会やったね!」とお褒めの言葉をいただきました。本当に頭が下がる思いが・・・。一生懸命に取り組むことの大切さを改めて感じました。

演説を待っている候補者の様子です。まずは会長候補の木谷君・・・。大きな声の放送で少し驚きましたが、その後の候補者の元気な演説に十分つなげてくれた、素晴らしい演説でした。いろんな公約を挙げ、実現していけるパワーを感じる演説会になりました。感謝!

候補者みんなの演説の大半は、前期生徒会役員として何を実現していきたいか・・・でしたが、それぞれの中には、みんなへの思い、学校への思い、先生たちへの思い・・・を表現しているものが多かったように思います。何のために・・・自分以外の他への思いやり・・・それが多く表現された演説会になりました。佐野中のこれからが楽しみです・・・。

ALTヤングさんの授業風景です。体全体を使った動きのある授業で、手拍子を入れたり、歌を歌ったり・・・みんな楽しそうに授業に参加していました。少しずつ学校が元どおり・・・それ以上になってきた感じがしてきました。あと少し・・・みんなで協力してがんばっていきましょう。

武道場北側の広場になっているところの雑草処理を、今日、市役所の方が大勢来ていただき、きれいにしてくれました。休校期間、先生たちで4日間かけて何とか処理できたのですが、専門的な道具を使い、ごみ収集車も2台派遣していただき、1日がかりできれいにしてくれました。感謝!

昨日の日曜日、夕方5時から、青少年指導員さん数名が学校に来ていただき、木々の消毒をしてくれました。先日の土曜授業の朝、あいさつ運動をしていただいた折に、校門付近の大きな木に虫が葉っぱを食べているあとがあることに気づき、その場で消毒をしていただけることが決まり、生徒みんなに支障がない時間として、日曜日の5時からと決め、実施してくれました。その話を聞いてどのように感じますか?先日もこのホームページに載せましたが、その学校への・・・みんなへの愛を感じませんか?それ以外には考えられないその判断、その動きに感謝しかありません。この木に関しては、ソフトボール部が夏、暑い日に練習をがんばるときに、少しでも休める場としてこの木は大切なんだ・・・とお話しされながら、入念に消毒してくれていました。有り難いですね・・・。

今朝の前期生徒会立候補者演説会・・・素晴らしいの一言でした。初めの選挙管理委員会の司会進行も素晴らしく、放送での立候補者演説など、初めての試みなだけに生徒会担当の先生方も不安ばかりだったと思いますが、その心配も何のそのという感じ・・・。委員長に引き続き、生徒会会長候補の木谷君が大きな声で、素晴らしい、中学生らしい演説をして繰り広げ、一気にこの立候補者演説会はちがうぞ!・・・という空気を作ってくれました。そのあとに続く立候補者演説もすべて素晴らしく、公約をはっきり述べ、みんなへのアピールをしてくれました。こんなことが出来るんだ!・・・正直先生たちもうれしかったと思います。少しボリューム設定が大きすぎたため、学校周辺にも少し迷惑をかけてしまったかも・・・?と心配していたのですが、少し顔見知りの近所のおじいさんが、「さっきの生徒会の演説会・・・よう聞こえてたで~。かしこいな~。佐野中がんばってるなぁ~。」と、ほめていただきました。少しうるさいで!・・・と言われても仕方がないと思っていただけに、とても嬉しく感じました。がんばりは伝わるんですね・・・。でもよく考えてみると・・・。生徒会の先生たちのがんばり・・・。立候補者みんなのがんばり・・・でもそれは見えないもの・・・。それが伝わってくるんだということ・・・。上にもあげた木々の消毒も、今となっては見えないもの・・・でも感じてほしい・・・そうすれば何かか伝わり、がんばるみんなになっていく・・・佐野中学校が変化成長していくと思います。力を合わせてがんばっていきましょう!

6月28日(日)

  今、持つべきは「志」・・・

 

人間の気持ちというのは気ままなもので、時と場合によって揺れ動いてしまうもの・・・。人に優しくありたいと持っている人も、優しくあることが困難な場合も十分にあるということです。でもこうあるべきだと強く思う気持ち・・・強い心があれば必ずいつかは、本来のあるべき姿に近づいてくる・・・。これが志(こころざし)。揺れ動く気持ち、弱い心をコントロールしてくれる・・・今持つべきは志だと思います。

全面再開して2週間・・・。暑さも加わり、大変辛く感じる日々が続いていると感じている人も多いことだと感じます。クラブ活動でも、例年のようなはっきりした目標も持ちにくく、どのように気持ちの整理をし、がんばっていけばいいのか?と具体的に考えてしまう時期なのではないでしょうか。また、月曜日からは、やっとの思いで1年生が仮入部期間を3日間とり入部しようとやってきます。その受け入れ、精神的なフォローなど・・・、特に3年生は自分自身の不安とも重なり心休まる間がないのでは・・・と、心配にすらなってきます。

でも・・・どうぞ、こんな時だからこそ、こうあるべき・・・こうなりたいと自分自身の志を確認してください。その志さえあれば、いつか、必ず本来の気持ち、本来の行動が伴ってくる時が来ます。今は我慢・・・耐え忍ぶ時だと思います。

学校としても、まだしばらくは不安定さが続くと感じます。先生たちもその予想のもと、いろんな想定をして準備したいと考えています。でも何より大切なのは、それに応えよううとする、みんなひとり一人の気持ちです。声すらかけづらい世の中になっていますが、こんな時だからこそ、心の距離を近づけて頑張て行きましょう。

6月27日(土)・・・土曜授業

玄関でお世話いただいている花々も、梅雨の雨と高い気温・湿気の中、生き生きと育っています。

校門外側に置かれているアサガオも、つるを天へ向けて巻き付け、梅雨の中の太陽を浴びてどんどん成長しています。

今日も朝早くから、こんなモーニングメッセージが・・・。関心・・・感謝・・・感動を伝えたい、担任の先生の思いが伝わってきます。

土曜授業の朝・・・青少年指導員さんたちが、校門付近にてあいさつ運動をしてくれます。毎日の見回りからお世話いただいている状態・・・。感謝しかありません。

昨日の道徳の授業を受けて、大きくクラスの成長が期待できる取り組みが出来たとのこと・・・。そんな思いから、朝からその意図を含んだ詩を作成してくれていました。本当に熱い思いが伝わります。

3年5組には、こんなかわいいマグネットが入り口上にくっついていました。

<心の風景・・・> ・・・毎日いろんなことが起きます

  

   元気で活動的な年代の中学生が集まれば、それも当然の事・・・

     

     でも正直、気が滅入ってしまうことも多いのが事実です

 

 ただ、朝から暑い中がんばる生徒を見ていると、弱音を吐いていてはダメ・・・

 

そんながんばる母体がある限り、佐野中学校は前進できると確信しています

朝早くからあいさつ運動をしてくれている青少年指導員さんの方々・・・。PTA役員の方々もあいさつ運動に加わってくれていました。感謝!

久しぶりに胡蝶蘭を玄関へ・・・。枝が一本折れてしまい残念ですがしばらく校長室にて様子を見ていました。あまりに奇麗なので、今日は玄関へ・・・。見事ですね・・・。

ギリギリに登校してくる生徒の安全を見守ってくれていました。学校という場所は、もっとも人口密度が高いところ・・・。今回の感染症の密も、もちろん気になりますが、まずは子どもたち同士の安全を守ることが最優先されます。見守りありがとうございました。

登校指導の様子です。校門前の道路が、大きな道への抜け道にもなり、特に登校時間が、通勤などの車が重なりとても危険な状態になっています。気をつかっていただける運転手ばかりではありません。大変な状態です。これが現状です。

3年生の社会の授業風景・・・。課題が示され、みんな熱心に取り組んでいました。手を挙げ、先生に質問をする姿も見られ、授業自体がとても活気あるものでした。

2年生の授業風景・・・。先生のお話に聞き入る姿勢が素晴らしい・・・。全員で授業を創り出している・・・そんな雰囲気が伝わってきました。

1年生は、中学校に入ってから初めての平和学習・・・。「白旗の少女・・・流子」を視聴。中学生の間に抑えておきたい、平和についての感覚を育むための取り組みとして、まず初めに抑えておきたい情操部分に訴えかける内容として一番適しているのでは・・・と、主任の才新先生が苦労して何とか準備されたものです。みんなに少しでも心に残るようにと、がんばってくれていました。その気持ちに応え、1年生のみんなは暑い中ではありましたが、がんばって視聴していました。

内容は、先の戦争末期の沖縄が舞台・・・。耳をふさぎたくなる様な内容もあったとは思いますが、実際に75年前に起きた事実として知ること・・・。教育の恐ろしさ・・・、米軍が・・・、日本軍が・・・といろんな内容を含んではいますが、何より戦争は人を鬼にする・・・二度と起こしてはならないものだ・・・と、まず感覚として捉えてもらうことが目的です。是非とも、ご家庭でもその内容について聞き取りをしていただき、何が大切なのかを抑えていただければ、このような積み上げの必要な取り組みが意味を持つようになります。子どもたちの、持つべき大切な心の力が育まれます。ご理解いただき、ご協力お願いいたします。

土曜日授業が終わってから、青少年指導員さんたちが集まり、玄関に置かれているプランターの花の植え替えをしてくれました。みんなの課業時間を避けて、お昼からわざわざ時間をとってくれました。在校生であるみんなへの愛情・・・佐野中学校への愛情・・・それらがこのような形であらわれるって素敵なことだなぁ~と感じます。がんばっている先生たちへの感謝・・・などの表現もしていただいて、いつもながら恐縮しています。青少年指導員さんの中には、やっていただいて、感謝・・・だけでなく、やらせていただいて、感謝!・・・という表現もされていました。この表現の深意はなかなか深いものがあり、自分自身理解に苦しむものでしたが、普段からの学校にとってありがたい諸活動を見させていただいているうちに、心の底からみんなを愛し、佐野中学校を愛されているからだと理解できました。この域に達するまでは時間もかかり、それ相応のがなければ無理だと思いますが、人として最も理想的な見本を見せていただいていると感じ、感謝しています。ありがとうございました。

6月26日(金)

今日も蒸し暑いですが、素晴らしい天気の朝を迎えました。でも、本当に暑いです。

朝早くから、学校内の、学年の、クラスの準備や整備、清掃をしてくれている先生が多くいます。エアコンも、効かせてくれて、みんなを迎え入れる準備はできています。

 

昨日の2年生の学年集会で、主任の川合先生からのお話を取り上げ、みんなにもう一度わかって欲しい・・・念押しのメッセージです。きれいさはお金で買える・・・・。美しさはお金で買えない・・・。

その言葉を残した、マザーテレサの写真が学年の掲示板に早速掲示されていました。

1年生のクラス横にある下足箱・・・。きれいに整頓されるようになってきました。いい習慣が身についてきたようです。

玄関には、朝早くから交通指導員さんが大きな声であいさつをしながら、交通安全指導、呼びかけをしてくれていました。感謝!

  

  <負けるな自分に!!>・・・暑い中ですが、がんばれ!

  

 人生は自分との闘いだ! 人生は厳しいぞ!

     

     ダメだ・・・と思うのも自分  やるぞ!・・・と思うのも自分

     

       自分の人生・・・どっちを選ぶ?  さあ、がんばれ!

 

 

職員室前の賞牌棚です。先輩たちの残した結果が多く飾られています。吹奏楽部の獲得したトロフィーの数々と中体連駅伝競走大会の男女優勝カップです。

野球部の市内中体連優勝旗と柔道部の泉州大会優勝旗。ソフトボール部の府大会優勝・第3位のトロフィーや盾があります。

バレー部、ソフトテニス部、卓球部の市内中体連優勝トロフィー、バスケット部の泉南地区の優勝盾、陸上競技部の泉南地区駅伝秋大会・冬大会の優勝盾と府駅伝大会第3位の賞状が陳列されています。

本日行われた、1年生に対して行われたクラブ紹介の様子です。本来であれば、4月には実施され、もうすっかりクラブの一員になっていてもおかしくないのですが、今年度は、この状況下、今になってしまいました。諦めずがんばっていきましょう!

でも残念ながら、このようなお菓子のごみが時々発見されます。いろんな話をし、取り組みもし心に訴えかけてはいますが、中々難しく感じます。これが現状です。ただ大切なのは、先生たちがあきらめないこと・・・。根負けしないようにやり続けることだと思い、がんばっています。

このような落書きも、時々発見されます。それをそのままにしておくと、どんどん広がり収拾がつかなくなってしまいます。少しでも気になることがあれば、すぐに対応し、修復しておく・・・。これが学校現場の鉄則だと思っています。残念には思いますが、まだまだ佐野中学校にもこのような課題があるのが現状です。ご理解いただければ有り難いです。

朝の早くから学校内・・・学級をきれいに清掃、整頓してくれている多くの先生方がいます。

        

       その姿をどのような形で、心で捉えることが出来るのか・・・。

 

    その姿を見聞きするだけでも、少しでも感謝の心が芽生えるよう導いていきたい・・・。

 

  それより育まれる力が、必ず強い心につながり、人に優しく、

  

            自分自身が幸せをつかむことが出来るようになると信じています。

自分の心の弱い部分と戦う時に後押ししてくれる・・・そんな詩を紹介します。

 

小さい勇気こそ・・・

 

人生の大嵐がやってきたとき  それがへっちゃらで乗り越えられるような  大きな勇気もほしいにはほしいが  わたしは小さい勇気こそほしい

 

私の大切な仕事をあとまわしにさせ  忘れさせようとする小さな悪魔が  テレビのスリルドラマや漫画にばけて  わたしを誘惑するとき  

すぐそれらがやっつけられるくらいの  小さい勇気でいいから  わたしはそれがほしい

 

もうあと5分くらい寝ていたっていいじゃないか  今朝は寒いんだよと  温かい寝床の中にひそみこんで  わたしにささやきかける小さい悪魔を

すぐにやっつけてしまえるくらいの  小さい勇気こそほしい

 

明日があるじゃないか  明日やればいいじゃやないか  今夜はもう寝ろよと  机の下からささやきかける小さい悪魔を  

すぐにやっつけてしまえるくらいの  小さい勇気こそほしい

 

紙くずが落ちているのを見つけたとき  気がつかなかったというふりをして  さっさといっちまえよ  かぜひきの鼻紙かもしれないよ  

不潔じゃないかと  呼びかける小さな悪魔を  すぐにやっつけてしまえるくらいの  小さい勇気こそ  わたしはほしい

 

どんな苦難も乗り切れる  大きい勇気もほしいにはほしいが  毎日小出しにして使える小さな勇気でもいいから  それがわたしはたくさんほしい

それに  そういう小さい勇気を軽蔑していては  いざというときの  大きい勇気も  つかめないのではないだろうか

 

あなたには小さな勇気ありますか。

 

 

 

 

6月25日(木)

1年生の廊下、学年職員室前の壁に、早速沖縄慰霊の日の新聞記事が掲示されていました。1年生にとっては難しいこととは思いますが、少しずつでいい・・・。理解してほしいという先生方の願いが見えてきますね。

語り継ぐ・・・。これが簡単ではないこと・・・。実体験のない私たちにとって、教師の立場であっても、本当の語り継ぎというのは難しいと感じます。でも少しずつ・・・これが今求められている気がします。

3年生5組のモーニングメッセージです。歴史を学ぶ・・・のも、もちろん大切ですが、歴史に学ぶ・・・これが求められる・・・。なかなか深い内容ですね。

クラスでの良かった出来事を取り上げ、そのさりげない優しさに触れる、心の温もり・・・その積み重ねこそが、物理的距離を取らなくてはならない今、最も大切にしなければいけないこと・・・。考えさせられるモーニングメッセージです。

ワンチーム・・・。なんでも完璧にしていくのは大変難しい・・・。でもそこは人間、その関係性でなんとでもなるものだと思います。声を掛け合い、みんなにとって居心地の良いクラスへ、気持ちをつないでください。

こんな丁寧な、朝の教室整備・・・。気づいていますか。みんなが少しでも気持ち良く朝をスタートできるようにと担任の先生たちはがんばってくれています。その熱い気持ちをまずは理解すること・・・。それが出来れば、すべてにおいてがんばる自分に成長できますよ・・・。

  <心の風景・・・>

 

  この3か月半・・・辛く苦しい時間を過ごしてきました・・・

    

     特に3年生の頑張りを見続けてきた顧問の先生の思いは大きい・・・

      

        そんな思いに応えようとがんばる部員・・・

 

   前向きな・・・とても爽やかな空気がコートを包み込んでいました・・・

 

そんな中での練習・・・。朝練とは言え、もうすでに本格的な練習モードに・・・。大変辛い目をした3年生が、気合の入った練習をしていました。目標の持ちにくい中ですが、こんな時こそ今までを思い出して、力を出し切ってください。

校内外周を使って、陸上部がいつも通りの練習をしていました。朝から多い人は4km・・・。だんだん体力が戻ってきた感じですね。あと少し・・・がんばれ!

朝練習をする陸上部員と、3年生駐輪場付近を毎朝掃除してくれている岡先生・・・。朝練が始まると、掃除をしながらも元気が出ます・・・とその頑張りを評価し、声をかけてくれています。いい意味での学校内の相乗効果ですね。感謝!

体育館では、男女バスケットボール部が朝練習をしていました。朝7時過ぎに集合して、みんなで声を掛け合い練習をする・・・。これは一日のスタートとしては最高な環境だと思います・・・。がんばれ!

  体育館エントランスに、AEDが設置されました!

 

昨日夜遅くに、業者の方に学校に来ていただき「AED」を体育館に設置していただきました。まずは取り付ける場所、その高さについて考える中、ほとんどの人が手の届く高さに取り付ける必要があるということ・・・。中学校の教師としては、いたずらの心配をし、少し見えにくい、手の届きにくい場所を考えがちですが、これは全く目的の違うものと言うことです。

AEDとは・・・自動体外式除細動器と言われ、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対し、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器・・・。学校など公共施設のような、人が大勢集まる場所に設置されることになっています。操作方法を音声ガイドでしてくれるため、簡単に使用することが出来ます。心臓の動き(心電図)を自動解析し、電気ショックが必要な方の飲み電気ショックを流す仕組みになっています。

そんな、人の命を守る・・・、救急車が到着するまでの間、お医者さんに診察し処置してもらうまでの一番大切な対応が求められる時間に、適切に使用されることにより、命を守ることが出来る、大切な医療機器です。興味本位で触ったりしないようにしてください。ただし、本当に必要だと判断したときは、落ち着いて、音声ガイダンスに従い使用してください。

  みんなの命を守る環境が整えられていきます。有り難いですね!

6月24日(水)

朝早くから、毎日毎日、花々の水やり、手入れをしていただいている青少年指導員さんです。そんな姿を想像できる自分になりたいですね・・・。感謝!

2学年分の下足箱を、朝いちばんで整頓してくれている先生の姿・・・想像できますか・・・。それができるようになると、自分が変わってきますよ・・・。

朝早くの1年生の廊下の様子です・・・。もうすでに窓が開けられ、みんなを迎え入れる準備がなされています。有り難いですね。

今日もいい天気の中でのスタートです。暑くなり、大変忙しくなりますがお互いにがんばっていきましょう!

不平不満も、悩み苦しみも・・・すべてそれは余裕があるということ・・・。それは「平和の証」・・・。その有り難い状況に自分がいることに気づき、心をコントロールできる力をつけることが出来るかが、「心の成長」と大きく関わります。どんな自分になりたいですか?

知らないことがダメといううわけでなく、知ろうとしないことが自分の成長の芽を摘んでしまうこと・・・。その通りですね。耳をふさぎたい事実も多くある沖縄戦の事実を学んだ以上、何か心に残り、自分を変えるきっかけがあるように思います。がんばっていきましょう。

   <四季の自然と共に・・・>

  

   梅雨の中休みが続き、今日も暑い日になりそうです。

        

        草木が勢い良く成長する様を見ていると、

      

    みんなもこれから大きく大きく成長する時期に来たんだと実感します。

         

        今日も一日がんばっていきましょう!

朝からクラスの机の上には、朝学習のセット、モーニングメッセージが黒板に書かれています。これは当たり前のことでしょうか?本当に有り難いことと、心で捉えることが出来るようになれば、人生変わると思いますよ・・・。感謝!

当たり前のことを、当たり前のように徹底して行う・・・。当たり前に甘えることなく、感謝の心で、応えていく努力をする・・・。その積み重ねこそが、今まで見たことのないような景色へとたどり着くためのエネルギーを生み出してくれる。「凡事徹底!」大切です。がんばれ!

朝からグラウンドのライン引き・・・。少しの工夫で、みんなの動きが大きく変化するものです。体育の先生にとって授業の成功は、グラウンドでのみんなの動きを想像して、如何に効率よく・安全に動くためのラインを準備できるかにかかっています。朝早くからの準備・・・。頭が下がります。

今日の6限目・・・3年生が学年集会形式で、DVD「ひめゆり」を視聴しました。昨日から引き続き、平和学習に暑い中ですが取り組んでいました。まずは、牧先生からのお話を受け、視聴する前の心構えをさせてもらい、心身共に落ち着いた状態で取り組めていました

現在と変わらない日常が、75年前の日本・・・沖縄にもあったということです。戦争なんて、別世界の事・・・という無関心が何よりも恐ろしく感じます。少しでも自分に関わりのある事と捉えることが出来るように、先生たちはみんなの将来を考え取り組み続けています。何か心に引っ掛かることがあれば、自分なりに調べ、学んでみてはどうでしょうか。

世界的に見て大きな戦争は70年周期で起きてきた・・・と聞いたことがあります。これは何を意味しているのかと考えると、人の寿命なのでは?と考えてしまいます。戦争を実際に体験した人が少なくなった時・・・戦争の悲惨さが今を生きる人に伝わりにくくなった時に、戦争が起きる可能性が高くなるのでは?と考えてしまうのですが・・・。そう考えると・・・現在は考え様によっては、戦後と言えない状況なのでは・・・。だから、こだわり続けることが大事だと考え、佐野中学校の先生方は、これでもか・・・これでもか・・・と、取り組み続けてくれています。感謝!

学校が全面再開され2週間が経とうとしています。生徒みんなの様子を見ていると、学校生活に慣れてきた様子が伝わってきます。学級の雰囲気や新しい人間関係もでき始め、さまざまなことに本格的に取り組める時期になってきました。

でも、この蒸し暑さと、授業時間の増加により、かなり疲れてきている生徒も見られるようになってきました。この心の乱れは必ず形になって表れてきます。授業中の姿勢を見ていると実によくわかります。

すっと背筋が伸び、腰骨がきりっと立っている生徒と、ぐにゃっと曲がってしまっている生徒の二通りの姿勢が目立っています。腰骨が伸びている生徒は、授業に対する姿勢が全く違ったものになっています。集中力があり、課題に対して積極的に取り組むことが出来ています。一方、姿勢がぐにゃと曲がってしまっている生徒は集中力が途切れがちで、授業内容も頭に入ってないかのように見えます。

腰骨を立てることを「立腰」と言います。愛知県出身の教育学者・・・近代教育の父と言われている、森信三先生が、この立腰教育の大事さを説いていらっしゃいます。特に、やる気、根気、集中力、持続力と言った精神面での効果があげられています。人間の心と体は表裏一体のもの・・・。心を立てようと思ったら、まずは身体を立てる・・・起こすということを強調されています。

そう考えると、やる気を出すための、まずは心の面ばかりを求めてしまいますが、物理的に身体を立てる意識を持たせることも大事になってくると感じます。

ご家庭でも少し意識していただければ有難いです。心の変化が起き始めるかもしれません。

6月23日(火)・・・沖縄慰霊の日

今日もいい天気になりそうです・・・。日常が始まります。いい一日に・・・!

今こんなに平和であることに感謝しながら、今日の学校生活を送らなければいけません。

教室の机には、朝みんなに読んでもらいたいプリントがすでに配布されています。

今日は沖縄戦が終結してから75年の、「沖縄慰霊の日」です・・・。

今のこの平和が保たれている背景には、一体何があったのかをしっかりと学ばなければいけません。

その悲惨な史実を知ったうえで、今を考えることが出来れば、今をがんばる理由もわかる・・・、これから何をすべきなのかもわかってくると思っています。大事に考えたい一日が始まります。

   未来へのメッセージ・・・

             (ひめゆり資料館第5展示室)

 

   「太陽の下で大手を振って歩きたい」

 

      「水が飲みたい、水、水・・・」

 

         「お母さん、お母さん・・・」   学友の声が聞こえます

 

     私たちは 真相を知らずに 戦場へ出て行きました

 

          戦争は 命あるものを殺す むごいものです

 

    私たちは 一人ひとりの体験をとおして知った 戦争の実体を語り続けます

 

 

3年生は1限目に学年集会で、沖縄慰霊の日に重ねて先生方が準備したDVDを視聴し、その補足説明を聞き取り、学習を重ねていました。明日は、ひめゆり学徒隊のDVDを視聴し、この平和学習を更に高める予定にしています。

5年前にニュースで取り上げられ、報道された二つのガマについて対比した形でまとめられたものでした。ほぼ壊滅的な最期を遂げた「チビチリガマ」と、アメリカ軍に投降を説得し、ほぼ全員の命を助けることのできた、「シムクガマ」についての特集でした。知らないことの恐ろしさ・・・、教育の大切さ・・・を改めて痛感しました。

でも・・・学校生活でがんばれているみんなを見ていると、これはこれで十分な感じがします。ただ、今のこの平和は何によってもたらされたのか・・・これをきっちりと抑えていかなければいけないのは、大人の責任・・・。平和を維持していくためには、そんな意識を語り継いでいく強い気持ちが大事になるでしょう。

この時期はいろんなことを考えなくてはなりません。でも考えてもすべて解決するとも思えない内容ばかりで、頭がいっぱいになってしまいます。そんな中、今は花々でいっぱいの佐野中の状況が心をほぐしてくれています。自然と共に・・・。やっぱり人間も自然の一部なんですね・・・。

いろいろ考えが巡る一日でした・・・。上の写真にもあるように、朝から3年生の人間として重さを感じる取り組みから始まり、そんな後であっても、今の佐野中の課題でもある対応に追われる現実・・・。なぜ、伝わらないのか?と思ってしまうところもありますが、それは伝えきれていない教師側・・・周囲の大人の責任でもあるのが事実・・・。そう思わない限りは、個人としても、学校としても変化・成長することはありません。今後も普段からの取り組み・・・、ポイントを絞った取り組みを通して、あきらめることなく、みんなの人間的な成長を願って取り組み続けたいと考えています。

ただ、今をよく考えると・・・幸せですよね。平和学習を通して学んだ中にもありましたが、一秒後の命さえ保証されない時代・・・そんな時代が、わずか75年前には、この日本で存在した事実をまずは知るべきだと思います。現在のこの状況で不幸という言葉をつかうのは、捉え違いも甚だしいと感じます。正直知らなさすぎ・・・、もっと学習し、歴史を知るべきだと思います。時間はつながっています。今があるのは、過去に先人の方々ががんばってくれたお陰・・・。これを考えの基本にしなければなりません。この基本が持てないことが、今の教育の課題ではないかと感じています。佐野中学校の先生たちは、すごくこだわってくれています。今回の状況の中、もちろん缶詰にするような勉強時間も大切にはなってきます。でも、人間の成長の本質は「心の成長」の中にこそある・・・。その信念のもと、常に生徒たちの「心の成長」を中心に考え取り組みを進めてくれています。是非とも、ご家庭で時間のある時にで結構です・・・幸せについて・・・平和について・・・など、生徒みんなが学習したことを聞いてあげてください。何かをつかみ、がんばろうとする姿が見えてくると思います。

今後も大変な日が続くとは思いますが、ご理解、ご協力をお願いします。

6月22日(月)

朝早くから、グラウンドにはラインの準備、コーンの準備がなされていました。これは暑い中ですが、がんばらなくてはなりませんね!

日の長さが、一年で一番長い日・・・。日が長く健康的な感じがしますが、逆に疲れの取れにくい時期にもなります。休めるときは、しっかり休んで、体調維持に努め、この大変な時期を乗り切っていきましょう。

メッセージ通り、今週は土曜日授業もあります。疲れがたまる原因にもなりますが、この休校期間に怠けた体に鞭打つ意味でも、大事にしたい土曜授業ですね・・・。

2年生は、放送全校集会から、学年集会形式で体育館に集まり、全校集会後に平和について考える学習会をします・・・。ひめゆり学徒隊のDVDを鑑賞します。

少しでも今日の取り組みの内容をくみ取って欲しいと願う、担任の先生からのモーニングメッセージです・・・。どれだけの人がこの思いに気づけたでしょうか?

以前にも示した通り、2階中央階段の掲示板に飾られている今回の資料です。DVDを視聴した後、もう一度読み返すと、しっかりと吸収できるのではないでしょうか。

    <心の風景>・・・先生たちの心は・・・。

 

歴史を知ると、今がある、その理由がわかる・・・。

 

      将来、何を考え、何を大事にするべきかがわかってくる・・・。

 

           まずは、しっかりと史実を捉えてほしい・・・。

 

       そして、これからの正しい判断ができる人間になり、幸せになって欲しい・・・。

    

      それが先生たちの願いです・・・。

体育館内はそんなに暑くなく過ごせました・・・。その状態も助けてくれたのか、本当に集中してひめゆり学徒隊のDVDに見入っていました。今からでは想像できない内容が続き、滅入ってしまうところもあるとは思いますが、しっかり受け止め、今の自分たちの幸せを噛みしめてほしいと願います。

最後に、準備してくれた川合先生からのお話を聞き、少し落ち着いた人も多かったのではないでしょうか・・・。自分たちが生きる時代が、現在でよかったなぁという理解ではなく、人類が存在する以上、残念ながらこのような悲惨な戦争が繰り返し起きてきたんだ・・・。今自分たちの時代も、起こっても不思議ではないんだ・・・と危機感をもって、今を生きてほしい・・・。そう願います。

四季の自然と共に・・・。玄関の花々が、梅雨の晴れ間に出る太陽のもと、更に色づいてきました。お世話していただいている方々に感謝です!

玄関横には、季節の花・・・これから夏にかけて、みんながお世話した経験のある「アサガオ」が植えられ、つるを伸ばし巻き付いていく、網掛けの準備をしてくれています。これからの成長が、楽しみです。

今日の全校集会・・・。初めてのパターンで行いました。「全校集会」を「生徒集会」と銘打っている学校が多くあります。生徒会役員のみんなが中心になり、司会進行し先生たちからの話を入れていく・・・。今日は生徒会長が司会し、まず初めに生徒会長からの話を入れ、校長先生からのお話をいただくパターン・・・。生徒会長からの話も、先日生徒会が中心に取り組んだ、女子のカーデガン着用の状況について、生徒会として取り組んでよかった・・・、これからもみんなでがんばっていきましょう・・・という話を入れてくれた後、校長先生に話を振る感じ・・・。今日の校長先生の話は、明日(6/23)の沖縄慰霊の日についての内容・・・。75年前の史実を中心に話され、今がある理由・・・。これから大事に考えていかなければいけないことを、みんなに迫る感じで話をしてくれました。その話を受けて、最後に生徒会長がまとめ、今週も大変な条件ではありますが、がんばっていきましょうとまとめてくれる・・・。放送集会とはいえ、本来の集会の形が見えてきた感じがしました。佐野中学校では、集会には形式があり、それに沿って今までやってきた感じを受けていましたが、もっと深く生徒みんなの心に迫る・・・、時には生徒みんなの心にもっと染み渡らせたいのであれば、今日の形式でこれからもやっていくべきだと感じました。アイデアを出し、急に生徒会長にお願いして実現してみましたが、この形式が定着すれば、生徒会としてのやり甲斐も増えてくるでしょう・・・。今が佐野中学校の歴史を元に、大きく変化していくことが出来るタイミングのような気がします。学校が安定しきらない状況の中、大変ではありますが、今がその時なのでは・・・と感じています。

明日からもがんばっていきましょう!

6月21日(日)

梅雨の中休みが続き、蒸し暑いながらも、いい天気に恵まれています。また、今日は夏至で、一年中で最も日が長く、本来であればもっと世の中が賑わっているはずが、今年に関しては、やはりこの3か月半の生活が影を落としてしまっているような気がします。明日からまた、通常の学校生活が始まりますが、今週の火曜日・・・23日は「沖縄慰霊の日」です。大阪府だから・・・というのではなく、同じ日本に住む者として、この日の意味をしっかり知ることから始めなくてはなりません。各学年、それぞれ資料を作成し、この日に合わせて、明日から詳しく取り組む予定にしています。しっかり歴史を学び、今のこの平和の状況がどこから来ているのかを知り、今後どのようにつなげていけばいいのかを考える日にしてほしいと思います。

今まで務めてきた学校での、沖縄修学旅行から、教師としても多くの学習をしてきました。たった75年余り前の出来事・・・。実感できないのは仕方がないとはいうものの、その史実を心で受け止めようとしなければならない・・・。教師としては、その史実をしっかりと伝え、もう2度と・・・という強い信念を持った人間を育てていかなければならない・・・と決意しています。今もまだ残る・・・10年前に返還されたとはいえ、民間機の飛行高度・ルートの嘉手納ラプコンによる規制・・・。南城市にある糸数豪(アブチラガマ)での聞き取りでの衝撃的な事実・・・。糸満市にある「ひめゆり資料館」で、ひめゆり学徒隊の生き残りの方々からの語り・・・第4展示室(鎮魂)で飾られている、ひめゆり学徒隊の方々の遺影・・・、その「鎮魂の部屋」で読む、信じられない事実を記した数々の証言本・・・。伝えきれないものが、まだまだ多くあります。どうぞ、先生方からの話をよく聞きとり、興味をもって、この沖縄での出来事・・・沖縄戦について学習を自らしてみてください・・・。今回の状況下だからこそ、心でくみ取り、自分の力にしていけるような気がします。今週も充実した時間を過ごしましょう。

6月20日(土)

学校が全面再開され初めての週末・・・。長く感じた一週間でしたが、心地よい疲れと共に朝、目覚めた人も多かったのではないでしょうか?クラブ活動も始まり、個人でがんばっていた人も多かったとは思いますが、普段と違う個人練習に、自分自身の甘さも加わり、その結果、技術やパワーが衰えていることに今気づき、改めてこの休校期間の生活を悔いている人もいるでしょう・・・。いろいろ考える中で、思うこともあるでしょうが、その思いを言葉にすること・・・、その思い、言葉を行動に移すことが今は何より大事・・・。まずは、行動に移していきましょう。そんな努力を続ける中で、必ずその時は来ます。

何事をなすにも「時」というものがあります。それは人間の力を超えた、目には見えない大自然の力・・・。いかに望もうと、春が来なければ桜は咲くことはありません・・・。いかに焦ろうと、時期が来なければ事が成就することもありません。だから、今の苦しく辛い状況も必ず過ぎ、良い時が必ず来ます。時が来るのを信じて、着々と自分の力を蓄えていきましょう。着々と自分の力を蓄えることが出来る人には、必ずその時が来ます。

     

    時を待つ心・・・。

 

   諦めず、じっと我慢し続ければいつか必ず願いは叶います。がんばりましょう!

6月19日(金)

今日は朝から大雨・・・。気温も下がって、体調管理が難しい季節です。感染予防と合わせて十分に気をつけなければなりません。配膳室横渡り廊下からの風景・・・。ゲートタワービルも上半分が雲の中という状態です。

そんな天気の中でも、女子バスケットボール部と陸上競技部は朝練がんばっていました。

2年生の下足箱の状態・・・。これは、今年度から佐野中に赴任された、事務職員の金沢先生が、昨日夕方そろえてくれていたようです。チーム佐野中として、本当に有り難いです。

3年6組のモーニングメッセージです。この一週間のがんばりを評価・・・。その感じている疲れはがんばった、充実の「証」・・・。素晴らしい表現から、担任の先生の心が伝わってきます。ここにも「心」・・・を感じます。

2年生も3年生と同様に、人権学習の一環、「沖縄戦」の学習を通して、命の大切さ・・・、今あることの有難さ・・・などを学ぶ予定になっています。その学習に対しての心の準備ともいえるモーニングメッセージです。素晴らしいメッセージです。

これは、2年生の川合先生が、中央階段上がってすぐぐ正面の掲示板に、6月に入ってすぐに掲示してくれた、沖縄戦を説明した掲示物です。簡単にですが、沖縄戦の事実をしっかり伝えてくれています。もう2度と・・・と、強い「心」のメッセージが伝わってきます。

 <心の風景>・・・疲れましたね・・・。

      でも、それはがんばった、充実の「証」(あかし)です。

 

学校全面再開して一週間・・・

  

   再会の喜びと共に、いろんな約束事が・・・

    

      でも、みんなと先生たちの協力で何とか乗り切ってきました・・・。

 

  その心の動きを大切に・・・来週からも、同じようにがんばっていきましょう・・・。

この天候でも、変わらず登校指導、交通安全指導をしてくれている先生がいます。朝から30分以上・・・。すごく丁寧に声掛けしてくれています。これをどのようにとるかですね・・・。

雨で廊下が濡れた状態・・・。少しでもという思いでモップ掛けし、滑らないように配慮してくれていました。そんな姿を知ること・・・何を感じ、何を応えていくのか・・・。とても大事だと思います・・・。

技術の授業風景・・・。今2年生ががんばって製作している木工作品は、休校期間中、技術科の岡先生が、時間をかけて試作品を仕上げていたものです。みんな一生懸命に取り組んでいる姿を見ると、岡先生の思いが伝わり、心が動いているからなのではないかと感じました・・・。感じて、動く・・・。感動!です。   

3年生体育の授業風景です・・・。ラジオ体操のテストの細かい説明を聞いています。この天候なので、女子と体育館のフロアーを分け合い、同じテストをしていました。2年間取り組んできた内容だけに、差はつけにくいですが、その微差はやる気なのでは・・・?と感じます。

授業途中の3年生の下足箱の様子です。きれいに整頓された状態になっています。みんなが少しずつ意識していかなければ、こんな状態になることはないでしょう・・・。先生方の配慮はあると思いますが、手を加えてあげようと思ってもらえる・・・これも大事だと思います。みんなの心が動いている証ですね。

2年生の授業の様子です。一生懸命に聞いているクラスの様子が伝わってきました。あとは心をつかって教えている先生の心をくみ取る練習・・・耳+目+心(聴)で自分の中に入れ込む練習を意識していけば、どんどん成長が期待できます・・・。がんばっていきましょう・・・。

この一週間、クラブでの・・・、学年での・・・、クラブでの生徒みんなの状況を観て、この間の学校休校から受けた心身の影響は、本当に大きなものだったんだ・・・と改めて感じました。何もさぼっている感じではありませんが、正直苦しんでいるかの表情をしている生徒が多く、そこから受けた、特に心のダメージの大きさを考えてしまいました。ただ、これに関しては、我慢し、コツコツと根気よくやり続けていくことしかありません。その心の支えとなり、励まし、意味づけをしていくための声かけをしている多くの先生たち・・・。その先生たちも、今回の件で心身共に疲弊している感じもしたのですが、本当にがんばってくれていました。そのアドバイスの一つ一つを聞き入れ、がんばる力に変えることのできる素直さ・・・。これが今の佐野中のみんなと先生たちの関係を表している・・・佐野中の力を表していると感じ、嬉しく思いました。素直さは最大の知性・・・。今の状態を維持できれば、今後、あらゆる面での成果が期待できる感じますそういう努力はなかなか表に出ないもの・・・。でも何かを成し遂げる上で一番大切なことだと信じています。

来週からも大変な日が続きますが、力を合わせてがんばっていきましょう。

6月18日(木):大阪北部地震から2年・・・

朝7時の段階での下足箱・・・。きれいに整頓されています。

3年生の教室の様子・・・。昨日の人権学習の感想を書く準備がされていました。がんばるしかないですね。

2年生のあるクラスのモーニングメッセージです。学校ではいろんなことが起こります。すべてがうまくいくわけではなく、苦しい状況ももちろんあります。でも、大切なのはあきらめずに、次の物事に取り組んでいくことです。そんな状況を理解しがんばっていくこと・・・。これも学校です。

これが先生たちの思いです。いろいろあります。答えが出ないことで苦しいこともあります。でも、絶対にあきらめない!みんなにとって居心地の良い学校を目指して取り組んでいくことに、あきらめるという決断はないということです。

3年生の廊下に掲示されている進路関係のポスターです。目を通している人も多いとは思いますが、これから次から次へと掲示されていきます。見逃さないようにしてくださいね。

今朝の雨の中の登校を考えると、3年生の下足箱はきれいに整頓されていました。先生方のお陰もありますが、みんなが少しずつ意識してくれているお陰でもあります。いろんなことがわかってくると、本当に面白くなりますよ・・・。

じめじめしたイメージの梅雨ですが、こんな花々を眺めていると心が癒されてきます。

 

今日も6時間授業・・・雨は降り続く中ですが、クラブ活動も予定されています。

  

1年生に向けての「クラブ紹介」の準備があると聞いています。

    

  がんばっていきましょう。

2年5組の体育授業の様子です。ラジオ体操第2を先生のかけ声のもと、がんばって取り組んでいました。

雨の日の下校の様子・・・。人数が多い分大変な状況になっています。交通量も多く、先生方が立って指示をしながら、何とか安全だけは確保しながらの下校となっています。お迎えの車は、必ず体育館側校門へお願いします。

放課後早速、雨の中でしたが校庭を走っているクラブもあります。失った時間を惜しむかのようなこの姿勢こそ、今は大事な気がします。

今大切なのは、目の前にある課題に真剣に取り組むこと・・・。これが一番の近道だと思います。がんばれ!

今日は大阪北部地震から2年を迎える日です。2年前の朝の出来事・・・みんなの声・・・校舎のきしむ様な音・・・その時の様子が鮮明に頭の中に蘇ってくるほど強く印象に残った出来事でした。雨と重なり、やむなく体育館にて全校集会・・・。全員の無事を確認し、ほっとした気持ちになったのを思い出します。本来なら今日、全校集会を開き、防災についての学習、避難訓練など計画すべきでしたが、この状況でもあるのでできませんでした。家庭でこの話題について何か話をしてみるのも大切なことだと思います。やはり経験することは大きなことですね・・・。

教師という立場であっても、自分が経験したことかどうかで、教える力に大きな差が出ます。それだけ説得力を持った話にはつながらないからだと思います。できるだけ経験してみること・・・これが人間として、とても大切な関係を結ぶ力になります。とにかく自分でやってみること・・・相手の靴を履いてみること・・・ですね。そんな意識もなく、他人批判を続けて自分を正当化する・・・周囲に指先を向けてばかりの行為は、その場限りの優越感に浸れるのかもしれませんが、必ず厳しい答えが返ってくるものです。生きていく中で自分に返ってくる球は、いつか自分が投げた球・・・その通りのことが必ず起きます。自分の人生は自分自身が創っていくもの・・・。まずは何を目指して、どの辺りを考え狙っていくのか・・・。その具体的な目標の価値が、その日の・・・その瞬間の自分の動きを支配してしまうことに気づくべきです。結局は自分自身です。明日からも不安定な天気が続き、不快な気持ちになりがちですが、気持ちをコントロールしてがんばっていきましょう。

 

 

6月17日(水)

朝7時の段階でこの状態です。窓を換気のため適度な状態に開けられています。これって当たり前の光景ではないと思うのですが・・・。

職員室前の窓枠をいつもきれいにしてくれています。校務員さんの毎日の作業の一つになっていますが、これも当たり前に思うかどうかです。大きな差が生まれます・・・。

3年生の駐輪場を丁寧に掃き、奇麗にしてくれています。岡先生が毎日やってくれています。感謝!

胡蝶蘭の様子・・・。玄関に置いていますので、目にしている人も多いとは思いますが・・・。もう一本の枝に蕾が2つ大きく膨らみ始めました。みんなのお陰で、美しい状態で玄関に飾られています。

日差しは暑く感じるものの、木陰に入ると風は爽やかに感じます。梅雨の晴れ間の貴重な一日になりそうです・・・。

下を向いた生活が長かったですね・・・。たまには空を見上げて、大きく深呼吸してみてはどうでしょう・・・。きっとリフレッシュできるはずです!

3年生の下足箱・・・。下靴の入った状態ですが、これだけ奇麗に並べられていました。その落ち着いた気持ちで、6時間目の学習に取り組んだのだと思います。

もうすぐ迎える沖縄慰霊の日への理解・・・。今、全世界で取り上げられている人種差別の問題・・・。このふたつを絡めて、人権学習を計画してくれています。暑い中ではありましたが、空気の入れ替えを徹底し、体育館で学年集会形式で取り組んでくれていました。これからの人間的魅力の礎となる学習だと思います。

感謝をするべき人・・・「恩人」には、よく考えると、いろんなタイプがあります・・・。例えば、心から応援し、常に前向きな言葉をかけ続けてくれるタイプの人・・・。また、表面上はマイナスな言葉をあえてかける・・・、ネガティブな言葉をかけ続ける・・・、その結果気づいていないことに気づいていけるよう仕向けてくれるタイプの人・・・。本当にやる気があるのかないのかを試してくれる人・・・ともいえるタイプ。最後は、全く気付かないところで、応援してくれている人・・・。その人の夢・希望・情熱を察知し、知らないところで、活動を静かに支えてくれるタイプの人・・・。

日常が続き、今まで通り何もなければ気づかずに過ぎ去ったことも、この長期休校を終えた今、この「感謝」と言った、全く見えない「心」の動きにさえ敏感になっている人も多いのではないでしょうか。この経験をしなければ、その見えないところにある、関わってくれた人たちの「心」なんて、全く気にもせず通り過ぎてもおかしくはない・・・。そう考えると、今回のみんなが無条件に経験したこの苦悩も、ある意味無駄ではなかったのではと感じます。すべてにおいて、今あることが幸せ・・・。感謝!・・・そんな感覚が飛び交う学校であれば、みんな幸せを感じることが出来るのでは?と期待してしまいます。

   何もかもに感謝できる・・・「今」・・・。本当は幸せなのかもしれませんね。

6月16日(火)   クラブ活動の様子

吹奏楽部の活動の様子・・・。楽器の手入れを中心に取り組んでいます。

美術部の活動・・・。今日はミーティングの時間にお邪魔しました。

コンピューター部の活動の様子です。5時までの短い時間集中して行っています。

ソフトテニス部の活動の様子です。コート3面に、多くの部員が気を配りながら練習していました。

柔道部の練習の様子です。サーキットトレーニングで汗を流していました。

卓球部の練習の様子です。二部屋に分かれて練習しています。換気を十分に行い、練習がんばっていました。

昨日からクラブ活動が再開されています。久しぶりのクラブ活動に、テンションも上がり良い興奮状態・・・。学校も活性化した感じがしました。みんなの思いが、空気を換え切った感じがしました。運動部・文化部共にその活動の中で、数値では測ることが出来ない、やり抜く力・・・人間関係・・・優しさなど、様々な力を育んでください。

         

      がんばれ!

 

女子バスケットボール部の練習。3線速攻の練習を一生懸命していました。暑い中ですが、明るい表情で協力してがんばっていました。

バドミントン部の練習の様子です。換気をしながら、集中した様子で練習していました。

サッカー部の練習です。ゲーム形式で楽しそうにがんばっていました。太田先生の動き・・・本格的ですね。

野球部の練習の様子。顧問が全員つき、楽しそうに取り組んでいる様子が伝わりました。

ソフトボール部の練習の様子・・・。内野ノックを受けていました。楽しそうな声が印象に残りました。

陸上競技部の練習の様子。昨日より少し負荷を高めた練習を自主的に取り入れていました。

6月16日(火)

朝早くの学校正門付近の様子です。

朝早くから、いろんな活動をしてくれている先生方が多くいます。登校してすぐに生徒下足箱を2学年分、整頓してくれている先生の様子です。感謝!

教室に上がると、もうすでに机に学級通信が配布されているクラスもありました。

モーニングメッセージです。今日一日の過ごし方を、詳しく解説し、励ましている様子が感じられます。

女子バスケットボール部の朝練習の様子・・・。黙々と練習する雰囲気が気持ちの強さを物語っているようでした。

陸上競技部の朝練習の様子・・・。やっといつもの佐野中学校の朝が返ってきました。

各自がメニューを決めて、今までの分を取り戻そうとがんばっています。がんばれ!

   四季の自然と共に・・・

 

分散登校が始まったころ、手入れした体育館側校門の花々です・・・。成長し、更に色濃くなってきました。よく見ると、花の後ろに、小型の向日葵が・・・。校長先生?・・・夏の太陽に生える向日葵が、これから毎年私たちの心を励ましてくれることになると思います・・・。何があっても、ひたすら咲こうとする向日葵の花に、勇気をもらえるでしょう!

再開後初めての学年集会の様子です。3年生・・・。先生方からのいろんな形のお話を受けていました。厳しい内容のものもありましたが、少しでも前向きにこれからをがんばっていけるような、励ましの言葉に聞こえました。がんばりましょうね!

3年生体育の授業風景・・・。天気が良く大変暑く感じましたが、先生たちの指示通りがんばって走っていました。目の前の事に全力を尽くす・・・その積み上げこそが成果に近づける唯一の方法・・・。がんばってください。

朝早い時間に、グラウンドに200mトラックのラインが描かれていました。本日の体育に向けての準備・・・。ぼやけて見えてしまうグラウンドが、キリっと締まった雰囲気に見えるのは不思議なものですね。その準備に動いてくれている先生の姿を想像できればいいのですが・・・。

上にも載せた下足箱整頓の後の2年生下足箱の様子です。一つ一つに手を加え整頓するその時間・・・どんな思いで・・・と考えると、感謝の言葉しか出てきませんね・・・。そう感じることが出来ると幸せになるのですが・・・。

人の思いに触れる・・・、思いを知る・・・、思いをくみ取る・・・。そんな話ばかりになってしまうことに気づきます。それだけこの3か月半の休校期間がみんなの心の成長に大きな影を落としてしまっている・・・。そんな気がしています。体の面であれば、十分時間をかければ、同じような成長に持っていくことが出来ますが、心の成長には、その成長するタイミングがある・・・。この春、佐野中学校から去られた先生方との別れ・・・。人との出会いは、人の心を広く大きくすることはできますが、深くする力にはなりにくい。やはり、人との別れが、人の心を深くすることが出来る機会となる・・・。お世話になって先生方との別れは、毎年のように何かをみんなの心に残しています・・・。その機会が今年は持てなかった・・・これが何よりの今年度の課題になるように感じ、話をするたびに、人の思いに触れることの大切さ・・・を強調してしまうのだと感じます。

先生方も十分それらについて、気づき考えてくれています。3年生の学年集会の中でも、西山先生をはじめ、各先生方からそのような気持ちの話をしていただいていました。また、6月には2年前の大阪北部地震(6/18)や沖縄・慰霊の日(6/23)など考えるべき日が続きます。それらの取り組みを通して、何かを感じ取り、人の思いをくみ取る練習をしてほしい・・・そして力として身に着けてほしいといろいろ考えてくれています。これからは物理的人との距離は必要になりますが、心の距離は今まで以上に密接に・・・。そんな関係性を維持するためにも、心を広く、大きく、深くする意識をまず持ってください。その意識が、将来に自分を創り上げていくと感じます。がんばっていきましょう。

 

6月15日(月)・・・クラブ活動の様子・・・全クラブではないですが・・・

野球部の様子・・・。新顧問4人体制でスタートしました。

ソフトボール部の様子・・・。楽しそうにノックを受けていました。

サッカー部のミーティング・・・。新しい顧問も加わり、再スタートです。がんばれ!

バレーボール部の様子・・・。久しぶりとはいえ、バンバンとスパイクを決めていました。

女子バスケットボール部のメニュー、決意表明です。気合の入った、スタートとなっていました。

基本練習の繰り返し・・・。夢中になっての練習の様子が、次へとつながります。がんばれ!

   やっぱりクラブっていいですね・・・。

 

中学校はこのクラブ活動で成り立っているといってもいいくらい・・・そんな感じさえしました。生徒みんなの生き生きとした表情・・・、それに応えるかのようにがんばっている先生たち・・・。中学校の根底に、クラブ活動での先輩たちとの関り、先生たちの過ごす時間によって安定する精神的な面がとても大きく存在している・・・と、再確認できました。その安定した関係や、気持ちを学校生活全体に持ち込むことが出来るようになれば、その中学校は安定し、いろんな活動においての成果が出てくることに・・・。クラブ活動と学業面は相反するもの・・・と、とらえられがちな面はありますが、それは全く間違っています・・・。あらゆる活動の充実が、すべての成果につながるもの・・・。先日も伝えましたが、やり切って、やり抜いてこそ、次のエネルギーが湧いてくる・・・。同じ人間・・・ある部分で中途半端なことをしている人間が、違った側面で群を抜いたような成果を残すなんて考えられない・・・。一事が万事です。万に一人、そんな人間が存在したとしても、学校教育の中でそんな考え方を認めるようなことは教えることが出来ない・・・と考えています。今年の3年生については、想定できなかったほどの辛い思いをさせてしまってます。目標の持ちにくい・・・中途半端な気持ちになってしまっても仕方がないくらいの状況・・・。でも、何もすべてが閉ざされてしまったわけでなく、気持ちの持ち方によっては、必ず自分なりの目標を持つことが出来ると信じています。明日からも、クラブ活動は続いていきます。中途半端にせず、一日一日を全力で過ごしていくこと・・・。これが一番大事・・・。がんばっていきましょう。

 

男子バスケットボール部のミーティングの様子です。次の目標について、顧問からの熱い話がありました。

陸上部の最後のミーティングです。練習不足が、今日の練習で明らかになりました。さあ、どのように挽回できるのか・・・。

6月15日(月)全面再開記念日

今日からが本当のスタート!どんな一日になるのか?楽しみにしています。

教室の朝清掃をしてくれています。今日スタートと考えると、さらに力が入ります。

2年4組・・・今日スタートダッシュを切るための、気合の入ったモーニングメッセージです。がんばりましょうね!

最後の細かい準備をしてくれてました。有り難い姿・・・。何を感じるのかで大きな差が生まれますよ!

3年5組のモーニングメッセージです。クラブ活動のことも書かれていました。担任の先生の思いが込められています。

3年6組のモーニングメッセージです。朝から何を考え、がんばることは何か・・・。よくわかるように書かれていました。

玄関を通り抜けての下足箱に向けての廊下の様子・・・。全員が登校すると、今までの様子と違い、人で溢れかえってます・・・。

玄関の登校の様子・・・。どんどん生徒が登校してきます。これが当たり前の光景ですが、久しぶりにその様子を見ると、この佐野中学校の規模が再確認できます。

全校集会でお話しされる校長先生の様子です・・・。きっちり原稿を作り、一言一言かみしめながら、丁寧にお話しされていました。

全校集会に参加する生徒の様子です。放送によるクラスでの集会ですが、みんな協力して、いい緊張状態で参加してくれました。

集会後のクラス学活の様子です。久しぶりの全員登校・・・、クラス全員が教室で勢ぞろいするのは初めてということもあり、生徒のみんなの緊張感も当然ですが、担任の先生たちも程よく緊張した様子・・・。とても理想的な空気が流れていました・・・。

この間の思いを、2年生の川合先生がみんなに伝えたいこと・・・としてまとめ、すばやく作成し掲示してくれました。今日までに大きく関わってくれた方々への思いを中心に、みんなに気づいてほしいこと・・・、わかって欲しいこと・・・、伸ばしてほしいことをまとめてくれいます。とても参考になるものです・・・。是非とも確認し、自分のがんばるきっかけ、エネルギーにしてください。

学校全面再開の初日・・・。大変忙しい日になりました。想像はしていましたが、予想以上にバタバタしていた気がします。ということは、私たち以上に、生徒のみんなもめまぐるしく、疲れた一日になったことでしょう・・・。忘れていたわけではありませんが、これが本来の学校ですね。やっと始まった感じがしました。しばらくは、落ち着かないところもありますが、徐々にパターンにはまってくると思います。ご家庭でも、いろんな話を聞きとる中で、何かあるようでしたら、ご連絡いただければ有難く思います。

やっとのことでスタート切れましたが、今の段階で、手遅れも近道もないということをわかっておかなければいけません。この休校期間、何もできていないと思っている人が多くいるでしょう。なんでもっとやっておかなかったんや・・・とか、もっと早く気づいたらよかったなど・・・。でも、そう前向きに考えている、今の自分に到達するまでには、今までのすべてのものが必要だったのだろうと考えるべきだと思います。人生に手遅れはないし、近道もない・・・ということ。あの時、あの道を選ばなければ・・・とか、どこで道を間違えたんだろうと悔やんでも、どの道を選んだとしても、結局は今の自分にたどり着く道だったということ・・・。過去、自分が選び進んできた道は変えることはできませんが、これから進む道は選ぶことはできます・・・。しっかり考えて・・・進んでいきましょう・・・自分の道を!

     

      今、この状況に感謝して!

給食配膳の様子・・・。半分の人数は座り、スムーズに配膳が進むように、みんなで協力していました。

配膳が終了しいただきます!・・・全員が前を向き、給食時のマナーを守って静かにいただいていました。

6月14日(日)・・・青少年指導員さんが作業してくれました。

明日からの全面再開に向けて、まずは生徒みんなの登下校時の安全確保の意味で、学校前の道に面した、樹木の処理をしていただきました。

雨上がりの蒸し暑い中、青少年指導員さんが声掛けし、集まっていただき、みんなのために汗を流して作業してくれました。感謝!

校長先生、近藤先生も加わり作業しましたが、佐野中学校の校庭の広さに改めて驚くばかり・・・。

伐採した後の処理にも時間がかかりました・・・。溝の中の泥もきれいにさらってくれていました。感謝!

作業時間は2時間を超えました・・・。暑い中ありがとうございました。最後は、やはり佐野中学校の・・・、みんなの明日からの学校生活について、心配しながらも笑顔でお話をされていました。がんばらなくてはいけません!

明日からが、本当の意味で佐野中学校、令和2年度のスタートと言えます。蒸し暑く、言い訳をしたくなる気持ちもわかりますが、これだけの支えがあることをまず心において、応えていけるように努力しなければいけません。それが人間としての成長につながります。感謝!

いよいよ明日から学校が全面再開されます。いろんなことが起きて、面食らうことがあったり、窮屈感を持ったり、少しくらい嫌な思いをすることもあるでしょう・・・。でも今は学校が再開されることを、まず感謝したいと思います。上の写真にも上げましたが、その大切な一日を迎えるにあたって、最後の最後までこだわり、少しでもみんなが良い気持ちで学校生活を過ごせるようにと、本当に見えないところで協力してくれている方たちがいることを、まずは知るべきです。その事実を知った上で、それらにどのように応えていくのか?・・・これは自分次第・・・。ただ、この間の辛く苦しい経験をしたみんなだから、何をすればいいのかは、わかっているはず・・・。みんなで協力して、しっかりと周りに目を配り、心を配って、一人でも嫌な思いをし続ける人がいないようにがんばってください。

また明日からは、クラブ活動も再開されます。待ちに待った人も多いはず・・・。特に3年生は、例年とは違い大変なスケジュールでの活動になっていきます。勉強との両立が、今から心に重くのしかかっている人もいるでしょう。やることをセーブして、中途半端な状態でエネルギーを残す考えは絶対に良くない・・・。大切なのは、自分の中でやり抜くこと・・・。やり切ってこそ、次のエネルギーが湧いてくると信じ切ることだと思います。特に心、やる気のエネルギーはそんなものです。明日からいきなり100%とはいかないとは思いますが、前向きな気持ちを、まずは心にしっかりと持ち、明日のクラブ活動再開を楽しんでください。1年生については、これからクラブ紹介、体験期間を設けて、どのクラブに入部するのかをしっかりと考える時間を取ります。また1年生の先生たちが説明してくれます。安心して、学校生活にまず慣れることを優先してください。

       力合わせて  良い一年に!

6月13日(土)

昨日、近藤先生が、校門の横にある生い茂った木を、視界を遮らないように切りそろえてくれていました。

特に登下校時の交通安全を考えての判断だと思います。交通量が多いので、毎日多くの先生方が校門付近でみんなを出迎えくれていますが、より安全に配慮した考えだと思います。何よりも、命!…これに徹した判断だと思います。感謝!

学校全面再開に向けて、校務員さんがこの土日を使い、エアコンのフィルター掃除をしてくれています。今日は1階と2階・・・。明日は3階。

全員が登校し、この状況下、感染症拡大防止と熱中症対策としてエアコン稼働と換気は不可欠・・・。フル稼働しても大丈夫なように考えて、計画してくれました。感謝ですね!

  四季の自然と共に・・・紫陽花の花

 

職員室の机の上に、紫陽花がさりげなく飾られていました。

  梅雨シーズン・・・6月の雨にぴったりの花です。雨に濡れれば濡れるほどその花は美しく、特徴のある色が際立ちます

    体育館門の入って両側にも、まだ花はつけていませんが、紫陽花が植えられています。

せっかくのこの季節・・・。負のイメージを持ってしまいがちな季節ですが、

        四季の自然と共に、雨の週末・・・心身ともにゆったりと過ごしたいものです・・・。

 

校門付近の木々を視界よくするために処理をしてくれている・・・。学校全面再開に向けて、みんながより気持ちよく、安全に過ごすことが出来るように、前もってエアコンのフィルターを掃除してくれている・・・。本当に有り難いことですよね。何もこのようにしなければならない・・・とか、このようにしてはいけない・・・など、特に約束事があるわけではない。あくまで、自主的な判断のもと行ってくれていることばかり・・・。学校という場所は、特にこの佐野中学校のような規模になると、一定の約束事を守っていくような指導は絶対必要です。でも、何もそればかり教えているわけではありません。そんなことをしてはいけません・・・、校則で止められていないこと、書かれていないことは何をしてもいいです・・・というような浅い感覚の捉え方ではなく、人として身に着けてほしいこと・・・このような考え方もある・・・生き方もあるよ!と身をもって範を示すような教え・・・。上に示した、先生方や校務員さんの考動こそ、今の佐野中の姿が表れている気がします。先生方のみんなに対する声掛け、動きを見ていると、心温まる・・・体温を感じます。

月曜日からは、本格的な学校が始まります。初めはぎこちなく、窮屈感をもちろん持つでしょう・・・。でも、ひとり一人が心をつかい、相手の心をくみ取って、学校を本来あるべき姿に一日でも早く戻していきましょう。がんばりましょう!

 

6月12日(金)・・・分散登校最終日・Bグループ

梅雨入りした雨を受けて、生き生きとした姿を見せてくれています・・・。

凛と雨の中、花を咲かせる姿は、みんなにエールを送っているようです。感じませんか?梅雨らしい天気の週末・・・。心は晴れやかに過ごしたいものですね。

早くからクラスの準備に余念がありません。配布物が机の上に既に置かれてありました。感謝!

2年4組のモーニングメッセージです。見えないものに気づけるように・・・感じることが出来るように、担任としての努力が見えてきます。感謝!

整然と上靴が並べられた下足箱です。飾り気は全くないのですが、何か美しいものを見るような気持になります。感謝!

朝の迎え入れの様子・・・。忙しく声掛け、走り回っての対応は大変です。みんなの協力があり何とか乗り切れています。

 

 

 

 

 

 

 

1年生の身体測定の様子です。静かに、先生たちと協力してスムーズに進行していました。

おかげさま・・・、感謝!現実には見えない、人の心をくみ取ることが出来るようになれば、幸せを感じ、何事にも前向きになれます。

これは2年生の学年掲示板の現在の様子です。本格的な梅雨シーズン6月の飾りつけと、また詳しくクラス、学年で取り組んでくれますが、6月23日:沖縄慰霊の日に向けた詳しい資料が掲示されています。また、是非ともしっかり読んでほしいと思っています。

朝からしっかりとした雨が降り、その中でも形崩さず凛とした姿を見せている、玄関の花々の写真を見ていただきました。この状態になるまでの花自体の頑張りももちろんありますが、毎日手を加え、お世話していただいたおかげ・・・。それらの力を受けてしっかりと張り巡らされた、見えない根っ子のおかげ・・・。その数々のおかげを理解して、この梅雨空の下でも、あのきれいな姿を見せている・・・そんな気がします。見えない部分の姿・・・真の姿が意識できるようになれば、何を大切にしなければならないのかがわかってくると思います。

この掲示板の資料を準備するにあたっての先生たちの心・・・。これから学校が全面再開されるにあたって、最も厳しいと感じる梅雨の季節からスタートしなければいけないことを考えて、少しでも心晴れやかに過ごしてほしいと願う掲示物・・・。また、有史以来、最も悲惨な地上戦として残る「沖縄戦」の資料を示し、何が大切なのかを伝えようと時間のない中、準備をしてくれた先生たちの心・・・。この掲示板一つをとっても、見えないものが見えてくる・・・、大切な「人の心」を感じ、くみ取ってほしいと願うばかりです。

6月11日(木)Aグループ分散登校最終日

この窓の開け方に何か感じませんか?両端10センチ・・・。

風が強く、急に雨が降ったりやんだり・・・。この状態から、このような配慮のある窓の開け方をしてくれている・・・。いろんな心の動きが、具体的に見えてきませんか?

このモーニングメッセージにも、そんな心について書いてくれています。心を成長させる様々な材料は、くみ取る心があれば、いくらでも見つけることが出来ます。

このメッセージにもみんなへの心配りが感じとれますね・・・。

担任の先生の、本日の目標がはっきりと示されています。がんがって応えなければいけませんよ!

いよいよ分散登校も最後になってきました。次回からは、日常が返ってきます。それだけ心をくみ取る作業が必要になってきますよ!

暑さも加わり大変な中ですが、こんなポスターでの呼びかけも保健室の先生が準備し各クラスに配布、掲示をお願いしてくれました。何よりみんなの健康!命!が大事です。

風の強い中、雨も降ってきましたが、このような元気な登校風景に出会うと、安心します。ありがとう!

生徒を迎え入れる中で、最後の最後まで準備にこだわってくれています。有り難いですね!

1年生の身体測定の様子です。静かな状態で実施されていました。みんなの心の動きを感じます。

特別教室への移動風景です。分散登校で時間はかかっていますが、何より初めが肝心です。その丁寧さが、後々の成果に必ずつながってきます。がんばれ!

いよいよ本格的な梅雨を迎えます。天気予報を確認するたびに、気持ちが重くなってしまいます・・・。でも、ここは心機一転・・・、気合を入れて乗り越えていきましょう。通常授業に戻る段階で、いきなり心配事が増えますが、気象警報時の学校の対応について、今日、明日とグループごとに説明しておきます。不明な場合は、ホームページの緊急情報に非常時変災時対応マニュアルを調べていただければ、わかるようになっています。ご確認ください。

これは、1年5組の教室、後ろの黒板の様子です。きれいに連絡事項がまとめられ、確認したいことがあるとすぐに確認できる状態になっています。みんなの立場で考えると、とても安心感につながっているのではないかと感じました。みんなの心をくみ取った上での教室整備だと思います。

他人の心、考えに気づく・・・わかるという表現をしますが、それだけではまだまだ浅い・・・。水をつかもうとしている程度だと感じます。水はすくうもの・・・。心も同じつかむものではなく、くみ取るという表現が本当の理解につながっていくことに・・・。今日は朝から、窓の開け方・・・、教室黒板のモーニングメッセージの内容など・・・その対応をしてくれている先生たちの心をくみ取れば、本当に感動し感謝しなければいけないことばかり・・・。その結果、その力を持った人は、自分を変えていくことに繋がり、人間として成長するチャンスを引き寄せることになります。そんな風に物事を善意でとる力を身に着けると、必ず幸せが引き寄せられてきます。自分に力がつき、自分が幸せになれます。他人に原因ばかりを見つけようとする生き方・・・他人に指先を向けてばかりいれば、その時は何とかなっても、必ず不運、不幸が背中から近寄って、その人を覆いかくすことに繋がってきます。

自分のことはあと回しで大丈夫・・・。まずは他人の心に気づく・・・くみ取るトレーニングをしてみましょう・・・。見えないものが必ず心の目で見えるようになってきます。利他の心を持つこと・・・。今のこの状況下で、改めて必要な力と言えます。がんばりましょう。

6月10日(水)分散登校Bグループ・6時間授業

佐野中として、みんなに呼びかけ今年1年をスタートしました。もう半年が過ぎましたね。

朝早くから、クラスの整備、準備をする様子です。

学級通信や配布物を各自の机の上に予め配布してくれていました。感謝!

モーニングメッセージを黒板に・・・。何気ないことですが、朝みんなが目にするものとして、とても嬉しいですね。

2年生のクラス、モーニングメッセージです。うれしいですね。

Aグループに負けずに、がんばれ!Bグループのメンバー・・・。暑い中ですが、がんばりましょう!2年生のクラス・モーニングメッセージです。

スマイル学級の掲示物・・・キレイに飾り付けています。穏やかな雰囲気が漂います。

 

スマイル学級の熱心に取り組む授業の様子です。真面目にがんばるその姿が、何よりも素晴らしく感じました。がんばれ!

スマイル学級の畑の様子です。サツマイモがどんどん育っています。秋の収穫楽しみです。

3年生の体育の授業・・・。今日は、雨が降りそうだったので、体育館で実施。密を避けて、換気も十分・・・。ただ蒸し暑さだけは大変、身体にこたえそうです。

みんなが下校してからの消毒作業の様子です。丁寧に消毒、ふき取りの役割分担で手際よく作業してくれています。感謝ですね。

日々学校にはいろんな状況があります。授業のチャイムと同時に教室に入れず、遅れてくる生徒・・・。途中、授業をすきあらば抜けてやろうとごそごそする生徒・・・。正直その生徒たちの対応に、先生たちは日々苦労しています。ただ、その生徒たちに付き合い、授業に参加させるため付き添い、話をし様子を見守る先生たちのその姿勢・連携が今の佐野中学校を支えている・・・。それが今の佐野中学校を変化成長させている感じがします。その先生たちの熱意・・・情熱には本当に頭が下がります。その情熱とは・・・?日々見ていて感じること・・・今できる、小さなことでも、大切に一つ一つやり切る姿勢・・・。正にそれらすべてが情熱を感じる根拠だと気づきます。人間はすべて思ったことが現実につながりやすい・・・。だめだと思ってしまうことも多いとは思いますが、今の先生たちを見ていると、無理矢理でもできると信じてやっている・・・、何かを信じてやり切ろうとしているところが真の力につながり、佐野中が大きく変わるきっかけになっていると感じます。これだけの規模の学校、日々必ず何かあります・・・。平穏無事な学校では決してありません。それだけにがんばっていかなければいけないと思っています。

この写真にもあるように、佐野中学校・校区パトロールのステッカーを貼り付けた車で、毎朝早くから地域パトロールを実施してくださっている、青少年指導員さんたち・・・。学校がこれだけ花々で潤う状況を保てているのも、青少年指導員さんの力によるところが大きいです。その献身的な姿勢こそ、学校に務める教師として、学び参考にするところが大きくあります。そんな中で、今の佐野中が存在していることを、理解していただき、今後ともご理解とご協力をお願いします。

6月9日(火)Aグループ6時間分散登校

今日も朝から校務員さんが玄関付近の拭き掃除、掃き掃除をしてくれていました。玄関がきれいなのは、校務員さんお陰の部分が大きいです。感謝!

今日もきれいにそろった下足箱・・・。誰かの手を借りずとも、意識している様子が伺えます・・・。成長ですね!

朝、珍しくトンビが上空を旋回して、ピーヒョロロ、ピーヒョロロと飛んでいました。少し下を飛んでいるカラスが騒ぎ立てていました。

朝、いつも通り岡先生が3年生の駐輪場を掃除してくれています。気づいていますか?駐輪場はいつもきれいですね・・・。感謝!

分散登校で人数も少ないため、登校の状態も大変安全が保たれています。来週からは、通常人数になりますが、とにかく安全第一で・・・。

登校後は、各学年廊下で、先生たちの出迎えです。健康チェック、検温、声掛け・・・。元気な様子が清々しく感じられ、さあ今日も頑張ろうと先生たちのエネルギーにもなっています。がんばろう!

教室横にある、1年生の下足箱を整理してくれていました。その動きに気づき、感謝できると幸せになるのですが・・・。どうでしょうか?感謝ですね!

2年生の身体測定の様子です。静かに・・・協力的に動いていました。先生たちの苦労に気づけているようですね。

1年生の給食の様子です。分散登校ではありますが、準備も早くスムーズで、ゆっくり食事をいただく時間が取れていました。習慣が何より大きいですね。素晴らしい!

今日、久しぶりの午後授業・・・。3年生の体育の授業の様子です。暑い中、集中して話を聞いている様子です。がんばれ!

日常が返ってくる前に、校務員さんは校庭の雑草処理をしてくれています。非常に危険な棘のある草木を処理してくれていました。普通では見えないところに視点を置けば、何か心が動きますよ。がんばりましょう!感謝ですね!

5月の日々で紹介した雑草の今の様子・・・。あの状態のまま、花を咲かせていました。命の力を感じます。

この写真は、先週金曜日、6日による暗くなってから、2人の先生が黙ってトイレ掃除をしてくれていたので、残したものです。多分、何かを真剣に考えての判断だと思います。何か、念じている感じがしました。

古来人間は、疫病(感染症)との闘いの中で命をつないできた・・・と、今ニュース報道などでよく取り上げられています。その中で、疫病退散を祈念して祭りを起こしたり、お寺に仏像を建立したり、花火をあげたり・・・。京都の祇園祭や、奈良東大寺の大仏様、各地で行われる花火などもすべて起こりは疫病退散を祈念しての事・・・。祈る・・・と言えば誤解されるかもしれませんが、念じる・・・今、心で唱える・考える・・・。その念じた上で、行動を選択することで、今につながってきたのだと思います。人間は自然の前ではもろく、はかないもの・・・。とても抗えるものではない。だから、嵐が吹けば・・・、日照りが続けば・・・、病気になれば・・・、疫病が流行れば…祈り、念じてきたのだと思います。

でも今、科学技術が発達し、その人間本来の行動がなくなってきている感じがします。病気の仕組みが解明され、特効薬が出来たり、明日の天気すらわからなかった時代もあることさえ忘れてしまっている。念じ祈るどころでなく、スマホ片手に何でも分かってしまうと錯覚してしまっている。そんな気がします。

でも人間にとって大切なのは・・・心、心と心のつながり・・・。その心を大切に考えた、人間本来の行動がなくなってはいけないと感じますが・・・どうでしょうか。写真にあった先生方の行動も、直接このコロナウイルス感染症終息への祈りではないものの、何かを信じての行動の表れだと思います。何か各自が、そんな気持ちになってみるのも大切ではないでしょうか・・・。

 

6月8日(月)4時間・分散登校Bグループ

今日も朝早くから、青少年指導員さんが玄関付近の花々に水をあげてくれていました。本当に毎朝ありがとうございます。

朝7時の段階で、廊下の窓が全開に・・・。空気の入れ替えは完璧です。感謝!

胡蝶蘭・・・5輪の花を咲かせました。玄関入った所に置いています。見てください。

 

今日も朝から、青少年指導員さんが見守っていただいています。暑い中ご苦労さんです。ありがとうございます。

校務員さんが玄関に向かって左側の大きな花壇の奥をきれいにしてくださっていました。

今日も落ち着いた授業が続いていました。これは2年生の理科の授業の様子です。左下の写真は、2年生のトライ前に貼り出されていました。みんなの目標をピンク色のハートマークの紙に書きだし、その一つ一つで「思いやる心」を表現しています。

学校に生徒のみんなの声がないと、カラスが我が物顔で飛び回り、高い松の木や、校舎の屋上から、こちらの様子を見ているかのような・・・お互いの鳴き声で連絡しあっている様子が見られます。どのように見ているのでしょうね・・・。

毎日の、特に土日のテレビを見る時間が長く、その報道を見ていると、いつまでこの感染症が続くのかと考えてしまいます。でも、歴史上人間は何度も同じような危機に遭遇しながらその都度その危機を乗り越え、今日まで歩んできた事実があります・・・。つまり、現在の状況は必ず克服されると、歴史は自分たちに教えてくれると思うべきです。そのために大事なものは何か?

感染症のウイルスは、身体に忍び込み、発症させますが、同時に人間の心にも忍び込む特性を持っているように感じます。困難に耐え、我慢し、克服しようと努力する心を蝕んでしまうかのような力があります。だから・・・心身の健康・・・、身体はもちろん「心」の免疫力を高めることが求められる・・・。その何よりの特効薬となるのが、他人の思いやりに触れること・・・。よき言葉・・・よき教えに触れること・・・。また、感謝すること・・・、感動することも「心」の免疫力を高める大きな要素だと思います

要は与えられた条件の中で、与えられた命を大切に生きること・・・。諦めず、へこたれず、前向きに・・・。

以前紹介した 「坂村真民さん」の詩を紹介します。どのように感じるでしょうか?

 

     鳥は飛ばねばならぬ・・・

 

鳥は飛ばねばならぬ / 人は生きねばならぬ / 怒涛の海を 飛び行く鳥のように

混沌の世を生きねばならぬ / 鳥は本能的に 暗黒を突破すれば / 光明の島に着くことを知っている 

そのように人も 一寸先は闇ではなく / 光であることを知らねばならぬ

新しい年を迎えた日の朝 / わたしに与えられた命題

    鳥は飛ばねばならぬ / 人は生きねばならぬ

 

分散登校での給食の風景・・・。かなり慣れてきた様子です。手際よく準備、いただいていました。

今日も1日お疲れさまでした・・・。でも、次からは6時間授業ですよ・・・。

生徒のみんなが下校してからは、先生たちの消毒作業の時間となります。

かなり手馴れてきましたが、正直大変な作業を毎日してくれています。感謝!

6月7日(日)

体育館側校門の様子です。いつもきれいに手入れされています。

体育館側校門を入ってすぐ右側にある花壇に、紫陽花が植えられていました。これからの季節の花・・・。きれいに咲くといいですね・・・。これらすべて、校長先生のお陰です・・・。感謝!

体育館前スロープの壁沿いの花壇。向日葵がどんどん大きく育ってきました。梅雨を過ぎたあとはこの花ですね。青少年指導員さんがお世話してくれています。感謝!

体育館前の花文字「力」の今です。少し花自体の勢いはなくなってきましたが、横に広がり、余計に力強く何かを伝えてくるようです。

明日から、また日常に向かってのステップである分散登校が始まります。明日はBグループの4時間授業となり、明後日のAグループの分散登校からは、6時間授業が始まります。暑くもなり、大変な状況にはなりますが、覚悟を決めてがんばっていきましょう。また、今週の分散登校が終わると、日常の学校生活が始まり、クラブ活動も始まります。一気に体の負担が増えますが、それは我慢してでもやっていかなければいけないことです。今のうちに、何かできることがないか?考えて行動しておいてください。

いろんな情報が飛び交い、特にこの3年生は不安を抱えての今なのでしょうね・・・。先生たちもそうなのですが、先がはっきりと見えない中、情報ばかりが先走り、どのようにがんばっていけばいいのかさえ掴みにくい状態・・・。本来の情報は「情」・・・気持ち・心に「報」・・・むくいる・・・と書いて「情報」。今、いろんな形で入ってくる情報は、すべてが本来の「情報」の意味をなさないものと理解しておいてください。迷わすばかりの・・・、不安を煽るようなものも多いと感じています。学校としては、しっかりと確定した情報を、みんなに正確に伝えるようにしていきます。何かあれば、必ず担任の先生に伝え、相談してください。

そんな中で、何より大切なのは、みんなの覚悟ですね。目先の結果ばかりが気になるのは十分理解できますが、本当の力をつけるには、どんな気持ちの状態であろうが、今をがんばることしかないはずです。そこに対する覚悟・・・。つまり、不幸と感じようが、困難だと感じようが、嫌な思いをしようが、関係なし・・・。今をどう生きるか・・・?その覚悟・・・「生き様」が勝負です。明日からも多少は辛い場面があるでしょう・・・。それでもがんばること!!これしかありません。

 

 

6月6日(土)

今年2月8日に行われた、男子ソフトテニス部のフレンドシップ大会団体優勝の賞状です。

同じく2月8日に行われた、陸上競技部、男子大阪府新人駅伝競走大会、第3位の賞状です。

昨日初めて、現高校1年生になった卒業生が4名、学校に来ていました。この新型コロナウイルス感染症による休校措置で、何とか卒業式は実施できたものの、すべてが消化不良な状態で中学校を卒業し、やっと高校生活がスタートしたばかり・・・。懐かしく見ていましたが、本当につらい思いをしながら、今を生活しているのかと思うと、担当学年の先生方と楽しそうに会話する姿を見て、何かホッとする気持ちになりました。まだまだ、大変な、制約される生活は続くと思います。でも、佐野中学校に来て、先生たちとゆっくり話ができる日が、いつか必ず来ます。それまでは、お互いにがんばっていきましょう。

卒業式前の最後の全校集会が、実は今回の感染症による休校措置で実施できませんでした。その集会で、賞状を伝達し、卒業していく先輩たちに「あとは、私たちに任せてください!」とメッセージを送りたかったのですが、実現できませんでした。その賞状を上にあげています。どうぞこの春に卒業した先輩たち・・・。辛い思いをした分、1学年下の3年生が今直面している、辛い現実・・・、その心を想像し、エールを送ってやってください。お願いします。やっと、学校も再開し、クラブ活動も再開されようとしています。心身ともに辛い再スタートとなると思いますが、がんばってくれると信じています。後輩たちへの応援をお願いします。

 

6月5日(金)・・・分散登校・Aグループ

朝早くから、学年廊下の窓は全開に・・・。蚊取り線香の準備もOKです。

感謝ですね!

きれいに整頓された下足箱・・・。誰かの手が加わっていることに気づきます。有り難いことですね。

これもきれいに整頓されています。1年生のクラス下足箱の様子です・・・。素晴らしい!

授業の準備が整えられた教室・・・。みんなの登校を待っています。

8時頃から続々と登校してきます。今日も元気な様子で一安心です。有り難いことです。

廊下での出迎えの様子。健康状態のチェック、声掛け・・・。先生たちの配慮ある声かけが、みんなの安心につながっていく・・・そんな感じがします。

3年生の授業の様子です。静かに授業を受けていました。

3年生の授業風景・・・。人数が少なく、中々活気が出ないのでしょうか・・・。先生たちの声だけが響き渡っていました。

落ち着いた雰囲気で授業が進行・・・。

板書をノートに・・・。一生懸命写していました。

  <心の風景・・・>  考えて、考えて、考え抜いて・・・

  

   朝早くからそれぞれに動いている先生たち・・・

 

       みんなのために何かできることは・・・?

 

          考えて、考えて、考え抜いて・・・

 

   何か正しい答えがあるのではない・・・その思い、動きにこそ意味があると思う・・・。

 

いろんな登校形式を経て、初めは戸惑いはありましたが、先生たちもその日一日をイメージできるようにもなり、時間に余裕が生まれる分、様々な、今できる配慮を実行している感じがします。下足箱の様子の写真にもある通り、そのあたりまで、気がまわり、実行できるところは、これだけの状況を経験し、新しい取り組みを次から次へと提案され、試行錯誤し具体化してきたからこそ生み出されたものだと言えるでしょう。今までにない困難な状況は、確かにしんどいですが、今までにない力をつける発展のチャンスとも言えます。その困難を受け止める主人公として取り組んでくれた先生たちだからこそ、身に着けることが出来た力とも言えます。その身に着けた力が、これからのすべての取り組みのベースとなり、佐野中学校を創り上げていく原動力となります。あとは、同じようにこの困難の中、共に我慢しがんばってきたみんなが力を合わせてがんばろうとするかどうかにかかっています。日程的にもいろんな制約が出たり、短縮されたりするものも出てくる可能性がありますが、今はとにかく考えて、考えて、考え抜いて工夫しがんばっていきましょう。必死になって考え抜いていけば、どこかに新たな道、方法、やり方が見つかるかもしれません。がんばっていきましょう!

    

    考えて、考えて、考え抜いて・・・

        

          やって、やって、やり続けて、

              

                うまくならないものはない!

6月4日(木)Bグループ分散登校・給食開始

伝え続けている胡蝶蘭の様子・・・。こうやって並んで花を咲かせると、優雅な花ということがわかりますね。玄関で見て欲しいと思っています。

これはサボテンの花です。体育館裏の校門近くにひっそりと植えられていた、このサボテンを、校長先生が発見し移植してくれました。今は、正面玄関前のステップにおいています。今が見ごろです。

今日も朝から校門前の掃除をしてくれていました。毎日の光景ですが、本当に有り難いと思えるかどうかです。大事なのは・・・。

朝、掃除を各所でしてくれている先生が大勢います。トイレや教室、廊下が今とてもきれいなのは、そんな志を持った先生のお陰でもあります。玄関掃除をしてくれている先生を手本に、やっています・・・と、言いながら玄関入った所をきれいにしてくれていました。この写真はその様子です。

花々がきれいに咲くように、剪定をしてくれていました。暑い中ですが、有り難いことです。今、佐野中学校では、早朝からこんな光景が各所で繰り広げられ、生徒のみんなを迎え入れています。少しでも気持ちよく、晴れやかな心で学校生活を送って欲しいという願い・・・。ただそれだけです。

生徒のみんなも協力し、有り難く思いますが、先生たちの団結が今のすべてを支えてくれています。感謝ですね!

今日の登校風景・・・。こんな風に元気に登校してくれている・・・これが本当にうれしいです。何より笑顔で、元気に・・・。これが自分に・・・すべてに幸せを運んでくれますよ。

授業が始まると、ほんとに静かに、「これぞ授業!」という感じです。先生たちの話し声・・・、手を挙げて答える生徒の声・・・時には笑い声・・・。変な言い方にはなりますが、やっと普通の生活が戻ってきたという感謝の気持ちに学校全体がつつまれています。

 

特別教室「美術室」への移動の様子です。1年生は初めての事ばかりで大変ですが、今が踏ん張り時です。がんばっていきましょう。応援します。

今日は米飯給食でした。配膳に時間がかかるのでは?と心配していましたが、意外とスムーズに準備し、おいしそうにいただいていました。

準備ができて、「いただきます!」・・・2年生の給食風景です。前を向いて・・・おしゃべりせずに・・・笑顔で食べる・・・。しばらくの間の我慢です。

1年生の下膳の様子です。みんなで協力して運んでいました。

  <心の風景・・・>  楽しんでいる様子が心地いいです・・・。

 

  朝早くからのそうじや準備・・・その前向きな先生たちの気持ちが伝わってきます。

     

      その集中力がつくり出す「風」がみんなの背中を押している・・・。   

        

          その風に気づいていますか?

     

       みんなのことを考える、強い想いの「風」を・・・。

 

あることを知っているだけの人は、それを好きになった人にはかなわないもの・・・。それを好きでがんばっている人も、それを心の底から楽しむ人には及ばない・・・。何ごとに対しても、楽しんでいる人にはかなわない・・・楽しんで取り組んでいる人は最強ということです。そんなことを考えてみると・・・。在校生が多いだけに、佐野中学校には、毎日のようにいろんなことが起こります。残念に思うかもしれませんが、それが普通の状態。人口密度が高く、その上一番元気な年代と言える中学生の集団の中では、あらゆることが起こるものです。それらに一つ一つ対応していく先生方は正直大変・・・。今給食が始まりましたが、給食すら摂る時間のない先生がどれだけいるか・・・。そんな大変で、時間のない中ですが、あきらめずに取り組んでいる先生方は素晴らしく思っています・・・。そのあきらめない、エネルギーの源は何か?・・・それは、みんなとのやり取りの中で、楽しそうに取り組んでいること・・・。みんなとのやり取りが好きだ・・・というのは当然で、それ自体を楽しんでいる雰囲気が十分伝わってくる・・・これだと思っています。

もうすぐ普通授業が始まり、クラブ活動も再開されます。先生たちと過ごす時間も一気に増えます。どうぞそんな楽しく頑張っている先生たちとのやり取りを楽しんでください。そうする中で、きっと何かしら成果が見えてくるものです。あと1回ずつ4時間授業があり、来週火曜日からは6時間授業の分散登校になりますが、お互いがんばっていきましょう。

6月3日(水)Aグループ分散登校・給食開始

今まで2階の廊下にあった、昨年度までお世話になった・・・、今年度佐野中学校を去られた先生方のお名前をあげた掲示物です。なかなか始業式が行えず、公に発表ができなかったため、2階の廊下にひっそりと掲示していました。始業式が終わり、校長先生が発表してくれたため、今まで目にすることが出来なかった3年生にに見せてあげようという配慮から、3年生の先生方が、保健室近くの廊下に掲示し直してくれました

その3年生の先生方の気持ちをしっかりと理解し、去って行かれた先生、クラブや学年、教科でお世話になった先生方を確認し、その先生方の思いを想像して、これからの学校生活の活力に代えてください。感謝!

毎日のように伝えていますが、朝早くからいろんな仕事をしてくれた上で、みんなを迎え入れる前に玄関付近の掃き掃除をしてくれています。必ず心にとめておきましょう。

1年生の廊下で、みんなを迎え入れている様子です。自転車置き場の方へ声をかけたり、みんなひとり一人の表情を確認したり、体調確認したり・・・。大変です。感謝ですね。

校門入って右側の花壇に、ユリの花が咲きだしました。前校長先生が家の方で育て、学校に持ってきてくれたユリの花です。現校長先生が、丁寧に育ててくれています。

音楽の授業風景です。アニメ「魔女の宅急便」主題歌「優しさにつつまれたなら・・・」を音楽の平山先生が、音楽の仲間の方たちと「リモート」で仕上げた合唱動画を視聴させてもらっていました。興味を示した生徒も多かったとのこと・・・。やっと学校が動き出したという空気を感じました。

3年生の体育授業風景です。密を避けるため、間隔をあけ、約束しなければいけないことを十分時間をかけて説明してくれていました。暑くもなり、少し大変そうにしている生徒もいましたが・・・。この先生たちの配慮・・・感じていますか?

厳しいトレーニングをしてきた生徒も多いので、少し物足りなく感じた人も多かったのでは・・・。でも今は、みんなと・・・、グラウンドに出て・・・、何か取り組むことが出来ることの幸せを感じてもらいたい・・・。そんな訴えが、心に響きました。少しずつ日常を取り戻す・・・これを合言葉にがんばっていきましょう!

給食を始めるにあたって、感染拡大を防ぐために、準備するエプロン・三角巾・マスク・ランチョンマット・・・。こんなイラストを教室後ろに描き呼びかけてくれている先生もいます。頭が下がりますね・・・。感謝!

担任が引率のもと、配膳室へ・・・。初めは大変ですが、だんだん慣れてきます。それが日々変化する・・・成長です。

初めての給食のをいただく前に、担任の先生から、細かい約束事が・・・。前を向く・・・、話をしない・・・、下膳の仕方・・・など。しばらくは窮屈を感じますが、何より、今・・・、学校で・・・、みんなと・・・、給食を・・・。これがすべてですね。有り難いことです。

どのクラスを見ても、静かに約束事を守って食事していました。クラスごとに席の配置などの工夫はしていますが、気持ちは一つ・・・。いろんな約束事を守って、学校が日常へ・・・。一人の感染者も出さない!・・・これを合言葉に!

<心の風景・・・>・・・生徒のみんな・先生たちの心を感じます・・・。

  

   心は遣わなければ意味がありません・・・。

     

      その点、佐野中の今は、心が飛び交っています・・・。周りへ…友達へ…先生へ…。

        

         その心が形になって表われています。

   

     この国難とも言える状況の中で、みんなひとり一人の・・・、学校全体の・・・、確かな成長を感じます。

 

佐野中学校から去られた先生方の名簿を3年生のみんなにも見せてあげたい・・・という3年生の先生たちの思い・・・。音楽の先生が、この状況下だからやってみよう・・・と考え、試みた「リモート合唱動画」の作成・・・それを視聴させてもらう経験・・・。学校再開後初めて臨んだ体育の授業・・・。長期にわたって十分な運動が出来ずに、どのような内容を考えるべきか?これをさせるのは厳しいか・・・?体がどんな反応をするのか・・・?など・・・。よく考えてみるとすべて「心」が動いてるんですよね・・・。先生たちの心が動きまくっているのに気づきます。でも、何よりいいのは、その心に気づいて動き返しているみんなの心が見えること・・・。それが今の佐野中の現状を創り上げている感じがします。

今日、再開された給食においても同じ・・・。配膳室に行く前の手洗いの徹底・・・。教室に運ぶ様子・・・。配膳の仕方の工夫・・・いただく上での約束事など・・・。先生たちの心が動き、その心に応えようとがんばるみんなの心が噛み合っている感じ・・・これぞ佐野中学校!・・・と、とても嬉しく思いました。最後に、みんなが下校した後、学年の先生たち全員で消毒作業・・・。その心が教室に余韻のごとく残っています。

明日からも、同じ場面・・・。心で捉えると、もっと深い意味を含んだ「新しい場面」に出会えると思うと、とても楽しみです。そんな空気が、今、佐野中学校を包んでいます

6月2日(火)・・・始業式B

1年生の先生たちの控室・・・トライです。何かあった時には、このトライに来て、先生たちと話をしてください。窓には「つながる・・・」の合言葉が・・・。

玄関の胡蝶蘭・・・4輪の花を咲かせ、もう一つ大きな蕾が育っています。

Bグループも元気に登校してきました。今日もがんばっていきましょう!

1年生の駐輪場の様子です。先生たちがいなくても、きれいに自転車が並べられるようになりました。素晴らしい。

始業式(放送形式)の様子です。背筋が伸びています。緊張感があっていいですね!

2年生の始業式の様子です。校長先生のお話をきっちり聞いている様子が伺えました。

校則改正について、ゆっくり丁寧に放送説明してくれました。緊張した様子でしたが、みんなには十分伝わったと思います。でも、これからが勝負ですね!みんな協力お願いします!

1年生英語の授業・・・オリエンテーションを受けていました。和らいだ雰囲気にするようにいろんな話をしてくれていました。少しでも早く馴染むといいですね。

下足箱の様子・・・。まだ分散登校の様子がわかります。早く全員のそろった下足箱になればいいのに・・・と思いますね。

技術室の様子・・・。飛沫を防ぐための工夫をしてくれています。すべてがお手製です。感謝!

草木が元気になる季節です。日々雑草がすごい勢いで育ちます。校務員さんは計画的に雑草処理をしてくれています。知っておきましょうね。感謝!

学校周りのフェンス沿いに触れると大変危険な木々が生い茂っていました。その処理をしてくれている様子です。腕・手が傷だらけになっていましたが・・・。有り難いですね。

 <心の風景>・・・緊張した雰囲気が伝わります・・・。

 

 新しく佐野中学校に赴任された先生の授業・・・。

    

     その先生の心が伝わる、程よい緊張が漂っています・・・。

       

         その緊張感が集中力を生み出し、みんなの力につながっていく・・・。

     

     今、持つ「初心」・・・忘れないでがんばりましょう!

 

学校が再開し、今までの家庭生活が中心だったところから、学校生活へ・・・ただそれだけでも慣れない中、暑さまで加わって正直辛く感じている人も多いのではないでしょうか・・・。

人は誰でも辛い時・・・、苦しい時・・・、悲しい時・・・がありますね。でもそれはよく考えてみると、実は坂を駆け上がている時と同じなんです。その坂は、人間性を磨き上げる坂・・・。上り坂だから、辛いんです・・・。苦しいんです・・・。辛いこと、悲しいことを体験するたびに少しずつ坂を上って行きます。坂を上りながら、人間性を高めているのです。

辛いこと、悲しいことを体験すれば人の心の痛みがわかります。人に優しくできます。苦しい時でも、歯を食いしばって登って行けば、挑戦する心、折れない心を育てることが出来ます。

逆に楽に感じるときは、坂を下っている時なんです。苦労していないのに上手くいってしまうと、自分に力がついたと思い込んでしまい、謙虚さを失ってしまうことに繋がります・・・。そんな時は人間性がどんどん下がっている時なんです。

今は、間違いなく上り坂ですよね・・・。何よりも大事なのは一歩一歩前に進んでいくことです。

明日からは、給食も始まります。感染拡大予防から考えると、細かいところでの約束事が多くあると思います。ここは一致団結して「感染者を一人も出さない!」の信念のもと、役割を果たしてがんばってください。

6月1日(月)・・・始業式A

みんなを迎える準備は?・・・大丈夫かな?

下足箱をきっちり整理してくれていました。少しでも・・・みんなに・・・想いは必ず伝わると思います。感謝!

玄関を入念に掃除してくれていました。先生たちの気持ちは、みんな一緒です。

1年生の廊下、玄関付近にスローガンを貼ってくれていました。合言葉は「つながる」・・・。

始業式は放送形式で・・・。予想以上に緊張感のある状態で参加できていました。みんなに感謝!

昨年度後期の生徒会が中心に取り組み、見事に校則改正へと漕ぎつけました・・・。素晴らしい取り組み・・・。後期生徒会の代表者より、その校則改正の内容と、今後の更なるお願いを伝えてくれていました。お疲れさまでした。感謝!

 

 

 

 

 

緊張感のある授業風景・・・。人数も半分ということもあり、静かな‥落ち着いた様子で授業が進んでいました。

ピーンと背筋が伸びた様子が見えます。始まってうれしさ半分、緊張半分なのでしょうね・・・。この雰囲気でがんばっていきましょう。

6月1日(月) <心の風景・・・> 先生も緊張・・・。

 

    初めてこのクラスで受ける授業・・・。

       

        このクラスで初めての授業をする先生・・・。

          

           教壇に立つ先生も緊張・・・。

        

      お互いの緊張が伝わってくる、とても「心地よい空間」でした・・・。

 

今日、半分の人数とはいえ、やっと始業式をとりおこなうことが出来ました。明日はBグループの始業式・・・。これをもって、さあスタートという感じになります。本当に長い休校期間で、生徒のみなさんもかなり疲れたことでしょうね。その上、さあ授業に集中というのは、大変なことだとは思います。こんな時代、運命を誰が想像したことでしょう?各自、運命を選択することはできません。今のこの現状を考えたとき、誰が選択したわけではないですが、運命を恨んでしまうことだってあると思います。でも、いくら不運なものであっても、現実を見て、今何をすべきかを真剣に考えないと、余計につらい状況を招いてしまう恐れだってあると思います。厳しいにしても、この運命に対する態度は自分で決めなければなりません。非常時にこそ、その人間の「本性」が出るものです。忙しい時・・・、大変な時・・・、苦しい時・・・、辛い時の自分の立ち居振る舞いが、「自分」だと自覚しなければいけないと思います。

日常は「準備の時」・・・。非常時は「学びの時」・・・。だから、今は、今しか学べないことを大切にし、強い自分を創ること・・・。今しか学べないことを考えてください。

今先生たちも含め、みんなが痛烈に学んでいるのは「平凡な日常」・「遊んだり、学んだり、仕事をしたりする場所・・・」・・・があることの幸せなのではないですか?

しっかりと前を見て、周囲を見て、何が大切なのか?を考えてください。みんなのために、どれだけの人たちの「心」が動いているかを感じてください。今が一番の成長の時?・・・かもしれません。がんばりましょう。

Copyright (C)泉佐野市立佐野中学校 All Rights Reserved.